« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

Atomic Floyd プロモーションムービー(AUGM長崎版)

GWなので・・という訳ではないが、4月の締めに、ということでApple User Group Meeting Nagasaki 2010で公開したムービー最後のひとつである Atomic Floydのプロモーションムービーを公開。

Atomic_1

このムービー。AUGM大分で公開したものとは違うバージョン。大分版は会場限定で制作したので、今回は公開できるように編集。
ちなみにAtomic Floydの日本総代理店であるフォーカルポイントコンピュータ株式会社の公開許可はもらっています。

Atomic_2

撮影はもちろんEOS 5D Mark II。
EF100mm F2.8L マクロ と MP-E65mm F2.8 をほぼ開放で使用。
置きピンとはいえ、動体にフォーカスして、被写界深度をイメージ通りに仕上げるのは至難の業だった。

Atomic_3

特にMP-E65mm F2.8は、ブロワで拭いても残った小さな埃もはっきり出るので大変。製品もワタシが使ってるものなので、ごくごく小さな傷はたくさん入っているし。
難しくも面白い撮影現場だった。

AtomicFloyd イメージムービー from SAIKA on Vimeo.

ムービーはやはりvimeoに上げたものの方がクオリティが高いなあ。

Atomic Floyd (FocalStore) 日本総代理店のオンラインストア

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東静岡ガンダム着工 現地レポート

お台場から、東静岡へ移設される実物大ガンダム。お台場に較べるとベルファストとでもいうべき場所ゆえ、マッドアングラー隊の強襲も容易だと思われたが、現地工作員から届いたレポートによれば、連邦の警備体制はお台場より厳しいようだ。

ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記
(アトリエMは、ミハルのコードネーム・・?)

Gundam

そういえば、東静岡のガンダムは武装(ビームサーベル)するらしい。

うーん、公式写真集 Real-G~1/1scale GUNDAM Photographs で富野氏が語っていた(アジってた)意味性を考えるなら、非武装のガンダムというのは重要な意味を持つはずなのだがなあ。

引き続き、現地からのレポートをお願いしたい>アトリエMさま
ただし、ガンペリーに乗り込むような無茶はしないように(笑)

お台場ガンダム 動画篇

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2010年4月29日 (木)

団鬼六氏のメッセージ

格好をつけているわけでも、顰蹙を買うのを恐れているのでもないが、ここ、mono-logueではアダルトネタをNGとする自己ルールを課している。
個人的にはそいうネタもOKだし、嫌いではないが(笑)、mono-logueは「モノ」への欲望を語る場、というトーン&マナーでやっている。

が、今回は、書いておきたい。

団鬼六氏のガン告白は知っていたけど、このメッセージは先日、知った。

 

団鬼六 ファンの皆様へ(当時のファイルが削除され?いまはここ

「大いに仕事し、大いに楽しみ、生を満喫するために死ぬまで生きることを欲す。」

ちょっとぐっときた

かくありたい、こう生きたい

このページがgifファイルなのも、彼の気持ちの表れだろう。

え、団鬼六を知らない方たちは、ググらんでよろしい(^.^)

--ads--

団鬼六 書籍/DVD @amazon

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2010年4月28日 (水)

ほぼ実物大iPad別冊付録つきMacFan

今月のMac雑誌は当然のようにiPad特集だが、MacFan(6月号)は実物大(じゃなかった。下記補足参照)の別冊付録付き。
米国発売が4月3日って考えると、大変だよなあって思うけど、ネット時代はこれが普通になっちゃってる。

訂正明日は明日の風が吹く のかつぼんさんからtwitterで教えていただいた。

「縦がもう少し長く横幅が少し狭いっす」

わああ、すみません。ちゃんと計ってもいませんでした。アバウトに近いよ、って感じに訂正。かつぼんさん、感謝です。

日本ではまだ予約も始まっていないiPadだが、すでに輸入品やその他で持っている人も少なくない。触る機会があるたびに、このエクスペリエンスを最初から提供するアップルに舌を巻く。

Img_1387

自分の日常でどのくらい使えるか、有効かはともかく、まずは買ってからでしょ、って思ってる自分がイヤハヤ(笑)。問題は、どのモデルを買うか。なんだよねえ。
対応キャリア(と料金プラン)が発表されていない現状では3Gモデルは選択肢に入れにくい。でも逆に言えば、想定外のプランがでれば、一気に選択肢入りもあり得るってことだし。
個人的にはソフトバンクがiPhone契約者限定で同時使用できないセカンドSIMを安価(例えば月額1,000〜2,000円)で提供したら、たとえ複数キャリアが対応してもソフトバンクに勝ち目あると思うんだが・・

ワタシのまわりでは、すでにケース選びに興味が移ってる方も何人か。
すでに発売の始まったものも多く、iPad自体もってないのに、ケースどうしようかなあと思ってたり(笑)
ちなみに、プロトタイプ段階で触らせていただいたこれは、当然、筆頭候補です。

iPad case by フォーカルポイントコンピュータ from SAIKA on Vimeo.

前回、mono-logueで載せたときはYouTubeから出したが、今回はvimeoから出してみる。
どっちが綺麗かなあ。

お時間ある方は、見比べてやっていただけると嬉しいです。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

インテリアホンがやってきた

ブログネタ: 【第1弾】シャープのインテリアホン 自宅に届いた喜びを是非!参加数拍手

正直に白状すると、モニターに応募していたのも忘れていた。ワタシが、このmono-logueをおくニフティのココログで募集されていたシャープインテリアホン(JD-4C1CL)のモニター。
だって応募フォームにブログのURL書く欄も、応募理由をPRする欄もなかったんだもん。抽選か何かだと思うじゃん(^_^;

どうやら抽選ではなかったようで、届きました。シャープ JD-4C1CL

Jd4c1_1

もちろん、モニターってことは感想をブログ(ココログで)書くというのが条件。
まずは届いた感想を・・というお題(by ココログ)なのだが、ちょっぴり困った。

なぜならば・・・

Jd4c1_2

そう、ワタシ、すでに同じシャープのインテリアホン初代機、JD-7C1CWを買ってしまっていたのだ(笑)
ダイニングルームのカウンターに設置されたJD-7C1。それまで置かれていたファックス(これもたまたまシャープの UX-F5KW)に較べると大幅にすっきりしたのだが・・・

Jd4c1_3

JD-4C1CLはさらにコンパクト。コードレス受話器のマウントが一体型か分離型かの違いはデザイン上のスマートさにも大きく寄与していて、7C1に較べ「インテリア」ホンとしての洗練度はあきらかに向上。

Jd4c1_4

Jd4c1_5

ただ、この2機種は後継機ではなくあくまでラインナップの兄弟関係。
機能比較表をみて分かるように、本機にはファックス機能がない。その代わり、キッチンタイマーやその他の機能が充実。

Jd4c1_6

印象としてはファミリーユースのJD-7C1。独身や2人暮らしなどに向いた(向けた)JD-4C1。

Jd4c1_7

高級感はないが、シンプルで上品なデザインにうまく仕上げてあると思う。
今回は開梱しただけで初期状態での試用しかしていない状態。
後日、JD-7C1との使い勝手の違いも含め、あらためて紹介したい。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年4月27日 (火)

