2014年9月19日 (金)

iPhone 6 Plusで写真を撮って見た その1

わはは、やっぱりiPhone 6 Plusは手に余る大きさだった。
電話機としては、ちょっと後悔するかも。

iPhone 6 Plus_01

でも、電話としてのiPhoneって、ワタシの場合、月に数百円も使わないのだから大丈夫。
情報端末としてのiPhoneは、きっとこのサイズの方が使いやすいはず、と自分に言い聞かせている(笑)(でも、本心)

iPhone 6 Plus_02

で、取りあえずはカメラだ。
動画は別にチェックするとして、iPhone 6 Plusで素直にとって見た(手持ち)
そして、そのままiPhoneからFlickrにアップロードしている。

by iPhone 6 Plus

f2.2 シャッタースピード1/120秒 ISO 40
絞りを開放にして、シャッター速度もそれなりに速く、なによりISO感度が低い。
感度が低いせいか、階調性や繋がりも綺麗で、十分使える印象。
センサー小さいからf2.2でもこのくらいは被写界深度内なのか

これからのコンデジは厳しいよなあと思う。気軽に使えてネットにあげられるからiPhone、なんじゃなく、写真が綺麗だからiPhone、ってひとは確実に増えると思う。

せっかくなので、今日までワタシが使っていたiPhone 5(Sじゃありません、ノーマルの5)との比較。
5と6では解像度は同じだけど、レンズのf値も焦点距離も違うので、だいたい、の比較で。

by iPhone 5

iPhone 5
f2.4 1/20 ISO160 輝度差1.65

by iPhone 6 Plus

iPhone 6 Plus
f2.2 1/15 ISO50 輝度差2.70

iPhone 5の1/20でも手振れ心配なのに、iPhone 6 Plusは容赦なく1/15を使い、その分ISOを50まで落としている。これ、光学式手振れ補正使うのかなあ。
手持ちでこのガーナ板チョコ形状のカメラを1/15秒もぶれずに保持できている自信はないのだが(笑)

その結果として、較べると画の繋がりもS/Nも大きく違う。
解像度が同じだからって同じ画になんかならないんだよね。まあ、これは4Kムービーも同じだけどさ。
解像度がもたらす緻密さ、ってのは間違いなくあるけど、それだけで画が決まるなんてことはない。

iPhone 6 Plus_03

あ、話がそれました
とりあえず、届いて数時間での印象はこんなところ。

ケースはTUNEWEARのカーボンルック。液晶保護フィルムはSimplismにしたけど、まさかの物流トラブルで、まだ裸状態。

iPhone 6 Plus_04

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

7Dだけにカタログも7種類:EOS 7D Mark II

世の中は(もといワタシのまわりは)iPhone 6 の話題一色だが、量販店にEOS 7D Mark IIのカタログが届き始めたらしい。
EOS 7D Mark IIは、全方位型マルチロール機的な立ち位置ではなく、近年のキヤノンには珍しいユーザーセグメントをはっきりと絞り込んだカメラだと思う。

その象徴がカタログ。

Eos_7d_mark_ii__01

そして、7Dに掛けたのか、カタログがなんと7種類!
(写真は申し訳ないので4種類だけもらってきたもの)

総合カタログ 野鳥篇 鉄道篇 スポーツ篇 飛行機篇 野生動物篇 モータースポーツ篇
(Link:キヤノン カタログダウンロードサイト

Eos_7d_mark_ii__02

もう、徹底的に、それぞれのテーマに絞り込んだカタログ
ちなみに飛行機篇は、最近、注目しているルーク・オザワ氏の撮影

彼の出した新刊 「ルーク・オザワの ヒコーキ写真の撮り方: 光、空、風景で魅せる! 」は非常に面白いです。

Eos_7d_mark_ii__03

機能解説ページは記述は同じだが、作例が違ったりする(同じ作例もある)

