« QuickTimeが | トップページ | iMovie 7.1.2 »

2008年6月11日 (水)

DPP 3.4.1

某所で「カメラメーカーはレンズ情報を利用したレンズ別収差補正に向かうなか」云々、という話を聴いて、家に帰ったら、キヤノンからメールが来ていた。

Digital Photo Professional(DPP) 他、EOS用アプリのアップデート

DPPではレンズ収差補正の対象が倍増した。
EF85mm F1.8が対応したのは嬉しいなあ。

Dpp1

ちなみにすでに対応してる EF 100mm MACRO F2.8だとこんな感じ

ビネットのほか、歪曲、色収差、色にじみの一発補正が可能。

Dpp2

左が色収差補正オフ 右が色収差補正オン

基本的には等倍評価はしないんだけど、わかりやすいように200%表示。
(DPPの補正プレビューも200%表示固定)

実はもうすっかりRAW現像はApertureしか使ってないんだけど、純正ソフトも捨てたもんじゃないなあ
と某雑誌でRAW現像ソフト特集を書くことになったせいもあって再勉強中

--ADs--

|
|

« QuickTimeが | トップページ | iMovie 7.1.2 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/41497338

この記事へのトラックバック一覧です: DPP 3.4.1:

« QuickTimeが | トップページ | iMovie 7.1.2 »