« TOKYO | トップページ | ジウジアーロのスーパーカー »

2008年3月 8日 (土)

LCD2690BK-SV 背面

2690bk_07

LCD2690BK-SV 印象1の続き
リアは特別美しい訳じゃないが、手を抜いた作りにはなっていない。
上部の持ち手はかなり有効。13キロを超えるLCD2690を危なげなく片手で持ち上げることができる。
ちなみにApple Cinema Displayは、23インチで7.03kg、30インチで12.47kg(ともにカタログ値)なので、2690はかなり重い。

2690bk_08

側面から見るとその分厚さに驚く。iMacなら間違いなく、ドライブを含めすべて内蔵できる厚みだ(笑)。この無骨さに好感を抱く(笑)

正面向かって左側面に、主電源ボタンが存在する。フロントの電源ボタンはスリープボタンではないはずだが、そういう扱いなのか?

2690bk_09

スタンドにはケーブル用の押さえ爪がある。

写真では右側に接続端子が見えているが、これはピボット状態で写真を撮っているから。

実際の接続端子は下部にある。

2690bk_10

左から、スピーカー端子(専用品のみ対応)、DVI-D、DVI-I、D-subの3系統入力。

この入力系統の多さが、CinemaDisplayに対するアドバンテージのひとつだ。DVI-DをMacPro、DVI-IをPowerMac G5、D-subは一応、PowerBook等を繋げるように、結線だけはしておく。

2690bk_11

ケーブルの並び順もマニュアルに規定されている(笑)ピボットによる縦位置へのモードチェンジをスムーズに行えるようにするためだろうが、マニュアルには「ケーブルマネージメント」と大仰に書かれているのが微笑ましい。

2690bk_12

ケーブルカバーをはめると、バックシャン(死語?)に。

続きます

|
|

« TOKYO | トップページ | ジウジアーロのスーパーカー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/40407715

この記事へのトラックバック一覧です: LCD2690BK-SV 背面:

« TOKYO | トップページ | ジウジアーロのスーパーカー »