ポールスミス トートバッグつき雑誌

twitterでフォロワーの方が呟いていた。
「spring(女性雑誌)にポールスミスのミニトートバッグが付いていて買ったけど、買うのが恥ずかしかった。」

Poul_01

え?そいう時のためのamazonですよね?(笑)

Poul_02

ポールスミスに特別のイメージはないが、トートバッグは普通にイイ感じ

Poul_03

構内をちょっとハードディスク入れて運ぶのに、ちょうど良い大きさ。
外付けFireWireハードディスクにケーブル一式がイイ感じで収まる。

Poul_04

ので、こういうレジに持って行くのが恥ずかしい(?)ものは、amazonがお薦め(笑)
送料無料だし。

んでも、雑誌本体、どうしよう。。。。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年4月26日 (月)

Colors of the Earthと南雲暁彦さん

とても久しぶりに凸版印刷のチーフフォトグラファーの南雲暁彦さんと飲む。彼とは去年の2月、アップルストア銀座でEOS 5D Mark IIのセミナーをやらせていただいた時に仲良くなった。
凸版印刷の社員でありながら、現行EOSの作例を多く手がけるフォトグラファー。まだ世の中に出ないカメラやレンズをバッグに詰めて、厳寒のアイスランドに、灼熱のモロッコに、飛ぶ人。(アイスランドの映像はここに一部紹介している
彼と連絡が取れなくなり、行き先も教えてもらえないときは、おお、カウントダウンだなあと思う(この一文、もしかしたら後で削除するかも(^_^; )

Colors_earth_01

そんな彼と、居酒屋の半個室で閉店まで飲む。(いや、ワタシは途中からソフトドリンクですが)カメラの話、レンズの話、白夜の話、オーロラの話。そして、クルマの話、鞄の話、Macの話。さらにガンダムの話にヤマトの話(笑)。
そう、趣味趣向がかぶるのだ。mono-logueも読んでいただいているらしく、AUGM楽しそうだなあ、とか、あのXXXはXXXXだよね、とか。
そうそう、機会があえばEOS 5D Mark II友の会にも来たがっていました >関係各位
そんな南雲さんからお土産で頂いたのが

Colors_earth_02

Colors of the Earth 
このとき書いたがキヤノンがイベント時に配布しているもののあまり出回っていないオンデマンド写真集。
その時々のEOSで撮られた写真、もちろん、写真は南雲さん。

Colors_earth_03

グリーンランドでは水しぶきすら瞬時に凍る世界でEOS 5D Mark IIが稼働することを見せつける。南雲さん曰く、シーリングされたレンズを使い、レンズ交換さえ(屋外で)しなければ、EOS 5D Mark IIは十分に北極圏に耐えうると言う。

Colors_earth_04

製品作例の意味もあるのだろう。モンスターレンズばかりでなく我々にも手の届くレンズが多用されているのも示唆に富む。
左の写真はEOS 5D Mark IIとEF24-105mm F4L。ネット等では評価の分かれるレンズだが、こういう写真を見せられると、ズームがさあ、とか、普及レンズはとかいう訳知り顔は黙った方がいいと思う(いや、自戒を込めて書いてます)。
ちなみにF11でシャッター速度は5分(秒ではない)

Colors_earth_05

kiss等APS-Cフォーマットの写真は、EF-S18-200mmも多用される。赤ラインじゃないと、とか、高倍率ズームはそれなり・・なんて思ってる自分が恥ずかしい。
もちろんじゃあ南雲さんが機材には無頓着かと言えばまったく逆で、時間があったら何時間でもそういう話で盛り上がるタイプ(笑)。今回もキヤノンの50ミリはモデルチェンジが急務だよね、で一致。いまの設計思想で、ちゃんとしたUSM積んで出しましょうよ>誰となく

Colors_earth_06

で、ベネチア篇のなかの1枚。
ああ、リアルト橋だよね。十数年前、新婚旅行で初めて行ったベネチア。
泊まったのはリアルト橋のそばに立つホテルリアルトだった。ググってみたらいまもホテルリアルトはあった。ああ、もう一度行きたいなあ。イタリア。
ベネチアも良かった。でも、いちばん印象に残ってるのはアッシジかも。

南雲さんと話が弾みすぎて(笑)いくつかの企画が動き出す。
そのうち実現するのが何個かはおいておいて、こういう時間がとても楽しい。

ところでColors of the Earth もっと普通に手に入るようにしてくれないかなあ・・・。ボディのおまけにつけるとか、1,000円分の切手送ると送ってもらえるとか、販売促進のキャッシュバックキャンペーンもいいけれど、もっと普通に写真文化を応援することがキヤノンなら出来るはず・・・。

訂正:アイルランドじゃなくてアイスランドでした。英語力の無さをさらに露呈(^_^;

--ads--

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010年4月25日 (日)

三浦町教会(佐世保)

Apple User Group Meeting Nagasaki 2010(AUGM長崎)は、長崎ではなく佐世保の開催。会場はレオプラザホテル佐世保だった。
ワタシは前夜遅く佐世保に入るスケジュールだったせいもあって、レオプラザホテル佐世保に宿を取った。
翌朝(つまりAUGM当日)、やや薄暗い部屋の窓を開けたら目の前に教会らしき尖塔が見えた。

Miura_01

朝ご飯もそうそうにカメラを提げて出る。事前の調べもなにもしていなかったのだが、そこが佐世保の名所のひとつである三浦町カトリック教会だった。

Miura_02

美しいゴシック様式の尖塔。
しんと静まりかえった礼拝堂。
* シスターらしき方に、撮影許可を受けています。

Miura_03

Miura_04

AUGMプレゼンのセッティングのため、ホテルに戻るまでの小一時間ではあったが、よい刻を過ごさせていただきました。

撮影させていただいた写真のうち、40枚ほどをflickrにあげています。
興味のある方はご覧いただけると幸いです。

三浦町教会 フォトアルバム
三浦町教会 スライドショウ

Miura_05

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SONY 3D BRAVIA メガネとモノリシックデザイン

映像は音が付き(トーキー化)、色がつき(カラー化)その都度、新しい表現を切り開いてきた。そして何度も試みられつつも根付かなかったのが立体映像(3D化)だ。
だが、ようやくオオカミ少年の汚名を濯ぐときが来たかもしれない。AVATARもアリスも、単に「3Dやってみました!」ではなく、きっちり作られた良作だ。っていうか、最初の立ち上がりからあのレベルのものを作られると日本映画の未来に絶望感を抱くほど。

