2019年2月17日 (日)

アルカスイス/マンフロットRC2 両対応:ピークデザイン DUAL PLATE

b's mono-logさんのエントリーを読んで欲しいなあと思っていた、Peak Design DUAL PLATEを買いました。アルカスイス互換、そしてマンフロットのRC2互換という、両方に対応するピークデザインのクイックリリースプレートです。

peakdesign_dualplate_01

ジッツオがアルカスイス互換雲台に移行し、CAPTURE V3もOM-D E-M1 Mark IIで使っているなど、うちでもアルカスイス規格が増えてきた昨今、EOS Rもキャプチャー V3運用したいなと思ってプレートを買い増。
そのとき、Bさんのブログで覚えていたデュアルプレートにすれば、うちのマンフロットとも互換になって便利だよね。と思ったのです。

peakdesign_dualplate_02

スタンダードプレートより数百円高いデュアルプレート。本体の他に六角レンチが付属します。

peakdesign_dualplate_03

背面。
スタンダードプレートと異なり、レンズ方向の指示があります。

peakdesign_dualplate_04

CAPTURE V3に装着したところ。
左:CAPTURE V3 付属のスタンダードプレート
中:今回買ったデュアルプレート
右:peak design slide lite 同梱のスタンダードプレート

peakdesign_dualplate_05

上面から
左から、デュアルプレート。CAPTURE V3付属プレート。slide lite同梱プレート。

peakdesign_dualplate_06

下面から
左から、デュアルプレート。CAPTURE V3付属プレート。slide lite同梱プレート。
同じスタンダードプレートながら違いがあって
slide lite同梱プレートとデュアルプレートは六角レンチとコインに両対応しますが、CAPTURE V3付属プレートは六角レンチオンリー。
逆にCAPTURE V3付属プレートとデュアルプレートはネジが前後に調整可能なのに対し、slide lite同梱プレートは中央固定です。

peakdesign_dualplate_07

EOS Rに着けてみました。

peakdesign_dualplate_12

OM-D E-M1 Mark IIに着けてみました。このくらい背高になります。

peakdesign_dualplate_08

ジッツオのマウンテニアに着けてみました。

peakdesign_dualplate_09

RRSのテーブル三脚に着けてみました。
この換装をプレートを換えることもネジを締め直すことも無くスピーディにできるのが共通規格のプレートを使う最大のメリット。

peakdesign_dualplate_10

デュアルプレートとCAPTURE V3付属プレートは大きさ以外に高さも違います。が。

peakdesign_dualplate_11

スタンダードプレートもCAPTURE V3付属とslide lite同梱プレートで高さが違うのです。実は。

peakdesign_dualplate_13

CAPTURE V3をピークデザインのスリングバッグ(5L)にマウントすると

peakdesign_dualplate_14

小型のカメラならカメラ自体をバッグにマウントできます。
OM-D E-M1 Mark IIとEOS Rをこれで使いたいと思ったのです。(さすがにEOS-1D X Mark IIで試すつもりはないです。)

peakdesign_dualplate_15

最後にデュアルプレートとマンフロットのRC2規格 200PLの写真。

そうそう、仕事帰りにカメラ量販店でこのプレートを買ったとき、駿台の先生ですよね?と言われた(笑)6年前のうちの学部出身でワタシの授業も受けたらしい(すみません。ゼミ生なら覚えているけど、授業だけは。。)
いまでは、このカメラ売り場の主任でフォトマスター1級、CP+でワタシのステージも見ているらしい。
自分のゼミOGではないけれど、写真や映像系に進んだ教え子を見るのは嬉しいですね。覚えていてくれてありがとう。

--Ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2019年2月16日 (土)

SUBARU XV クラッディングと泥はね

うちのSUBARU XVは普段、走る道の9割が舗装路というなんちゃってSUV状態なんだけど、先日、ちょっと悪路を走ったら、盛大にクラッディングに泥はねしていました。

SUBARU XV クラッディング

それでも地上高が高いせいか、クラッディング意匠の妙か、泥はねのほとんどがクラッディングに留まり、ボディ本体に及んでいないのはさすが。
前車インプレッサの時はこのボディ下部に小さな石跳ね等で塗装に小傷がいくつもあったことを思うと、クラッディングの無塗装樹脂は小傷がついてもあまり気にならないし、目立たないので良い感じ。

ただ、この樹脂部分は経年劣化で白くなるといいます。1年半たっても気になりませんが、これから白濁するのでしょうか。その時はレンズのゴム部分同様に薬用ミューズで落ちるかなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2019年2月15日 (金)

RED WHIPSの正しい?使い方 : シンクタンクフォト レッドウィップス

先日、ケーブルまとめに便利小物。thinkTANKphoto レッドウィップスというエントリーを書いたら、一時的にAmazonとヨドバシの在庫がなくなるほど💦読んでいただいたシンクタンクフォトのRED WHIPS。わだつみさんもバースデープレゼントに買ってもらったようなのです(お誕生日おめでとうございます☆)が、FBで片付け大魔神ひまちゃんや、コメントでFotografiaさんに教えて頂いたように・・。
すみません。縛り方(結わえ方)が間違っていました。

thinktank photo_RED WHIPS_10

正しい使い方、というか縛り方(結わえ方)はこんな感じ。

thinktank photo_RED WHIPS_11

輪に通すのでは無く、巻いてぎゅっと締める感じ。
いや、まあ、使えればいいというのもあるのですが、良く見ると公式サイトでもこう縛っているので、ごめんなさい。訂正します。

thinktank photo_RED WHIPS_12

ケーブル等を巻くようにして

thinktank photo_RED WHIPS_13

留め具を輪に通し

thinktank photo_RED WHIPS_14

ぎゅう、と締めます。

thinktank photo_RED WHIPS_15

たしかにこの方が安定感があります(特に複数束ねるときなど)ね
アウトドアなひとにとっては常識なようです。不勉強でごめんなさい。

thinktank photo_RED WHIPS_16

こんな感じで、ぜんぶ結わえ直しました。

thinktank photo_RED WHIPS_17

フックに掛けてもこんな感じ。

ちょっとお洒落で、視認性も良く、実用的で安価という三拍子四拍子揃ったアクセサリーなので、ぜひ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2019年2月14日 (木)

