2014年4月23日 (水)

ベアドライブをTV録画に転用する>LHR-2BDPU3

ロジテックの2BAYスタンド型HDDデュプリケーター LHR-2BDPU3をMacで使う、の続編。
LHR-2BDPU3はHDDのベアドライブをUSB3.0でマウントできるリーダー・ライター。HDDベイが2つあり、2台のベアドライブを同時マウントできるだけでなく、両者の間で複製:デュプリケートがとれるのが特徴。
Mac ProのUSB3.0接続時はかなりの速度で、単なるベアドライブリーダー・ライターとしても優秀な周辺機器(しかも安い)。

で、実はLHR-2BDPU3、テレビのHDDレコーダーとしても使える。

LHR-2BDPU3_08

17133-282-294540

LHR-2BDPU3の製品ページみても、ウリは
・HDDのバックアップや大量コピーに大活躍
・高速USB3.0
・パソコンなしでHDD丸ごとコピー
・高級感あるデザイン
・コンパクトサイズ
・2.5inch/3.5inch 対応
・消し忘れ防止、省エネ設計

のあとに、写真上のキャプションのように
・USB接続することにより録画再生が可能
と書いてあるだけ。

これっておおっぴらにアピールしちゃいけない機能なの???

LHR-2BDPU3_10

自宅のREGZAに繋いでみる。
ちなみに、LHR-2BDPU3の製品ページの仕様欄に
■TV接続について
(中略)
各TVの対応については、TV対応表にてご確認ください。
とあるものの、そのTV対応表が見当たらない・・・。(リンクされていない)
試したのはもう7年選手のREGZA Z3500、4K欲しいなあ(誰となく)

LHR-2BDPU3_11

あっさりと設定完了、録再も問題なかった。

まあ、REGZA等は、外付けHDDをレコーダーにできるテレビだからLHR-2BDPU3を転用できて不思議ではないのだけど、Blu-ray焼き等が不要なら、これはコストパフォーマンス高いと思った。

LHR-2BDPU3_12

17133-282-294540

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年4月22日 (火)

G-DRIVE ev SSDの意味するもの

NAB2014でG-Tech Studioシリーズが発表された。Mac ProがThunderbolt2を搭載したことにようやくG-Technology製品が対応。
まだ実物を試せていないけれど、個人的にはうちのMac Proのメインストレージになる予定。

G-DRIVE_ev_01

そして同時に発表されたのが、G-DRIVE ev SSDとG-DRIVE ev 500GB(プレスリリース

このうちG-DRIVE ev 500GBは、既存のG-DRIVE ev 1TBの容量削減モデルだが、もう一方のG-DRIVE ev SSDは、これまでHDDしかラインナップしてこなかった(と記憶している)G-Technologyの最初のSSDストレージ。

G-DRIVE_ev_02

(写真は大学に納品されたG-DRIVE ev 1TBモジュール)
個人的には、この製品の意味するところは大きいと思う。

G-DRIVE evの母艦であるG-DOCKは、Thunderbolt DOCKであるものの、現状のG-DRIVE evでは単独使用時のUSB3.0接続とG-DOCKマウント時のThunderbolt接続時では僅かな速度差しか出ない(ベンチマークエントリー)ので、Thunderbolt接続のアドバンテージを活かすためにG-DRIVE evをG-DOCK上で2台、RAIDを組む方法があるものの、それでも260MB/sくらい。
このG=DOCKの正面写真で分かるように、G-DOCKのHDDベイは、G-DRIVE evより1.5倍ほど厚みがあるので、G-Technologyはモジュールの高速化は7200RPMの2.5inchHDDを2つ重ねたRAIDモジュールをだしてくるのだと秘かに思っていたのだけど、SSDモジュールでやってきた。
プレスリリースでは単独使用(USB3.0)で400MB/s、G-DOCK使用時には480MB/sだという。

なるほど。G=DOCKのアドバンテージが活きてくるなあ、これは、と思う。
もっともSSDモジュールは相応に高価だと思うので、そうそう気軽に使えるモノではないと思うが、物理的駆動部のないモジュールはロケやフィールドワークでは大きな安心感になると思っている。

G-DRIVE_ev_03

などと考えつつ、大学演習室にもG-DOCKが導入開始。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年4月21日 (月)