ハリウッドは本気だ。
そして、ソニーもパナも、本気だ。
という訳で、ソニーの3D BRAVIA 1号機となるLX900シリーズの説明会に参加してきた。

Bravia_lx900_01

11591-282-165599

Bravia_lx900_02

斎藤栄一氏による技術解説は1時間近くに及ぶ圧巻のものだったが、他の方がレポートしてくださっているので、ここでは割愛(おいおい)。
スーパー要約すれば、家庭用であっても、画質、使い勝手に妥協しないクオリティを得るため、ソニーのアドバンテージである4倍速駆動のXLEDバックライト技術をフルに投入すること、ワールドワイドに大人から子供までフィットする3Dメガネの開発(結果的にメガネは小型版との2種展開となる)が軸となった。そして、3Dテレビを特殊なものにせず、リビングのテレビとして通用する高輝度なものとしたこと、って話。

Bravia_lx900_03

そして、メガネ職人を名乗る亀友計彦氏による3Dメガネ開発秘話(?)
サービス精神旺盛な爆笑プレゼンだったのはどなたかが書いてくれるだろう(笑)が

Bravia_lx900_04

彼が完成させた3Dメガネ TDG-BR100(すりーでぃぐらす ぶらびあひゃく)を装着すると

Bravia_lx900_05

ちょいワルオヤジに変身できる(違う)

Bravia_lx900_06

波動砲発射前のヤマトの第一艦橋になる(これも違う)

Bravia_lx900_07

このブラビアが

続きを読む "SONY 3D BRAVIA メガネとモノリシックデザイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月24日 (土)

iPhoneをハンズフリーで使う Bluetoothヘッドセット

iPhoneで電話なんかしないよ、って人もいるけど、ワタシは時々だけど電話としても使う。
Macユーザーを中心に広く普及したiPhoneは(少なくとも現在は)ソフトバンクの1社提供。結果的に関係者とのオフィスアワー帯の電話は無料、という構図ができている。そりゃ使わなきゃ。
iPhoneを耳に押し当てて、ってのは見た目が・・ではなく、電話しながらスケジュールや連絡先、過去のメールにアクセスできるiPhoneのアドバンテージを捨てるようなものなのでヘッドセットを使いたい。
いままではAUGM宮崎で購入したAtomic Floyd HiDefDrumのマイクを使っていた。
これはこれで非常に便利なのだが、お宝鑑定団ブログ情報でBluetoothヘッドセットが1,500円そこそこで売っているのを知って購入。

Img_1189

PLANEX Bluetooth ver 2.0+EDR対応ハンズフリーミニヘッドセット(簡易パッケージ) BT-05HS-B

ACアダプタの付属しない簡易パッケージ版だが、USB充電ケーブルが付属しているので不都合はない。
まあ、ぶっちゃけていえば、あんまり電話そのものはしないんだが、それでも1コあると結構便利だと思う。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

iVIS HF S21 vs CX550V 比較レビュー 画質(解像感)篇

機材は返却したものの、撮りためた素材で継続中のiVIS HF S21 vs CX550V 比較レビュー シリーズ。今回は絞りを開放にした状態での描写(被写界深度の差)を比較。
下の静止画は、Apple Final Cut Pro 7 でProRes取り込み後、2画面比較した動画から切り出したもの。

Hf_s21_01

写真クリックで等倍表示
焦点距離は、HF S21が43.5-435mm、CX550Vが29.8-298mmなのに、テレ端であまり変わらないじゃん、って思えるが、これは(ワタシが不用意なのだが)CX550Vの手ブレ補正をアクティブモードで使っていたため。
このエントリーで書いたように、CX550Vのアクティブ手ブレ補正は光学式手ブレ補正とBIONZによる画像処理の合わせ技なので画角が狭くなる。その切り出し分。ということは、画質への影響も皆無ではないはずだが、残念ながら手ブレ補正オフでは撮っていない。
その辺は割り引いて見て欲しい。

11171-282-165532

こうみると画質(解像感)の違いがかなり出るように思う。
また両者とも開放F値は1.8で同じだが(撮影は絞り開放で行った)、あきらかにキャノ ン(HF S21)の被写界深度が浅く、立体感のある描写になっている。

Hf_s21_02

HF S21はコンシューマー機最大級(ビクターがいますからね)の1/2.6型のCMOS(CX550Vは1/2.88型)。フィルター径はHF S21が58mm、CX550Vが37mmと大きな差。光学的にはキヤノンのこだわり感が圧倒している。この差が出ているともいえるし、同じような画角とはいえ、テレ端でHF S21は435mm F1.8、CX550Vは298mm F1.8の切り出しゆえ、もともと被写界深度が異なるってところもあるだろう。
浅い被写界深度が欲しいならキャノンだなあと思わせるが、手ブレ補正能力をあわせた実際の動画は以下の通り。

悩ましい・・・・。

11171-282-165532

--ads--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年4月23日 (金)

ゴーゴーミッフィー展はじまる

銀座で、ゴーゴーミッフィー展がはじまった。
ゴーゴーといっても、カレーでもマッハでもマイティジャックでもなく、まして、君たち女の子♪でも銀塩EOSでもない、ディック・ブルーナがミッフィーを書き始めて55周年だという。

55

このミッフィー展のサイト、アクセスするたびにトップページの配色が変わるようだ。なかなか楽しい。
行けるかな。せっかく東京にいるんだから、こういう機会は生かさないともったいない。

ちなみにうちの長女。
うさぎ年の4月生まれ、なので、最後まで残った名前の候補が「うさこ」だった(笑)
最終的に、今の名前になったのだが、もし、うさこと名付けていたら、友だちに、ミッフィーって呼ばれるようになるか、からかわれるか、大きな賭だったなあ(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビデオSALONでワークフロー紹介

先日発売されたビデオSALON5月号の特集は

便利なことばかりではない
AVCHDカメラやデジタル一眼カメラユーザーに告ぐ!
ファイルベース時代を生き抜く処世術

おお、大袈裟な・・と思うなかれ、これはいま、確かに頭の痛い問題なのだ。
という訳で、Final Cut Pro 前提のワークフローについて、なかの1ページほど書いています。

Img_1187

プロフェッショナルのユーザー事例の部分で(オマエがプロかっって突っ込みはさておかせてください(^_^; )、ビデオSALONでおなじみの岸本康氏、StudioDUの林和哉氏と。
それぞれ参考になるので、この部分は必見かも
次のページではバックアップソリューションとしてLTO-4が紹介されているけど、具体的製品ではアスク(リーンフェイズ)扱いのPRIME-CACHE。

いつの間にか、業界内でも知人が増えたなあ、と思う。

ちなみにコマフォト5月号の特集「レスリー・キーのすべて(特設ページ)」もいい。
コマフォト5月号ではワタシは何も書いていませんが、デジ一眼ムービーの特集もあるのでこちらもお奨め。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

YahooとMicrosoftに貰ったもの

Apple User Group Meeting Nagasaki 2010(AUGM長崎)で講演をされたヤフー株式会社のBuzzTum氏、マイクロソフト株式会社の中尾氏が、参加者全員へのお土産(全員プレゼント)に持ってきてくれたもの。

Augm_11

ヤフーオリジナル保温ポット。
押し出しの強いデザインと金属の重量感に、帰りの空港では荷物を開けられたユーザーが多数出現したしたらしい(^_^;
ワタシは他の荷物といっしょに宅配便で送ったので難を逃れた。

