« アングルファインダー | トップページ | 実家のバイオ »

2007年8月 8日 (水)

iMovie 08のAVCHD対応状況

噂に近い形で、iMacがフルモデルチェンジ。これについては評価機が届いたらまた書くかも。

それより噂通りAVCHD対応になったiMovie 08(噂では単体発売は遅れるとなっていたが、同時リリースでした)。

思えばHDV対応もiMovieが先陣切ってやったんだよなあ、普段、FCPしか使ってないのでアップルはプロビデオ製品中心に見ちゃうクセがあるけど、なにげにiMovieって時代を先行していたりします。

さて、Final Cut Pro 6.0.1と同様に、パナのSD3等の1920フォーマットに対応するかどうかが興味の焦点だったが。。。

お宝鑑定団経由 iMovie 08 カムコーダー対応リスト

・1440のAVCHDは、メモリタイプ、HDDタイプを問わずOK
・DVD型のAVCHDはNG 
(UDF2.5問題だろうためLepoerd待ちか)
・1920のAVCHDは、未サポート

このうち、3番目の1920(俗に言うフルハイビジョン)フォーマット問題は根深そう。

Final Cut Proでは、2560に誤変換されるものの、インポート自体はできるので、
この方法で暫定的に対応可能だが、iMovie 08ではどうだろうなあ。
そっか、例えインポートできてもQuickTimeがPROになっていないと、暫定回避策もとれないのか。
この辺の実態は評価機が届き次第、確認して書く予定。

しかしなあ、店頭ではとうの昔にディスコンになったSD1対応を誇られてもなあ。
今月末から盛り上がる秋のビデオカメラ戦争時に、おそらく主戦場を争うであろうパナの新型AVCHDが軒並みダメなのは痛いかも。
UDF2.5がダメだと日立のBDカムのBD円盤もダメっぽい(これも近日検証予定)

クマデジタルさん
>AVCHDで書き出しができるわけではなさそうなので活用は限定される。

 そうなんですよね。
ただ、これは、ジョブスもプレゼンの中で、グランマに送るときどーする?と言ってた(多分)ように、HD系ビデオの配布ってどうするのが現実的?って課題とセットなんだと思う。

で、アップルとしては10GBに拡張した.macとの連携やYou Tube一発アップロード機能(?)を、現実解として提供しようとしてるのかも。
もっともHDVのテープ書き出しはiMovie 06で対応してるんだから、もしかしたらAVCHD編集→HDV書き出しは出来るかも。

|
|

« アングルファインダー | トップページ | 実家のバイオ »

Macintosh」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ビデオカメラ」カテゴリの記事

コメント

imovieHDならHDVで入力して、HDVカメラへの書き戻しやm2tファイルとして書き出しができましたが、今回のimovie08では、いろいろ捜したのですが、どちらもできなくなってるような感じです。
ということで、AVCHDとして入力できても、m2tsとして出力できないばかりか、HDVファイルとしても出力できないのですから、ハイビジョン編集ソフトではなくなったようですね。まるで、ハイビジョン再生環境としては素晴らしい性能のプレステ3に比べ、中途半端なスペックのApple TVのような気がします。

投稿: jien | 2007年8月11日 (土) 16時31分

Jienさん
お、ホントっすか、
こちらでも見てみますね 結果はブログで書きます〜

投稿: SAIKA | 2007年8月11日 (土) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/16045650

この記事へのトラックバック一覧です: iMovie 08のAVCHD対応状況:

» MacでAVCHDとかアングルファインダーとか [クマデジタル]
Saikaさん:「HD系ビデオの配布ってどうするのが現実的?って課題とセットなんだと思う。」 短期的にはAVCHD(DVD)、長期的にはBDが良いと思います。SonyもPanasonicもカメラ同梱アプリでは編集した後にスケーラブルな書き出し手段を用意しているので、これに倣って貰えれ....... [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 08時41分

« アングルファインダー | トップページ | 実家のバイオ »