« ビデオサロン10月号でも一眼ムービー | トップページ | VF100's バルキリーが安い・・ »

2009年9月20日 (日)

Apple ProRes 422 Proxy の画質

昨日の誤字のお詫び?という訳ではないですが、ビデオサロン10月号用に作った比較画像のうち、誌面に載らなかった図版を公開。
Final Cut Pro 7 で、EOS 5D Mark IIを編集するとき、H.264ネイティブのまま編集するのはレスポンスの面で現実的ではない。

これまではAICかProRes 422にコンバートするワークフローが基本だったが、FCP7で新設されたProRes 422 LTやProxyがイイ感じ。(詳しくはビデオサロンで)
ざっくり言えば、LTはカット編集主体のオンライン用、Proxyはオフライン用だが、どのくらい差があるの、というのが、これ。

H264

この画像は、Final Cut Pro 7 で編集中の画面を静止画書き出ししたもの
(クリックで拡大表示)
この、人物部分に注目したのがビデオサロンで使ってる図版(シーンは違います)

Fcp7_4

これは、タイトル部分に注目したもの。(クリックで原寸表示)

EOS 7Dでは1280x720の60Pがサポートされてる。
これ、試してみたいなあ。
Final Cut Proのバリアブルタイムリマップと組み合わせると、すごく強力そうだよなあ。

--ads--

|
|

« ビデオサロン10月号でも一眼ムービー | トップページ | VF100's バルキリーが安い・・ »

映像編集/ソフトウエア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/46258835

この記事へのトラックバック一覧です: Apple ProRes 422 Proxy の画質:

« ビデオサロン10月号でも一眼ムービー | トップページ | VF100's バルキリーが安い・・ »