2015年3月29日 (日)

OM-D E-M5 Mark II 動画手ブレ補正 至近距離篇

先日、お借りしたOM-D E-M5 Mark IIを使ってみる。をあげたら、「いいから、さっさと動画性能を」とエライ人に言われたので、先に動画をチェック(笑)

E-M5 Mark IIの特徴の筆頭が、高性能な5軸手ブレ補正機能

Img_1119

手ブレ補正自体はEOSのISで馴染んでいるのだが、EOSの手ブレ補正はスチルに最適化されていて動画が得意とは言い難い。更に言えば、レンズ搭載型の補正ゆえ、補正領域が5軸には及ばない(ただし、だからダメな訳ではない。)
まずは実際に確かめるのが大事。という訳だが、日中屋外で試す時間が無かったので、取り急ぎ室内でテスト。
高さ数センチの食玩に寄って、手ブレ補正を比較。

Img_1120

ムービー撮影時のE-M5 Mark IIの手ブレ補正は、5軸のセンサーシフト式補正(VCM方式)に加え、電子式補正を併用することも可能。(M-IS1モード)
電子式補正をオフにし、センサーシフトのみ使うM-IS2モードも設定可能。もちろん、両方使わない(ALL)オフモードもある。
それぞれで撮ってみた。

ただし、設定変えて、別テイクを手持ちで撮る関係上、条件は完全に同じにはできないので、参考程度に。
・手持ちで横方向に移動(回り込みも併用)
・手持ちで上方向に移動
・手持ちでFIX
をそれぞれ試した。

C-AFによるフォーカスの前後動の影響を除くため、AFは切ってMF。
カットによって、若干ピンが甘いものが混じるが、そこは割り引いて見て下さいませ。

FIXや一定方向の動きはVCM + 電子式がいいように思うけれど、突発的な揺れがあると、電子式特有の像の歪みが気になる感じ。
なお、レンズはED12-40mm F2.8をf4〜5.6で使用。

屋外など、別のシチュエーションでも、今後、試してみます。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月28日 (土)

EOS 5Ds 5Ds Rと 5D Mark IIIのデザイン比較(外観の違い)

1ヶ月以上前、EOS 5Ds 5Ds Rと 5D Mark IIIの違い(外観)というエントリーを書いたが、その後、CP+等で実際の5Ds、5Ds Rに触れる機会があるなかで気がついたデザイン比較(外観の違い)をまとめておく。
EOS 5Ds 5Ds Rは5D Mark IIIをベースにしているので金型も同じと思っていたのだけど、意外にも細かな部分で違いがある(ほかにもあったらごめんなさい)。

EOS 5D3 & 5Ds_01

ペンタプリズム部(軍艦部)が実はかなり違う。
滑らかな曲線で繋がっていた前縁が、マッコウクジラ型に切り立った。

EOS 5D3 & 5Ds_02

以前にも書いたように、左側面に出っ張りが。
指掛かりの安定感向上のためかとも思ったけれど、基板が変わってという話しもある。
また、EOS 5D Mark IIIは3代目のマークがあるが、sおよびs Rは5の派生型初代、という意味なのか、Mark III扱いではないらしい。

EOS 5D3 & 5Ds_03

これも以前書いたが、EOS 7D Mark II以降、上面ボタンの表記順が逆になった。
ので、これはEOS 5Ds 5Ds Rと 5D Mark IIIの違いと言うよりも、今後のEOSはこのルールになると考えるのが正解だと思う。
また、微妙にボタンと傾斜の位置関係が異なる。

EOS 5D3 & 5Ds_04

グリップ部の内側が、EOS 5D Mark IIIより鋭角に落ちている。
えー、ここ、かなり大きな違い。とはいえ、何度か持ち較べて見た限りでは、体感上の違いはあまり感じないけどなあ。

EOS 5D3 & 5Ds_05

同じく右肩の電子ダイヤル部のエッジが違う。

EOS 5D3 & 5Ds_06

機種名バッジ、色が違うのは誰でもわかるが、良く見るとEOS 5D Mark IIIはバッジに凹モールドなんだけど、5Ds、5Ds Rは凸モールド。

5dsvs5d3

(写真はキヤノン公式サイトから転載)

