« AUGM大分 2010 予告編 | トップページ | ピアノ発表会はHDVで »

2010年2月 4日 (木)

moshi iLynx USB+FireWire ハブ レビュー

年が明けて納品された個人研究室のiMac 27inchは、まだ使用時間が短いせいかディスプレイのちらつき症状には出会っていない(雪のちらつきは2回ほどあったが)。
USBポートが増えた新型iMacは、キーボード、マウスのワイヤレス化により実質的に4ポートの空きUSB2.0を搭載するが、全部ディスプレイの背面。巨大なディスプレイも相まって、抜き差しは面倒だ。FireWireは800であるものの1ポートのみ。
となると、やっぱHUBが欲しいよね・・・

Ilynx_01

moshi iLynx USB+FireWire ハブ
iMacとベストマッチな金属風外装(実際は金属ではない)を持つ、USB 4ポート、FireWire 2ポートをもつハブである。

Ilynx_02

公式ページで洗練されたデザインと謳っているが、たしかに他のハブとは一線を画すデザイン。
実はこの写真を撮ったのは、iMac設置前なのでiMacとのツーショット画は後日。

Ilynx_03

本体には直付けのUSBとFireWire400ケーブルのみ、つまり電源がない。
これはちょっと驚きで、サイトの説明に依ればDynamic Power Sharing機能なるものにより、USB、FireWireへのバスパワーを動的に切り替えるという。
まだフルに繋いだテストは行っていないが、FireWireHDD 1台、USB HDD 1台、USBメモリ1コを繋いだ状態で、すべての機器が問題なく使用できた。

Ilynx_04

直付けのケーブルは実測で約40cmほどのケーブル長。iMacでは十分だが、MacProには足りない。そのせいか、USBおよびFireWire400の延長ケーブルが各1本と、FireWire800-400変換アダプタが付属する。このFireWire800-400変換アダプタは、AUGM宮崎のじゃんけん大会でゲットしたものと同じものだ。

Ilynx_05

ケーブルをMacに挿すと通電し、moshiのロゴが淡くライトアップされる。

Ilynx_06

両サイドにそれぞれFireWire400 x 1、USB x 2のポート。つまり左右でFireWire400 x 2、USB x 4のハブとして機能する。
本体後縁のRに・・・

Ilynx_07

iMac付属のワイヤレスキーボードをひっかけて載せてみた。
なかなかイイ感じ。

Ilynx_08

この状態で使う人はあまりいないと思うが、キーボードを使わないときはこうやってiMacのスタンド部分に収納することにしてみた。
まだ1週間ほどの実使用なので結論めいたことは書かないが、かなり満足。

ただ、MacのFireWireが800に切り替わっている現状からいえば、400でしか繋がらないのは惜しい。変換アダプタがついているとは言え、800を400にしてHUBと繋ぐのではなく、800-800でハブにつなぎ、ハブから800と400がそれぞれ出ているのがスマートだと思うなあ。
マイナーモデルチェンジしたら、MacPro用に買い足したいと思う。
--ads--

《moshi》 iLynx(モシ/アイリンクス)コンパクトハブ USB/Firewire400対応 05P10Jan25

|
|

« AUGM大分 2010 予告編 | トップページ | ピアノ発表会はHDVで »

PC周辺機器/ネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/47479209

この記事へのトラックバック一覧です: moshi iLynx USB+FireWire ハブ レビュー:

« AUGM大分 2010 予告編 | トップページ | ピアノ発表会はHDVで »