« GX100でも子供は撮れるけど | トップページ | 新型REGZAはドルビーボリューム »

2008年4月10日 (木)

原語(言語)の力

先日買った、The Rose 〜I Love Cinemas〜が、いい。もう何度どころか、何十回とヘビーローテーションされているが、飽きない。
表題作のThe Roseや、Calling Youが、囁くような歌声と共に流れると、いまもぞくっとする。

感情を抑えた彼女の歌声は、染みこむように流れ込んでくる。
そして、原語であることの美しさ。

The_rose

ああ、誤解しないで欲しい。ワタシはオリジナル原理主義者ではない。
歌は、言葉の力がとても大事だと思っている。
安易にサビを英語で歌い上げる和製ポップスには辟易とするし、コブクロや中島みゆき(って並べるのもどうかと思うが)といった日本の言語にこだわり、言葉を紡ぐアーティスト達はとても好きだし尊敬している(谷山浩子もそうですねー)。

でも、映画主題歌は違うんだよね(笑)。映画の中で、映像と一体となって届けられた歌は、その時の、「音」で聴きたい。
Calling Youは、とても切ない愛の歌だった。
あなたを呼ぶ声が届くだろうか、そんな想いでCalling Youを何度も聴いた。

--ADs--

 

|
|

« GX100でも子供は撮れるけど | トップページ | 新型REGZAはドルビーボリューム »

映画・舞台・展覧会」カテゴリの記事

本/音楽」カテゴリの記事

コメント

これは、結構危険ですよ。

投稿: MIKA | 2008年4月10日 (木) 19時19分

ぞくそくしますよねー、彼女の歌声。

投稿: SAIKA | 2008年4月12日 (土) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/40833825

この記事へのトラックバック一覧です: 原語(言語)の力:

« GX100でも子供は撮れるけど | トップページ | 新型REGZAはドルビーボリューム »