そして外観と言うべきかは難しいところだけど、外部端子の構成が変わり
・USB 2.0 → USB 3.0
・イヤホン端子 → 廃止
となった。

ほかにもあるかなあ。気がついたところは以上。
細かな修正が多いけれど、ここまでやるならいっそ金型新規起こしで別デザインにする手はなかったのだろうか。
EOS 5D Mark IIIのマイナーチェンジみたいに誤解されない分、販売にも有効な気がするのだけど。

外観とは違うけど、バッテリーもEOS 7D Mark IIからマイナーチェンジされ、LP-E6からLP-E6Nになっている

--ads--
コマフォト4月号に、5Dsの撮影データ、載っています。メーカーカタログよりそそります(撮影は南雲暁彦さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月27日 (金)

OM-D E-M5 Mark IIを使ってみる。

いまさら書くことでもないけれど、ワタシは学生時代にAE-1、A-1を使って以来、仕事でもプライベートでもずっとキヤノン。でも、キヤノン原理主義のつもりはなくて、ニコンを使うと、ああ、写真機、って感じでいいなあと思ったり、ソニー使っても、フジを使っても、それぞれいいなあと思う。
ただ、2マウント維持するには財力と器用さが足りないと言い訳している。

5D3E4626

というわけで ?
CP+ 2015のとき気になったオリンパスのOM-D E-M5 Mark IIをしばらくお借りすることになりました。
繋いでくださった方、暗躍して下さった方、ありがとうございます。

5D3E4641

クラシカルな機械テイストはありつつ、過剰に懐古的なテイストに走らない意匠はイイ感じ。
とはいえ、慣れたEOSとはずいぶん勝手の違いそうな操作系に、ちょっと使い込んでみないと。
カスタマイズの余地も多そうなので、違和感のない設定を見つけるのがポイントかなとも思いつつ。

とりあえず試し撮り(JPEG)

P3270021

OM-D E-M5 Mark II ED 12-40mm F2.8 PRO f3.5 1/125 ISO200

P3270008

OM-D E-M5 Mark II ED 12-40mm F2.8 PRO f5.6 1/13 ISO1600

P3270005

OM-D E-M5 Mark II OLDレンズ(なんだっけ?)

これから4月上旬いっぱい、いろいろ試してみます。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月25日 (水)

Logicool MX Master いいかも

昔は良かった、なんていうつもりはないけれど、アップルのマウスは俗に角型と呼ばれるADBマウス以降、正直、これだ、と思えるものがなく、MSのIntelliMouseを使っていて、その後、けっこう長くロジクールのMX Revolutionを愛用していた。

ただ、デモ先や大学や、その他出先のマシンを使うことも多く、そのたびにMX Revolutionのような大きなマウスを持って歩くのもかったるいし、ドライバを入れない多機能マウスなんてクリープを入れないコーヒーみたいなものなので(古い)、2009年の終わり頃からアップルのMagic Mouseに帰化?していた。

愛用したロジクールマウスもMX Revolutionの次のモデル(M950)がいまひとつ趣味に合わなくて、というのもあって御無沙汰しているうちに、サードパーティのハイエンドマウスも主戦場でなくなったように新製品のでない市場になっていった。
ところが、ロジクールは諦めてなかったらしい。

Logicoolmxmaster

ハイエンドマウス Logicool MX Master を今日発表。

MX Revolutionに較べ、ソリッドなデザイン、進化したホイールコントロール、ジェスチャ対応の新機能。
ちょっと、いいんじゃないか?高価いけど。

ロジクールのマウス(特にハイエンド系)は、おおぶりで、マウスをつまむ派には受けが悪く、包むように握る派には評判のよいものだったと思うが、今回も大型。
でも、相変わらずカスタマイズの余地が大きそうだし、久しぶりにマウス買うかも(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月22日 (日)

ミクロの決死圏:Dyson Pure Cool

もはや、水と安全ばかりか空気だってタダではない時代(!)に我々は生きているらしい。
PM2.5が大気を汚染し・・というけど、PM2.5ってどのくらい?と言えば、粒子径が2.5μm(マイクロメートル)以下のものという定義だという。
目に見えないミクロの世界で、戦いは始まっている。

