« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

このレポートは自動的にアップルに送信されます

iPhoneやiPadでFlashが動かないのは、「まだ動かない」ではなく、「これからも動かない」である可能性が強くなってきた今日この頃。
個人的にはFlashは好きなんだけど、企業のトップページがFlashでインターフェイス組んでたりすると萎えるのも事実。

で、今日、現れた問題レポートダイアログ。

Problemreporter001

時期が時期だけに、イヤミなヤツだな〜、アップル(笑)と思っちゃった。

しかも
このレポートは自動的にアップルに送信されます。
と来たもんだ

実際の人間関係なら、ぜったい嫌われるよ、君(笑)

--ads--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

iPadへの液晶保護フィルムの張り方

iPhoneは保護フィルムレスで液晶面は裸運用。
でも、iPadはとりあえず保護フィルムを貼ろうと思った。前回前々回書いたように、TUNESHELL for iPad、TUNEFOLIO for iPadともにケースのほか、液晶保護フィルムと小さなクリーニングクロス、コテ(フィルム貼り作業用)が付属する。両者は同じモノ。

Ipad_01

で、アンチグレアタイプのみでグレア(グロッシー)はなし。アンチグレアは写真表示に関してはどうしても薄皮一枚かぶったように見え、鮮やかさに欠けるんだけど、(しかもiPadって写真表示が感動的)それでもアンチグレアを貼ろうと思ったのは、iPad関連のテレビニュースで映ったiPadが軒並み照明の映り込みでぎらぎらだったから。
アンチグレアは少なくとも映り込みに強い。

Ipad_02

とはいえ、EOS 5D Mark IIの背面液晶でさえ、気泡を入れてしまった前科を持つワタシが、あんな大画面に綺麗に保護フィルムを貼れる訳もなく、とある達人のもとへ未開封のiPadとTUNESHELLを持ち込んだ。

Ipad_03

位置決めは慎重

Ipad_04

でも、貼り込みは一瞬に近い素早さ。

続きを読む "iPadへの液晶保護フィルムの張り方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月30日 (日)

iPad革ケース TUNEFOLIO for iPad レビュー

iPadのケース第一世代は、ひとつまえのエントリーに書いたように、クリアケースとしてTUNESHELL for iPad、革ケースとしてTUNEFOLIO for iPadを選択、購入した。
今回はTUNEFOLIO for iPadをレポートする。TUNESHELL for iPadレビューはこちら

Tunefolio_01

TUNEFOLIO for iPadは、PUレザー(人工皮革)製のケース。バンド付きでロディアのセットされたオーガナイザーのように見えるのもいい。昔、filofaxを持って歩いていた時代を思い起こさせるデザイン。

Tunefolio_02

ちなみにオレンジを購入。
iPad本体とのコントラストが際立つな、と思ったのだが、まさかまた某氏とお揃いになったとは(^_^;(ちなみにもオレンジ買ったらしい)

Tunefolio_03

同色のハンドストラップが付属。
これはプロトタイプには無かった改良点。

Tunefolio_04

開いた状態。
フラップ側の革折り返しはポケット風なので、チケットやメモを挟んでおける。その意味でもシステム手帳的に使えるのがいい。
(ただし、ポケットとしては緩いので、大事なメモは挟まない方がいいと思う)

Tunefolio_05

ホームボタン用の切り欠き。
これが上下に用意されているため、iPadをどちらを上にしても挿れることが出来る、すなわち

続きを読む "iPad革ケース TUNEFOLIO for iPad レビュー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月29日 (土)

iPadのシェルケースはTUNESHELLにした

iPodにせよiPhoneにせよ、そしてiPadにせよ、裸のままで使うのか、ケースに入れるのかは、ユーザーによって様々な意見のあるところ。ちなみにiPod、iPhoneについていえば、ワタシの友人知人のおよそ2割ほどが裸で使う派。逆に言えば(ワタシの周囲の場合)8割近くが、なんらかのケースに入れている。

Tuneshell_1

アップル社の製品に共通する美しい仕上げのボディを傷つけたくないのはほとんどのユーザーに共通する心理だと思うが、そのために美しいボディを覆ってしまっては本末転倒じゃん、ってのが難しいところ。

Tuneshell_2

iPadではどうしようか悩んだが、慣れないうちこそ落としたりぶつけたりしそうと思い、とりあえず(というと失礼ですね、ちゃんといろいろ検討した結果)クリアケースとしてTUNESHELL for iPad、革ケースとしてTUNEFOLIO for iPadを選択、購入した。

まずはTUNESHELL for iPadを紹介。

Tuneshell_3

TUNESHELL for iPadは背面のみをカバーするポリカーボネイトケース。同様の製品は各社から出ているが、TUNESHELL はモールドラインがない一体成形が気持ちいい。シェルカバーはできるだけ存在感を消して欲しいと思うワタシには、そこがポイントだった。

Tuneshell_4

製品カラーは6種類あるが、スモークを選択。おいおい、存在感ないほうが好きならクリアだろうって突っ込みが入ると思うが、そこは天の邪鬼な性格ゆえ許して欲しい(笑)ちょっとダークなiPadにしたかったんです。

Tuneshell_5

透明度の高いシェルなので技適マークを含む刻印もきっちり見せる。

Tuneshell_6

もちろん、リンゴマークも。
ダークな色味になったiPad。TUNESHELL for iPadに満足感、高し。
ただ、シェルの厚みは同社の技術ならばもう一声薄くできるのではないかと思う。もちろん、iPhone用の小型サイズとことなり、強度の問題とか、あるのだとは思うが。

Tuneshell_7

TUNESHELL for iPadにはケースのほか、液晶保護フィルムと小さなクリーニングクロス、コテ(フィルム貼り作業用)が付属するが、液晶保護フィルム貼りに伴う話は次のエントリーで。

Focal Store (Not affiliate) 定価だが直販だけに出荷がいちばん早いのがポイント。

--ads--

【全6色】First Caseにも最適!TUNESHELL for iPadは、iPadのデザインをそのまま楽しむことがで...   楽天

TUNEWEAR iPad用ハードケース TUNESHELL for iPad スモーク / amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月28日 (金)

発売日の風景:銀座 2010.05.28

iPad日本発売日。2010.05.28。
外苑前に仕事の用事があって、その帰りにアップルストア銀座に。
午後になっても列は長く伸び。

Applestore_1

強い日差しの中、ストアスタッフが水の差し入れをしていた。
予約客でも長時間並ばないといけないという妙な仕組みや、朝のテレビが軒並み報じるiPad発売ニュースを彩る1200人もの行列を演出する見事さに、やや問題を感じなくもないが、現場は期待感と楽しさに満ちていた。
この楽しさがアップルであることもまたたしか。

Applestore_2

午後なのに、大がかりな撮影クルーが記録撮影中だった。

Applestore_3

しかもRED。
これはどう使われるのだろう・・。

Applestore_4

そしてAppleWalkerさんが、現場からiPhoneからツイキャスでライブ配信中 だった。
お疲れ様です。

Applestore_5

正式な日本のiPadの歴史は、今日から始まる。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年5月26日 (水)

iPadはリビング端末か?

