2019年3月18日 (月)

スマホの写真とアドレス帳を簡単にバックアップ:マイポケット NTT.Com (AD)

iPhoneやAndroid、スマホはもはやいちばん使うカメラ。日々の記録や、友達との時間、はっとする風景を写真や動画に撮って、見て、楽しんだりSNSにアップしたり。
そして気がつくと、スマホの容量が限界・・。なんて経験は多くの人にあるはず。
パソコンにこまめにバックアップすればいい、ええ、その通り。でも、面倒くさかったり、どこまでバックアップしたか分からなくなったり、そもそもパソコン(のハードディスク)が壊れたら写真も失われてしまいます。

マイポケット(MyPocket)はNTT Comが運営する、スマートフォンの写真や動画、アドレス帳をバックアップするオンラインストレージです。さらに家族や友人知人と写真を共有するのも簡単です。
(このエントリーはNTT Comにスポンサード頂いています)

mypocket_01

え?オンラインストレージならたくさんあるじゃん、と思った方、そう、Dropboxを筆頭にGoogle ドライブやらiCloud Driveなどメジャーなクラウドストレージサービスはいくつもあります。ビジネスにも使える高機能なものや中には無料プランのあるサービスもあります。ワタシも使っています。

でも、ほとんどの場合、無料版は容量がスマホ以下で、スマホから溢れそうな写真の保管場所にはならないし、高度な機能を持っている・・けど、高機能ゆえ、分かりにくい、使いこなせない、ケースも散見します。
ワタシがマイポケットをしばらく使ってみて、これはいいな、と思うのは、まさに「身の丈に合ったちょうどいいサービス」だから、です。

mypocket_02

マイポケットの基本機能を簡単に書くと

1    スマートフォンの写真、動画、アドレス帳に特化した自動バックアップ
2    スマホのバックアップにちょうどいい容量で300円
3    自動で写真を分類、楽しむための機能も充実
4    スマホ、パソコン、タブレットから写真を見たり、ダウンロードできる
5    家族や友人と共有も簡単

これら「必要な機能に絞って」「それを簡単操作で」「リーズナブルに」実現しているのがマイポケットだと思います。

関係性の明示
このブログエントリーはNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)の依頼により、マイポケットサービスのレビューとして書いています。検証および評価は基本、いつものようにフェアな立場で行っています。

エントリーは2回にわかれ、1回目のこのエントリーでは、マイポケットの特徴的なメリットの紹介と、登録方法をステップバイステップで。さらにアップロードテストを行います。
それが無事、終わったら、自動アップロードの仕方をマスターします。
写真は自動で分類されますが、自分流も分類したり、メモを付けたり、撮影地でセレクトしたりといったことができます。それらを応用篇として他のクラウドサービスとの比較を含め、2回目で紹介します。

mypocket_03

試して感じたマイポケットの魅力

魅力1 自動バックアップ
スマホのデータはどれも大事だけど、いちばん重要なのはアドレス帳と(スマホで撮った)写真や動画。マイポケットはこの3点を特別視。最初に設定することでいつも自動でバックアップ。バックアップ先はNTT Comの国内サーバーなので安心。
通信費が気になるひとには、バックアップをWi-Fi環境下に限定することも簡単です。

魅力2 ちょうどよい容量と費用
ほとんどの人がそのままスマホの写真と動画をバックアップして余裕の容量と、低価格。ヘルプ情報も充実していて、それらが日本語ページなのも高ポイント。この辺はNTT Comの安心感もセットですね。
容量4倍の512GBオプションもあります(が、ほとんどの場合、基本プランのままで大丈夫だと思います)。

魅力3 自動分類
バックアップされた写真は撮影した日付や場所で自動的に分類され、あとで◎月◎日の写真、とか、沖縄で撮った写真、といった感じですぐ探せます。
また、写真の画柄を判断し、お祭り、とか結婚式、と言う風にイベント分類(ラベルといいます)してくれるのも楽しい。まあ、まだ過渡期の技術なので間違い分類も多いですけどね(笑)

魅力4 さまざまな端末から
クラウドサービスの特長は安全なバックアップだけではありません。
写真はクラウドにあるため、パソコンからでもタブレットからでも同じ写真を見たり、ダウンロードすることができます。いわば自分専用の写真(&動画とアドレス帳)サーバーです。

