« iPhone 3GS のバッテリーが | トップページ | ヤマトの諸君 »

2009年7月 6日 (月)

JVC XIVIEW LT-42WX70 セミナーレポート(前編)

高画質を謳うテレビは多い。そしてMacやPCが接続できてパソコンのディスプレイ代わりになるテレビも少なくはない。
だが、このビクターの新しい液晶ディスプレイは、そんな、パソコン「も」といった製品ではない。
もしかしたら、デジタル写真時代の新しいディスプレイの在り方を見せる、最初の製品になるかもしれないものだった。

Lt42wx70_01

ビクター・JVC 液晶ディスプレイ XIVIEW LT-42WX70 セミナーレポート

みんぽす

このレビューはWillVii株式会社が運営する 家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「みんぽす」から無償で招待されたセミナーに参加して掲載しています。本セミナーの参加、及びレビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。。レビューの内容に関する指示も本情報開示を除いて一切ありません(事実誤認があった場合のみ修正を行います) レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

Lt42wx70_02

2009年6月下旬 とある場所のビクター試写室
集まったのはモノフェローズの面々(ああ、今回、初めましての方も多かったのにご挨拶できなかった・・残念です)
プレゼンターはビクターの開発陣。

Lt42wx70_03

ビクターの新シリーズ XIVIEW(サイビュー)は、高画質ディスプレイの新ブランド。そして1号機となるLT-42WX70 はフラッグシップディスプレイだ。それを象徴するかのように、LT-42WX70にはチューナー機能がない。
つまり普通の意味でのテレビではないのだ。
チューナーレスのモニターとしてはソニーのProfeel PROや松下のM2があった。(三菱にもあったような無かったような)
だが、プロフィールもいまは遠い過去。その意味で本機は久しぶりに登場した民生用ハイエンドモニターなのだ。
そして、同時に過去のモニターと根本的に違うところ、それが静止画再生に本気で注力していることだ。

Lt42wx70_04

冒頭に述べたように、PC出力表示可能なテレビも、ビデオ表示可能なPCディスプレイも既にある。
だが、その両者は実はかなりの違いがあり、共存するのが難しいのが現実だ。
単に表示モードの調整、ではないのだ。

Lt42wx70_05

LT-42WX70はそれを
・パネル ・映像エンジン ・全数調整
で実現した。

Lt42wx70_06

ええと、構造だけで意味が分かるほど、ワタシは専門家ではないが、VAパネルに分類される構造なのはわかった。

Lt42wx70_07

にしても、頭では分かってても、こんなにシート類がパネルを覆っているのをみると不思議な気分だ。

Lt42wx70_08

背面のヌード?モデル

Lt42wx70_09

薄いボディを実現するために電源ユニットもこんな形に。
後編に続く(3日後くらいかなあ。すみません)

|
|

« iPhone 3GS のバッテリーが | トップページ | ヤマトの諸君 »

PC周辺機器/ネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/45551252

この記事へのトラックバック一覧です: JVC XIVIEW LT-42WX70 セミナーレポート(前編):

« iPhone 3GS のバッテリーが | トップページ | ヤマトの諸君 »