2016年2月13日 (土)

ムサイ改型ワルキューレ:コスモフリートスペシャル

無駄遣いもたまにはいいじゃない(たまでないという話しもあるが)。という訳で
ムサイ改型ワルキューレ : 機動戦士ガンダム THE ORIGIN コスモフリートスペシャル

ムサイ改級 ワルキューレ_01

食玩の派生から始まったと記憶しているコスモフリートシリーズが、コンビニ店頭から量販店のフィギュア売り場に主戦場を変え、とうとう希望小売価格が5,000円を超える弩級玩具になったものの最新作。

ムサイ改級 ワルキューレ_02

Amazonで買ったのだけど、最初、間違ってマクロスでも買ってしまったかと思った(笑)
そっか、バルキリー(ヴァルキリー)のドイツ語読みがヴァルキューレでしたね。

ムサイ改級 ワルキューレ_03

彩色済み完成品モデルと書いてあるのに、実際は何カ所か組み立てる必要がある。
尾翼(放熱板?)等々。他に同スケールのザクが4機。

ムサイ改級 ワルキューレ_04

コムサイだけでも4枚の尾翼を取り付ける。あれ?同スケールといいながらザク、小さすぎないか?というか、ムサイが大きい?と思ったら、ワルキューレって、通常のムサイ級より大型化してる設定なんですね。知らなかった。

ムサイ改級 ワルキューレ_05

大気圏往還機、コムサイ分離可能なギミックはいい。

ムサイ改級 ワルキューレ_06

個人的にヤマトの艦船に比べ、ガンダムの艦船ってイケてないと思っているのだけど、ムサイとグワジンだけは好き。
そのフォルムはちゃんと再現できてるように思う。

ムサイ改級 ワルキューレ_07

(スタートレックの)宇宙艦隊航宙艦(エンタープライズ級)を逆さまにした構造を持つムサイ級

ムサイ改級 ワルキューレ_08

コムサイ。コムサイのコクピットがムサイ接続時にムサイ艦底側なのは設定通りなのだけど(後述)

ムサイ改級 ワルキューレ_09

コムサイを分離して運用時に

ムサイ改級 ワルキューレ_10

あれ?コクピット側(上面)に観音開きハッチ?

ムサイ改級 ワルキューレ_11

ええと、この観音開き型のモビルスーツ格納庫はコムサイの下部、腹にある設定じゃなかったっけ?
それともTHE ORIGINでは設定変わったんでしたっけ?(映画見ていない)

ムサイ改級 ワルキューレ_12

コムサイ上面(ムサイ接続時は艦底部)にハッチがあるため、ファースト(TVシリーズ)設定と異なりムサイ接続時でもMSの運用ができちゃう。

              ↓(続きます)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年2月12日 (金)

AKiTiO、Thunderbolt 3 RAIDに一番乗り?

Macお宝鑑定団ブログが1ヶ月以上前に書いている「AKITIO、Thunderbolt 3接続に対応したRAID「AKiTiO Thunder3 Duo Pro」を発表」を今頃読み直す。

Akitio_front

CP+ 2016を前に、いろいろ調べているなかで気がついたのだけど、コレ、Thunderbolt 3 接続のRAIDとしては先陣を切る形になる?
てっきり一番乗りはPROMISE辺りだと思っていただけに、ちょっと意外。

Akitio_thunderbolt_3

RAIDのコンフィグレーションは背面でハード的に切り替えるみたい。ってことは、ユーティリティソフトはついてこない?
HDD筐体にディスプレイポートがあるのもユニーク。一種のThunderbolt HUBというか、ステーション的な使い方も想定してるのかな?

G-TechnologyやPROMISEはどうなんだろう?
ってか、Thunderbolt 3搭載のMacがいまも登場していないところをみると、慌てる必要もないって言えばそうなんだけど(笑)

--Ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年2月11日 (木)

TOTEM見てきた -シルク・ドゥ・ソレイユ-

ディズニーランドが3年連続の値上げで話題?だけど、その夢の王国よりも高価い夢のステージに行って来た。
シルク・ドゥ・ソレイユ TOTEM(トーテム)。

TOTEM Cirque du Soleil_1

前回、Cirque du Soleilに行ったのはOVO(オーヴォ)。ほぼ2年ぶりのシルク。
こうやってみると、2年ごとに見に行っていることになる。
相変わらず、美しく、心に残るテント。