米国に遅れること1ヶ月。ようやくiPadが日本で発売になる。発売直前の課題は、クマデジタルさんとこでイメージトレーニング済(笑)
外部バッテリーの問題について言えば、iPhoneと異なりiPadをどこまで持ち歩くのか、正直イメージできていないので実際に使いながら考えていくしかないと思ってる。

Photo

個人的に、iPadで重要なポイントは、「iPadには「ログインユーザー」という概念が(少なくとも今のところ)ない」ということ。
クマデジタルさんも書かれているように(というか、銀座のレトロな茶店で話したのだが)、例えばリビングで家族でシェアするとしたら、メールも、Safariのブックマークも共有する、ということだ。
メールアカウントやブックマークを設定しないという選択肢や、共有専用のダミーアカウントを作るという運用もあろう。だが、それは同期するだけでパーソナルな環境を持ち運べるiPhone、iPadの特性を半分スポイルするようなものだ。

プレゼンテーションの名手でもあるジョブスは、iPadの発表において、ステージに置かれたソファに足を組んでゆったりもたれて座り、書斎やワークテーブルで前のめりになって使うMacを含むパソコンとiPadの本質的な違いを、シンボリックに演出して見せた。
発表会の写真: ASCII.jpへのリンク
リビングを想起させるビジュアルとリラックスした雰囲気から、我々(いや、ワタシ)は、リビングでファミリーが使う新しい存在、をイメージした。
しかし、それは違うのかも知れない。ジョブスは最初からiPadをシェアする端末だとは思っておらず、もっとパーソナルなデバイスと位置づけている可能性があると思う。

もちろん、次期iPad OSでマルチユーザーがサポートされる可能性もある。
だが、そうではなく、iPadは個人に紐付けされたパーソナルデバイスではないのか。

何が出来る、出来ない、という製品の仕様は、ハードウエアの都合だったり、バグの言い訳だったり(♪バグは夜更け過ぎに、仕様へと変わるだろ〜、という名曲もあることだし)もするが、まれに、仕様が理念、を表す場合がある。
機能を付け足すのではなく、そぎ落とすことにかけて、もっともシャープな感性を見せるジョブスは、iPadの単一ユーザーを現状、ではなく、理念としている可能性は少なくないと思う。

でもなあ、リビングで思い思いにくつろぐ家族が、それぞれiPad持ってたら、家族ゲームみたいじゃん(ふるい?)と思ってしまう。
ユーザー切換をもつか(ファストユーザースイッチなんてiPadらしい見栄えでイイと思うんだけどな)、もしくは固有のアプリに起動パスワードが設定できたら問題解決なのだけどあ。

--ads--

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月24日 (月)

EOS 5D Mark II ホットシューカバー

以前からブログに写真を出したり、Mac系EOS 5D ユーザーの前に持ち出してるけど、気がつかれない小さなアクセサリー。(下の写真にも付いている)

Rfraniec_001

それが、ホットシューのカバーである。

Rfraniec_002

R. フラニエック EOS7D,40/50D、5D/5DII、1D/DsMkIII用ホットシューカバー(オリエンタルホビー)

Rfraniec_003

ホットシューにカバーなんて要らないでしょ、と思っていたけど、たしかにこの金属のエッジで布地や服地を引っかけたことも多いし、この金属部分が意外と歪みやすいとも聴く。
でも少なくともキヤノンに純正のホットシューカバーは存在しない。(大昔はあったとも噂を聞くが)

Rfraniec_004_2

続きを読む "EOS 5D Mark II ホットシューカバー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月23日 (日)

やっぱりアップルストア de ナイト

アップルストア de Teacher’s Night に来て頂いた皆さま、ありがとうございました。
休日の歩行者天国で賑わう銀座のAppleStore。

Applestore_01

やたらネタと嗜好のかぶるクマデジタルさん、著名なMac系ライターの新しもの好きのダウンロードさん、ダイビングが本業じゃないかと思うわだつみさん、このとき以来、親しくさせて頂いているyamaqさん、同僚のM先生、著作権法で著名なGR写真家(おいおい)塩澤先生、そのほか、twitterでイベントを知って来てくださった方々やゼミの学生、某氏の彼女・・・。

空席の目立つ(T_T)客席で、サクラ 友情参加の方々の好意に心から感謝。もしかしたらご挨拶せずに終わってしまった方もいるかもしれません。ありがとうございました。

Applestore_02

写真:shiologyこと塩澤一洋先生

Keynoteの背景動画は、作例として紹介させて頂いた凸版印刷チーフフォトグラファーの南雲暁彦さんの撮られたもの。

Applestore_03

写真:shiologyこと塩澤一洋先生

お腹の出っ張りが目立たないカットをチョイスしてるのは内緒。

Applestore_04

写真:クマデジタルことクマデジさん(ん?)

クマデジさんとyamaqさんは、ブログでも話題にしてくださった。感謝。

話して伝えること yamaq blog

Apple Store, Ginza "Teacher's Night" クマデジタル

Applestore_05

写真:クマデジタルことクマデジさん(ん?)

iPadでなにやってるんだ? > 著名ライター(笑)

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

インテリアホン JD-4C1/7C1 子機比較

ブログネタ: 【第2弾】シャープのインテリアホン 使ってみた感想を教えて参加数拍手

ココログからレビュー用として頂いたシャープのインテリアホン JD-4C1。(初回インプレッションはこちら
2回目のレビュー(2回の感想をブログに書くのがプレゼント条件)のお題は、「使ってみた感想」なのだが、他事にかまけて実はまだ、そこまで使い込んでいない。

Jd4c1_7c1_10

ので、使った感想は後日、改めて書くとして、今回はもともと使っていた同じインテリアホンのJD-7C1との「子機比較」を書いてみる。
同じインテリアホンシリーズだが、この2機種は子機が異なる。デザインもさることながら、サイズもかなり違う。

Jd4c1_7c1_11

左手前がJD-4C1の子機(というか本体にコード受話器がないので親受話器という言い方もできる?)、右奥がJD-7C1の子機。
ちなみにJD-4C1子機と同デザインの増設子機は販売されていないので、JD-4C1で子機増設する場合はJD-7C1に近いデザインのものとなる。

Jd4c1_7c1_12

Jd4c1_7c1_13

コードレス受話器としてオーソドックスなデザインのJD-7C1子機は、ボタンが自照式。液晶もブルーに光る。漢字表示可能。

続きを読む "インテリアホン JD-4C1/7C1 子機比較"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月22日 (土)

TROIKA with SILKY BLACK

SILKY BLACK って、サントリーBOSSの中の1種類だと思うんだけど、WEBとか別なんだなあ。
それはさておき、もうしばらく前になるけど、コンビニでSILKY BLACKにオマケが付いていた。

Troika_01

コンビニ飲料にオマケが付くのはよくある話で、自分の場合、興味がないと逆効果(捨てると分かってるオマケを避けて、別のモノ買っちゃうので)だと思うのだが、今回は負けた(笑)

SILKY BLACK 大人のインテリアコレクション
TROIKA DESK VEHICLES

Troika_02

デスクトップ小物、のトロイカ、のミニチュアのイミテーション(?)がオマケ
これは、スーパーコニー

このモデル選定にやられた(笑)
スーパーコニー、って、空の貴婦人と呼ばれたロッキードL1049 スーパーコンステレーションの愛称。

Troika_03

実物はもちょっとスマートだけど、スーパーコニーのミニチュアなんて、ぐっとくるじゃん。

Troika_04

続きを読む "TROIKA with SILKY BLACK"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月21日 (金)

アップルストア de Teacher’s Night

すみません。半分宣伝です。
明日、AppleStore 銀座のシアターで、イベントに出させていただきます。

Teacher’s Night 15:30-16:30

Applestore_ginza_11

実は、日本のすべてのアップルストアでセミナーさせていただいたのは、秘かな自慢だったりするのですが(ああ、カミングアウトしちゃったな(笑))、専用のシアターを持つAppleStore GINZAは自分の中では別格。

Applestore_ginza_12

先日、打ち合わせに行った時に、イベントカレンダーも貰ってきてしまいました(笑)

Applestore_ginza_13

未来の社会人である学生のみなさんへ向けて、各界で活躍中の現役の講師の方たちが特別講義を開催します。第2回は2人の講師にご登壇いただきます。1限目は映像について駿河台大学メディア情報学部の斎賀和彦先生が、2限目はデザインについて慶應義塾大学SFCの坂井直樹先生が講義を行います。普段は聞けない貴重なレクチャーを、ぜひお聞き逃しなく。

アップルストアイベントカレンダーより

閑散としてたらどうしよう、とか、ジョーク(オヤジギャグとか言わない)が滑ったらどうしようとか、心配はつきないのですが(笑)
お暇な方は、ぜひお立ち寄りくださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月20日 (木)

