« そうかえん申込受け付け開始 | トップページ | 鎌田奈津美ちゃんとMacFan »

2009年6月29日 (月)

CASIO PRO TREK PRX-2000T レビュー

カシオの本格的アウトドア腕時計 PRO TREK PRX-2000Tのセミナーに行ってから2ヶ月。長期貸し出しされていたPRX-2000Tの使用記をようやく書く。
マナスルとの別名を持つヒマラヤにも耐えうるタフソーラー。
アウトドアに基本的に縁のない軟弱なワタシのレビューである。

Protrek_01

みんぽす

 

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います) 商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

Protrek_02

最初に驚いたのが軽いこと。
チタンなのは知っていたが、それでもこの厚みから受ける印象を大きく裏切る軽さ。

Protrek_10

登山って大きなリュックを背負い、ピッケルやアイゼンを装備するんだから、100gや200gの違いには頓着しないもんだろうみたいなイメージがあったが、登山をやる人に言わせるとまったく逆で、だからこそ、本格登山用具はグラム単位での軽量化が重要なポイントになるらしい。

Protrek_12

このようなハイエンドニーズでなくても、軽いことはいいことだ。
いいことなのだが、難しいのはそれが必ずしも満足感に繋がらないこと。

Protrek_11

そうなのだ、機械式時計に慣れてしまっていると、あの手のひらに置いたときのずっしりした重さが、「モノ」としての時計の魅力でもある。
その一方でカシオが目指すのは、そういう宝飾品のような時計ではなく、リスト情報機器であることは前回のセミナーレポートでも触れた。
これは製品コンセプトの違いだ。

Protrek_14

チタンは強靱と言われるが、実はチタン自体は非常に柔らかい金属だ。
ワタシが昔持っていたシチズンのアテッサ(初代)は、美しい金属バンドだったが、あっというまに傷だらけになった。
小さな傷は時計の年輪みたいなもので、それなりに味ではあるモノのやっぱり美しい金属表面も維持したいモノ。
PRX-2000Tは、チタンカーバイト処理がされているためか、文字通り堅牢で2ヶ月間、小傷一つつかなかったのは見事。

Protrek_06

機能的にはアウトドアデータウオッチのトップエンドモデルらしく、方位計測、気圧、温度、高度計までフル装備だが、冒頭に述べたように軟弱なワタシは、その辺の「この製品ならでは」の機能を活かせていない。
多用したのはストップウオッチ昨日くらいのもので、その意味では適切なユーザーではなかった
その分、普通にタウンユースでの印象を写真で語ろう。

Protrek_05

カシオの腕時計といえば、G-SHOCKだが、そういうヘビーデューティを意匠面からも具現化したデザインと異なり、スーツでも違和感のない落ち着いた(悪く言えば押し出しのない)デザイン。
ただ、じゃあ、普通のデザインか、といえば大きく違う。

Protrek_03

方位計測、気圧、温度、高度計等のボタンは、グローブをしていても操作可能なデザインで、なおかつ誤操作防止に下側にはガードが設けられている。

Protrek_04

こういった実用主義でありながら、目立たせないデザインは好感が持てるところ。
限定のブラックモデルは、ここの処理がさらに魅力的なので好きな方は是非店頭で見て欲しいものだ(笑)

Protrek_07

本体部分とバンドの繋がりのラインも美しい。ちなみに、本体側の2つの突起は操作ボタンになっている。この辺も細かなデザインされていていいなあと思う。

Protrek_08

・・・のだが、ここでバンドにブランド名を刻んでしまうのが残念(笑)

Protrek_09

モニター期間の2ヶ月間。もっとも着用率の高い時計だった。
もちろん、試してみるという理由があったからだが、それを別にしても、機械式や電池式と違い止まっている心配が無く、時間は常に正確にあっていて、つけていて負担のない軽さ、というのは、普段使いの要件をもっとも満たしていたから、というのが正しい。

Protrek_13

時計って実用品なんだなあ(笑)と当たり前のことを再認識させられた。

--ads--

PRX-2000T最安値検索@楽天

|
|

« そうかえん申込受け付け開始 | トップページ | 鎌田奈津美ちゃんとMacFan »

カバン/腕時計/革小物」カテゴリの記事

モノフェローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/45486907

この記事へのトラックバック一覧です: CASIO PRO TREK PRX-2000T レビュー:

« そうかえん申込受け付け開始 | トップページ | 鎌田奈津美ちゃんとMacFan »