TOTEM Cirque du Soleil_2

昨日、調べたら周辺の駐車場は1日1500円上限だったので、ならいいかとクルマで行ったら、土日祝日は違うらしい。しまった(^_^; クルマで行く人は要注意です。

TOTEM Cirque du Soleil_3

今回のTOTEMは、巨大な装置系の演目はほぼ無くて、人間の肉体を魅せる系。
イイ感じだけど、シルク・ドゥ・ソレイユって、重力から自由な感じがとても好きなので(こんな感じの)その意味ではちょい好みと違ったかも。

TOTEM Cirque du Soleil_4

でも、相変わらずの美しいステージ、衣裳、演目は素晴らしい。
今回導入された?プロジェクションマッピングも効果的だったし。

TOTEM Cirque du Soleil_5

ステージにプロジェクションマッピングが使われたから?では無いと思うけれど、以前は特別塗装してた冠スポンサーのダイハツ車がプロジェクション投影になってた。

TOTEM Cirque du Soleil_6

テント内

TOTEM Cirque du Soleil_7

2月10日 マチネーの演目

TOTEM Cirque du Soleil_8

若い頃(大昔)、映画代と芝居代はケチらずに行こう、そのくらいは躊躇わずに出せるくらい稼げるようになろう、と思っていたけど、家族4人で5万円ものチケットはさすがにためらっちゃうワタシです(笑)
学生や、若い連中に、ゼッタイ行っとけ、血肉になるから。と言いたいのだけど言えないのがくやしいです。
でも、映像じゃなく、ステージだからこそ伝わるものもある。というのは本当のことなんだよなあ。

TOTEM 公式トレーラー

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年2月10日 (水)

GITZO マウンテニアと新型ボール雲台のキット

CP+まえだからか、カメラメーカーや周辺機器メーカーから五月雨式に新製品がリリースされる。今日はマンフロット(ジッツオ)から。
新製品・・・ではないな、脚も雲台も既存のGITZO製品だけど、その組み合わせが従来にないので新しいキット製品。(デジカメWatch
ジッツオの基幹製品ともいえるマウンテニア三脚に、去年、新型トラベラーと同時にでたセンターボール雲台を組み合わせたキット。

Gk1542

写真は、もっとも小型な組み合わせ GK1542-82QD
ワタシはマンフロットのカーボン三脚 190CXPRO4(旧型モデル)なので、だいたいサイズ的に近いのがこの組み合わせ。

ジッツオと言えば、2年半前にトラベラー三脚 GK1580TQR4を借りて、その後買って(笑)愛用しているけれど、トラベラーは縮長は短いけれど、使用時の展開、移動運搬時の格納、がやっぱりひと手間多く、グループや家族で旅行しているときにどうしてももたもたしてしまうのが弱点。
ので、持って行けるときは190を持っていった方が、現場でのハンドリングはいいという。

そうか、GK1542-82QDだと190の置き換えになるかなあ

え?
>メーカー希望小売価格は税別15万1,000円。(デジカメWatch)

ごめんなさい、ごめんなさい。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年2月 9日 (火)

オデッセイと火星の人

オデッセイって邦題になぜなったのかは知らないけれど、ラテン読みのオデュッセイアが古代ギリシャの、ものすごく長い(ので飛び飛びにしか知らない)冒険叙事詩であることを思うと、まあ間違ってはいないのかと思う。

そんな訳で、映画 オデッセイ 見てきた。

Martian

崇高な心を持つエンタテイメント映画って、ハリウッドが時々見せる見事なマジックだと思う。
リドリー・スコット、78歳なんだぜ。
中国が重要な役どころを担うのはグラビティ同様、巨大な映画市場への目配りなのかもだけど、逆に映画のどこにも日本の出番はない。
映画市場としての日本の存在感が薄いのか、日本そのものの存在感が薄いのか。

と、FBで呟いたら、原作同様だよと教えて貰ったので、慌てて昔買って、途中までで積ん読になっていたハヤカワ文庫を(あれ?いつの間にか上下巻になってる)一気読み。
なるほど。。。

原作 THE MARTIAN こと 火星の人 と、映画オデッセイの脚本上の忠実なところとリライト部分。ハリウッドの脚本家ってすごいなあと思った。

映画のなかの話だとしても、いざとなれば手をさしのべあえる、そんな世界を舞台にする。
原作者も脚本家も監督も、そう描いているのがいいなあ、と。
その原作のテキストをモノローグにした、予告編、よくできてる(この予告編、ワールドワイドで共通版みたいだ)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«Adobe Bridgeのメモリ使用量