ビデオSALON de EOS MOVIE Plugin-E1 For Final Cut Pro

なにやら噂が駆け巡るFinal Cut Pro周辺だが、正直、いま、新バージョンが出てくるとは考えにくい。FCPをはじめとするFinal Cut Studioスイートは、アップルの中ですでにメインストリームとは言い難く、その未来も不透明度50%くらいだ。

その一方で、キヤノンのEOS MOVIEの編集ソリューションとして、唯一キヤノンが純正プラグインを提供しているように、プロの現場では確たる存在感を持っている。

Img_9113

というわけで、今日発売のビデオSALON 6月号で、EOS MOVIE Plugin-E1 For Final Cut Proの新ワークフローについて、書かせていただいています。

CFカードのアーカイブの考え方を含め、EOS MOVIE Plugin-E1 を前提としたワークフローの整理になっているつもりですので、関心のある方は是非お読みください。

Img_9114

スクリーンショットになっているフェラーリは、このときのもの

--Ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

iPadケース、革か革ざるべきか、それが問題だ。

いやいや、シェークスピアの話ではなく、iPadケースの話。
まだ国内では未発売の(にしちゃあ、いろんな人がもってるがw)Apple 今年の主役、iPad。
裸で使うのも男らしい(?)が、iPhone同様、ケース選びに悩むのも、また楽しい。

個人的にはプロトタイプの時にムービーを撮らせてもらったTUNEFOLIO for iPadにする予定で、フォーカルストアに予約を入れている(入ってますよね?>@focalstoreさま)

iPad case by フォーカルポイントコンピュータ from SAIKA on Vimeo.

プロトタイプ時代の貴重な?ムービー。
製品版ではD環とハンドストラップが追加されたほか、角度調整の自由度が大きく改良されたらしい。
オーダーカラーはオレンジを選択。なんでも一番人気らしく、あまのじゃくなワタシとしてはちょっと悔しい(笑)
本当は、ブラックのケースに、オレンジのバンドとオレンジのストラップ、ってのが欲しいんだけどな・・・カラーバリエーションのカスタマイズ受注・・・しないよね(^_^;

と思っていたら、同じフォーカルポイントコンピュータから、Full Leather Vellum case for iPadがリリースされた。

Vellum_case_for_ipad

こちらは本革のスリーブ。 写真は、同社サイトより

iPadとぴったりなサイズであることが重要なシェル系ケースと異なり、スリーブケースは今後多くの製品が出回ると思う。特に、鞄メーカーや革小物工房によるこだわり製品に期待しているが、このVellum case for iPad、写真を見る限りかなり良さそう。

フォーカル社長の恩田氏のブログでも、いつになく嬉しそうに製品を自慢、いや、紹介している。
しかも、ブログの中で図らずも(いや、確信犯?)Carbon ShellのiPad版が開発中で試作品もテスト中であることが書かれている。Carbon look Case for iPhone 3GS/3Gを使ってるワタシには無視できない情報だ(笑)

Carbon_look_case_05

写真はCarbon look Case for iPhone 3GS/3G

う〜ん、悩ましい。仮にCarbon look Case for iPadが出ても、それを装着した状態ではTUNEFOLIO for iPadには入らないのは確実。Vellum case for iPadには入る。
TUNEFOLIO for iPadはPUレザー(人工皮革)、Vellum case for iPadは本革。

どっちも買って、TPOで使い分けろって?
そりゃ正論だが、世の中には予算ってものがあるのだあるのだ(笑)

TUNEFOLIO for iPad (Focal Store) (Not affiliate)

Full Leather Vellum case for iPad (Focal Store) (Not affiliate)

--ads--affiliate--

【全3色】ラバーバンド付きの手帳感覚でiPadを持ち運べるPUレザー製のiPadケース☆NEW☆【予約...

【全6色】高級本革を惜しみなく使用したスリムなiPad用レザースリーブ。【予約受付中☆BLACK2色...  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月18日 (火)

ガンダム携帯の料金プラン

SoftBankから、そしてdocomoから、2010年夏モデルが発表された。
それぞれ20機種。選択肢が多いことはいいこと・・・のはずなんだが、なんかワクワクしないのは歳をとったせいか、普通の携帯に興味が無くなってしまったせいか・・・。

SoftBankから出たガンダム携帯同社プレスリリース)。

おお、とは思うものの、一方で、ふーんと醒めている自分が悲しい。
歳をとったんだなあ。
「お前ももう大人だろう。戦争も忘れろ、」と言われてるようだ。

でも、ガンダム携帯の料金プランは、
もちろんホワイトベースプランだよね?

Img_9104

ただの食玩も

Img_9109

MacOS Xのスクリーンセーバーのまえで撮ればそれなり。

ちなみに、実際のガンダム作中では、背景の月や小惑星と艦体が重ならないようにして、マルチ撮影台もしくは二重露出で艦やMSだけズームすることで動きを作るカットも多かった。
コスト、制作時間等の制限からくる苦肉の演出だが、イデオンあたりではさらに多用されたように記憶している。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月17日 (月)

Adobe Bridge CS5のレビューモード

クマデジタルさんは、Apple Aperture3をトライアルで終了。iPhoto +プレビュー(MacOS Xにバンドル) + Photoshop + Canon DPPをワークフローにされるようだ。
Apertureは(LIghtroomもだけど)帯に短し襷に長しの部分があるので、彼の選択も正しい。
ワタシはAperture派だけど、Apertureで作業するのは数十枚以上の場合で、それ以下の時はAdobe Bridge + Photoshopで行うことが多い。
で、せっかくなので、クマデジタルさんとこにもiPadと同時に納品されるPhotoshop CS5にバンドルされるBridge CS5での取捨選択をお見せしたい(笑)-1分動画-

Adobe Bridge CS5レビューモード from SAIKA on Vimeo.

Adobe Bridge CS5のレビューモードは、実用性もさることながら(おいおい)無駄に楽しい取捨選択モードである。
実際にはフィルムストリップモードでセレクションする方が効果的に思うが、レビューモードはその動きを含めて、ついつい無駄に使ってしまうモードなのだ(笑)

なお、ここで使っているAdobe Bridgeは、β版であるため、製品版とは微妙に仕様、挙動が違うことがある。あらかじめご了承いただきたい。

--ADS--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

驚きに満ちた日経Tech-onのNEX記事

某氏に教えていただいて読んだ日経Tech-onのNEX記事「驚きに乏しいソニーのミラーレス機「NEX」」。
ん〜、カメラだけにちょっとピントがずれてないか?と書き始めたら、最近、ランデブー飛行の多いクマデジタルさん(そこ!ラブラブ飛行とか言わない)が、シャープに批評していた。(いや、ここはシャープの話じゃなくソニーの話だが)
ので、クマデジタルさんにまかせて、ワタシはガンダムネタでも・・と思ったのだが、そうもいかないらしいので、書いておこう。

Nex_11

ちなみにNHK「Bizスポ」は未見。日経Tech-onは登録の必要な一種の会員制記事なのでクマデジタルさんはリンクを張っていないが、mono-logueでは批評に必要な最低限の引用を行う。 リンクも張らないが、原文にあたられる方は、「日経Tech-on NEX」で検索すればすぐ見つかると思う。

最初に感じたのは、なんで皆、ソニーをそこまで特別視するかなあ、ってこと。
そりゃ、ワタシも初めて買ったシステムコンポ(死語?)はサウンドセンサーだったし、ブラウン管時代はテレビだろうがPCディスプレイだろうがトリニトロン管以外は選ばず、最後のテレビモニターはプロフィールプロだったから、ソニーという響きには独特の思い入れはある。

だけど、そんな驚きに満ち、ユーザー体験を刷新することで市場を拡大するという要素(青文字、日経Tech-onより引用)なソニー製品って、トリニトロンにせよ、ウオークマンにせよ、ベータカムにせよ、10年も20年も昔の話。
21世紀に登場したソニー製品で、そんなものは存在しない。パソコンも、ビデオカメラもBDレコーダーも、「優れた製品」があるだけだ。
なのに、相変わらず「サプライズ」を求めるのは、それが批判的文脈のなかであっても、20世紀のソニー感だなあ、とか感じてしまうのだ。閑話休題。