魅力5 共有も簡単
バックアップされた写真は家族、友人に共有することも簡単。共有専用のリンクをメールやSNS、LINEに作成するボタンを押すだけ。高度な特殊機能はありませんが、その分、分かりやすく、使いやすいのが特徴です。

マイポケットに無料プランはありませんが、逆に「初月無料」のお試し期間があります。ここでは取りあえず登録して使ってみる方法をステップバイステップで紹介します。
その際に気をつける部分もあわせて解説します。無料期間中はフルに使っても課金されることはないので安心して下さい。

スマホからの登録手順

mypocket_04

マイポケット(MyPocket)公式ページにアクセス、

1 スクロールして、
2 お申し込みはこちら のバナーをクリック。

mypocket_05

3 名前、住所等の登録。
4 ログインID(メールアドレスではありません)、パスワードの登録。
  (あとで変更も出来ますので悩まなくても大丈夫です)
5 クレジットカードの登録。
  初月無料なのにクレカを登録するところでドキッとしてやめちゃう人もいると思います。クレジットカードの入力って不安ですよね。でも、初月終了までは課金されることはありません。そこはNTTグループの信頼感を信じていいと思います。

スマートフォンアプリのダウンロード
マイポケットは専用のアプリが用意され、そこから簡単に使えるのが大きな特徴です。
ここではiPhoneを例に説明します。

mypocket_06

1 公式詳細ページの下の方にあるApp Storeへのリンクボタンを押す、もしくは
2 App Storeで「マイポケット」を検索。
3 MyPocketのアプリを「入手」ボタンを押してインストールします。

mypocket_07

マイポケット アプリを起動します。MyPocketアイコンなのに、アプリ名はなぜか「バックアップ」となっています。この辺は統一して欲しいですね。一瞬、別のアプリを落としたかと思ってしまいました。
最初のレッスンに入ります。

通知は 許可にしておきましょう。

ログインボタンを押すと、ログインIDとパスワードが求められます。このログインIDとパスワードは、先ほどiPhoneのブラウザから登録したものを使います。

位置情報の許可は、常に許可が便利ですが、最初は使用中のみ、でも大丈夫。

mypocket_08

「連絡先の移行」は、スマートフォンを機種変したときに使うモードです。
いまは不要です。目立つ「移行する」ではなく、右上の「スキップ」を押して下さい。

バックアップをはじめる、を押します。

WiFi接続以外でのアップロードを許可すると、スマホのプランによっては膨大な通信費(パケット代)がかかるので、特に最初は「Wifiのみ」にします。
最初のバックアップが終わったら、常時アップロードを許可するかどうか考えます(後述)。

連絡先へのアクセスは OK に。(アドレス帳のバックアップに必須)

おそらく瞬時に(アドレス帳の)バックアップは終わり、写真へのアクセス許可を求められます。
これを OK すると、ほどなく写真のバックアップが始まります。バックアップのみが目的なら、ここでレッスン修了です(笑)が、
はじめて自動バックアップを行うときは、iPhone内の写真すべてをアップするので、けっこう時間がかかります。設定が正しく出来たかどうか実感するために、手動で何枚かアップしてみましょう。iPhoneユーザーの場合、戸惑う原因にもなるファイル形式についても説明します。

手動バックアップのレッスン

mypocket_09

設定ボタンを押します。

設定画面に切り替わるので、自動バックアップの設定 を押します。

自動バックアップの設定画面で、フォトのバックアップをオフにします。
これでいったん、写真の自動バックアップが中止されます。(このレッスンが終わったら元に戻します)
左下にある「ホーム」ボタンを押して、ホーム画面に戻ります。

下段中央の「アップロード」ボタンを押します。

mypocket_10

アップロード画面で、選択してアップロードを選びます

iPhoneの写真ライブラリに切り替わるので、カメラロールを選びます。

表示される写真(iPhoneの中に保存されています)から、何枚か選択しましょう。
写真をタップすると、チェックマークが黄色くなります。
ここでは7枚の写真を選びました。下段のアップロードが(7)と表示されています。
アップロードを押します。

アップロード対象の詳細設定が表示されますが、ここではそのままにしておきます。
ファイルが「全7件」になっているのを確認して、もう一度、アップロードを押します。

mypocket_11

再度、Wifi限定の確認が出ますので、Wifiのみを改めて押すと、7枚の写真がアップロードされていくのが表示されます。
*アップロードスピードは、Wi-Fiの速度、その先のネットワークの太さによって変わります。