Augm_12

んでも、その宅配便に着替えた服や下着も入れたら、九州(佐世保)→東京って、翌日はつかないんですね・・・。
洗濯物が発酵してしまうのではとひやひや

Augm_13

マイクロソフトオリジナル保温カップ
ちゃんとMac用Office。蓋付き。
ちなみに一緒に写ってるBluetooth テンキーはMS製の「Microsoft Bluetooth Number Pad」
今年初めに買ったもの。iMacのBluetoothキーボードと併用するとかなり便利。

Augm_14

実はMicrosoftのハードウエア製品はかなり好きだったりする。
いまでこそマウスは他社製だけど、予備でIntelliMouse Opticalは机の引き出しに常備しているし。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月22日 (木)

moshi新型 Mini DisplayPort to HDMI Adapter オーディオエンベデット対応版

moshi Mini DisplayPort to HDMI Adapterのレビューを書いたのが4月上旬。これは現行Macの標準外部ディスプレイポートとなりつつあるMini DisplayPort を HDMI に接続するための変換アダプタだが、AUGM(Apple User Group Meeting)長崎にて、オーディオエンベデット(映像信号にオーディオ信号を重層)に対応した後継モデルが発表された
5月中旬発売予定の新モデルの先行量産型?をmoshiから評価用にいただいたので、検証してみた。

Moshi_new_hdmi_01

外観はうり二つ(見分け方は後述)の新旧moshi Mini DisplayPort to HDMI Adapter
2010年4月現在、流通しているのはすべて旧モデルなので注意されたい。
さらに注意すべきは、新型は「オーディオエンベデットに対応」なので、もともとMacのMini DisplayPortにオーディオが重層されていなければダメ。これは魔法のケーブルではないのだ。

Moshi_new_hdmi_02

moshiの発表によれば、Mini DisplayPortにオーディオがエンベデット可能なのは、
iMac 27inch/21.5inch(2009年秋モデル)
MacBookPro 12/15/17inch (2010年春モデル)

ワタシの個人研究室に27inch iMacがあるのでそれに接続。

Moshi_new_hdmi_03

HDMIの接続先はSONYの業務用9inchモニター LMD-940W

Moshi_new_hdmi_04

HD-SDIはもちろん、3G-SDI、HDMI入力を標準搭載、HDMIはオーディオエンベデット対応の小さなハイエンドモニター。

続きを読む "moshi新型 Mini DisplayPort to HDMI Adapter オーディオエンベデット対応版"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年4月21日 (水)

グネグネiPhoneスタンド レビュー

先日書いたように、使ってみたら想像以上に便利だったグネグネiPhoneスタンドをレビュー?する。自由度の高いフレキシブルアーム型のiPhone、iPod Touch対応のホルダースタンドって書くと、それですべて、なのだが、その便利さは意外にも、って感じだった。

Gunegune_01

グネグネiPhoneスタンド In Your Face Viewbase for iPhone/iPod
製品ページにもあるように、モノとしてはシンプル。

iPhoneに適したサイズのホルダーに、約20cmの金属製アーム。大型クリップの3ユニットからなるスタンド。

Gunegune_02

机の角に取り付けて、Twitter専用ミニディスプレイにするとか、スケジュールビューアにするとか、実用的な使い方はたくさんあるが、それはメーカーページや他のレビューに任せて、mono-logueはmono-logueらしく変な使い方を紹介(笑)

Gunegune_03

iPhone、iPod TouchをそのままiTuneプレーヤーとして使うというのはすぐに思いつくものの、iPhone、iPod Touch内蔵のスピーカーは音楽再生にはまるで向かない。・・・ので、

Gunegune_04

以前購入していたTUNEWEAR BOOMTUNE BOMB IIを合体させてみる。

続きを読む "グネグネiPhoneスタンド レビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2010年4月20日 (火)

AUGM長崎 翌日観光全体写真

九州地区のAUGM/Apple User Group Meetingといえば、翌日観光がお約束になっている(らしい)

Img_1104

初めて、長崎を歩いた。嬉しい。
顔が笑った・・・が、膝もわらった(^_^; 長崎って凄いとこだなー
憧れたまま、一度も行けていない尾道も同じだろうか。

という訳で全体記念写真

Img_1033

Img_1083

ワタシのカメラで撮った関係で、ワタシはいません。
しまった〜、こうやって仕上がってみると、代わってもらえばよかったなあ(^_^;

高解像度の写真をアップするのは躊躇われるので、mobile meに、パスワード付きであげました。高解像度ファイルをご希望の方は、twitter等でDMくださいませ。
アクセスURLとダウンロード用パスワードをお知らせします。
(AUGM翌日観光に参加された方のみでお願いします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月19日 (月)

MacBookPro 13inchってC/P高いなあ

iPad(国内)発売延期と合わせ鏡のようにリリースされた新型MacBookPro三兄弟。iPadショックのなかで、よくチェックしていなかったのだが、新大学生のファーストMac(ノート編)を書くためにチェックしていて、新13inch MacBookProのコストパフォーマンスの高さに驚いた。

MacBookが98,800円(アカデミックは88,800円)で最安値だが、MacBookはデフォルトの実装メモリーが2GB。これを4GBに増設すると108,880円(アカデミックは97,872円)。アカデミックが4GBでも10万を切るのは評価したいが、デフォルトで4GBのメモリーを積んでいるMacBookPro 13inchは114,800円(アカデミックは104,400円)と約6,000円の差でMacBookPro 13inchが買えるのだ。

液晶サイズこそ同じものの、MacBookPro 13inchはFireWire800を持ち(ここ重要)、クロックもビデオカードもちょい上のもの。

Mbp_3

それにSDカードスロットとバックライト付きキーボードが付いて、ちょびっと軽い。

これはコストパフォーマンスが高い・・。MacBookとの価格差は僅かなのに内容は大きく違う。ワタシの大学はスーパーアカデミック(アップル・オン・キャンパス)対象校なので限りなく10万円に近い価格でMacBookPro 13inchが買えることになる。
さらに学生だと、iPodセット購入で最大19,800円のキャッシュバック。
うわ・・それを勘案すると実質8万円・・って、買っちゃう?(笑)

--ads--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年4月18日 (日)

グネグネiPhoneスタンドが想像以上に便利

実は2週間ほど前に入手していたのだが、AUGM長崎の準備に忙しく放置していたグネグネiPhoneスタンドなるアクセサリーを使い始めて数日。
これが想像以上に便利。

Img_1165

グネグネiPhoneスタンド In Your Face Viewbase for iPhone/iPod

近日中に改めてブログに書こう。(と、決意表明(笑))

--ads--

【ジャンル別ランキング☆モバイルアクセサリー1位獲得!】Ustreamに最適!ケースを装着したiPh...

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

FireWire800を増設

このとき書いたように、いつしか増えたFireWire800ハードディスクを、MacProでスマートに(?)運用するために、FireWire800カードを増設。

Fwb3414g_01

今回選んだのは、SUNIXの
FWB3414G  PCI Express 2 ext.1394B and 1+1 1394A Ports Card

Fwb3414g_02

FireWire800が2ポート、FireWire400が1ポート。
MacProの内蔵バスと別れるし。コントローラーも別立てなのでディージーチェーンよりパフォーマンス向上も期待できるところ(って解釈でOKですよね?)

