2017年5月28日 (日)

SanDisk EXtreme 500 に新型

ちょっと古いネタだけど、SanDisk Extreme 500 シリーズがマイナーチェンジした。
(デジカメWatch サンディスク、エクストリーム500シリーズのラインナップを4月に一新

Sandisk_extreme_500_510

サンディスクのポータブルSSDは防塵防滴・耐衝撃のExtreme 510と、耐衝撃のみのExtreme 500シリーズがあるのだけど、今回アップデートされたのはエクストリーム500系のみ。
ワタシは可搬型SSDはG-DRIVE slim SSD USB-CSanDisk Extreme 900 を使っているけれど、これらは耐衝撃性は持たない。

SanDisk EXtreme 510

自分の持つなかで耐衝撃性をもつのはG-DRIVE ev RaW SSD と SanDisk Extreme 510。
それぞれのスペックを較べて見る。

Sandisk_extreme_510500

G-DRIVEは重量表記がなかったので、実測値。市価は今日現在のヨドバシドットコム。
うーん、世代が新しいのもあるけど、新型のSanDisk Extreme 500、いいなあ。なお、公称値はSanDisk Extreme 系が G-DRIVE SSDより速いけれど、うちで運用してる個体での実測値は逆。

Sandisk_extreme_510_bench

両方とも長く使っているし、データも相応に断片化していると思うのであくまで参考値として、ですが。

新型のSanDisk Extreme 500、容量単価が安くなったのも大きいけれど、インターフェイスがUSB 3.1(Gen 1)は、MacBook Pro Late 2016でかなりのアドバンテージになりそうな気がする。
補足:USB 3.0と3.1(Gen1)は規格上の最高速度は同じです
機会があったら試してみたいと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月27日 (土)

オリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」開催中

篠山紀信氏がラブドールを撮った(美術手帖)のは知っていた。
その写真展を開催した会場で、それを受ける形で開催中なのが
オリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」

注意とお願い 本ブログエントリーにアダルトな表現は(多少しか)ありませんが、以下、リンク先および展覧会自体は性的な表現が含まれています。苦手な方、18歳未満の方はご遠慮下さいませ。

オリエント工業といえば、ラブドールのトップメーカー。
7年前に行われた銀座のヴァニラ画廊で行われた人造乙女博覧会はとても印象的な展覧会だった。

Orient_industry_40th_anniversary_lo

今回はオリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」
ORIENT INDUSTRY 40th Anniversary 〜LOVE DOLL〜

2017/5/20 〜6/11 渋谷 アツコバルー

篠山紀信氏のモデルになったドールも展示されているらしい。

ラブドール、紀信氏とは違うアプローチで撮りたいなあと思うのだけど、さすがに買うわけにもいかず(笑)
現地は撮影禁止だろうから、レビューブログは書けないと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月26日 (金)

SUBARU XV 取扱説明書アプリ for iPhone

SUBARU XVの販売(納車)が始まり、それにあわせてiPhone用のSUBARU Manual スバル取扱説明 アプリがアップデートされ、SUBARU XV / GT Type Bのマニュアルが追加されたので、XVをダウンロードしてみた。

Subaru_xv_manual_01

この取説アプリのいいところは、単にマニュアルのPDFではなく(マニュアルPDFも内包しているが)・ビジュアルからの機能検索 ・取扱説明書PDFビューア ・各種表示灯、警告灯一覧がワンパッケージになっているところ。

ビジュアルからの機能検索

Subaru_xv_manual_02

ビジュアルからの機能検索ではエクステリアとインテリアのイラストから

Subaru_xv_manual_03

知りたいパーツのボタン(もしくはアップにしたい場所)を押すと、機能名が表示され、さらに機能名を押すと簡単な解説が表示される。
詳細説明のマニュアル(リンク)ジャンプ機能はない。せめて詳しくは取説P◎◎、とか書けばいいのに、と思うけれど、この簡易説明だけでも有効。

マニュアル(取扱説明書)

Subaru_xv_manual_04

取扱説明書は(おそらく)クルマについてくる取説(紙)のPDF版のビューア機能。
ただ、フリックでページを送ることと、ページ入力によるジャンプしか出来ない。
また、iPhoneを横位置にしても横表示にはならず、取説が横位置だけに表示が小さい。

にしても、歩行者用エアバッグ(が開いたとき)のたたみ方までマニュアルにあるとは・・

Subaru_xv_manual_05

SUBARUのWEBサイトで公開されている取扱説明書PDFからDLしたPDFをAcrobatで同期した方が、横位置表示に対応するばかりか、文字列検索もできるので遙かに使いやすい。
レスポンスも速いので、このアプリからは使わないかなあ。