ダニ&カビの分析レポートとダイソンDC63

この時書いたように、ハウスダストに関するエフジーシー総合研究所の調査サンプルになることを条件に、ダイソンのハンディ掃除機、DC61の提供を受けた。
そして先日、我が家の検査体のダニ&カビ分析レポート「ハウスダストの生物アレルゲン分析検査(1)」が届いたのだが・・・。

dyson_DC61

えっと、ここで検査結果載せると、家庭内の関係がハウスダスト以上に怖いことになるのが明らかなので、書きません(書けません)
この数字の見方に関しては 樋口 理氏のブログに詳しいのですが、我が家の検体(小学4年生の2段ベッドの下段)の検査結果は、ダニ抗原量(俗に言うアレルゲン量)は、平均家庭の1/10以下と優秀(?)なのに、実際のダニ検出量は平均(今回の実験参加者平均)の5倍という多さ(昆虫類は検出されず)、これはどう判断すればいいのかなあ。

dyson DC63_01

2回目、3回目の検査結果をみて、改めて報告。
で、1回目の検査結果を見て
「掃除が必要なのさ、この街はいつでも(中島みゆき:ふたりは)」
とダイソンの中のひとが思ったのか(違います)、ダイソンの新型サイクロン掃除機がモニターとして送られてきました。

dyson DC63_02

dyson boll DC63

dyson DC63_03

これでベッド横の床を掃除して、そのホコリを再びエフジーシー総合研究所に送り、サンプリング調査することになったのです。
ひい、匿名とは言え、丸裸にされていく我が家のハウスダスト環境(笑)

dyson DC63_04

という訳で、このサイカ邸ハウスダスト物語、まだまだ続くようです。

dyson DC63_05

今回はDC63の稼働前写真を。

dyson DC63_06

--ads--

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年4月20日 (日)

Nike+ FuelBand SEが終了?

CNET Japan:Nike、Digital Sport部門のハードウェアチームの大部分を解雇(Macお宝鑑定団ブログ)のニュースが流れたのが昨日。
もしかして、Nikeの FuelBand は終焉?

そして、その日に届いたのが・・・

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_01

NIKE+ FUELBAND SE ローズゴールド

ええっと・・・(^_^;

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_02

なんというか・・・なので、レビューもへったくれもなく、取り急ぎ写真だけあげておきましょう(笑)

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_03

この手のライフログ系ウェアラブルデバイスは、UP (UP24) by Jawboneを筆頭にホットな分野で、なにを選ぶか(あるいはiWatchの噂を信じて待つのか)は難しいところだったのだけど、良い話(機能、軽さ)と悪い話(故障率の高さとサポートの悪さ)の相半ばするUPは、周囲にユーザーが多すぎる(そして、その過半が壊れた)ので避け、現状でいちばん大手メーカーだったNike+ FuelBand SEを選択したのだが、まさかこうなるとは(笑)

まあ、FuelBand も壊れるらしいし(特に初代)、まだこの手のウエアラブルデバイスは耐久性に課題を残すのかもしれない。

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_04

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_05

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_06

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_07

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_08

とりあえず、すぐにナイキからFuelBand がなくなることはないと思うので、ダイエットというか、運動促進というか、がんばってみます。

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_09

NIKE+ FUELBAND SE ROSEGOLD_10

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年4月19日 (土)

ヤマト2199 原画展 前売り券と記念乗車券

西武ギャラリーで、宇宙戦艦ヤマト2199の原画展が来週火曜から始まる。
もちろん?前売り券は買った。前売り券は特典付きのため当日券の方が安い(笑)というサンダーバード博 前売り状態。

yamato2199_genga_01

あのときは、特典のつかない前売りがあったけど、今回はないみたい。前売り券と割引券、まったく同じデザインというのは手抜きというか、マニア心理を理解していないというか(笑)

この西武ギャラリー、吾妻ひでお原画展をやったところ。アニメ、漫画に分け隔てないというか、池袋らしいと言うべきか。池袋が通勤途中で助かっています。

yamato2199_genga_02

すでに分冊で出版されている公式設定資料集 EARTH と GARMILLAS がかなりよくできているだけに、それ以上の内容を期待したいところだけど難しいかなあ。
WildRiver 荒川直人 円形劇場 ともジョイントして立体展示とかあると面白いと思うのだけど。

yamato2199_genga_03

そして、西武グループは気合いが入っているのか、小金でも便乗なのか、西武鉄道の記念乗車券を発売
ブックレットがついたり凝ってるし、武蔵大和駅や東大和市駅からの乗車券を組み込むあたりも面白いと思うけれど、使う機会のない切符を束にされてもなあ・・・

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«AmazonのS120祭りに敗れる