« EOS 7D シャッター音 | トップページ | 光るイメージモンスター »

2009年9月14日 (月)

WorldCard Mac de 名刺 レビュー- 後編

WorldCard Mac de 名刺 レビュー ようやく後編である。
ひっぱりすぎじゃん、というのももっともだが、実は、MacをSnow Leopardにしたら、起動できなくなってしまったのだ。(正確には起動直後に堕ちる)
日本販売元のフォーカルポイントコンピュータのSnow Leopard対応表によれば、9月中旬アップデータがでるらしいが、そのまえに現状のまとめを行っておく。

訂正:TwitterでMacお宝鑑定団BlogのDANBOさんから教えて頂きました。PENPOWER社のサイトですでにSnow Leopard対応版のダウンロードが行われています。訂正すると共に、数日以内に検証してみます。

Worldcard_1

WorldCard Mac de 名刺 基本的なレビューは前編をお読み頂きたい
なお、この写真はイメージカットで、実際はスキャンした名刺は後ろから排出されるため、このように立てては使えないので注意。

読み込んだ名刺はなかなか優秀なOCR機能(前編を参照)でテキストデータ化され、Mac上では WorldCard Mac というアプリで管理される。
前編で書いたように、名詞のビジュアルデータをカバーフローで見ることの出来る小洒落てて、かつ使い勝手のよいアプリ。

Worldcard_2

さらに、住所フィールドのデータからGoogleMapへ飛ぶことも出来るのはかなり便利。
個人的には最寄り駅を自動検索する機能があると嬉しいが、それはまた別のレベルの話だなあ。

iPhoneとの連携はアドレスブック経由になる。

Worldcard_3

いったん何かのカタチで書き出して、アドレスブックで読み込むのだと思っていたら、書き出したらそのままアドレスブックに登録されていたので軽くびっくり。
一部データをいれるつもりで、全データをコピーしないようにしたい(^_^;

Worldcard_4

iPhoneでは、連絡先で利用することになる。
余談だが、この連絡先(iPhone)とアドレスブック(Mac)の連携性がいまいち分からない。。。。
住所をタップ(クリック)するとマップが起動。
これは訪問先でひじょうに便利。これに慣れると、出かける前に地図をプリントアウトする習慣がなくなってしまうので、いいような悪いようなである。

Worldcard_5

もちろん、航空写真や、地図重層表示も可能。
かなり有効に使える。

現状、唯一の不満は、Mac上で出来る名刺のカバーフロー表示(検索)が、iPhoneではアドレスブックの持つデータしか転送されないのでできないこと。
これが出来ると楽しいのになあ。

以上で遅くなったWorldCard Mac de 名刺レビューは一応終了。
Snow Leopard対応ソフトウエアが出た時点で、新機能が加わったり、挙動が変わっていた場合には追加レポートを行う。

WorldCard Mac de 名刺 レビュー- 前編

-ads-

【即納】P10倍名刺のスキャンと管理を簡単に行えるMac専用の名刺読み込み管理セット【☆入荷☆...

|
|

« EOS 7D シャッター音 | トップページ | 光るイメージモンスター »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/46202340

この記事へのトラックバック一覧です: WorldCard Mac de 名刺 レビュー- 後編:

« EOS 7D シャッター音 | トップページ | 光るイメージモンスター »