« 今更 ATOK2006 | トップページ | GX100のストラップ »

2007年5月 4日 (金)

TIPA Awords 2007

ヨーロッパ版カメラオブザイヤーと言っていいのかな?
TIPA(Technical Image Press Association)が、TIPA Awords 2007を発表している。
日本語の記事(デジカメWatch)
オリジナルの発表(TIPA)

Tipa

デジタル一眼レフでは、
エントリー部門 Nikon D40X、エキスパート部門 PENTAX K10D、プロフェッショナル部門 Canon EOS-1D MkIII と順当というか、バランス指向な感じ。

コンパクトデジカメでは
ニコンのP5000、フジのZ5fd、パナのTZ3もそれぞれ順当。サムソンのi7ってどんなんだろ?
プレステージカメラという分かるような分からないような部門で、GX100が受賞してるのは面白い。

んでも、個人的には、フォトソフトウエア部門が
Aperture 1.5ってのが嬉しいかな。

--Ads--    Aperture 1.5

|
|

« 今更 ATOK2006 | トップページ | GX100のストラップ »

Macintosh」カテゴリの記事

カメラ/写真」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/14948494

この記事へのトラックバック一覧です: TIPA Awords 2007:

« 今更 ATOK2006 | トップページ | GX100のストラップ »