EOS RPとRFレンズ 第2シーズン

EOS R システム 2号機、EOS RP発表。使用時重量ボディ485gというのは素晴らしいと思う。フルサイズのなかで、なんて言わなくても、ワタシのもうひとつの愛機、OM-D E-M1 Mark IIはマイクロフォーサーズだけど使用時重量ボディ574gなんだから。

EOS R & EOS RP

ただ、EOS Rとシルエットを(マウントあわせで)重ねてみると、軍艦部だけでなく、吃水線下というかボディ下部が削られていて、けっこうなレンズがはみ出しそう。
そのためか、小指が余る対策かエクステンショングリップが用意されているんだけど、これが高さ22.2mm、重量86gらしいので、グリップを装着したEOS RPはEOS Rより背高で、重量差も100gまでに縮まる。
個人的には動画機能がだいぶスペックダウンしているので手を出すことはないけれど、逆にEOS Rの上位機が出たら、そのサブ機にはいいかもなあと思う。
RF35mmF1.8のキットが用意されるのも◎だけど、入門機としてはセットで20万、って言って欲しかったと思うのは無理筋ですかね。

6本の開発発表があったRFレンズは、既発売の4本を含め年内に2ケタのラインナップを持つことになる。
で、気になるのは、ジェットダイスケさんも言っていたけれど、コントロールリング位置の不統一。
RF24-240mmとRF70-200mmがマウント側、他の4本と既発売の4本はレンズ前縁。
おそらくRF24-240mmとRF70-200mmは鏡筒が伸びるタイプのレンズだから、その場合は後端にってロジックなのかも知れないけれど。

EF-EOS R

EFレンズを使うためのマウントアダプター(リング付き)は、当然、マウント側にコントロールリング位置がくるので、正直、間違って触ることが少なくない。
慣れ、ると思っていたけれど、レンズ毎に配置がテレコになると、なかなか慣れないんですよね、これが。
いまさら変更は出来ないのだろうけれど、コントロールリング位置は全レンズマウント側に配置すべきだったんじゃないかなあ・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2019年2月13日 (水)

EOS R、RF24-105mmF4L、ファームアップでサイレント高速連写

このファームアップ対応自体は早くからアナウンスされていたけれど、EOS RとRF24-105mm F4Lの最新ファームウエアが公開。
最大のポイントは「"サイレント撮影時の連続撮影" の機能を追加」(それ以外はまあ、バグフィックス)。ただ、"サイレント撮影時の連続撮影" 機能(キヤノン)は微妙な齟齬がある気がする。(後述)

EOS R FirmUp_01

ミラーレスの利点のひとつ、電子シャッターによるサイレント撮影はEOS Rのアドバンテージ。・・・なんだけど、このサイレントシャッターはシングル撮影(単写、1枚撮影)時しか設定出来ないという欠点があった。

EOS R FirmUp_02

サイレントシャッター設定時は連続撮影(高速連射、低速連写 *れんしゃ、は連写、連射、恋写で迷いますね(笑))はグレーアウト。

EOS R FirmUp_03

EOS Rの新ファームウエア Ver.1.1.0はサイレント撮影時に連続撮影を可能にするファーム。ただし、RF24-105mmF4Lの場合は、レンズのファームも対応ファームにアップしないと使えないと書いてあるので、こちらもアップデートします。
その場合、ファームウエアファイルをいっしょのSDカードに入れてアップデートしても大丈夫でした。

EOS R FirmUp_04

メニュー > スパナマークの6番 >ファームウエアを選択し、まずはカメラを選択。

EOS R FirmUp_05

ファームの確認

EOS R FirmUp_06

ファーム実行中は英語表記のみ。電源を落とさないように注意。

EOS R FirmUp_08

続いてEF24-105mmのファームウエア  Ver.2.0.0にアップデート。

EOS R FirmUp_07

ファームウエアがアップデートできた状態の表示

これで、サイレントシャッターを連続撮影と併用できる・・・のですが、ここで冒頭の「サイレント撮影時の連続撮影" の機能を追加」が微妙に感じる点が。

EOS R FirmUp_09

上:EOS R Ver.1.0.0 時の表示
下:EOS R Ver.2.0.0 時の表示
そう、高速連続撮影はNG項目から外れたのですが、低速連続撮影は併用不可のまま。

EOS R FirmUp_10

実際にサイレントシャッターONの状態では低速連写がグレーアウトしています。
逆に言えば、これ、低速連写はメカシャッターのみということでしょうか。

EOS R FirmUp_11

ちなみにこの背面液晶のサイレントシャッターアイコン、って、前からありましたっけ?
気がつかなかった・・・。

EOS R FirmUp_12

という訳で、EOS Rは電子シャッターによる高速サイレント連写を手に入れた。のですが

EOS R FirmUp_13

当然ながら?ミラー「レス」のアドバンテージ、電子シャッターはフリッカー「レス」にはなりません。
これはローリングシャッター歪みとあわせて、電子シャッターのメカシャッター(フォーカルプレーンシャッター)の弱点で悩ましいところではあります。

--ds--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«SalcarのSSDケースをApple純正USB-C電源ケーブルで繋ぐ