Nex_14

で、日経Tech-onの記事、
驚きに乏しい・・とタイトルされた記事で驚いたのは
ここでは,(中略)本質的な他社製品との違いについて報告する。(日経Tech-onより引用)
と始まった記事のどこにも、本質的な話がないこと。

驚きに乏しかったのは仕様がダダ漏れだったことも一因。。
って、ちゃんとした記事に「ダダ漏れ」と書く神経も疑うが、
ユーザー体験を刷新することで市場を拡大するという要素(日経Tech-onより引用)がないのを驚きとしている(ように読める)。
カメラの話・・・・だよね?これ。

Nex_12

交換レンズのロードマップが提示されなかったこと
EVFが用意されなかったこと
既存αレンズのAFが動作しないこと

うんうん、ワタシも不満だ。レンズのロードマップは知りたいし、EVFもあったほうがいい(でも、使わないと思う>理由はいつか別のエントリーで)。αレンズの資産はないけど、既存ユーザーはAFが効くと嬉しいよね。

で、それらのどこが本質的な違いの話なの?
せっかく 商品企画担当者との質疑応答などを通して(日経Tech-on)いるのだ。ただのカメラマニアやソニーマニアではない専門マスコミとして「本質的な」話をしてほしい。

NEXは短い(かどうかはワタシには分からないのだが)開発期間のなかで、守るべきところ、捨てるべきところ、をかなり確信犯的に行ったプロダクツに見える。
カタログ表記に35ミリ換算値の記載がないこと、EVFが(少なくとも当初)用意されないこと、革シボのついたグリップ・・的デザインを行わなかったこと・・それらが黙示するソニーの考えるこれからのカメラ像やユーザー像。

そこへ思いを巡らすことなく、EVFがない、驚きがない、って、カメラ好きが喫茶店でだべってるのとは違うんだからさ・・・。
(カメラ談義としちゃ好きデス。次のEレンズはぜひ、手ブレ補正付き50mmマクロあたりを。NEXに足りないのは最短撮影距離だ!)

Nex_13

日本のものつくりは。。。とか、大企業体質は。。とか、ガラパゴスが、とか、言うのはたやすい。
でも、それを言うとき、そのなかに自分が含まれることを忘れてはいけないと思う。
驚きに満ち、ユーザー体験を刷新するものを、といいつつ、iPadは日本に向かない。みたいなことを言ってはいないか?
うちの会社はさあ、って言うとき、自分がその責任の一端を背負ってる自覚があるか?

ああ、とりとめが無くなってきたので、この辺で
シャープには締まらなかったなあ、まあ、ソニーなので(しつこい?)

あ、
この一方で,かなり優れていたのは,・動画撮影中にオートフォーカス(AF)が確実に動作し続けること(日経Tech-onより引用)
は、ワタシは違う印象を持っている。ワタシも数十分触っただけだし、再検証できないのであえて言わないが、記者の思い込みと検証不足だと思うのだがどうだろう・・。

--ads--

NEX-5 レンズキット 最安値検索@楽天

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月16日 (日)

今日はTeacher’s Night 第1回

アップルストアのシアターイベントは無償でありながら刺激に満ちた質の高いものが多い。全国のアップルストアがそうだが、とりわけ専用の独立したシアターをもつ銀座ストアは別格。
その銀座ストアで新しく始まるシリーズが、Teacher’s Night
今日は、その第1回。

Img_2696

Teacher’s Night 第1回:1限目 平野友康先生
未来の社会人である学生のみなさんへ向けて、各界で活躍中の方たちが特別講義を開催します。記念すべき第1回目の1限目は、デジタルステージの平野友康氏が「ソーシャルメディアとUstreamについて」、2限目は、成蹊大学教授の塩澤一洋氏が「写真で鍛える発想法について」、3限目はデザイナーのNOSIGNER氏が「デザインで何が解決できるのか」をテーマに講義を行います。普段聞けない貴重なレクチャーを、ぜひお聞き逃しなく。

(アップルストア公式サイトより)

3時間とも、は無理だけど、聴きに行かなきゃ
というのも、その次の土曜、22日に行われるTeacher’s Night 第2回に出させていただくから(^_^;
講義自体は慣れているとは言っても、こういう公開セミナーはまた別。
正直、緊張しています。
ので、こっそり様子見に。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月15日 (土)

ハタ クレパス風ラムネ

ワタシは初めて見たけれど、知ってる人には有名?らしい

ハタ鉱泉株式会社のクレパス風ラムネ

Craypas_ramune_01

Craypas_ramune_02

Craypas_ramune_03

サクラクレパスをモチーフにしているらしい。
ちゃんと同社の認証つき。余談だけど、株式会社サクラクレパスなんだね。しかもクレパスは登録商標なので同社のみが唯一のクレパスメーカーだ。

Craypas_ramune_04

Craypas_ramune_05

Craypas_ramune_06

もちろん絵は描けません(^_^; の注釈が泣かせる(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

NEX Eレンズの35mm換算

発表と同時、というタイミングの良さもあるのだろうが、NEX関連のエントリーへのアクセス数が凄い。ソニーというメーカーへの注目度というより、NEX自体に対する期待度が大きいのだろう。

発表会でカタログを貰ってきたのだが、見ていて意外なことに気がついた。
同時発表のEレンズ3本(うち同時発売は2本)の焦点距離表示に、35mm換算の数字が併記されていないのだ。

Img_9014

11923-282-168081

Img_9072

パンケーキ16mmF2.8
新マウントの最初のラインナップにパンケーキレンズを用意するあたり、やる気満々でいいなあ、ソニーと思うのだが、お約束の35mm換算でXXmmという表記がない。カタログのどこにも、ない。
WEBでもカメラのページにはなく、レンズのページにようやく記載がある。

最初はユーザーに不親切だなあ、と思った。
αと同サイズのイメージャーなので、35mm換算はX1.5。計算すればいいだけだけど、初心者は困るでしょ・・と思いながら、いや、違うかも、と気がついた。
ソニーは確信犯的に35ミリ換算表記をしていないのだ、と。

NEXが今後どんな展開をしていくのかは分からないが、すくなくともファーストNEXであるNEX-3,NEX-5は既存の一眼ユーザーへのリプレイスを狙ったものではなく、いままでコンデジ等のユーザーだった層へ一眼の魅力を訴求していくもの。
そのときに、35ミリ換算の焦点距離って、かえってわかりにくい可能性が高い。
・・って判断じゃないかなあ、と思った次第。(いや、実際は分かりませんが)

--ads--

11923-282-168081

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月14日 (金)

5mのUSBケーブル

新学期なので、大学の研究室の機材配置を少々模様替え。
iMacとプリンターが少し離れたらUSBケーブルが空中をピンと張ってしまった(笑)
USBケーブルはけっこう余っているのだけど、みな1〜2mのものが多くて、届かない。

規格上、USB2.0ケーブルは5mまでOK(USB1.1 LowSpeedでは3m)のはずなんだけど、5mのUSBケーブルってあんまり見ないよねえ。

Img_0598

そういうときのamazon、文字通りケーブル1本で注文。
例によって大仰な段ボール梱包にちょっぴり胸が痛んだが・・。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

NEX-5 HD動画機能レビュー

メーカーごとに温度差はあるものの、いまやデジタル一眼レフでHD動画が撮れるのは当たり前。とはいえ、じゃあ、デジ一眼でムービー撮るのが当たり前になってるかと言えば、そんな機能使ったことない人や、最初に使ってみたものの、そのままほとんど使っていないひとが多いのも事実。
デジタル一眼レフメーカーのなかで、もっとも遅れて動画対応を果たしたソニーの新α、NEXは、そこに新しいムーブメントを起こせるかもしれない。

