« AUGM大分 お礼 | トップページ | AUGM大分 写真アルバム #augmoita »

2010年2月23日 (火)

シンポジウム「デジタル映像時代に再評価されるアナログ効果音」

AUGM大分(Apple User Group Meeting in OITA)の余韻に浸る暇はなく、次のイベント(?)が控えていました。

「デジタル映像時代に再評価されるアナログ効果音」
~ドラマや芝居の臨場感を演出する音の技法をいかに残すか ~

平成22年2月25日(木) 13時30分~16時30分
 デジタルハリウッド大学大学院 (秋葉原ダイビル7F)

公式告知ページ
デジタルハリウッド大学院のリリースページ

ワタシも、パネリストとして第2部に出させて頂きます。

Oto_1

一時代を築いた名音響効果技師・南二郎氏をお招きしての講演と実演は、いま見て(聴いて)おかないともったいないハズ。
直前の案内ではありますが、お時間のある方は是非。

Oto_2

AUGMと違って真面目なワタシもお目にかけたく思います(おいおい)
もし、来られたら声をおかけくださいませ。

|
|

« AUGM大分 お礼 | トップページ | AUGM大分 写真アルバム #augmoita »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

A lot of different persons understand some keys of essay thesis writing, but it does not mean they will accomplish premium qulity term papers, however a paper writing service could aid to accomplish the critical essay of high quality and demonstrate writing ability of some students.

投稿: Dolly25Foley | 2010年2月25日 (木) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/47644133

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「デジタル映像時代に再評価されるアナログ効果音」:

« AUGM大分 お礼 | トップページ | AUGM大分 写真アルバム #augmoita »