« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

Aperture3でiMovieが落ちる

ぐっとコンシューマーよりに舵を切った新しいApple Aperture3(でも、マシンスペックを要求するのは相変わらず(^_^; は、デジタル一眼ムービーに関する運用上の課題(後日、書く予定)は残るものの、個人的には好印象。
なんだけど、うちの環境下では、Aperture3導入後、iMovie(09)が起動しなくなるという問題が発生。

Imoviedown_1

iMovie09を起動すると、Apertureライブラリを更新する。これ自体は以前のApertureも同じだが、Aperture3ではデジカメ動画をハンドリングできるようになったので、ビデオファイルも更新する。。。

Imoviedown_2

で、落ちる。(再現性あり、100%)
ツイッターで症状をツイートしたら、alfabeatさん(AUGM大分ではありがとうございました)が追試してくださったが、彼のトコロでは落ちない。

なにが違うか。察しは付く。
ワタシのApertureライブラリは、新機能の動画ファイルハンドリングテストを兼ねて、十数GBのEOS 5D Mark II動画ファイルを読み込ませているのだ。

Imoviedown_3

Apertureライブラリを隠してみたら、あっけなく起動。

でも解決にはほど遠い。
iMovieはiPhotoやApertureのライブラリに直接アクセスできるのがこのうえなく便利なのだが、そのアドバンテージが台無しだ。
えーと、これ、どっちのアップデート待ちでしょうか? > アップルさま

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年2月26日 (金)

After AUGM : 湯布院、別府篇 #augmoita

AUGM(Apple User Group Meeting)は、(特に九州エリアにおいては)勉強会であると同時に交流の場でもあり、そして年に一度のお祭りでもある。
おそらくは遠くから泊まりがけでくるベンダーやユーザーをもてなすために始まったであろう翌日観光隊は、貸切バスを使ってその地を巡るMacユーザーバスツアーと化している。
AUGM大分の翌日観光隊は、日本一長い人道吊り橋である九重夢大吊橋と日本有数の高級温泉地、湯布院散策。

Oita_1

翌日観光隊写真(flickr)
ワガママなリクエストに応えコースを考え、人数調整を行いながらバスを手配し、よくもまあ、AUGMの準備と並行してこれだけのイベントが出来るものだと感心しつつ楽しんだ。
ここまでやらなくてもいいじゃん、って気もするが、参加させて貰うと実に楽しい。
ありがとうございました > スタッフの方々。
吊り橋では、思ったとおりダメなひと(笑)と意外にも、高い所がダメな人がいて楽しかったし、湯布院はデジャブのような街歩きも楽しんだ。
天井桟敷、入りたかったなあ。

翌日、帰りの飛行機に乗るため空港に向かいながら、HFOさんと別府その他を撮影散歩。

Oita_2

別府その他、ふたり観光(flickr)
こちらはAUGMとは無関係だけど、次回作例用の一眼ムービー撮影の旅と言うことで正当化させて頂きたい(笑)。
ただ、もっとじっくり撮らないとダメだなー。凡庸だ。反省。

展望台、地獄蒸しプリン、デジャブのような別府を巡りながら空港へ。
ありがとうございました > 皆さん

AUGM大分の写真アルバム
膨大な写真が公開されているHFOへのリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年2月23日 (火)

AUGM大分 写真アルバム #augmoita

AUGM大分(Apple User Group Meeting in OITA)のレポートは他の方に譲るとして、せっかくなので撮った写真を少し、flickrにアップしました。

Aperture_14

大分で出会ったひとたち(flickr)

肝心のAUGM本編の写真が少ないじゃないかって向きもあろうと思いますが、だって講演してたんだもん。と言うのを言い訳に。
参加者およそ160名近く。そのうち9割がiPhoneユーザー。
って、どうかとおもう(笑)
iPhoneの普及度って絶対偏ってるよなあ

Aperture_13

大分で食べたもの(flickr)