Eos_7d_mark_ii__04

EOSムービーの解説も、作例はそれぞれ

Eos_7d_mark_ii__05

まあ、ちょっとお金の掛け方がもったいない気もするけれど、カタログ自体は見事なので、店頭で見かけたら必見デス。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年9月17日 (水)

写真を引き継がずにiPhone を更新

明後日には、iPhone 6、iPhone 6 Plusが発売される。iPhoneの買い換えって、全部入れ直しなんですよね?と学生に訊かれたので、イヤイヤイヤ、ズゴック簡単、もとい、すごっく簡単。
iPhoneからiPhoneなら、iTunesのバックアップから復元したら、アプリやメールはもちろん、アラーム時間の設定までまんま復元してくれる。

Matsuba Factory Shimakokutan_02

のだけど、その方法だと写真もまるまる引き継いでしまうので、写真がぱんぱんに入っているiPhoneの場合、容量を大きなiPhoneに買い換えない限り、最初から空き容量の少ない新型iPhoneになってしまう。

以下はそこで、自分が行った写真のみ復元しない手順(Macの場合です。あしからず)。
前回(iPhone 4S→iPhone 5)および今回もこの方法で行いますが、iOSも8だし、間違ってる可能性や、もっとスマートな方法が有る可能性があるので注意お願いします。
間違いがあった場合は、確認でき次第、訂正を入れますがそれ以上の責は負いかねます。大事な写真を失わないようご注意下さい。

Ios__01

まずは、iTunesでiPhone を明示的にバックアップ。

Ios__02

バックアップ後、デバイス環境設定>デバイス で、いま取ったバックアップを「アーカイブ」します。
これによって、写真削除後のiPhoneでバックアップを上書きする危険を無くします。
慎重を期すならさらに別のドライブにコピーしておくのもいいでしょうが、ワタシはそこまでやっていません。

Ios__03

次にiPhotoでもイメージキャプチャでも、プレビューでもを使って、写真をすべて別に保存
(図はイメージキャプチャでの例です)
この時、iPhone 5 All Photoとか、自分の分かる名前にします。また、写真枚数(項目数)を覚えておくか、メモしておくと後で便利。

Ios__04

iPhone 5 All Photo(先ほど写真を落としたフォルダ)を開いて、写真がちゃんとあることを確認(枚数があっているか、較べます)。

Ios__05

ただしく読み込めていたら、イメージキャプチャに戻って、写真をすべて選択して「削除」します。

Ios__06

削除にもけっこう時間がかかります。
ので、この辺の作業は、新型iPhoneが来る前にやっておくのがせっかちなヒトには有効です(笑)

この状態で、iTunesに戻り、再度、バックアップを取ると、写真の入っていない、「軽いiPhone 5」のバックアップが作れます。
軽い(容量が小さい)ので、iPhone 6やiPhone 6 Plusの復元時にも時間が少なくてすむのもメリットです。

Ios__07

ワタシの場合、写真はフォルダのまま、いったんiPhone 5に再同期して戻しています。
が、これはテンポラリーで、iPhone 6 Plusが届いて移行する前には同期から外して小さいiPhone にしてから行います。
その間に、取っておかなくてもいい写真を削除しておくか、逆にiPhone 6 Plus上に置きたい写真だけ、新フォルダにまとめたり、iPhotoのイベント作ったりする予定です。

-ads-

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年9月16日 (火)

コマフォト 10月号は必読

コマフォト(コマーシャル・フォト)、読み始めて何年になるだろう。ひとつだけ確かなのは大学生の頃にはすでに読んでいたので30年は続いているってことか・・・

_10_01

2014年10月号の巻頭はスティーヴン・クライン

_10_02

スティーヴン・クラインって、危ない作風だよなあ、と思っていた。
いや、今も思っている(笑)しかも、それを商業写真で成立させている。記事にも書かれているけれど、とても映画的でありダークなエロティシズムを感じさせるフォトグラファーだと思う。

_10_03

特集はプロジェクションマッピング 2013-2014 総ざらい
ピークを過ぎた感もあるプロジェクションマッピングだけど、こうしてみると、単に話題だから、ではない着実なアプローチが出てきていて、ああ、ちゃんと定着しそう。
江ノ島も行かなきゃ・・

_10_04

そしてEOSユーザーなら必見のEFレンズテクノロジーの解説。
レンズの画質が、とはよく言うものの、じゃあ、高画質ってなんなのよ、というと、解像度とか、収差とか、で止まってしまうこだわりマニアも少なくないし(ええ、ワタシも他人のことは言えません)、下手すると「味が」って美味しんぼのような世界に話をもっていっちゃう情緒派も多い中、主観とは別軸の解説がいいです。
(いや、趣味としての写真なら、それでイイと思いますが・・ワタシも他人のことは言えません)

_10_05

収差と十把一絡げになんかせず、原因別の収差の解説と、回折の話。
まあ、EFレンズテクノロジーと名打たれてるだけに、D.P.P.(Digital Photo Proffesional)の話に繋がっていく(笑)のですが、それまでの収差は物理的に(完全には)逃げられないことの話だと理解すると、ソフトウエア的補正の意味も見えてくるというもの。
(だって、なんとなくズルな手法に思いがちですよね、後処理って)

_10_06

テクストを書いているのは、凸版チーフフォトグラファーの南雲暁彦氏
今日、日本発表のEOS 7D Mark IIのチャンピオンデータも彼の撮影です。
コマフォト誌面の写真ももちろん、彼。
EF16-35mm F4Lのもの、カメラはEOS-1D XとEOS 5D Mark IIIですね。

_10_07

鉄板連載の一眼ムービーなんて怖くない!は、お世話になっている鹿野宏氏。
いつの間にかDaVinci Resolve 11 の話になっている(笑)
鹿野氏とは近くプロジェクトでご一緒しそうなので楽しみ。

そして、今月号のコマフォトには、

_10_08

なんと、うちの学部を話題として取り上げていただいています(^^)
Shuffleにも転載されています

今年は初めての試みとして、デザイン・写真実技型AO入試を行うので、我と思わん高校生の方は是非。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2014年9月15日 (月)

EOS 7D Mark II 発表

EOS 7Dが発売されたのが2009年10月だから、じつに5年ぶりのモデルチェンジ。

Canon(US)が、EOS 7D Mark IIを発表

EOS 5D Mark IIもそうなんだけど、近年のキヤノンはけっこう製品サイクルがゆっくり。
そこがライバル社に較べ歯がゆくも見え、一方で長く一線であることの安心感でもあり、なかなか複雑な気分。

EOS 7D

EOS 5D Mark IIに続き、名機として愛された7Dだけど、(EOS 70Dが見事な出来だったこともあって)さすがにその役割は終えていたと思うので、ようやくMk.IIか、と思うところ。

新型センサーに Dual Pixel CMOS AF、Dual DIGIC6、10コマ/秒とAPS-Cフラッグシップの名に恥じない基本性能にあげてきた一方で、バリアングル液晶ではなく、飛び道具的な突出した機能は搭載しない。
手堅いというか、コンサバで、近年アグレッシブなニコンを見よ、と言われるのは想像に難くない(笑)が、そこは実機待ちだなあ。
液晶が固定な点も含め、70Dとは異なり、高速な写真機にフォーカスした印象。

もちろん1920/60PはキヤノンのAPS-C機では初めて(フルサイズでもEOS-1D Cのみ)など、動画を後退させているわけではないけれど、Dual Pixel CMOS AFはタッチ液晶でこそ真価を発揮すると思っているので、動画重視なら70Dという選択もありか。

ふたたび5年のライフサイクルを持てる本格派になっていることを期待しつつ、実機を待つ。
だって飛行機撮るには、高速連写でAF性能の高いAPS-C機はやはり有効なんだもん。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«iPhone 6 Plus 大きいことはいいことだ?