各種表示灯、警告灯一覧

Subaru_xv_manual_06

各種表示灯、警告灯一覧は一覧性が高く、カラーであるコトも相まって便利。
機能説明も◎
SRVDが後側方警戒支援システムはいいけれど、それ、スバルリアビーグルディテクションって、略されてもなあ。こういう先進機能こそ、メーカーをまたいだ総称を付けて欲しい。

とか多少の文句言いつつ、こうやって検討している時間って楽しいデスよね。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月21日 (日)

ビデオSALON 6月号は動画ファイル管理特集

ビデオSALON 2017年6月号が発売。
特集は 動画ファイルを賢く管理する 動画ファイル管理入門

Videosalon_2017_6_01

表紙はSONY NX5RとLibecの三脚、TH-X。
そしてさり気なく?(わざとらしく?)リーベックの新型リモコン ZFC-L
LANC端子専用なので、基本ソニーのビデオカメラ専用だけど、こういうアイテムがサードパーティからでる余地のある仕様設計は業務用ビデオカムコーダーならでは。

Videosalon_2017_6_02

特集は動画ファイル管理入門だけど、巻頭記事はパナのGH5のマルチカムによる名古屋のアイドルライブ収録現場レポート。
こういう撮影はほとんど縁がないので参考になった。
V-Log Lならでは、的なテキストもあるので、ポスト処理前後の比較も見たいところだけど、そこは図版なし。また、完成したムービーも(販売用なのかファンクライブ等限定なのか)公開されていないのが残念。
5月29日に発売されるという ビデオSALON別冊 パナソニックGH5ムービー 完全攻略ガイドブック にはその辺、詳しく書かれている?(だとすると誘導・・・(笑))

Videosalon_2017_6_03

そして NAB2017 レポート。
大学教員になってから一度も行けていない(だって4月上旬っていちばん休めない時期。。)NABのレポートは毎回楽しみにしています。
After NABでもその一部は実感できるとは思うけれど。

Videosalon_2017_6_04

動画ファイル管理はなかなか決定打がなくて悩ましい分野。
ブラウズだけなら手はあるんだけど、アーカイブされた過去の資産ともいえるムービーファイルの管理閲覧もと思うと、なにがいいのかなあ。

Videosalon_2017_6_05

高田昌裕さんとの共同連載、Final Cut Pro リブートはインスペクタの基本、今月、来月でインスペクタを理解します。

Videosalon_2017_6_06

もうひとつの連載エッセイ(?)はアップルのiPhone用動画クリップ作成アプリ、Clips。
ちょうど大学に遊びに来てくれたOGの協力を得て、さくっと作成。

テストムービーにはOG、入っていません。

Videosalon_2017_6_07

Q&Aコーナーは機材の保管と防湿庫の話。
うーむ、風通しの良いワイヤーラックに並べて週に1度は機材に電源入れてシャッター切ってる・・・ので実用十分と思っていたけれど、やっぱ防湿庫、要りますか・・・?

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2017年5月20日 (土)

Hydro Flask 熱い珈琲を夜中の作業の友に

去年、ロケでハワイに行ったとき、土産でリクエストされた小型の断熱ステンレスボトル、Hydro Flask
当時はまだ並行輸入か土産物ハンドキャリーでしか日本に入っていなかったけれど、いつのまにか、正規代理店が出来て日本でも正規品が流通しはじめたみたい。

Hydro Flask Coffee_01

Hydro Flask 16 oz Coffee タイプ
RAKUNIのiPhone 7 Plus ケースと並べると、ボトル部分の高さがほぼ同じ位のサイズ感。

Hydro Flask Coffee_02

ポータブルサイズの魔法瓶。と言うと身も蓋もナイ(いや、蓋はある)のだけど、ステンレスの二重真空断熱魔法瓶を、このサイズにして、かつ、お洒落に仕上げたのが受けている由縁か。
たしかにホントに熱い珈琲が冷めないので、夜中の作業のときの友に好適で愛用中。

Hydro Flask Coffee_03

ちなみにHydro Flask 16 oz Coffee タイプのフタは3種類ある(持っているのは2種類)

Hydro Flask Coffee_04

キャリー取って付きのFlex Cap Wide と 飲み口が開くFlip Cap。

Hydro Flask Coffee_05

Flex Cap Wideはこんな感じで

Hydro Flask Coffee_06

ちゃんと締まっていれば、倒しても珈琲はこぼれない。

Hydro Flask Coffee_07

Flip Capはフタを折り返すように飲み口があって

Hydro Flask Coffee_08

これもきちんと嵌め込んでいれば珈琲がこぼれないが、浮いているとOUTなので要注意。

Hydro Flask Coffee_09

先日のブログでかなり訊かれたので、ブログとして書いてみました。Hydro Flask

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art 試写