Fwb3414g_03

パッケージのイラストは、4ポートあるのだが(笑)まあ、この辺は目くじらたてても仕方ないところか。

Fwb3414g_04

あ、ボード上にFireWire400がもうひとつあった。
内部でFireWireを取り回す用途はイメージできないが。。。

--ads--

アスク 1394B+A Combo CARD PCI-E FWB3414G FWB3414G

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010年4月17日 (土)

さよならの予感

先日書いたように、Mac版Photoshopが64bit正式対応したCS5と同時に、初の64bitMacであるPower Mac G5をサポート対象から外した。
すでにSnowLeopardもサポート外とされ、Final Cut ProもAVCHDハンドリングはIntelMacのみ。

Power_mac_g5

ワタシのメインアプリが動かないとなれば、いかに思い出のあるマシンといえど、別れるしかないのが現実。
16GBの実装メモリを積み、SATAをフル搭載させ、グラフィックカードを換装した五月蠅いマシンとも、さよならをいう時が近づいているようだ。

蜜月は有限なんだなあ。しみじみ(笑)
自分がもはや老兵と呼ばれる世代に近づくにつれ、ロートルマシンへの愛着が増すのは自分を重ねるからですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CX550V のアクティブ手ブレ補正は画角が狭くなる

SONYのビデオカメラ2010年モデルは、自らボディにOptical Steady Shotと書いちゃうくらいソニー自信の最新型手ブレ補正機能搭載だ。
新型アクティブ手ブレ補正がそれで、商品紹介ページにはワイドで約10倍、ズーム(テレのことだよね)で約2倍の効果があるとしている。

Cx550v_10

だが、このアクティブ手ブレ補正、Optical Steady Shotというキャッチフレーズ(?)とは微妙に異なり、実際は光学式手ブレ補正とBIONZ(映像エンジン:キヤノンにおけるDIGICみたいなもの)による画像処理の合わせ技だ。
ぶっちゃけて言ってしまえば、かつて一世を風靡しつつあっというまに消えていった松下のブレンビーの系譜にたつ画像切り出しの末裔。

もちろん、当時の貧弱なブローアップとは次元の異なる画像処理テクノロジーだし、そもそもアナログSD(VHS-C)時代とは解像度の余裕も全く違う。それでも画質への影響は皆無とは言えないし、なにより切り出しにより画角が狭くなる(焦点距離が大きくなる)のはあまりアナウンスされていない。(この辺はどうかなあ、と思っちゃう部分)

Cx550v_11

CX550VはHD動画撮影時、29.8mmというワイコンいらずの広角が大きな特徴だが、アクティブ手ブレ補正使用時は29.8mmという焦点距離は得られないのだ。

じゃあ、実際は何ミリになるの?と思っても記述がない(少なくともワタシには見つからなかった)。ので、実際に手ブレ補正モードを切り替えつつ、ワイド端とテレ端で焦点距離の変化を見てみた。
まずはワイド端から。

Cx550v_12

続きを読む "CX550V のアクティブ手ブレ補正は画角が狭くなる"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

CX550V vs HF S21手ブレ補正比較 移動撮影篇

継続中のiVIS HF S21 vs CX550V 比較レビュー シリーズ。
今回は移動撮影での手ブレ補正能力比較。
去年の夏、iVIS HF S11の移動撮影検証でやったように自転車の前かごにビデオカメラを設置して走行、比較した。
ただし今回は、ステープレートとミニ三脚を使い、同時マウント。同条件で撮影してみた。
例によって、編集およびYouTubeアップロードは、Apple Final Cut Pro 7 でProRes 422 LTを使用

Img_0495

11171-282-164647

両者は焦点距離が、HF S21が43.5-435mm、CX550Vが29.8-298mmと同じ光学10倍ながら大きく思想を異にしている。このテストではあえて焦点距離をあわせず、それぞれの最広角にセットした。

手ブレ補正は両者の最強力設定。それ以外はオート。
道路の凸凹に対する補正力や、動きの補完的挙動に注目。
露出補正や色味のコントロールも行っていないので、両者の傾向を較べて見るのも面白いと思う。

なお、テスト時には未発売だったHF S21は先行量産モデルもしくはテスト用βモデルを使っている。実際の量産機とはチューニング等の関係で挙動が異なる場合がある。あらかじめご了承頂きたい。

--ads--

11171-282-164647
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年4月16日 (金)

次期Final Cut Proは期待できる?

NABにAppleブースを見なくなって久しい。このところのパターンを見ていると、今年のNABで新しいFinal Cut Pro(Final Cut Studio)が登場する可能性は皆無に近かったし、プロ向け映像ソリューションはあきらかにアップル社の本流から外れ、将来が危ぶまれても宜なるかな、状態にも見えた。

というタイミングで、ユーザーのメールにSteve Jobsが
We certainly do. Folks who left were in support, not engineering. Next release will be awesome.
と返信したという話が聞こえてきた。
yamaq blog
MACお宝鑑定団ブログ

このニュース自体、本当かどうかは定かではないものの、Macintoshを買った翌年にはavid MCのユーザーになり、Macイコール映像(画像)という刷り込みのあるワタシにはうれしいニュース。

Mctransport_2

Final Cut Proとつきあいだして10年。
長いつきあいですっかり馴染んでるものの、一方でマンネリ化も感じている微妙な関係(笑)
プロの使うツールだけに、操作系や機能に継承性が求められるのは当然で、ある程度コンサバに進化せざる得ないのは理解するものの、ハッとするような新しい魅力も見せて欲しいなあ、と。

ああ、いまや一部のユーザーにしか必要性を感じさせない、でも、逆に言えば、一部ユーザーには必須なマシンともいえるMacProも、そろそろアップデートして欲しいもの。
アップルにとってもはやニッチな部分なのは分かってる。
社内リソースがiPadやiPhoneに集中する(すべき)なのも理解してる。事実、iPhoneもiPadも素晴らしいエクスペリエンスで日常を楽しませてくれている。
それでもなお、ワタシはアップルユーザーというよりMacユーザーを自称したい。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月15日 (木)

27-inch iMac EFI FW Update 1.0

iMacのEFI firmware のアップデート、しかも27inch iMacのみ対象ってなんだろ、と思ったら、

Imacefi

ヘッドホン用ミニジャックからの再生出力時に、プロセッサの使用率が高くなることがある問題を修正

え?ワタシの大学研究室のiMacも27inch。
iTuneって相変わらずCPU喰うなあ、core i7でもこれかあ、などと思っていたんだけど、不具合だったのね(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

iPad(国内)発売延期とTunewearの革ケース

今日明日にでも予約開始するかなあ、とか思っていたら、まさかの発売延期。
そりゃないでしょ・・
という訳で、先行して開発中のTunewear 革ケースの動画。
先日のApple User Group Meeting Nagasaki で公開したもの。

Tunewear

まだ、細部は修正される可能性があるが、基本的にはこの形で量産されるはず。
同じくAUGM長崎で公開されたトリニティさんのケースとあわせ、魅力的な製品が競い合って欲しいと思う。

TUMIとか、バリスティックナイロンのケースとか作らないかな〜

--ADs--

ワタシがTUMIを買う時に必ずチェックするショップ。その時々で、価格、在庫に違いあり。(今までのところ、私はトラブルなし)

アイウイルイズミヤ

ee-shoping

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月14日 (水)

すごいなユニクロ UTweet!