去年以上にいろいろ食べさせて頂いた旅行でした。
でも、別府の地獄蒸しプリンは去年と同じ味だった。

なお、AUGM大分の写真は、HFOに大量に掲載されています。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シンポジウム「デジタル映像時代に再評価されるアナログ効果音」

AUGM大分(Apple User Group Meeting in OITA)の余韻に浸る暇はなく、次のイベント(?)が控えていました。

「デジタル映像時代に再評価されるアナログ効果音」
~ドラマや芝居の臨場感を演出する音の技法をいかに残すか ~

平成22年2月25日(木) 13時30分~16時30分
 デジタルハリウッド大学大学院 (秋葉原ダイビル7F)

公式告知ページ
デジタルハリウッド大学院のリリースページ

ワタシも、パネリストとして第2部に出させて頂きます。

Oto_1

一時代を築いた名音響効果技師・南二郎氏をお招きしての講演と実演は、いま見て(聴いて)おかないともったいないハズ。
直前の案内ではありますが、お時間のある方は是非。

Oto_2

AUGMと違って真面目なワタシもお目にかけたく思います(おいおい)
もし、来られたら声をおかけくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年2月22日 (月)

AUGM大分 お礼

AUGM大分(Apple User Group Meeting in OITA)が終わりました。
今回ワタシは、ゲストスピーカーとして講演させて頂きました。
ほしいちさんを代表とするAUGM大分のスタッフの方々、160人におよぶ参加者の方々、ベンダーの方々、そして講演をスポンサードしていただいたフォーカルポイントコンピュータの方々。ほんとうにありがとうございました。
大分、そして湯布院を堪能しました(なんで湯布院?とは突っ込まないで)

Augmo_1

大分と言えばキヤノン。その地でEOS MovieとMacintoshの話が出来るのはとても嬉しい。
当日の模様は、すでに恩田さんのHFOで公開されているので、ぜひスライドショーで。有名無名の区別無く、楽しそうに参加しているユーザーたち、腕っこきのプレゼンターたちの様子が楽しめます。

あ、自分の講演は自分では1枚も写真をもっていないので、撮って頂いた方がいたら、是非お譲り頂きたいのですが・・・・。

Augmo_2

その夜の懇親会は100人近い大宴会。この懇親会参加率も凄い。大分恐るべし。
写真はHFOの速報より(転載承諾済み)

Macユーザー歴やMac系での仕事歴は長いものの、ユーザーズグループには加わっていないワタシは、実はAUGM参加は去年の大分が最初。
講演は去年の宮崎が最初で、今回が2回目。
一般参加者?として来た昨年の大分とは、いろいろな意味で大きく違った今年の大分だけど、楽しみました。ありがとう、皆さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年2月20日 (土)

Euphonix MC Transport

社会的インパクトも、伸びシロも大きいし、で、マスコミもユーザーも、そしてアップル自身も、MacよりiPhone、iPadに話題を集中させているが、ワタシはMacintoshあってこそのアップルユーザー。
今日はこれからAUGM大分でお話しさせて頂くのだけど、出かける直前に宅急便が届けてくれたのがコレ。

Img_8906

Euphonix MC Transport
Final Cut ProやLogicといったアプリのコントローラー。
この手のモノはContour DesignのShuttle Proが有名だけど、Euphonix MC Transportは完全な業務用でかなり多機能(らしい)。USBじゃなくイーサで繋ぐのも良さそうだ。
ただ、届いてみてわかったが。。。。

Img_8907

デカい(笑)想像以上にデカい。
ちなみに次号のビデオサロンでのレポート用評価機。
この仕事はtwitterで受けたようなもの。
というのもEuphonix製品を扱うフォーカルポイントコンピュータのプレスリリースでMC Transportを知り、カッコいいなあとtwitterでつぶやいたら(余談だけどつぶやくはアウトらしい)、ビデオサロンの公式アカウントが「カッコいいですねえ(意訳)」と反応したので、「このレポート仕事なら受けますよー(意訳)」と返信したら、モノが届いた次第(笑)いや、営業ツールのつもりはないです(^_^; > twitter

という訳で、出がけに慌ただしく、1枚写真撮って大分に来ました。

そのまま、テーブルの上に箱と機材を放置してきて家族に顰蹙を買ったのはいうまでもない。すみません・・・・_| ̄|○

--ads--

コンパクトなメディアコントローラー【お取り寄せ☆1週間前後】☆NEW☆ Euphonix MC Transport

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年2月19日 (金)

MP-E65mm F2.8

先日書いたように、土曜日にAUGM大分(Apple User Group Meeting in OITA)にてゲスト講演?させていただきます。
昨年のAUGM宮崎と3割ほどネタを新しく。。と思っていたら、逆に3割しかかぶらず、7割は新ネタになりました。
作例ムービーも新規撮り下ろし。

Mpe65mmf2

今回投入した新兵器がこれ、キヤノン MP-E65mm F2.8
新兵器と言っても製品自体は10年以上前に出たもの。

Mpe65mmf2

単体で等倍から5倍までの撮影が出来るマクロレンズ・・・そう、当倍以下の撮影はできないマクロ「専用」レンズ。

フルにAE撮影ができるのはEOS-1系とEOS-3のみだとか(EOS 5D Mark IIは露出補正必要)、通常でも微妙なピント調整のために、市販品のフォーカシングレールの併用をおすすめしますと書かれているとか、ってレンズで動画撮影するのは、止めておけば良かったと思うほどしんどかった(笑)

Mpe65mmf2

どんな画が撮れているのか、は、会場でご確認くださいませ。

AUGM大分(Apple User Group Meeting in OITA)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年2月16日 (火)

ゆうきのしるし

♪黄色と黒は勇気のしるし と言えば、バブル期CMの傑作だけど、何段底か分からない景気低迷期では、ゆうきの在り方も大きく変わるようで。

有機ELテレビ、3月で日本撤退 ソニー「需要が一巡」(Asahi.com)

ゆうきの要る決断とも、続ける勇気がなかったとも言えそうで、フクザツだ。
プロフィールプロの買い換えは、SEDを待ってと思っていたがキヤノンの後退でREGZAを買った。それでも液晶もプラズマも、いわば中継ぎで、本命はSEDやFED、有機ELの次世代だろうと思っていたけど、そうじゃないみたい・・・。

ところで、♪黄色と黒は勇気のしるし のリゲインCM

時任三郎がノッテル、いかにもバブル期のイケイケ感を象徴する名CM.黒田秀樹氏のディレクションで音楽は近藤達郎さんだったと思う。
CMって、モノを売るのが基本タスクではあるのは承知で、時代の空気やベクトル、をたっぷりと内包したモノが歴史を超えて残っているんだと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年2月13日 (土)

4園合同ドッジボール大会

下の子も4月から小学校。娘の通う保育園の近隣4園合同による年長組ドッジボール大会が開かれた。
この4園は学区がオーバーラップするため、4月から同じ小学校に通う同級生になる可能性がある子供たち。その子供たちが試合(?)をし、終了後は互いに握手をし、というのは、なかなか粋なイベントだと思う。

Boll_01

数少ないボールを持った娘の姿。
いやあ、やっぱEOS 5D Mark IIはスポーツには向かないよねえ、とかいうのは完全に言い訳で、腕がないんです。ピンぼけ続出。

Boll_02

相手のXX保育園はお揃いのユニフォームまで用意し、休日に練習もしたという本格派。
果敢に挑んだ?らいおん組ですが、あっさり敗退。

Boll_03

どこかの園のお母さん?プロストがカッコいい。
これ、ワタシも持っているEOS 10D発売記念のストラップだよね?

そんな訳で、もうすぐ1年生。
--ads--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年2月12日 (金)

豚組とeggshell Finlandia

twitterの普及が一因だと思うがオフラインミーティングの類があきらかに増加中。家族持ちなのでそうそう参加できないが(とか書くと、ふざけるな、と妻から怒りを買いそうだ)、以前ならまったく接点の無かったであろう方々と親しく話が出来るのは非常に楽しい。

そんなオフ会やイベントの案内を見ていると夏(?)以降、豚組というキーワードが頻出するのに気がつく。最初はイベント名とか、特定の集まりをさすのかと思っていたが、実は六本木にある豚しゃぶの店だと分かった。オーナーはMacユーザーで写真好きらしい。
行くはずだったら会場変更等、でなかなか行けなかった豚組。ようやくとあるMac系?食事会で行ってきました。

Butagumi_14

豚組
六本木トンネルとミッドタウンを結ぶ星条旗通りに佇むレトロな造りの豚しゃぶ料理店。
想像以上に(ごめんなさい)美味しい肉、そして料理。ほどよく訓練されたスタッフたち。店内に飛ぶ無線LAN(2系統もあった)。安価ではないが価格以上の価値のあるという意味でとても安いと思う。満足満足。

Butagumi_15

また行かせて頂きます。
twitter 豚組公式アカウント  オーナーアカウント

で、そこに来ていたfocalStoreさんがこっそり(?)公開してくれたのが、近日発売のiPhoneケース eggshell Finlandia Series for iPhone 3GS

Butagumi_16

フィンランドのデザイナーによるグラフィカルなeggshellバリエーション。
このkukkaとかひじょうに好き。
ああ、これはこれですごくイイ感じ。先日、iPhoneケースは新調したばかりなので買わないけど、とっかえひっかえ変えてみるのも楽しそうと思わせる。

ちなみにfocalstoreさんをフォローしていると15%オフで購入できるらしい(笑)
ツイッターの企業アカウントは多種多様で玉石混合だが、focalstoreのアカウントはついfocalstoreさんと書いてしまうように、人が感じられてイイ感じ。吹っ飛び具合は企業アカウントの中でもトップクラスかと思うが

ところでmono-logueでは本文中に通販ページへのリンクは貼らないポリシーなんだけど、focalstoreへのリンクがあるのは、アフィリエイトではないから。
(本文下、Adsライン以降はアフィリエイトが含まれます)
ポイントくらいつくといいなあ。そしたら、それがホントのフォーカルポイント。お後がよろしいようで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2010年2月10日 (水)

Aperture 3はIntelMac専用(追記あり)

実ユーザーがどのくらい居るかはよく分からないのだけど、アップルのプロ向けRAW現像&管理アプリであるApertureがメジャーバージョンアップ。Aperture 3となった。

Ape_1b

写真はうちで稼働中のAperture 2
iPhotoとのマージが進み、いかにもプロ向けに特化した初代の印象からどんどんフレンドリーな方向にシフトしてるような気がするが、機能が向上し、使い勝手も良くなってるなら歓迎。
まあ、その辺は触ってみないと分からないが。

でも、Aperture 3 事前情報ではIntelMac専用みたいに書かれているし、技術仕様のシステム要件でもそう読めるけど、フリートライアルの注釈では

Apa1

Aperture 3には、IntelまたはPowerPC G5プロセッサを搭載したMacが必要です。詳しくはAperture 3のシステム条件をご確認ください。

あれ?G5おっけーなのか?

システム要件を見直してみると確かに、

推奨 以下のいずれかのコンピュータ:
Intel Core 2 Duoプロセッサを搭載したMac

推奨になっていてるな。でもCPUに関するミニマムリクエストの記載ないよねえ。iMacって単に言ったらG3からになっちゃうし。

追記

米国のトライアルダウンロードページには

Aperture 3 requires a Mac with an Intel processor. See Aperture 3 system requirements for details. になってる。。。

追記2

2/10 朝10時段階、日本のアップルも修正されていました・・

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年2月 8日 (月)

EOS Movie for Final Cut Pro キヤノン純正プラグインが出る

自分がMacユーザーだから多少のバイアスはかかってるとは思うものの、EOS 5D Mark IIを筆頭とするEOS Movieの動画編集は、簡単にやるならiMovie09(AIC)、本気でやるならFinal Cut ProでProResハンドリングというのが最適解だと思う。

ただ、その場合でもProResへのトランスコーデックはなにで行うのがいいの?QT 7 とQT X でカラープロファイルの扱いが違うよね、とか(このあたりは先日アップルストア銀座、コマーシャルフォト/ビデオサロン主催のMashup Photoセミナーyamaq氏がかなり突っ込んでいて勉強になった)悩ましい部分がすくなくない。
いや、そもそも、FCPの既存ユーザーならともかく、EOSの動画編集に手を出すためにFCPを買った新規ユーザーにとって、マニュアルに載っていない、H.264を読み込んで、必要な部分をProResにトランスコーデックしながら書き出して、再読込して・・・ってわかりにくく、無用なハードルになっているはず。

と思っていたが、まさかキヤノンが自ら解答を出すとは正直思っていなかった。

Canon_fcp

EOS MOVIE Plugin-E1 For Final Cut Pro 
3月下旬よりβ版 無償ダウンロード予定

高野氏がツイートでコメントされたように(余談だが、このニュースが出た直後、twitter上で高野氏、yamaq氏、J,K氏(名前出していいのか迷ったのでイニシャル)、ワタシ等でコメントの応酬があってリアルタイムメディアの凄さも実感)、MXFではないEOSファイルを「切り出しと転送」フローにのせても速度的メリットは期待できない(と思う)。
が、ワークフローの簡略化の意味は大きいし、さらに特長に書かれている
・TC、リール名、メタデータのProRes埋め込み
がホントなら、実用上も大きなメリットがありそう。

一方、yamaq氏の言うカラープロファイルの読み込みに対しては
Final Cut Proが6.0.6および7になっていることを思うと、そこはスルーかなとも思う。

とにかく期待。

Canon_fcp2_2

そういえば、EOS 5D Mark IIの24P対応ファームアップも春予定でしたね。
楽しみ楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年2月 7日 (日)

EOS WFT勉強会

ここで書いたように、ワタシの周囲にはWFT-E4ユーザーが(ワタシを含め)4人もいる(しかも全員Macユーザーなのは偶然?)。まあ、これを多いと言うかどうかはともかく、ニッチな機材ということもあって、皆、手を焼いているのが正直なトコロ。
恩田フランシス英樹さんのブログですでに触れられているが、その4人が集まってWFT勉強会が五反田の喫茶店で行われた(珈琲1杯900円もした(^_^;。

Wft_01

喫茶店のテーブルに、WFTを付けたEOSが並ぶ異様な光景。
ちなみに、この勉強会、今回、開催が夕方だったこともあわせ、WFT-E4ユーザーに限定して開催したが、本来はEOS 5D Mark II 友の会の分科会。
ご飯会の時はいっしょにやりましょうね>某巨漢の方々。

Wft_02

それはともかく、WFT-E4 IIは(写真はEOS 7D用のWFT-E5)

▼    ❑    FTP転送
    •    ❑    撮影画像を自動転送
    •    ❑    手動選択、手動転送も可能
▼    ❑    EOS Utility
    •    ❑    EOS Utilityからの無線/有線Lan経由での制御
▼    ❑    WFT server
    •    ❑    ブラウザからのリモート撮影
    •    ❑    カメラ内CFカードの閲覧、取り込み
▼    ❑    連動撮影
    •    ❑    複数台の対応EOS II連動撮影
▼    ❑    外部メディア接続
    •    ❑    USBメモリへの記録
    •    ❑    USB HDDへの記録
▼    ❑    GPS接続
    •    ❑    USB GPSの接続
    •    ❑    Blurtooth GPSの接続

の機能を持つが、我々はそのすべてをクリアできていない。
こいつの難しさは、うまくいかないとき、その原因が、無線Lanとの接続に関する部分なのか、操作間違いによるものなのか、判断しにくいこと。
さらに、無線Lanを介さず、直接EOS 5D Mark IIとMacをつなぐアドホックモードも存在するが、上記のすべてでそれが出来るかどうかも分からない。

Wft_03

勉強会は今後も開催される予定。
にしても、自分のネットワーク知識の乏しさを棚に上げて言えば、このWFTの難解さに、多くのカメラマンが途方に暮れているに違いないと思う。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年2月 6日 (土)

ピアノ発表会はHDVで

コンシューマービデオカメラの分野ではフォーマット争いはAVCHDに完全に決着したと思う。
いまだ製品ラインナップにHC9(HDV)、HC62(DV)を残すソニーは立派だと思うが、DVテープ保有者への製品という位置づけだろうし、今後、新型が出てくるとは考えにくい。

ローエンドな業務用はいまだZ1J(ディスコン)やZ5Jが幅をきかせているが、NXCAMが立ち上がった現在、テープベースからファイルベースへの移行は時間の問題になったように思う。

でも、先日あった娘のピアノ発表会の収録はAVCHDではなくHDVを選択。
いや、AVCHDがダメっていうんじゃなくて、コンシューマーAVCHDカメラの音まわりがダメってことで。。。

Img_0004

業務用HDVのなかではもっとも下位機種になるA1Jだが、XLR2系統のオーディオユニットは伊達じゃない。
これらに較べるとAVCHDカメラのマイク入力は、GMとかボール並だ。
もっとも、AX2000のようなコンシューマー(なのか?)AVCHDカメラが登場したので、今後はやっぱAVCHDでOKってことになっていくのかも。。

今回の音声モニタリングは、AUGM宮崎で試聴したAtomic FloydのTwistJax。こういう時にも大げさになりすぎず便利。

--ads--

SONY/ソニー HDVカムコーダー[HVR-A1J]
デジタルHDビデオカメラレコーダーHDR-AX2000
TwistJax AcousticSteel(非アフェリエイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年2月 4日 (木)

moshi iLynx USB+FireWire ハブ レビュー

年が明けて納品された個人研究室のiMac 27inchは、まだ使用時間が短いせいかディスプレイのちらつき症状には出会っていない(雪のちらつきは2回ほどあったが)。
USBポートが増えた新型iMacは、キーボード、マウスのワイヤレス化により実質的に4ポートの空きUSB2.0を搭載するが、全部ディスプレイの背面。巨大なディスプレイも相まって、抜き差しは面倒だ。FireWireは800であるものの1ポートのみ。
となると、やっぱHUBが欲しいよね・・・

Ilynx_01

moshi iLynx USB+FireWire ハブ
iMacとベストマッチな金属風外装(実際は金属ではない)を持つ、USB 4ポート、FireWire 2ポートをもつハブである。

Ilynx_02

公式ページで洗練されたデザインと謳っているが、たしかに他のハブとは一線を画すデザイン。
実はこの写真を撮ったのは、iMac設置前なのでiMacとのツーショット画は後日。

Ilynx_03

本体には直付けのUSBとFireWire400ケーブルのみ、つまり電源がない。
これはちょっと驚きで、サイトの説明に依ればDynamic Power Sharing機能なるものにより、USB、FireWireへのバスパワーを動的に切り替えるという。
まだフルに繋いだテストは行っていないが、FireWireHDD 1台、USB HDD 1台、USBメモリ1コを繋いだ状態で、すべての機器が問題なく使用できた。

続きを読む "moshi iLynx USB+FireWire ハブ レビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

AUGM大分 2010 予告編

AUGM大分 (Apple User Group Meeting in OITA)まで、もう3週間をきりました。
AUGM宮崎に続き、ワタシもゲストとしてプレゼンさせて頂きます。

内容はもちろんデジタル一眼レフのHDムービーとMacについて
宮崎で好評だった(よね?よね?>関係者)内容を、大きくバージョンアップして、楽しくてためになる?プレゼンが出来ればいいなあと思っています。
で、今回も予告編公開

できればある程度以上の音量で見て貰えるとより楽しめるかと思います。

すでに事前登録は定員に達しているようですが、来られる方、よろしくお願いいたします。
特にカメラ好きの方、閉会後の懇親会等でもぜひお声かけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年2月 2日 (火)

WFT-E4 II 勉強中

EOS 5D Mark II用のワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E4 II B納品されて約1ヶ月。ニッチな製品だけに割高感があるのは否めないが、これさえあればAUGM宮崎で見せたようにiPhoneからライブビューでレリーズしたり、撮影直後にファイルをMacに自動転送できたりする。

Wfte4iib_1

トランスミッターとして使わないときも縦位置グリップとして使える(笑)
本来の縦位置グリップがバッテリーを抜いて合体させるため、換装が面倒な事を思うと底部に合体させるだけのWFTのほうが換装作業は楽。ガンペリーからの自由落下での空中換装も不可能ではない感じ。

Wfte4iib_2

前述のファイル転送の他に、EOS Utilityからの外部制御。無線Lan環境下でない場合でもAirMac搭載のMacと直接繋がるアドホックモードなど多彩な機能を誇る・・・・のだが、ネットワークに疎いワタシには分からないことだらけ(お恥ずかしい)
マニュアル(PDF)はMacを前提にしていないので読み替えなきゃいけないのだが、Winをよく知らず、ネットワークにも疎いとなると、さまざまな落とし穴にハマる。

ただ、ワタシが幸せなのは濃いメンツと繋がりを持てていること。

Wfte4iib_3

まわりではすでにHFOの恩田さんや、新しもの好きのダウンロードさん、大学院で助手をしてもらっているT君、が購入済み。
電話(日中のiPhone同士はコストがかからないし、HiDefDrumを使うとハンズフリーだから操作しながら会話できるのはすごく便利)や、メール、講義終了後のお茶、そして直接会って・・とノウハウを集約中。

Wfte4iib_4

見守る某氏の愛犬、モカ。
近日、WFT-E4 II 勉強会も開催予定。Mac環境下前提ではあるものの(^_^; その内容は整理して公開できたらいいなあと思っています。

-ads-

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年2月 1日 (月)

夜更けを待たずに雪になった

今日は1日、自宅で仕事。
大学の授業は終了したが、成績付けとか、入試関連とか、意外と忙しいもの。
引きこもりのように、Macの前に座っていた。

夕方から雪になった東京は、何年かぶりに大きく積もりそうな勢い。
雪、といっても、「だって、古代君が死んじゃう」の雪ではない。
明日の朝はどうなっていることか。

Img_8653

♪雨は夜更け過ぎに〜と歌いたいところだが、
ワタシにとって雪のイメージは「22歳の別れ」
なんで?って、そりゃ、「昨日、悲別で」のエンディングイメージに決まっている・・
倉本聰は、北海道に移住する前の方が好きだったなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

iPadってタブレット型パソコンなの?

まだ実物も見ていないし、細かいスペックも見ていない。んでも面白そう、どのモデル買おう、って気分なのがiPad。
ってか、今の段階で使えね〜、とか言っても仕方ないでしょ、と思う。

んで、ロイターがオンライン調査しているのだが・・・
たしかに、タブレット型パソコン「iPad」と質問には書いてあるけどさ

Screensnapz

これ、iPad選ぶとこないじゃん(^_^; って思ってしまった。

いろんな見方があっていいけど、iPadって、
「結局、家のリビングにはパソコンなんていらないでしょ?」って
アップルからのメッセージだと思ってる。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »