2014年8月29日 (金)

ALLEX セミナーが明日名古屋で

海外製品が圧倒的なスライダーにおいて、三脚と一体となって運用する「システム」としてのスライダー三脚を開発し話題のLibec ALLEXシステム

すでに導入、テスト撮影中。

MUSIC : iBgm

Allex

いまさっき知ったのだけど、明日(8/30)名古屋のビックカメラでLibec担当者によるハンズオンデモがあるらしい。

Libec ALLEX

定員10人というのはあっという間かも知れないので、一度電話等で問い合わせてからの方がいいかもしれませんが、名古屋近郊の方は必見だと思います。

ALLEX を使った貫井氏の作品

bi-wa / created by Libec new style tripod system "ALLEX" from LTV - Libec TV on Vimeo.

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2014年8月28日 (木)

ハイパーラプスで撮ってみた

Instagramからリリースされるや、あっという間にブームになっている(ワタシのまわりだけ?)iPhone、iPad専用アプリ、ハイパーラプス(Hyperlapse)

Hyperlapse

あれ?Hyperlapseって一般名称じゃないの?と思いつつ、とにかく撮ってみた。

この2〜3日で、車載映像や定点ものや、主観映像がどっとあがってるので、ちょっと違うイメージで。

タイトル入れや音の関係でFinal Cut Pro Xで仕上げているけれど、画自体はカラコレ含め、一切手を入れていません。そこはハイパーラプスが保存した映像そのまま。
音楽:iBgm(著作権フリー音楽ダウンロード販売サイト)

出力は1280x720 30p。
どこかのメディアが1920x1080と書いてるけれど、ワタシがiPhoneからFCPに読み込んだものは720Pなんだけどな・・・。

Subaru_hyperlapse

撮ってみるとわかるけど、これ、ハイパーラプスじゃなくて、ビデオの加速方向タイムリマップに手振れ補正を加えたものに思う。
まあ、結果が、ハイパーラプス「風」に仕上がる、ってことでは嘘じゃないんだけど、これが普及すると、これがHyperlapseという技法、と一般的認識になりそう。
すでにハイパーラプスで検索すると、ほとんどがこのアプリをさすようになってるし。

とりあえず面白いのでしばらくいろいろ試してみようかと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月25日 (月)

キヤノン New F-1 トートバッグ

キヤノンオンラインショップ リニューアルに伴うプレゼントキャンペーン EFレンズタオルについては以前書いた。今度は1,000円以上買い物をしたひとから抽選で、キヤノンオリジナルトートバッグが当たるキャンペーンが8/29までやっているのだけど

Safari001

そのトートバッグが、なんとNew F-1柄(?)
EOS-1D でもなく、New F-1。ニッチというか、マニアックというか、いや、素晴らしい(笑)

友人から借りたA-1で写真を始めたワタシにとって、F-1およびNew F-1は憧れのカメラだった。
でも、結局、New F-1を自分のものとして使う機会はなく、T-90を買ったんだけど。

それはともかく、1980年代初頭に出たNew F-1は、80年代の終わりにキヤノンがEOS-1を出して、プロ用フラッグシップをFDマウントからEFマウントにするという暗黙の宣言を行うまで、プロ機としてのキヤノンの象徴だったと思う。

Canonbag_1

そんなデザインのトートバッグ、すっごく欲しいんだけど、500人か・・当たらないよなあ。
当たるんなら、1,000円どころか、1万円の買い物だって喜んでするんだけど。
(ってか、安価で欲しいモノ、って売ってないじゃん、キヤノンオンラインショップ・・・ニコンみたいに、ニコン羊羹やレンズ(型)タンブラーみたいなグッズを売ってくれればいいのに、こういう方面では逆に生真面目というか、洒落っ気のない会社ですよね、キヤノン。)

キヤノンのノベルティや周辺商品への品質レギュレーションって異様に厳しいとはよく聞く話だけど、このトートバッグからもその一端が垣間見えるように思うのが、トートバッグ詳細資料(PDF)

Canonbag_2

このそれぞれの面の使用イメージ写真。女性モデルの手の位置からカーディガンのシワ、トートバッグの膨らみ方に至るまで一致。
同じ写真に柄だけPhotoshop合成したかのような同ポジ写真。どうやって撮るんだろ。
(カーディガン、等倍で見るとモアレが出てるように思うんですが(笑)>誰と無く)

そしてなにより、仕様欄が
重量 : 383g±1~3gシリカゲル、注意書き等の同梱物含む

帆布バッグで1〜3グラムの違いを仕様に書かないと気が済まない神経質さ(笑)その重量にシリカゲルとペラ1枚(?)の注意書きプリントを入れる細かさ。
キヤノンのノベルティが、なかなか出てこない原因を見るようです(笑)
ホントはこういうの出して欲しい

とか恐ろしく細かい割に、ブログ冒頭にも貼ったキャンペーンバナーは、オリジナルトート「バック」になっていたり、本文中も「バック」「バッグ」が混在しちゃうあたりは可愛いと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月21日 (木)

Final Cut Pro X 10.1.3アップデートはライブラリ更新必要

今回のFinal Cut Pro Xアップデートは、ライブラリ更新が必要。
FCPの伝統?だけど、これ、出先で開くときに難儀することがあるんだよねえ(特に大学等、勝手にアップデートできないところ)

Finalcutpro001

アップデートが無料だからって、最新バージョンで統一されるかっていうと、それは別問題だと思う。

--ads--
あっちだとこんなにFinal Cut Pro X本が・・・

FCP X 本 Kindle版@Amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月20日 (水)

cheero から 4port USB AC ADAPTER

チーロと言えば、大容量で安価なiPhone用(いや、スマホ用ですね)モバイルバッテリーで着実に地歩を固め、ダンボーバッテリーの大ヒットで勢いを付けると、鞄、iPhoneケース、BTスピーカー(う〜ん、これはどうだったかなあ)と製品ラインを拡大しつつ、バッテリーに関してもデザインとクオリティを改善してきているメーカー

cheero 4port USB AC ADAPTER_01

そのcheeroの新製品が、このデザイン文具のような装いのcheero  4port USB AC ADAPTER。
チーロ、USB電源アダプタに参入である(今週金曜日、販売開始)<されました

cheero 4port USB AC ADAPTER_02

テスト用に先行量産型ザク (製品版)を提供いただいたので、レビュー(?)
*関係性の明示:ティ・アール・エイ株式会社 cheero事業部 広報より、レビュー用サンプルを提供いただいています。それ以外の金銭的もしくはそれに類する利益供与はありません。

cheero 4port USB AC ADAPTER_03

グレーとホワイトのツートンカラー。cheeroは製品の世代や狙いによって意匠をがらっと変える、よく言えば最適化、悪く言えば統一感のないメーカーだけど、このアダプタもまた、従来のチーロ製品とは異なるテイスト。

cheero 4port USB AC ADAPTER_04

4ポートで合計4Aという大電圧供給型で、なんと、ポートごとにiPhoneとかiPadとかAndroid、Samsung Tab・・とプリント済み。
ええ?と思ったけれど、1Aとか2.1Aって書くより、普通の人は分かりやすいんだろうなあとは思う。

cheero 4port USB AC ADAPTER_05

cheero 4port USB AC ADAPTER_06

プラグは折りたたみ式で内蔵直づけ。
延長コード等はない。ホテルなどコンセントの設置状況によっては設置しにくいケースもありそうだけど、その分、コンパクトかつ軽量(公称値100g)で出張時等の荷物にならないのは大きな利点。

cheero 4port USB AC ADAPTER_07

コンセントに挿すと、青い通電ランプ(LED)が点灯。

cheero 4port USB AC ADAPTER_08

寸法は約 57mm × 76mm × 29mm (公称値)

cheero 4port USB AC ADAPTER_09

iPhoneと並べるとこんな感じ。

cheero 4port USB AC ADAPTER_10

前述のポートごとに接続機器がプリントされている件に関しては、どのポートがなんAといった仕様が公開されておらず、また、ワタシも自宅に測定器をもつ訳ではないので未詳。

メーカーリリースには
「※Android / Samsung Tab / iPhone / iPadとポートに記載されております通り、各デバイスに合わせポートを最適化しています。
  記載デバイス以外も基本的に利用可能ですが、記載ポートに合わせると最適化された充電スピードで充電可能です。」

との記載

cheero 4port USB AC ADAPTER_11

試しに指定通り繋いでみた(Android / Samsung Tabは持っていないのでcheero製バッテリーを代わりに繋ぐ)が、すべて通電ランプは点灯(充電速度は分からない)

荷物にならないサイズ感と重さ、同時充電への安心感、そして、コストパフォーマンスの高さ(Amazon cheeroマートで1480円)は、鞄に入れておいて損はないと思う。

--ads--

8/22(金)発売開始<されました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«EF24-70mm F4Lで富良野