UNI CLOCKもシャープでいけてるオンラインプロモーションだったけど、今度のUTweetはすごい。
twitterを使う企業は多くなったし、なかには非常に良いつきあい方(twitterって使うよりつきあうってコトバの方が似合うと思う)してる会社もあるが、これに較べれば子供同然。

UTweet by SAIKA

一歩も二歩も進んでる。ユニクロ、凄すぎる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月13日 (火)

Photoshop CS5 コンテンツに応じて塗りつぶし

PhotoshopもついにVer.12。
Ver,11のコンテンツに応じて拡大縮小(当時のmono-logueレビュー)で味をしめた(?)アドビは、コンテンツに応じてシリーズの大幅拡充を図ったようだ。
* 以下はPhotoshop CS5 Beta Mac版を使用。製品版とは異なる場合があります。
  MacPro 2.66Ghz Dual Xeon SnowLeopard

Photoshop_cs5_01

コンテンツに応じて塗りつぶしは、従来のスポット修復ブラシ機能の拡張ともいえる機能。
もちろんパーフェクトな訳はない。
んじゃあ、どのくらい?新人オペレータ?中堅クリエイター?熟練した職人?ってのがポイント。

Photoshop_cs5_02

校舎にかかった桜の枝を塗りつぶしてみる。
選択は投げ縄ツールでアバウトに。何度か試した範囲では、あまりきっちり囲むよりは、大きめにざっくり囲む方が仕上がりが自然になるように思う。

Photoshop_cs5_03

塗りつぶしメニューの中に「コンテンツに応じる」が増えている。
OKを押して数秒待つ。(そう、じっと待つのだぞ)

Photoshop_cs5_04

こんな感じ。
建物のエッジもきちんとつながっている。
背景があまり複雑でなければ、十分使えるかな。

Photoshop_cs5_05

え、素材が簡単すぎ?
では2例目。

続きを読む "Photoshop CS5 コンテンツに応じて塗りつぶし"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年4月12日 (月)

Adobe CS5 正式発表とPower Mac G5

Adobeの主力艦隊ともいえるCREATIVE SUITEの次期バージョン、つまりCS5が正式発表。同時に、プレスおよびプレスに準じる形で事前に説明会やベータ版の提供を受けていた関係者の守秘義務条項が解除された。
Mac版の特徴としては、Photoshopがついに64bitアプリケーションとなったこと。

Photoshop001

OSが64bitなのは重要だが、アプリ側が64bit化されていなければその恩恵を十全に生かすことはできない。
大量のメモリーを搭載可能な超弩級マシン、MacProが本領を発揮するには予算が許すなかで最大量の実装メモリを搭載するとともに、64bitアプリを使う、のが必要条件だ。(ので、Ver.7になっても32bitアプリであるFinal Cut Proには、その部分で強い不満を抱いている)

Photoshopが64bit化したのは素直に喜ばしいが、同時に必要要件がIntelMac(マルチコア)となり、Power Mac G5がついにサポートされなくなった。

G5

うちにG5が配属されたのが2005年だから、もう5年前(ってことは、写真に写ってる長女が5歳か・・)。その2年前(2003年)に登場したG5は「パソコン」初の64bitマシンとして大きな期待をしたものだ。
いま64ビット革命の幕が開け、パーソナルコンピュータは後戻りできない進化を遂げます。(当時のプレスリリース)
OSとアプリが64bit化し、最適化された暁には、連邦軍など・・・と吠えた訳ではないが、ついにPhotoshopが64bit対応したときに、戦力外通告をされるのはつくづく不遇なマシンだったと思う > Power Mac G5

-ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

Ferrari Race Movie in 富士スピードウエイ

Apple User Group Meeting で講演させていただくときは、毎回、専用のオープニングムービーを用意している。AUGM長崎でのオープニングは、今年の2月終わりに富士スピードウエイで行われたarca etcc Super Car Battle Vol. 3で撮影したフェラーリレースのもの。

Img_9476

AUGM長崎でワタシの講演をスポンサードしてくれたフォーカルポイントコンピュータ株式会社のCEO、恩田フランシス秀樹氏(@onebeat)のフェラーリを追ったもの。

本当なら、2週間後に行われるVitale Italia 2010のメインレースを撮影し、オープニングにする計画で、この日はロケハンとトレーニングを兼ねたテストだったが、@onebeat氏がテスト走行中にクラッシュ(本人の報告エントリー)、レースに参加できなくなった。

オープニングムービー計画は頓挫したものの、悔しいのでテスト撮影素材から編集したものが、これ。当初のイメージとはチガウものの、AUGM長崎でのオープニングムービーとなった。クラッシュ車載映像は本人提供。
撮影はEOS 5D Mark IIが7割とCX550V、A1Jがあわせて3割といったところ。
編集はFinal Cut Pro 7

Img_9397

正直、レース映像は難しい。走行シーンが少ないのもテストだったせいもあるが、どこまでできるかといえば非常に心許ない。
でも、機会があったら再度挑戦したいなあ、と思ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月11日 (日)

AUGM長崎 無事終了 #augmnagasaki

Apple User Group Meeting Nagasaki 2010(AUGM長崎)が、定員を超える200人近い参加者を集め、昼12時から、懇親会を含めると10時間半の長いマラソン開催を無事完走、盛会のうちに終了しました。

Augmnagasaki_1

本当なら、写真を整理し、ゆっくりとブログに報告したいところですが、大学の新学期も始まり年度初めの忙しさを思うと、そのままになってしまいそうな気がするのでさっと報告。簡易2次会の夜中の長崎チャンポンを食べて帰ったホテルで書いています。

Augmnagasaki_2

写真はフォーカルポイントコンピュータの西山さんに撮って貰ったもの。(感謝)
タイミング的にiPad一色になったAUGMで、ひとりMacから遠い(?)講演をさせてもらいました。
楽しんで貰えたかなあ。

Augmnagasaki_3

AUGMに参加するベンダーが送り込むスピーカーは、アドビの西山さんを筆頭に、どこもピカイチのプレゼン能力を有する方々で、自分もプレゼン能力に関してはそれなりに自信と自負をもっているが、同等以上の猛者ばかり。
緊張しつつ、楽しませて頂きました。ありがとうございました。

Augmnagasaki_4

AUGM宮崎に引き続き、ワタシの講演をスポンサードしてくれたフォーカルポイントコンピュータ(株)CEOの恩田さん。
AUGM長崎の様子はすでに彼のブログ(HFO)に掲載されているので、是非。
日本ではまだ未発売のiPadが2ケタ近く集まった長崎で、彼もiPadからkeynoteを出すデモ。

Augmnagasaki_5

すごく真剣そうなのだが・・・
ステージが終わるとこんなもん(笑)
なんのアプリなのか覚えていないが、こーいう人です。

AUGM長崎開催に尽力して、かつ奔走したであろう長崎のスタッフ、学生ボランティア(?)、ゲストスピーカーの面々、そして参加者のみなさま
本当にありがとう。楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2010年4月10日 (土)

AUGM長崎なう

Apple User Group Meeting Nagasaki 2010(AUGM長崎)がまさに開会中。
ワタシもあとでお話しさせて貰います(予定開始時間14:50だけど押しそう)

公式?のust中継もされているので、興味のある方、よろしくお願いいたします。
ちなみに、オープンにできない話にはust中断が行われています。

Img_0936

という訳で、リアルタイムにブログ更新してみたかったので書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年もサファリパークに行きました

ワタシの大学の伝統行事(?)に、新入生が学部単位で一泊二日の合宿をするイベントがある。とある大きな温泉ホテルでガイダンスや懇親会、各種説明会が深夜まで行われる。
で、翌日、帰りしなに、親睦を深める(?)ために、サファリパークに寄るのだ。

Safari_1

ここでは桜がちょうど満開。気持ちのいい時だった。
平日のせいか、不況のせいか、一般のひとは非常に少なく、貸し切り状態。

Safari_2

暇そうな、デジタルの付かないクマ。

Safari_3

そっぽを向くSnowLeopard。

Safari_4_2

タイガーソフト。

ただの日記じゃん、というなかれ(笑)
Safari、Tiger、SnowLeopardといえばMacintosh(無理矢理だ)

と言うわけで、解散後、荷物を提げたまま羽田空港に直行。
長崎空港経由で佐世保に入ったのが22時。
フォーカルポイントコンピュータの方と合流して打ち合わせ、
その後、関係者の方と軽く飲み、
そう、明日(もう今日だけど)は
AUGM 長崎 2010
ワタシもお話しさせて頂きます。
今回はタイミング的にiPad一色になりそうですが、ワタシは例によって一眼ムービーの話を。
今回、正式リリース直後のキヤノン純正 EOS MOVIE Plugin-E1 For Final Cut Proについても解説する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月 8日 (木)

ユニクロでTシャツをオトナ買い

いやあ、最近、Tシャツって着ないかインナーなんだよなあ、とか思いながら、でも、クマデジタルさんのブログを読んで、帰り道(正確にはAUGM関東ディナーに向かう途中)買ってきました。ユニクロの企業コラボTシャツ
あ、gomaさんも買っている(笑)

Tshirt_01

EOSが2種類、コダック1種。
GRも出てたのだけど、ワタシのGはGXなので見栄っ張りになりそうだったので却下(笑)

Tshirt_02

Tshirt_03

続きを読む "ユニクロでTシャツをオトナ買い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月 7日 (水)

小学校入学

私事ですが(っていえば全てのエントリーが私事ではあるんだけど)、下の娘が小学校に入学。はやいなあ。

Img_0619

下の娘は、この家に越してきてから生まれたので、逆に言えばもう6年以上、ここに棲んでいるんだなあ。

Img_0628

上級生が教室の壁を飾り付けてくれていた。
おめでとう そして ありがとう

Img_0640

ランドセルは長女と同じ土屋鞄のもの。個人的にもここの革小物は好き。
長女へのライバル心か、赤を避けて茶色を選んだ次女。
こんなに小さかったのになあ。これからいくつもの出会いと別れを経験していくのだろう。

twitterのタイムラインを見ると、けっこうな数のフォロワーさんが子供の入学式を迎えている。
うちと同じく小学校入学のところ、中学校入学の家。
ワタシの妹夫婦の息子さんは高校に入学した。親しい友人の息子さんも。
大学に子供が入った知人もいる。
そして、新社会人になった教え子たちも。

皆さん、おめでとうございます。未来が拓かれていくなあと思います。

という訳で、文字通り独り言となった、今日のmono-logueでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月 6日 (火)

MacをHDMIで接続 moshi Mini DisplayPort to HDMI Adapter

現行ノート型Macの全機種が外部ディスプレイ接続用のMini DisplayPortを搭載している。FireWireはじめ接続端子が盛大にリストラされているMacBookAirでもMini DisplayPortは持っている。
だが、純正で用意されているのは、Mini DisplayPort to DVIとMini DisplayPort to VGAのみ。
moshiのMini DisplayPort to HDMI Adapterは文字通り、Mini DisplayPort を HDMI に接続するための変換アダプタである。

Moshi_hdmi_01

セカンダリディスプレイにしてもプロジェクターにしても接続端子の多くはDVIかVGAで用が足りる。しかし、家庭に普及している液晶テレビはHDMIが基本。

この製品は純正がカバーしないHDMI接続をフォローする。

Moshi_hdmi_02

同社のFireWire 800 to 400 adapter同様、シンプルで品のあるパッケージ。
デザインという部分がほとんど考慮されていない(ように見える)多くのPC周辺機器において、同社のトータルデザインはもっと評価されて良いと思う。

Moshi_hdmi_03

Moshi_hdmi_04

続きを読む "MacをHDMIで接続 moshi Mini DisplayPort to HDMI Adapter"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月 4日 (日)

映画 NINE

NINEといっても、スタートレックの話でもなく、ましてMac OS 9の話でもありません。
映画のNINEの話。
あまりネタバレは書かないつもりですが、多少はネタバレあるかも。
避けたい方は読まないでくださいませ。

オリジナルのミュージカル版「 NINE」は未見。でも、そのベース作品ともいえるフェリーニの「8 1/2」は、映画好きな青年は必ず墜ちる青春の通過儀礼だと思う(笑)
(ただし、映画に過剰な思い入れがなければ、だから?って反応にもなりやすい)

で、映画「NINE」

いや、堪能した。
ぶっちゃけていえば、映画としては普通、というか、感動しなかった。同じロス・マーシャル監督の「シカゴ」のようなシャープさを期待するとちょっと肩すかしかも。
キャラクターも、葛藤も、意外なほど通俗的で、「あの世界」感がない。いや、通俗的でもいいんだけど、それでもなお、の研ぎ澄ましたものがあるでしょ、選ばれしものたちという意味においてのセレブリティたちには。

でも、見ててすごく楽しい。
ゴージャスで官能的で、というのはキャッチコピー的だけど
キャストが本当に楽しそう。
このメイキング(公式サイト)みるとよくわかる

ファーギーのナンバー(公式サイト)なんて圧巻。いやー凄いわ
このシーケンスだけで映画代の価値はあったかなあ、とか思っちゃった。

映画作りを描く映画には、それだけで弱くて、いつもずるいと思う。
この映画でも、ハイライトでチネチッタのゲートをくぐるカットから、もう泣きそうになった(笑)
あのカットから、ラストまで、もう予想のつく展開。 お約束の予定調和。
でも、あの撮影スタジオの空気を吸ったことのあるひとにはわかる。
あの暗闇は、そういう魔法の空間なんだってこと。
泣けます。はい。
あー、デートしたいなあ、と思わせる映画(笑)

ちなみに、ソフィアローレンが出てきますが、彼女が日本で撮ったヒットCF「ラッタッタ」はワタシがいた会社で制作してました。

--Ads--
サントラも買っていいと思う。amazonで国内盤を買うと2,500円だけど、インポート盤は1,500円。これ、同じものだよね。ただし、国内盤は即納でインポート盤は約2週間。
円盤にこだわらないならiTunes Storeで1,500円。ワタシは今回、データで購入。

Kate Hudson - Nine (Original Motion Picture Soundtrack)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

AUGMkantodinner

第一回 AUGM参加者・関係者の関東交流食事会 #AUGMkantodinner
に行ってきた。
Mac業界ではメジャーどころが勢揃い。ただ、この面々、仲はいいのだけど、普段は集まることがない。ので、前回会ったのは大分で、次に会うのは長崎だね、みたいな会話になってしまう。

Butagumi_01

で、思い立ったら躊躇しない(褒めてます)@onebeat さんが声かけて実現。AUGMkantodinner
iPad発売3時間前にもかかわらず、東京のMac関係者はもちろん、名古屋からじゃんけんマスター、大阪から、広島から、大分から、駆けつける面々。
企画の絶妙さと@onebeat さんの人徳なんだなあ、と思う。
会場はお約束、六本木豚組貸し切り。

Butagumi_02

@hitoshiさんの好意で、食べ放題、飲み放題で3,000円。いくら立錐の余地のないくらいの立食パーティとはいえ、破格であることは間違いない。
ありがとうございました。
ちなみに豚組。昼間の個室の貸し出しを実験的に(?)スタート。
予約制で1時間500円でフリードリンク、無線LAN、電源完備のテーブル個室。ミッドタウン徒歩3分(くらいですよね?)ひじょうに魅力的。

Butagumi_03

このふたりも九州人。AUGMはなぜか九州が一大勢力。脈々と続く関西を別としたら、九州ばかり。
ただ、今年は触発されてか、札幌、広島、福岡も動き出してるらしいですね。

Butagumi_04

恒例じゃんけん大会初参加のK氏。
すみません、直前にムービー撮影して多ので、フォーカスがマニュアルになってて。。。_| ̄|○

Butagumi_05

じゃんけん大会で今回のハイライト、モリサワのフォントパスポートを勝ち取った@nobiさん。
さすがです。今回の5分プレゼンにはやられました。
長崎でもよろしくお願いいたします。>各位

AUGMkantodinnerの様子は各種ustのほか、HFOですでに写真レポートが公開されています。ほか、写真レポートあったらお教えください。ここにリンクさせていただきたく思います。

---ads---

参加者の9割はMacユーザーだったと思う(amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2010年4月 3日 (土)

AUGM大分2010 公式フォトレポート

Apple User Group Meeting in OITA 2010の公式サイトで、フォトレポートが公開されている
去年、AUGM大分2009にMACお宝鑑定団のDANBOさんに連れて行ってもらったのが思えばAUGMデビューだった。
1年後の今年のAUGM大分では、ゲストスピーカーとして一眼レフムービーとMacについてしゃべらせていただいた。少しは成長したようだ(笑)

Img_8931

けっして、ふぐに釣られて大分に行ったわけではない・・ないんだってば。

事前に掲載していた予告編ムービーは、当日、フルバージョンを公開。
せっかくなので、ここでもフルバージョンを公開します。

フルバージョンのラストを見ればわかるように、今回のワタシの講演は、フォーカルポイントコンピュータ株式会社が冠スポンサードしてくださった。
(ちなみにAUGM宮崎でのワタシの講演は、MACお宝鑑定団PRESENTS。)
感謝と敬意を込めて、ロゴマーク挿れた。
それ以外、なにも求めない太っ腹なスポンサーに感謝。

フォーカル社長の恩田さんも、サイカも、そりゃ腹は太いだろ、って突っ込みは不要、
ほっといてください(笑)

そして来週に迫った、AUGM長崎でも講演させていただきます
今回もフォーカルポイントコンピュータ株式会社PRESENTS。
ちゃんと新しいネタも用意しつつ・・・。
長崎(佐世保)でお会いできる方、よろしくお願いいたします。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年4月 2日 (金)

FireWire800

iMacにはじめてFireWireが搭載され、JobsがDVカメラを繋いでデモして見せたのは10年以上前のMacEXPO。
次世代の標準規格を期待され、事実テープ時代のデジタルビデオカメラでは業界標準としてエコシステムを築くまでになったが、PCのインターフェイスとしては普及に至らず、未来があるかって言われたら「ナイ」ってのが正直なトコロ。

Firewire_01

規格上の速度は別にして、実行速度ではFireWire400でさえ、USB2.0より高速なデータ転送を「安定して」出すのは使ってみたらよくわかるが、業界標準がUSBなのは動かせない事実そのものだ。

Firewire_02

FireWire800に至っては、もうMac用周辺機器しか存在しない世界だが、それでも気がついたらFireWire800機器がずいぶん増えていた。
ワタシのMacProはFW800はフロントとリアにひとつづつ。フロントを差しっぱなしにはしたくないのでリアで繋ぐといくらディージーチェーンがFireWireの特徴とはいえイヤンな数珠つなぎになる。
ので最初はFireWire800のリピーターHUBを買おうと思った。
のだけど、調べてみたらFireWire800対応のリピーターHUBって結構な値段する。
iMacならともかく、PCI ExpressスロットをもつMacProユーザーとしてはここはFW CARDで増設するとこだろう、と。

Firewire_03

ちなみにeSATAという手もあるのは承知だが・・・

--ads--

《在庫あり》林檎派 Super Hub FireWire800/8ポート Repeater Hub Mac用 [RGH-SH-FW8]

Allegro FireWire 800 PCIe Card (3 ports) <Sonnet Technologies>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月 1日 (木)

ハッピーな嘘がつけない時代に

エイプリルフール。また趣向を凝らした嘘がWEBを彩るかな。今年はiPad絡みとか多そうだな。
楽しみにしつつ、一方で以前ほどワクワクしないのは何故だろう。

なんとなくわかる。10年前に「アップルコンピュータはアップルに社名変更。音楽産業に」って言ったら笑ってもらえたろうし、当時出て1年足らずのFinal Cut Proで劇場映画の編集ができるっていったら、これも笑ってもらえたかもしれない。
JALがなくなって、とか、株式会社が大学を経営して、とか、いけてないジョークだった未来がここにある。

Iici

ワタシが最初のMacを買ったのは1990年。Macintosh IIcx(写真はアップグレードしたIIci)
そう、もう20年もアップルとつきあってる(笑)
まさか、それが仕事の一部になるとは思わなかったが。

20年前のワタシが、今のワタシを想像できなかったように、20年後の自分はどうしているのか、わからない。
こんなこといえる年寄りになっていたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »