« 続:ウチに無いもの | トップページ | 映像新聞のNABビデオレポート »

2007年4月17日 (火)

AVCHD対応は先送り

もともとプロ用途ではあったが、今回のアップデートでローエンドプロよりミドルエンド、ハイエンド指向を明確にしたFinal Cut Studio 噂のあったAVCHDサポートは見送り(Leopard待ちゆえの先送りと受け取りたい)。ますます「現状では」Macユーザーに買いにくくなったAVCHDであるが・・・

Sd1_1

とある仕事のため、2泊3日で使ってみた。
(とある方への受け狙いであることは否定しない(笑)が、これは現行モデルです)がんがんに撮影し

Sd1_2

HDMIでキャプチャすれば、いまでもMacでハンドリング可能
(現実的か否かのコメントは避けよう)
近い将来(?)MacでAVCHDがサポートされたときに、比較するため、データのコピーも取っておこうと・・

Sd1_3

あ、SDHCだ・・・
ワタシ、SDHC対応のカードリーダー持ってない・・・
(最近、持ってないものが多い・・・これで、新しもの系ライターが務まるのか?)

なに、本体をUSBで繋いでデータコピーすりゃいいんだろ

Sd1_4

あ・・・・・
PCモード接続は、AC駆動必須なの?
バッテリーチャージャーは借りてるけど、DCコードは無いよ。。

|
|

« 続:ウチに無いもの | トップページ | 映像新聞のNABビデオレポート »

Macintosh」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ビデオカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/14712387

この記事へのトラックバック一覧です: AVCHD対応は先送り:

« 続:ウチに無いもの | トップページ | 映像新聞のNABビデオレポート »