Dyson Pure Cool_01

という訳で、ダイソンの新型は、従来のクールファンに高性能な空気清浄機能を搭載したDyson Pure Coolだった。
その発表会にお招き頂き、Dyson Pure Coolを検証用に提供頂いたので第一印象を書いておく。レビューは何ヶ月か使ってみてからの話だと思う。

Dyson Pure Cool_02

ワタシはずぼらな性格なので、汚れが見えなければキレイ、と思ってしまうタイプだけど、空間を漂う粒子状物質は、PM2.5より、PM0.1の方が、つまり微細であればあるだけ健康への悪影響があるとされているらしい。
まあ、それもそうか。

Dyson Pure Cool_03

で、従来の空気清浄機はPM0.1クラスの粒子状物質はフィルターを通過してしまうなか、本機はPM0.1クラスの粒子状物質を99.95%除去するという。
にこやかにDyson Pure Coolを持つのはアシスタントでもモデルでも無い、ダイソンのシニアデザインエンジニア、Ola Papierkowskaさん。
ダイソンは製品発表を関係したエンジニアが行うという伝統があるようで、これはカッコイイと思う。製品の立ち位置やマーケティングの考え方にもよるけれど、こういうときにタレントなんて要らないよね。

Dyson Pure Cool_04

Dyson Pure Cool_05

Dyson Pure Cool_06

相変わらず美しい筐体デザイン。

Dyson Pure Cool_07

でも、けっこう大きい。高さは1,018mm、1メートルの高さだがフットプリントは直径196mmの円筒なので設置スペースは意外と取らない。
Ola Papierkowskaさんが持っているパンチングメタル調プラスティック(だと思うが分からない)が空気清浄機能部分。

Dyson Pure Cool_08

内部は360°グラスHEPAフィルター(というらしい)

Dyson Pure Cool_09

マイクログラスファイバーを254回折りたたんだ高密度フィルターが本機のキモ。

Dyson Pure Cool_10

これだけのグラスファイバーが入ってるよ〜というデモ。

そして、スモークを粒子状物質に見立てた空気清浄デモ。

ムービーは時間軸に対して編集を施していません。実際にこのスピードでスモークを除去しました。

Dyson Pure Cool_11

で、アクリルケースの中にノズルが3つみえたので、ダイソンに確認してみました。
ひとつはスモーク発生器(中央)に繋がっているけれど、残りふたつは?
まさか、それでスモークを吸う、みたいなイカサマをダイソンがやるとは思ってはいないけれど、マジックにタネがあるならそれは反則。

「左右のダクトからは煙を舞い上がらせる為にエアーのみが出ている」とメールで回答頂きました。なるほど。

ちなみに公称空気清浄能力は、8畳で25分。適用床面積は日本電機工業会規格(JEM1467)に基づく試験方法で30分10畳だとのこと。

Dyson Pure Cool_12

なお、このフィルターは洗浄等はできず、約1年でユニット交換。ユニット価格は6,000円。

Img_1088

と思ったら、取説には約4,382時間で交換とある。なにこの細かい数字(^_^; と思ったが、1日12時間使用で365日、という計算か(2時間はオマケ?)
1時間当たりの運用コストは1.37円となる(電気代と税 別)1日およそ16.5円で部屋の空気が清浄に維持されるなら悪くない。

Dyson Pure Cool_13

浄化された空気は、ダイソンお得意のエアマルチプライヤーで送り出される。

Dyson Pure Cool_14

電源オフおよび運転時

Dyson Pure Cool_15

風速やタイマー設定すると、約10秒間表示が浮かぶ

Dyson Pure Cool_16

電源オンオフ以外の設定はリモコンから

Dyson Pure Cool_17

リモコンは磁石内蔵で、Dyson Pure Coolのてっぺんにくっつく。

Dyson Pure Cool_18

シンプルで洒落たリモコンで、なくさないような(磁石)配慮もあるけれど、それでも無くすと、本体では電源オンオフしかできないので要注意。

Dyson Pure Cool_19

という訳で、1シーズン超えた辺りで、PM0.1除去の実感があったか否かを含めてレビュー予定。

Dyson Pure Cool_20

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«EOS M3 とEF50mmF1.2 開放ポートレート