« EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 手振れ補正比較 | トップページ | 雲の切れ間から十五夜 »

2009年10月 3日 (土)

EOS 7D 感度別画質比較

みんぽす主催の Canon EOS 7D 開発者セミナーレポート その4

高画素化したにも関わらず、常用感度100〜6400とEOS 5D Mark IIと同じ仕様スペックを謳う7D。その一方、拡張設定ではEOS 5D Mark IIの12800/25600に対して、7Dは12800のみ。

これがキヤノン伝統のヒエラルキー構造によるものなのか、別の理由があるのか、実際に7Dの感度設定を切り替えつつ、撮影してみた。

Eos7d_11

みんぽす

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。 本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

Eos7d_12

EOS 7D にEF100mm F2.8Lマクロ IS USM をつけて、感度のみシフトさせながら撮影。三脚に付けて、AF、ISもオフにして条件を揃えたものの、花の方が微妙に動いているようでフォーカス等がカットによってずれている_| ̄|○   のはご容赦頂きたい(スミマセン)

量産機ではないβ機扱いのモデルゆえ、実際の市販機とは異なる可能性があります。以下の画像はクリックで拡大しますが、β画像のため、拡大してもピクセル等倍にはならないサイズになっています。あわせてご了解下さい。

Eos7d_13

ISO オートでは、ISO250に設定された。ちなみにキヤノンは高感度能力の強化に注力しつつ、同時に最低常用感度が100スタートであることへも相当にこだわっていることが、当日のセミナーで語られている。

Eos7d_14

3200までは確かにいい感じ。6400でややノイズが見られ、12800は非常用か。

本来ならEOS 5D Mark IIで同時撮影して比較すべきところだが、時間の関係で7Dのみになった。機会があれば、EOS 5D Mark IIとの比較も行いたい。

--ads--

 

|
|

« EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 手振れ補正比較 | トップページ | 雲の切れ間から十五夜 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

モノフェローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/46381369

この記事へのトラックバック一覧です: EOS 7D 感度別画質比較:

« EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 手振れ補正比較 | トップページ | 雲の切れ間から十五夜 »