Img_9029

今回の内覧会、ムービーを結構撮ったのだが、動画ファイルの持ち帰りがNGだった・・・_| ̄|○。
という訳でテキスト中心のエントリーとなる。
写真はNEXと同時に発表されたEマウント対応のビデオカメラ。

11923-282-167996

レンズのf値によるとはいえ、画の被写界深度はイメージャーのサイズに大きく依存する。被写界深度の浅い画は、イメージャーが大きい方が絶対的に有利だ。
ビデオユーザーがEOS 5D Mark IIをはじめとする一眼動画に衝撃を受けたのもここが大きい。

Augm2010_218005

NEXのフォーサーズに対する絶対的なアドバンテージはここにある。
もちろん、んじゃあフルサイズが一番じゃん、っていえばそうなのだが(笑)フルサイズとの互換性をとる限り、レンズマウントやフランジバックの縛りから小型化には限界がある。
フォーサーズは小さなイメージャーを前提としたマウントだし、キヤノンはEF-Sでせめてフランジバックを小さくする苦肉の策(?)を見せた。NEXはフォーサーズ小型機なみのサイズでAPS-Cサイズのイメージャー。

Eマウントはフランジバックをαマウントの半分以下の18mmとすることでボディの小型化へのアドバンテージを得た。余談だけど、18(eighteen)だからEマウントってはどうかと思う(笑)じゃあ、むりやり17mm台にしたらseventeenのS(ソニー)マウントになったのに(笑)
もちろんソニーのお家芸ともいえる高密度実装アプローチは徹底的だし、位相差センサーを廃してもなお、これだけの高速AFを実現する技術力も健在。

Img_8992

その意味で、外装、制御、デザイン、そしてUIの精鋭チームが総力戦を行ったのは想像に難くない。(敬意を表してクリックで拡大

で、肝心のHD動画機能だが、
NEX-5が、AVCHD 1920x1080 60i 17Mbps
                MP4 1440X1080 30P 12Mbps
NEX-3が、MP4 1280x720 30P 9Mbps/6Mbps

あ〜、フルHDだけど60iか・・・Pじゃないんだ
まあ、AVCHDの規格だから当然なんだが、ちょっと残念。
MP4は逆にP。だけどHDV解像度(いまさら非正方ピクセルかあ)
NEX-3になると1280x720Pになっちゃうのも謎。

前述のように動画ファイルが持ち帰りできなかったので詳細な検証は出来ず、その場でのスピードチェックだが、

・動画撮影中に静止画撮影は出来ない。(レリーズできない)

・動画撮影中にAFは追随しない。シャッター半押しでAFを行うことはできる。
・その際は顔認識をしていたように思う(いまいち自信なし)

・手ブレ補正は効いているようだ

Img_9047

・最新のハンディカムと同様のアクティブ手ブレ補正はあるが、それが有効になるのは現状のレンズラインナップでは18-200mm使用時のみ。18-55mmにオプティカルステディショットの文字が見えるが、アクティブ手ブレ補正は非搭載とのこと。

・また、アクティブ手ブレ補正動作時においてもハンディカムのような画像きりだし(参照エントリー)は行っていないとのこと。
・それにしては動画ボタン押した後で、液晶のプレビューが微妙に大きくなる(画角が狭くなる)のが確認できる。動画撮影時には、イメージャーをフルに使わず、切り出しているのは確からしい。

・動画撮影時、全画素読み出しからの縮小ではなくイメージャーと画像処理エンジンの段階で、間引き書き出しが行われている。

Eマウントを使ったビデオカメラが出てくるなら、コンシューマー機(との話)でズームが手動のままというのはソニーらしくないように思う。

Img_9009

Eマウントは電子接点が10コと、αマウント(現在は8つ)に較べ接点が増加している。
パワーズーム搭載レンズの可能性はあるのかと訊いたら、イエスノー含め、非開示情報だという。

Eマウントのカムコーダーについては後日、検証したい。

--ADS--

NEX-5 レンズキット 最安値検索@楽天

11923-282-167996

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月13日 (木)

NEX-5 インプレッション 外観篇

SONY NEX-5 インプレッションその2は、ディティールの写真中心に。
近年の小型カメラはボディ自体の質感にこだわったものが多いが、NEXも同様に質感の高いボディ。前面はマグネシウム合金。

Nex5_01

11923-282-167867

Nex5_02

液晶は3inchのエクストラファイン液晶。
92万ドットと同クラスのミラーレス機を大きく凌駕する高精細。
(EOS 5D Mark IIとほぼ同じ解像度、もっともKissX4は100万ドットだが)
さらに表示品質はEOS 5D Mark IIとは比べものにならないくらい優れていた。恐ろしい話である(ただし視野角による色の変異はそれなりにある)

Nex5_03

んで、こういう撮影タイムがあったのだが
(撮影 NEX-5 E18-55mm F3.5-5.6 ISO 400 )

Nex5_04

撮ってる側はこんな感じ
顔出し禁止の方は画像処理させていただきました。

Nex5_05

背面操作部は、コントロールホイールとソフトボタンが2つだけのシンプルさ。

Nex5_06

ワイド液晶を活かして操作をアシストするGUI表示とか、わかりやすく実用的。
これが、一眼クオリティをすべての人に、というソニーのNEXコンセプトの一端でもある。

続きを読む "NEX-5 インプレッション 外観篇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月12日 (水)

ソニーらしいαがやっと登場 NEX-5

ミノルタ(正確にはコニカミノルタ)がカメラメーカーとしては市場から退場していくとき、αという資産を継承したのはSONYだった。いろいろ意見はあろうが、それでもSONYは立派にαを継承した。・・・・・が、厳しく言えばミノルタのαを継承しただけで、そこにソニーらしいなにかを提示できたわけでは無かったと思う。

Nex5_1

αシリーズがソニーに統合され(2006年初頭)て4年、ついにソニーらしいαが生まれた。それが新しいEマウントをもったミラーレス一眼(ファインダーもミラーもないので一眼レフというのは本来正しくないと思うが、それでも精神を汲んで、ミラーレス一眼とワタシは呼ぼうと思う)NEXシリーズ。
そのファーストモデルであるNEX-5,NEX-3の発表会&ハンズオンに行ってきた。

Nex5_2

11923-282-167773

Nex5_3

事業本部 統括部長の手代木英彦氏はじめ、開発の主要メンバーが語る。(クリックで拡大)その内容については後日に回し、今回はインプレのみ。

Nex5_4

ボディに較べてレンズの大きさが際立つNEXだが、マウントがボディよりはみ出しているのnに驚く大胆なデザインライン。

Nex5_5

本当にマウントが出っ張っている。
ただし、このデザイン処理はNEX-5.NEX-3の方はもうちょっとコンサバなデザインで、ワールドワイドに向け、受け入れられやすいデザインになっている。

Nex5_6

今回、お借りしたのがNEX-5のせいもあって、5のことだけ書くことにするが、両者は、ボディデザインやサイズに若干の違いはあるが、それ以外は非常に近いスペック。
ただし、フルHD動画撮影機能はNEX-5のみ(3は1440×1080)。

連射はこのサイズのクラスでは最速の7コマ/秒。
しかも、シャッター=レリーズを一瞬止めれば、連射自体は継続可能。

Nex5_7

                                 クリックで拡大

ただし、フォーカスおよび露出はファーストレリーズ時で固定される。

Nex5_8

個人的注目のHD動画機能についてはいろいろ訊いてきたことも含め、明日以降に改めて書く予定。

なお、NEXシステムを使ったHDビデオカメラの開発もアナウンスされている。これについては、昨日のエントリーをお読みいただければ幸い。

NEX ムービーでSONYの逆襲はじまるか?

--ads--

◎10,000円以上で送料無料!SDHCカード4GB+液晶保護フィルムセット!ソニー α NEX-5A 薄型広角...

 

11923-282-167773

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月11日 (火)

NEX ムービーでSONYの逆襲はじまるか?