数字がゼロになったら、バックアップを確認します。
(この例の場合)「フォト」を選ぶと、写真が2枚しかありませんが、
「ファイル一覧」を選ぶと、マイポケットアプリ_(iPhoneの名前)フォルダがあり、そのなかのアップロードファイルを選ぶと7枚の写真がバックアップはちゃんとされています。
実はこれ、iPhoneの写真フォーマットで起こる現象です。

現在、iPhone写真のデフォルト(初期)フォーマットは、HEIF(ヒーフと読みます。拡張子はHEIC)なのですが、WEBブラウザやマイポケットアプリではHEIFは(写真として)表示できません。
他のクラウドストレージではHEIFを自動でJPEG等に変換することで表示するサービスもありますが、マイポケットは「正しいバックアップ」を優先するため、HEIFのままアップロードするのでしょう。変換すると、それは「元とは違うファイル」になってしまうからです。

その意味で、とても信頼と好感のもてるシステムなのですが、何の写真か分からないのは残念なのも確か。将来的に、マイポケットがHEIF対応にバージョンアップすることを期待したいと思います。

mypocket_13

以上でレッスンは終わりですので、自動バックアップの設定で、フォトをオンに戻します。
もちろん、必要に応じてムービーの自動バックアップもオンにしましょう。

前述したように、はじめて自動バックアップを行うときは、iPhone内の写真すべてをアップするので、時間もかかりますし、さらにデータ量(通信料)もかさみます。
だから最初の1回目は、夜、寝る前に「オン」。そして動作をWi-Fiに制限しておくのがお薦めです。

いったんすべてのバックアップが終わったら、以降は差分(新しく増えた分)のみのバックアップになるので、Wi-Fi以外の動作を許可するのもいいかもしれません。自分の契約プランとの見比べを行ってください。
そして、ここにひとつの裏ワザ(?)があります。

ワタシもこのレビューを書きながら初めて気がついたのですが、マイポケットを運営するNTTコミュニケーションズが運営している「OCN モバイル ONE」という格安SIMサービスに、マイポケットのカウントフリー機能があるのです。

mypocket_14

格安SIM会社は、それぞれLINEデーターフリーとかSNSカウントフリーなど、それぞれ差別化を行っていますが、OCN モバイル ONEは同じNTT Comのサービスであるマイポケットのデータ量をカウントしない、のですね。
これは写真や動画を撮りまくる人には大きなメリットかもしれません。

マイポケットの基本編はここまで、ですが、マイポケットには

mypocket_15

他のクラウドサービスにはない、写真の自動分類(左上)や、撮影場所を地図にマッピングし(中央)、その場所で撮った写真を表示する(右上)機能など、ユニークな「写真を楽しむ」機能があります。
次回は、ワタシが普段使っている他のクラウドサービスと較べ、メリット、特長、などを解説します。

mypocket_16

取りあえず、初月無料なので、登録しつつ、次回をお待ちいただく場合はこちらから(笑)

マイポケット(MyPocket)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月17日 (日)

電動で昇降する机 スタンディングデスク FLEXISPOT E3

デスクワーク主体の仕事は座りっぱなしで身体が凝るというか疲れるというか。
適度に立ったりすればいいのだろうけれど、立ってちゃ仕事にならない・・・いや、立って仕事をできる高い机があればいいのか。
って訳かどうか、スタンディングデスク、なる製品が秘かにブーム(らしい)。縁あって、電動昇降デスク、FLEXISPOT E3のレビューを行います。

FLEXISPOT E3_01

FLEXISPOT E3は、簡単に言うとモーターを内蔵したスタンディングデスクで、ボタン操作により60cmから123cmまで電動で昇降する机です。
昇降範囲から3つの高さをメモリーでき、その位置へワンボタンで昇降します。また、天板のサイズ、色を選択できるのも特徴です。

レビューにあたり同製品の評価用サンプルを提供頂き、実際に使用しています。それ以外の利益供与はありません。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
http://mono-logue.air-nifty.com/monolog/privacy_policy.html

FLEXISPOT E3_02

天板前面にコントローラーがあり、ボタンを押すことで昇降します(動画、中程に載せています)。

FLEXISPOT E3_03

左から
・天板高さ表示 ・上昇ボタン ・下降ボタン ・位置メモリー 1/2/3 ・メモリー(記憶)ボタン ・アラームボタン

FLEXISPOT E3_04

3段に伸縮する脚。

FLEXISPOT E3_05

天板裏

FLEXISPOT E3_06

作動プロセスを動画で見てみましょう。

FLEXISPOT E3 from SAIKA on Vimeo.

動作音の程度、天板昇降がメモリー位置で止まる際に減速するところなど、が分かるかと思います。

FLEXISPOT E3_08

最も低い位置で60cm、最も高い位置で123cm。その他に今回は既存のデスクに面一をあわせた66.6cmをメモリーしています。
しっかりした造り、安定感、あわせ、とても高評価と思えるデスクですが、正直、組み立てるのはなかなか大変でした。写真で解説します。

FLEXISPOT E3_09

巨大なダンボールが2個口で届きます。演習室にハカリがないため重量を調べてはいませんが、宅配便のお兄さんが泣きそうでした。
移動は台車が基本だと思います。
脚部を組み立てます。この段階では付属のネジと六角レンチでOK

FLEXISPOT E3_10

横方向のステー(サポートプレート)を取付、逆さまにして脚を組み上げます。
モーター内蔵なので重いです。ここまで六角レンチ(付属)でいけますが

FLEXISPOT E3_12

天板の固定は電動ドライバーあった方がゼッタイいいです。可能なら電動ドリルも。
コントローラーはガイド穴があいていますが、自分の好みで微調整した方が使いやすいと思います。ワタシはちょっと位置を変えました。

FLEXISPOT E3_11

コントローラーを繋ぐ電源ユニットです。これをビームに組み込み、カバープレートで覆います。たしかに、これで余ったケーブルが垂れ下がることがなくなります。
(コンセントに向かう電源ケーブルのみ出ます)

組み立てまでざっと2〜30分でしょうか。各パーツが重いのと、それなりに周囲のスペースが必要なので、ひとり暮らし(特に女性)の方は手伝い要員を確保しておくことをお勧めします。
ちなみに、このレビュー製品はFLEXISPOT E3ですが、似た製品にFLEXISPOT E6という組み立て(ほぼ)不要という製品があります。
写真を見ると、ほぼ同じような電動昇降デスクですが、スペック上の違いは以下の通り(個人調べなので公式ではありません、ご注意下さい)

FLEXISPOT E3_17

FLEXISPOT E3の方がサイズ、カラーの選択肢が広いのが特徴です。

FLEXISPOT E3_07

FLEXISPOT E3(E6も)の耐荷重は100kg。ワタシがMacBook Pro抱えて乗っても大丈夫なハズですが、そういう実証写真は誰も喜ばないので撮っていません。
PCに4Kディスプレイ、各種の周辺機器を載せていても安心、というイメージでしょうか。

FLEXISPOT E3_14

前述のように脚は3段で伸縮し、駆動はモーターです。

FLEXISPOT E3_13

上昇下降は▲▼を押している間、駆動し、離すと止まる方式で、任意の場所で止めた状態でM(メモリー)ボタンを押すことで、そのポジションを1〜3のボタンにアサインできるのですが、このボタン押し続ける>動く>離す の操作はアバウトな操作には楽なのですが、微妙な位置合わせはちょっと難しく

FLEXISPOT E3_15

横のメインデスクとの面合わせはなかなか難しかったことをエピソードとして書いておきます。

FLEXISPOT E3_16

電動のスタンディングデスクって、もっと高価いイメージがありましたが、この価格帯で十分な品質、と機能のものがあるのを知りました。
FLEXISPOT E3は、演習室で活躍予定です。

公式オンラインショップ(セール対象品はAmazonより安価ですね)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

カメラはiPhone! コマフォト4月号

コマフォトことコマーシャルフォトの2019年4月号が届いていた。
機材ピックアップはパナのLUMIX S1 & S1R。なぜか縁の無いパナカメラだけど、「手ぶれスコープ」はいいなあ。

コマフォト_2019 4月号_01

特集は、男を撮る。
蜷川実花さんのロングインタビューは読んでいて面白かった。

コマフォト_2019 4月号_02

南雲暁彦さんの連載、Still Life Imagingは、南雲さん趣味全開のアディダスシューズ。
毎号、作例と、撮影セッティング解説からなるこの連載、カメラはEOS-1D X Mark IIだったりフジの中判だったりするんだけど、今号のカメラとレンズは・・

コマフォト_2019 4月号_03

iPhone Xs
コマフォトでこうきたか、なインパクトだけど、iPhoneの画作りを評価するプロフォトグラファーは少なくないので、驚きはあるけれど、変化球では無いと思う。
アプリはProCam 6で、三脚マウントにはマンフロットのTwistGrip。個人的には同じマンフロットのManfrotto MCLAMPを使ってます。三脚穴が2方向にあるのが◎。
ただ、TwistGripの方がカッコイイよね(笑)

コマフォト_2019 4月号_04

CINE materialは、銃夢もといアリータ:バトル・エンジェル。
なんだけど、ジェームス・キャメロンにインタビューしてるのはさすが。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

箱も専用品のEOS RP ゴールドモデル

キヤノン EOS RP ゴールドモデルが人気らしい。
いや、Canon image gatewayのメルマガのタイトル「なぜ人気!?限定販売のゴールドモデルが人気な5つの理由とは? 」だから、ポジショントークかも知れないが、実際、量販店では取り寄せになっていたし、最初の発表会では、アレはナイ。的な反応が多数派だったと思うけれど、最近、身近でゴールドいいよね、って声も聞くし。

Eos_rp_01

通常型(ブラック)と値段は同じ(グリップ付きのキットしかないので、9,500円高価いけど、グリップ付きの通常型なら同額)なのに、ゴールドモデル「のみ」レザーのカメラバッグとストラップが「全員」プレゼントというバーゲン。ってのもある?

それはさておき、EOS RPゴールドモデルはボディ色のみならず

Eos_rp_02

箱まで専用パッケージという気合いの入り方。
こういう部分に手を掛けるというのはいいことだと思うんだけど・・「だけど」

Eos_rp_03

EOS RPとRF24-105mm F4Lを買うともれなく20,000円キャッシュバック!に応募するには
箱のバーコードを切り抜いて送る必要がある。
専用の箱まで作ったのに、それを切り取らないとダメだなんて。

EOS R_04

この箱のシリアルやバーコードを切らなきゃいけないキャンペーンは、以前もそうだったし、オリンパスでも同様だったので、致し方ない事情があるんだとは思う。
思うんだけどさ。
いい加減、担当者が精魂込めてデザインした箱を切り取らせるキャンペーンは止めようよ

EOS R_05

RPは買わないけれど、EOS RとRF35mmF1.8マクロの組み合わせは、散歩カメラ仕様としてもとても気に入っています。

--Ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーミンバレーパークのお土産

明日、飯能市にムーミン谷のテーマパーク、ムーミンバレーパークがオープン。
先日、ご縁があってプレオープンに行って来たときに買ったお土産から、ちょっと面白いモノを紹介。

ムーミンバレーパーク_お土産_01

マグネットバッジ(後述)

ムーミンバレーパーク_お土産_02

ニョロニョロの巨大バームクーヘン。高さ75cm。

ムーミンバレーパーク_お土産_03

なかはただの棒状バームクーヘンで、目も手もついていません。

ムーミンバレーパーク_お土産_04

その代わり?箱が紙人形の大きなニョロニョロになります。

ムーミンバレーパーク_お土産_05

ムーミンせんべい。3種類の味ありますが、デザインはこれひとつ。

ムーミンバレーパーク_お土産_06

マグネットバッジ。各種。

ムーミンバレーパーク_お土産_07

これ、ただの冷蔵庫用マグネットじゃ無く、マグネットパーツで薄いものを挟んで留める構造。

ムーミンバレーパーク_お土産_08

こんな風にバッジにするんだと思いますが、ゼッタイ、落とす自信がある💦

ムーミンバレーパーク_お土産_09

ピークデザインのハンドストラップ(CUFF)はマグネットを使っているので、くっつきます

ムーミンバレーパーク_お土産_10

これは個人的にお洒落だと思うけれど(笑)落としそうです

ムーミンバレーパーク_お土産_11

iPad Proのマグネットジョイント部につけるのも、ワンポイントお洒落でいいと思います。
スタバあたりで是非(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«SUBARU 3D360°見積りシミュレーション