« 三浦町教会(佐世保) | トップページ | ポールスミス トートバッグつき雑誌 »

2010年4月26日 (月)

Colors of the Earthと南雲暁彦さん

とても久しぶりに凸版印刷のチーフフォトグラファーの南雲暁彦さんと飲む。彼とは去年の2月、アップルストア銀座でEOS 5D Mark IIのセミナーをやらせていただいた時に仲良くなった。
凸版印刷の社員でありながら、現行EOSの作例を多く手がけるフォトグラファー。まだ世の中に出ないカメラやレンズをバッグに詰めて、厳寒のアイスランドに、灼熱のモロッコに、飛ぶ人。(アイスランドの映像はここに一部紹介している
彼と連絡が取れなくなり、行き先も教えてもらえないときは、おお、カウントダウンだなあと思う(この一文、もしかしたら後で削除するかも(^_^; )

Colors_earth_01

そんな彼と、居酒屋の半個室で閉店まで飲む。(いや、ワタシは途中からソフトドリンクですが)カメラの話、レンズの話、白夜の話、オーロラの話。そして、クルマの話、鞄の話、Macの話。さらにガンダムの話にヤマトの話(笑)。
そう、趣味趣向がかぶるのだ。mono-logueも読んでいただいているらしく、AUGM楽しそうだなあ、とか、あのXXXはXXXXだよね、とか。
そうそう、機会があえばEOS 5D Mark II友の会にも来たがっていました >関係各位
そんな南雲さんからお土産で頂いたのが

Colors_earth_02

Colors of the Earth 
このとき書いたがキヤノンがイベント時に配布しているもののあまり出回っていないオンデマンド写真集。
その時々のEOSで撮られた写真、もちろん、写真は南雲さん。

Colors_earth_03

グリーンランドでは水しぶきすら瞬時に凍る世界でEOS 5D Mark IIが稼働することを見せつける。南雲さん曰く、シーリングされたレンズを使い、レンズ交換さえ(屋外で)しなければ、EOS 5D Mark IIは十分に北極圏に耐えうると言う。

Colors_earth_04

製品作例の意味もあるのだろう。モンスターレンズばかりでなく我々にも手の届くレンズが多用されているのも示唆に富む。
左の写真はEOS 5D Mark IIとEF24-105mm F4L。ネット等では評価の分かれるレンズだが、こういう写真を見せられると、ズームがさあ、とか、普及レンズはとかいう訳知り顔は黙った方がいいと思う(いや、自戒を込めて書いてます)。
ちなみにF11でシャッター速度は5分(秒ではない)

Colors_earth_05

kiss等APS-Cフォーマットの写真は、EF-S18-200mmも多用される。赤ラインじゃないと、とか、高倍率ズームはそれなり・・なんて思ってる自分が恥ずかしい。
もちろんじゃあ南雲さんが機材には無頓着かと言えばまったく逆で、時間があったら何時間でもそういう話で盛り上がるタイプ(笑)。今回もキヤノンの50ミリはモデルチェンジが急務だよね、で一致。いまの設計思想で、ちゃんとしたUSM積んで出しましょうよ>誰となく

Colors_earth_06

で、ベネチア篇のなかの1枚。
ああ、リアルト橋だよね。十数年前、新婚旅行で初めて行ったベネチア。
泊まったのはリアルト橋のそばに立つホテルリアルトだった。ググってみたらいまもホテルリアルトはあった。ああ、もう一度行きたいなあ。イタリア。
ベネチアも良かった。でも、いちばん印象に残ってるのはアッシジかも。

南雲さんと話が弾みすぎて(笑)いくつかの企画が動き出す。
そのうち実現するのが何個かはおいておいて、こういう時間がとても楽しい。

ところでColors of the Earth もっと普通に手に入るようにしてくれないかなあ・・・。ボディのおまけにつけるとか、1,000円分の切手送ると送ってもらえるとか、販売促進のキャッシュバックキャンペーンもいいけれど、もっと普通に写真文化を応援することがキヤノンなら出来るはず・・・。

訂正:アイルランドじゃなくてアイスランドでした。英語力の無さをさらに露呈(^_^;

--ads--

|
|

« 三浦町教会(佐世保) | トップページ | ポールスミス トートバッグつき雑誌 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

師匠。

写真に写っているレンズは何でしょうか?

投稿: 普通 | 2010年4月26日 (月) 22時28分

重しです。
ってのは冗談で、こいつです
http://mono-logue.air-nifty.com/monolog/2010/03/40mm-f2-sl-32d7.html

投稿: SAIKA | 2010年4月26日 (月) 22時43分

今となっては伝説のセミナー。
もう一度、お二人でセミナーをやって欲しい!
mark III が発表される前に・・・

投稿: スズキ | 2010年4月26日 (月) 23時13分

そ、それは褒めすぎです
でも、ありがとうございます

そうですねえ、機会があればやりたいなあ > これも誰となく(笑)

投稿: SAIKA | 2010年4月26日 (月) 23時17分

ごめんなさい、連絡先を知らないのでこっちに書きます。

素朴な疑問なんですがデジタルカメラってなんであんなデザインなんでしょう?


ちょっと機能性を犠牲にし過ぎな気がするんですよね・・・・・・。


まぁ、主にコンデジの話なんですが・・・・・・。


とりあえずブログに書いてみたのでプロの方の意見を聞いてみたいなと。

「デジカメの不思議」
http://taiju2501.seesaa.net/article/148210685.html


なんでこんなデジカメが無いんだろうっていつも不思議なんですよね・・・・。

どう思います?

投稿: たいじゅ@音森の館 | 2010年4月29日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/48190953

この記事へのトラックバック一覧です: Colors of the Earthと南雲暁彦さん:

« 三浦町教会(佐世保) | トップページ | ポールスミス トートバッグつき雑誌 »