ウワサのソニー新型一眼レフ、NEXがついに発表された。新マウントながらペンタプリズムもマウント内AFセンサーも廃することでフランジバックを大きく短縮、小型化しつつもほぼAPS-Cサイズの大型イメージャーをもつ意欲作。

で、これはこれで興味津々ではあるものの(続報予定)、同時に発表されたソニーのニュースリリースにびっくり。

“Exmor” APS HD CMOSセンサー搭載でレンズ交換式
AVCHD記録対応の高画質ハイビジョンビデオカメラを開発

8ido18000008y2za

                       写真はソニーのプレスリリースより

NEX-5』『NEX-3』に搭載しているキーテクノロジーを活用した、AVCHD記録対応の高画質ハイビジョンビデオカメラを2010年秋の商品化を目指して開発を進めています。

えええええ!
家庭用とは書いていないものの、イメージビデオを見る限り、XD Cam EXクラスよりはコンシューマー機の印象。
願望も込めて勝手にいえば、業務用HDVカムコーダークラス(A1JとかPD150とかね)。

これでほぼAPS-Cサイズのイメージャー。
今後充実するであろうEマウントのレンズ群を合わせて考えると出てくる画のポテンシャルは大きな期待が出来るし、もともとカムコーダーのノウハウは他社を1歩も2歩もリードしている。
フルサイズじゃなくAPS-Cじゃん、って意見もあろうが、もともと35ミリシネカメラのイメージャーサイズはAPS-C程度。
EOS 5D Mark IIのフルサイズは、それを超えた画を出すのがプロを魅了した訳だが、逆に言えばプロが馴染んでるのはこのサイズのイメージャー。

RED-ONEや、EOS 5D Mark IIキラーとして、一気にブレイクする可能性も有ると思う。
ソニーが、自社のXD Camやその他のフォーマットとのヒエラルヒーに躊躇しなければ。

あー、だから、キヤノンは自社の業務用ビデオに遠慮せずに、EOSマウントのカムコーダーに突き進もうよ、と何度も言ったのになあ。
ソニーに先にやられたらダメじゃん・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

Keynoteの配置ガイド

1ヶ月前にはすでに、iPad上のKeynoteでプレゼンをしてたツワモノが何人もいるのでいまさらワタシが急いでノウハウを構築しても手遅れ(?)なのだが、今後のことを考えるとすぐiPadでプレゼンや講義をすることはなくても、今から作るKeynoteファイルはiPadへの転用がしやすい互換性を意識しておく必要があろう。
動画のハンドリング等、Mac版とは異なる部分も少なくなさそう。

それはされおき、keynote。

Keynote_01

スライドに配置した画像などのオブジェクト、ドラッグすると配置ガイドが表示されて便利なのだが、この配置ガイドはオブジェクトを選択した状態でしか表示 されないみたいで

Keynote_02

このように、最初にドラッグアンドドロップで画像を追加するときには、配置ガイドが表示されない。

それは仕方ないんじゃない、って言うなかれ

Keynote_03

同じアップルのMotionでは、ドラッグアンドドロップ中にちゃんと配置ガイドも画像サイズのワイヤーフレームも表示されるのだ。
どっちが良いかは議論の余地すらない(笑)

次のKeynoteに期待。
もしくは、ワタシの理解が足りないだけで、こうすれば配置中にガイド線が表示できるよって方は是非、御指南いただければ幸いです。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月10日 (月)

大きいことはいいことだ は本当か

iPadの予約が始まった・・・のが、明け方近い午前4時だったらしい。
サーバーの負荷分散という意味でも、リアルショップへの対抗措置?という意味でも、なにげに(姑息に、とは言うまい)うまいな、と思う。

3Gモデルはソフトバンク回線をもうひとつもつ気になれないのでスルー。今後、SIMロックの問題を含め、複数の選択肢が出てから来年以降、考えることにする。
となるとWi-Fiモデルでどれにするか。
想像通りの価格帯。
最廉価モデルは5万円を切って、その上位は1万円刻み。

16GBで使いつつ、来年買い換えるという選択肢もあるが、現状のiPhoneが32GBで半分以上埋まってることを考えると、ここはえいやっと64GB。
大きいことはいいことだ って、高度経済成長期の無邪気なコピーを信じるつもりはないが、持ち運びポートフォリオ端末としては、大きくて困ることはない。はず。

CAMERA CONNECTION KITのみ追加。VGAアダプタ等はあとでいいだろ。
ケースはフォーカルさんのこれを頼みつつ、こっちの出荷を待つ、カタチかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 9日 (日)

ウイルキンソン タンサン ペットボトル版

ワタシもそうだけど、やっぱコーラじゃなくてジンジャーエールだよね、って人は多い(勝手に断言)。Macお宝鑑定団のDANBOさんもジンジャーエールオンリーだ。
んで、そういう人が店で頼むとき、ウイルキンソンが出てくると嬉しい。
(明るい赤ラベルのドライより、濃い赤ラベルのほうが好き。)

ジンジャーエールにせよ、炭酸水にせよ、ウイルキンソンのものは瓶しかないと思っていたら、ペットボトルのタンサンを発見。

Wilkinson_01

500miで100円。
中身はちゃんとウイルキンソンのタンサンだった(あたりまえか)

ウイルキンソンのサイトにも載っていないこの製品は、サークルKサンクス限定らしい。
興味ある方はサークルKサンクスへ。

Wilkinson_02

ちなみに、ウイルキンソンを輸入ブランドと思ってるひとも多いが、ウイルキンソンは創業から日本の、英国人創業者による日本企業(創業時の本社は香港らしいが)である。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年5月 8日 (土)

人造乙女博覧会 ヴァニラ画廊

用事とこのイベントの打ち合わせに、Apple Store GINZAに行った際、ヴァニラ画廊まで足を伸ばした。銀座の裏道にはまだ古い雑居ビルが意外にも多く残るが、このビルもそう。定礎を見ると昭和30年代のビルらしい。
乾いたような、湿気を含んだような、独特の空気の匂いのなか、「人造乙女博覧会 II 」という展覧会を見てきた。

Otome_01

一見さんを拒絶するように閉ざされた鉄の扉。ワタシが高校生だったらノブを回すのを躊躇うだろう。

注意とお願い
えっと、以下は、mono-logue初の(笑)アダルトコンテンツかもしれないので、そういう世界に嫌悪感もしくは拒否反応を抱く方は読まれない方がいいかもしれません。

人造乙女博覧会とは、いにしえの時代、ダッチワイフと呼ばれた空気人形たちの末裔、シリコンで作られたラブドールたちの展覧会である。

続きを読む "人造乙女博覧会 ヴァニラ画廊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最初の1枚はどれにする?

ん?iPadって、1枚、2枚でいいんだよね?(笑)って話ではなく。
予約開始を週明けに控えても、アップルからは対応キャリアどころか価格の発表すらないiPad。このまま、10日に価格発表、同時に予約受け付け開始だとすると、どのモデルを選ぶべきか検討時間がほとんどないことになるので(なんかこのロジックも間違ってる気がするが(笑))、いま、考えておこう。

Img_0696

先行して本体価格と料金プランを発表したSoftBank。
アップルのMac関係ディストリビューターが再編され、ダイワボウ情報システムとソフトバンクBBだけになったことも含め、SoftBankがiPadを扱うのは予想されたことだが、だからといってこのままずっとSoftBank1社の独占というのも実は考えにくい。

普通に考えればSoftBankの本体価格はそのままアップルストアやほかの量販店価格と同じだろう。でも、48,960円(Wi-Fi/16GB)といった座りの悪い数字はアップルのプライスラインとは違う感覚なので、ある程度のばらつきが出るのだろうか?アップルストアの販売するモデルはSIMロックされていないとの非公式情報もあり(SIMロックらしいというのが有力:追記)、10日まで情報が錯綜しそう。

Mvi_0680

無線LAN環境下にいれば、iPhoneとiPodTouchが同じかと言えば違うように、3Gの有無は実は大きいと思ってる。ただ、そのために年間4万円近い通信費がアドオンされると思うと、その分で毎年、新型のWi-Fiモデルに買い換える、という手もあると思うのだ。
iPhoneとiPadを両方もつのに抵抗はないが(笑)同じキャリアでそれぞれ通信費をかけるというのは抵抗あるなあ。

iPhone契約者には、同時使用の出来ないiPad用セカンドSIMを安価に(月額1,000~2,000円程度)で提供するというプランに期待したのになあ。
同時使用できない形にすればARPU増加の割には通信負荷はかからないと素人目には思うんだけどなあ。

とりあえず、Wi-Fi版のなかで悩もう。ん?誰ですか?迷ったら高価い方、とか言ってる人は

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Photoshop CS5 でスキャナ(TWAIN機器)を使う

Photoshop(Macintosh版)は、CS4からTWAINプラグインのサポートを終了したため、そのままではMac版Photoshopからスキャナにアクセスすることができない。スキャナバンドルソフトで読み込んで保存し、Photoshopで開けばいいだけとはいえ、そこはワンストップソリューションでやりたいじゃん。
その対応策を1年半前に書いたPhotoshop CS4 でスキャナ(TWAIN機器)を使うは、永く(いまでも)検索経由でアクセスされる長寿エントリーになっている。
そこでAdobe Photoshop CS5ではどうかを検証してみた。

F14a

検証に使用したPhotoshop CS5はベータ版です。製品版では仕様が変更される場合があります。検証環境はMacPro 2.66 Dual Xeon 実装メモリ12GB MacOS X 10.6.3。スキャナはキヤノンの古いLIDE 500F。対応するキャノンの最新ドライバソフトをダウンロードして適用済。なお、写真はイメージです。LIDE500FはCISスキャナなので立体物はスキャンできません(笑)

この状態ではCS4もそうだが、TWAINスキャナはうんともすんとも言わない。

Cs5_with_twain_01

アドビ(本国)の、Adobe Photoshop CS4 optional plug-ins and ReadMe file - Japanese ページから、CS4用のオプションプラグインをDLし、そこに含まれるいくつかのプラグインファイルのなかからTWAIN.plugin
Photoshop CS5 > Plug-ins > Import-Export
にコピーする。

Cs5_with_twain_02

だが、この状態でもPhotoshop CS5の読み込みメニューにはスキャナは表示されない。CS5が64bitで起動しているからだ。(CS4のときもRosettaモードで起動することを要求された)
そこでいったんPhotoshopを終了する(起動中にモード変更できないので注意)

続きを読む "Photoshop CS5 でスキャナ(TWAIN機器)を使う"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月 7日 (金)

2ケタEOSは続くのか?

デジタル一眼レフ買いたいのだけどお奨めは?と訊かれてちょっと考えた。順当にいけばKiss X4(あ、EOS前提の話です)。Kissは伝統的に上位機種を下克上する存在で(そういえば、MacもいまはiMacが下克上状態だな)、30PのフルHD。1280x720なら60Pと、DIGIC4のデュアル使用で7Dが実現した世界を1枚で実現してるし。Kissというネーミングじゃなければ2ケタEOSと食いあうこと必至だ。

と思って現行の2ケタEOSである50Dを見たら、ものすごく安くて驚いた。

Img_8906

(写真は自分の40D)
ヨドバシ等ではまだ差があるけど、amazon等では50DボディとKiss X4ボディは数千円差(もっともなぜかamazonはX4のレンズキットの方が安いときてるが、それでも1万円差)。
そして50Dはいま、キヤノンがキャッシュバックキャンペーン中だから実質的にほとんど同じような価格帯。
まあ実際、オートで撮れる写真だけでいったら、50DがX4を凌ぐ要素はないだろう。高感度特性はX4のほうが上だし、50Dでは動画は撮れないし。

ただ、それでもカメラとしてのフィーリングは圧倒的に50Dが上。
もっとも、機械としてのカメラの存在感は正直、ニコンの方が上手な気がするし、キヤノンでは7Dがあるんだけど、あれはちゃんと価格もそれなり。
背面のダイヤルで動的に露出補正したり、撮ることを楽しむなら、50Dって、いま、買い時かもしれない。

というより2ケタEOSは存続するのだろうか?
現行ラインナップだけでAPS-Cは3機種(Kiss、50D、7D)。そんな3セグメントも入る市場なのかなあと思う一方で、Kissと7Dでは乖離がありすぎるのも確かだし。
でも継続するとしたら一桁APS-CとKissの間でなにを特徴とするんだろうなあ。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年5月 6日 (木)

AppleStore銀座 de Teachers' Night

アップルストア銀座シアターにひさしぶりに立たせていただくことになりました。

Teacher’s Night 第2回  2010年5月22日(土)
未来の社会人である学生のみなさんへ向けて、各界で活躍中の現役の講師の方たちが特別講義を開催します。

というコンセプトのAppleStore特別講義。学生向けイベントですので、ProRes 422がどうとか、細かい部分には入っていきませんが、いつもどおり、「美しい映像」をポリシーにやらせていただきます。
学生向けとは言っても、学生証チェックはないらしい(笑)ので、お暇な方は是非。

Pb260073

思えばアップルストア心斎橋のオープン翌日、心斎橋ストアのシアターで登場したばかりのMotionイベント(Motion Days)にゲスト出演させていただいたのが、アップルストアデビュー。

その後、「やっぱ Motion de Night」のタイトルで、アップルストア名古屋栄、仙台、福岡天神、札幌、渋谷、そして銀座と、国内全てのアップルストアでイベント出演させてもらったのもいい思い出。

今回はほんとの Teachersとして、出させていただきます。
もちろん、いまやワタシから一眼レフ動画は切り離せないテーマなので、そこも展開予定。
お暇な方(いやいや、暇のない方も)ぜひ。

インフォメーション

アップルストア銀座シアター イベントスケジュール(5/22を表示)

駿河台大学メディア情報学部 お知らせ


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 5日 (水)

いつまでつきあってくれるかなあ

こどもの日なので(?)隣県のアスレチックコースへ。iPhoneはきっちり圏内だったがfoursquareは何故か繋がらず・・。せっかくの1stチェックインの機会を逃す(笑)
子供の年齢の割にワタシは歳なので(同年代の友人の息子や娘は大学生だったり高校生だったりする)、正直、こういう身体を酷使するところは厳しいのだが、まあ、カラダがついていかなくなる前に、娘たちがついてこなくなるだろう(笑)

Gw_01

写真はフォクトレンダーの40mm F2
マニュアルフォーカスの下手なワタシには少々荷の重いレンズだが、使うと楽しい。もっとも、子供とレジャーの時に選択すべきレンズでは無かったかもしれない。ピン外しが多発・・。絞り込まないのもいけないんだけど、このレンズのぼけ味が好きなのだ。

Gw_02

もう20年くらい使っているDOMKEのF-2といっしょに。
最近はthinkTANKphotoのカメラバッグを持ち出すことがほとんどだが、ビジネスバッグ然としたアーバンディスガイズより、休日はこういうのがいい。

使い込んでくたびれたF-2が、持ち主とダブるでしょ(笑)十分元はとったバッグだけど、買い換えられないのはそこか。F-2自体は30年もモデルチェンジしていないので、いまでも同じものが買えるのだが。
でも、このネイビーのDOMKE。なぜか日本では正規に流通してないんだよね。。海外のショップだと新品もみるのだけど・・・。

ちなみにこのEOS 5D Mark II。小さな新アクセサリーを付けてみた。写真ではわかりにくいかも。近日、レビュー書こう。

-ADS-

   

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年5月 4日 (火)

iPhoneで手書き大辞林

大辞林(iPhone版)と言えば言わずとしれた日本を代表するiPhoneアプリ。
ビジネス的成功が盛んに取りざたされるけど、私見では大辞林のすごさは、
・美しさ(フォントや操作性を含むトータルな佇まい)という概念をiPhoneアプリで成功させたこと
・115円といった低価格なアプリのあふれるApp Storeにおいて、価値があれば高価格なアプリが成立することを証明したこと

だと思っている。

そんな大辞林がバージョンアップ。

Img_4001

手書き入力を搭載した。
検索ウインドウに新設された手書きボタンをタップすると

Img_4002

入力エリアが現れるので、そこに手書きで漢字(単漢字)を書くと、その直上に候補が表示され、その候補をタップすると単語熟語の候補が表示される。

Img_4005

この段階では単漢字からの検索候補なので、続けて別の文字を手書き入力し、確定すると複数文字からなるコトバの検索が出来る。

Img_4007

前回までのバージョンアップ同様、今回も無償バージョンアップ。
ユーザーとしては嬉しい限りだが、ってことは、物書堂はこのバージョンアップによって新たな売り上げは立たない訳で・・・。

もちろん、商品力を向上させ続けることで、息の長い製品とするという意味はあるだろうが、そういう計算ゆえではなく、既存の製品に手を入れ続けるのはソフトハウスとしての物書堂の姿勢なんだろうと思う。

Img_8980

AUGM大分での物書堂代表、廣瀬さん。
子供の年齢が比較的近いこと、写真好きなこと(彼はニコンユーザーだけど)、考え方、感じ方がかぶること、から、仲良くさせていただいている。
偶然、同郷(中部圏という意味で)だったし(笑)
にしても、Mac業界(っていうのか)、中部出身者や在住者、多いな〜。

-ads-

大辞林

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 3日 (月)

卓上ACタップのデザインと落下防止対策

魔窟と化している自宅書斎と異なり、大学の個人研究室はなんとか維持中。(それでもM先生やO先生にはかなわない)昔と違って机の上にはMacやHDD等の電源を要する機器がけっこうあるし、iPhoneやMacBookProといったテンポラリーな充電を行う必要もある。

Elecom_tks126_1

ので、卓上のACタップは必須。

Elecom_tks126_3

どうせなら無粋なACタップではなく、シンプルなデザインのものがないかと探して、いま使ってる卓上タップはエレコムのT-KS126シリーズ
6コ口のコンセント(4コのタイプもあり)

Elecom_tks126_2

キューブ状のシンプルなデザイン。
差し込み口の密集度が高く、2階建てなので、ACアダプタ等には向かないが、卓上にあっても気にならないデザインがすき。

Elecom_tks126_4

ただし、机やその他への固定機能はないので、重いケーブルや大きなアダプタを刺すと重さで机から転落する。
3回ほど落下させて、この調子だとMacBookのACアダプタ壊すぞ、と思って対策を検討。とはいえ、両面テープ等でテーブル固定は避けたい。

Elecom_tks126_5

思い出したのが以前買ったCableDrop(トリニティ)
ケーブル留めだが・・・

Elecom_tks126_6

続きを読む "卓上ACタップのデザインと落下防止対策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 2日 (日)

GWはG-RAID / FireWire外付けRAID

量販店に行くと外付けHDDが山積みになっているものの、その主流はUSB。FireWireはMac売り場でないとなかなか見ることができなくなった。
CPUに負荷をかけるUSBより独立した制御のFireWireの方が、実行速度ははるかに高く安定するのに・・とか正論を並べても、もはやHDDの接続規格でFireWireが主流になる時代は来ないだろう。Mac同様、FireWireもまた、マイノリティな優れもの、メインストリームではない。なのだ。

Graid_001

割高になりやすいFireWireHDDにあって、さらに業務用、っていえば代表格はG-TechのHDDシリーズ。
大学の演習室でも、中、上位の編集卓には設置済。安定性の感触や運用イメージを作りやすくするため(って建前で)自宅編集システムは、できるだけ同じものを使うようにしている。もっとも値の張るIo HDやKi Proは自宅には用意できないが(笑)

GWはG-RAIDのテスト中。(そのためにFireWireカードも増設したし
重量級の金属筐体にOxford 936。HGSTの7200rpmSATAを2発、RAID0に組んだ高価な、でも、業務用としては安価な、外付けRAID。

Graid_002

マウントするとちゃんと専用アイコンが表示されるのもちょっと嬉しい。
とか、twitterでつぶやいてたら、関係者から
FireWireでRAID5運用の出来る新型が6月に出ますよ
と教えられる。
え〜?
と思って調べたら、本国のプレスリリースに出てました G-­SPEED Q

うーむ、楽しみというかなんというか。
今年はNABニュースをあまり真面目にチェックしてなかったけど、魅力的な製品はいくつか発表されてるんだなあ。

ところで、複数台のFireWireデバイスを繋ぐとき

Graid_003

内蔵FWのみでディージーチェーンすると、バスの限界を食いあうので、FWカードを増設し、バスとコントローラーを分けるのがベター。
ここまでは正しいとして

Graid_004

同じFireWireカードに繋ぐ複数のデバイスは、ディージーチェーンで繋ぐのと、同じカード上の別ポートに直つなぎするのと、どちらがベターなのだろうか?
同じ?違う?
詳しい方、いらっしゃったらご教示くださると幸いです。

--ads--

【送料無料】アスク G-RAID GEN4 4000 4TB-7200prm  

アスク 1394B+A Combo CARD PCI-E FWB3414G FWB3414G

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

春、五月、青空 「ブンナよ木からおりてこい」

5月になった。去年の今頃を思うと時間のたつのは速いものだなあと思う。
ふと、「春 5月 青空〜」というフレーズが頭をよぎる。あ〜、う〜ん、なんだっけ、と、しばらく考えていたら思い出した。
水上勉原作の舞台『ブンナよ木からおりてこい』のラストの歌だ。(余談だが、水上勉はかなりのMacintoshユーザーだった)

重い作品の多い(って印象のある)水上勉のなかでは、児童文学にはいる作品の「ブンナ・・」だけど、カエルやその他が主人公とはいえそこは水上勉。児童向けながら水上節(読んでない方は、ここあたりが1分で分かるブンナ)全開。

劇団青年座が舞台化して以降、舞台向けの作品としてではかなり上演されたと思う。
「春 5月 青空」は、青年座が舞台化したときに書かれた主題歌(?)。高校の頃(あー、30年も昔の話・・・_| ̄|○)、青年座の舞台を見に行ったときに買ったEPレコードに入っていた。
余談だけど、そのとき、青年座に在籍して、そのブンナの舞台にも立っていたのが、島本須美さん。そう、ルパン3世 カリオストロの城のクラリス(その後、ナウシカもやりましたね)。そのせいもあって、ワタシの中では彼女は声優というより、舞台役者なんだよなあ。閑話休題。

Lupin3_03

で、この歌をもういちど聴きたいなあと思ったけど、当然、当時のレコードは行方不明。iTuneで検索してみたが、当然のようにない。YouTubeでもダメ。
amazonや楽天で検索しても、水上勉の文庫は出てくるものの、曲は出てこない・・・・が、様々な検索かけているうちに、引っかかったのが、昔、NHKでオンエアしていた(らしい)歌番組「ステージ101」のCD。このボーナストラックに 春、五月、青空 「ブンナよ木からおりてこい」より の文字を発見。

amazonで再検索して、数少ない在庫の1枚を確保。注文。←イマここ。
さてさて、記憶は思い出のままにしておいた方がいいのか、それとも新たな感動があるのか、春、5月、の心境。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 1日 (土)

ウルトラコーラでしゅわっち

近くのドラッグストアで売ってたといって、妻が買ってきてくれた(笑)

Ultracola_1

復刻堂 ウルトラコーラ

復刻堂 ウルトラ大怪獣レモネード

これ、それぞれ別のシリーズらしい(笑)(ほかに仮面ライダーあるらしい。)

Ultracola_2

大怪獣はレモネード

Ultracola_3

ウルトラはコーラ。じゅわっちじゃなく、炭酸だからしゅわっち、なんだよね?たぶん。

Ultracola_4

ラインナップにあるメトロン星人が欲しい(笑)

Ultracola_5

にせウルトラマンってのが、「大怪獣レモネード」のラインナップにあるってのもマニアックだ。(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »