« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

Xacti DMX-CA100 水中撮影

世界初の(ハウジングなしでの)水中撮影対応フルHDムービーカメラ SANYO Xacti DMX-CA100 のレビューを、発売中のMacPeople9月号にて書かせていただいています。

Xacti_dmxca100_1

一部に強い支持者のいるザクティだけど、サンヨーがパナソニックの完全子会社になることが決まり、サンヨーはブランドとしても残らないと聞くと、ちょっと寂しい。
デジカメ、って言葉自体、サンヨーの登録商標だったのだけどなあ。

水中カメラって、実はテストしにくい時代で、近所の区民プールも私営プールもほぼ完全にカメラ禁止。自分の子供も撮れない。
まあ、そういう時代なので致し方ないのだけど、

Xacti_dmxca100_2

相変わらず単独で立てないボディだけど、デザインはずいぶん垢抜けてきたなあ。

彼女と海に行くのなら、即、買いだと思います(^.^)

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年7月30日 (金)

iPhone 4でシズル表現はできるか

広告業界にいると、日常語になるほど氾濫する言葉の一つにシズル、がある。
まあ、いろんな技法、技術、隠し技、さまざまなものがあるが、基本的にイメージャーの小さなカメラには苦手な世界だと思う。
まして、絞り操作等のできないiPhone 4ではなおさら・・・かどうか、論より証拠でやってみた。

近接で手持ちは手振れがそのままCMOS歪みに繋がってしまうとか、色温度が低いときのホワイトバランスが変、とかあるけれど、いいじゃん、と思いません?

ビストロとか、大きなカメラを出すのがためらわれる場所で、ここまでいける。
この辺も、次号のビデオSALONで書いています。(8/20発売)

-ads--

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年7月29日 (木)

ビデオSALON iPhone 4小特集連動ページ

このエントリーは、8月20日に発売されるビデオSALON9月号のiPhone 4 小特集の連動ページです。(予定地)

Iphone_4_pirotan_1

ビデオSALONの発売にあわせて、記事執筆に使用した撮影素材やムービー等を掲載しています。

Iphone_4_pirotan_2

iPhone 4 ムービー撮影 
Final Cut Proに読み込み、静止画書き出し。リサイズ以外の補正はかけていません。

iPhone 4 でシズルは撮影可能かどうか

iPhone 4 人物撮影サンプル

iPhone 4 イメージ撮影サンプル

上記素材をiPhone 4のiMovie for iPhone で編集したモノ

 

 

--ads--

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年7月27日 (火)

新型Mac Proのキャッチコピーがオヤジギャグな件

長く待たされてようやく登場した新しいMac Pro(2010)に付けられた衝撃のコピー

Safari005

12コアのMac。パワーは十二分。
・・・・って、オヤジギャグですよね、絶対。

ダジャレは脳の反射速度のバロメーターだと思ってるワタシには、史上最速のMac(これもコピーから)に相応しい速度をアピールするキャッチコピーだと思います。

あ、とかtwitterにつぶやいたら、12分しか持たないのかって、突っ込まれた(笑)

ウルトラマン、セブン、帰ってきたウルトラマン、エース・・・これだけそろった分のパワーがあれば十分でしょう。ええ。

でも、まだ、オンラインストアでは旧型が表示されていて新型は予約できません。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

TUNEFOLIO for iPad ズレ落ち防止パーツの無償提供

以前書いたように、iPadのケースはTUNEFOLIO for iPad(オレンジ)を使っている。プロトタイプの頃にAUGMデモ用のムービーを撮らせて貰った縁もあって、iPad発売日に初回ロットを予約購入。

そのTUNEFOLIO発売元のフォーカルポイントコンピュータ(代官山から六本木に移転らしい)からニュースリリースが届いた。

フォーカルポイントコンピュータ株式会社:TUNEFOLIO for iPad用のズレ落ち防止パーツの無償提供を開始。

Tunefolio_1

たまに裸運用(といってもTUNESHELL for iPadはインナーウエア?のように着けているが)以外、日常着と化しているTUNEFOLIOだが、たしかに開口部からiPadがずれることがある。

Tunefolio_2

こんな感じ(やや大袈裟にずらしています)
まあ、気をつけるしかないよね、と思っていたら、改良。それ自体は驚かないが(プロトタイプから製品版への修正点の多さを見てるだけに、良い意味でしつこく改良する会社だ)、既存ユーザー全てに対策パーツを提供するというのにはちょっと驚いた。

個人的には不具合と言うよりは、欠点(弱点)のひとつと思っていたし、仕様だというのも簡単だろう。
でも、対策パーツの無償提供。
フォーカルポイントコンピュータは恩田社長はじめ、何人もの社員と親しくさせて頂いているので、あまり過剰に評価すると身びいきのようで逆につい第三者的に書いてしまうのだが、少なくとも、社のコンセンサスとして、目先の利益より顧客満足度を大事にしていることは間違いないと思う。

Tunefolio_3

そりゃ、顧客満足度の向上によるシンパが、明日の利益となる、といえばそれまでだけど、そんなあたりまえのことをちゃんと出来ている(そしてそれが社員のコンセンサスとして共有されている)のって、そう簡単なことではない。

という訳で、対策パーツ、オーダーしよう(笑)
対策パーツ オーダー専用ページ

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月25日 (日)

iPhone 4のタップフォーカス

iPhone 3GSまでは、タップフォーカスは静止画のみ適用だったが、iPhone 4では動画でも使える。・・・・と、書きつつ、iOS4にしたiPhone 3GSではどうだっけ?と不安。ワタシはiOS4にしたiPhone 3GSを使った経験がないので、どなたかお持ちの方、動画撮影時にタップフォーカスが効く、効かないを教えて頂けると嬉しいです。

そんな訳で先日書いたように、次号のビデオSALON(8/20発売)のiPhone 4小特集を書いてる最中。

Quicktimeplayer7001

やっぱり撮影のある仕事は楽しい。
iPhone 4の動画撮影時のタップフォーカス。撮影中でも効くのはいいんだけど、タップするとiPhone 4そのものが揺れちゃうので、ムービー素材としては撮影中のタップフォーカスは使えないに等しいのが残念。

--ads--

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年7月24日 (土)

Carbon Look for iPhone 4 ホワイト

iPhone 4 ホワイトモデルの発売再延期は、待っていたシロ希望ユーザーやほとんどのアップル社員、ストアスタッフにとっても青天の霹靂で、ホワイトモデルだけに頭の中が真っ白になった人も多いと思う。

もう、ココロくじけてクロに転向する方のために?Carbon Look for iPhone 4 ホワイトで、シロ調運用の写真を紹介。

Carbon_look_for_iphone_4_1

Carbon Look for iPhone 4 ブラックは、3GS時代からワタシのメインケースになっている。(いや、ほんとは、SwitchEasy CapsuleNeoの4用が出ないかな〜とか秘かに思ってるんだけど、今のところ、情報がない)

Carbon_look_for_iphone_4_2

Carbon Look for iPhone 4 ホワイトを装着すると、背面はもうiPhone 4がシロだろうとクロだろうとまったく同じになる(笑)

Carbon_look_for_iphone_4_3

側面のエッジとフロントが、クロかシロかの違いになるが、フロントベゼルがクロというのもいいもんですよ>誰となく。

問題は、いまからだとどこに予約入れるのが早いのかって話で、大学院で助手をやってくれているT君情報だと、ヨドバシアキバは3000人待ちらしいし、小さなショップはそもそも入荷自体ほとんどないとも聞く。
この辺は賭だよなあ。

Carbon_look_for_iphone_4_4

他のフォーカルさんiPhone 4ケースの写真エントリー

--ads--


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

iPhone 4で魅せる動画を撮りたい

今週発売されたビデオSALON8月号では、iPad小特集を書かせて頂いた。おかげさまで好意的な反応を多く頂き嬉しい限りですが、次号、ビデオSALON9月号では、iPhone 4小特集を書かせて頂いています。2号連続、アップルガジェットが特集される時代なんだなあ。

Img_9711

という訳でお盆進行のため、追い込み中。
もちろん、ビデオSALONなので動画の話「しか」しません。
HD動画が搭載されたのが大きな特徴のiPhone 4だけど、
iPhone なのに、こんなに綺麗。みたいなエクスキューズのついた動画ではなく、綺麗だね、え?iPhone なの?って、思わせる、エクスキューズの要らない作例を見せたいと努力中。
編集部のご協力感謝。
誌面では動かない写真になってしまうので、動く動画をmono-logueで掲載します。

iPhone 4 HD Movie from SAIKA on Vimeo.

iPhone 4で撮影。
iMovie for iPhone で編集したムービーはビデオSALONに作例で使いますが、これは元ファイルをMacに転送し、iMovie 09(Mac版)で編集したもの。

まあ、いつものSAIKAテイストで進歩無いなあって言われるかもしれませんが(^_^;
iPhone 4の作例と言うことで。。(さっきと言うこと違うじゃん。。)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月23日 (金)

エネループって太いのか

昨日書いた「Magic Mouse の裏蓋が外れやすい?」について、コメントやtwitterで多くの反応を頂いた(個別にお返事できず、ごめんなさい。とても感謝しています)。
オレは平気、や、うちのも外れやすい、等々、まあ、個体差だよね、薄い金属の一枚板だし、ちょっとしなりを付けたり、逆に歪んだりだよなあ・・・とか思っていたら、

もしかしてeneloopをお使いですか?
普通の乾電池を使うと、恐らく問題がなくなりますよ。

という驚きのコメント。え?エネループって普通の乾電池とサイズ違うの?

Img_9978

慌ててググって見たら・・・

被覆カバーが厚く、通常の乾電池と比べて若干横幅が太い(Wikipedia)

Q 乾電池とのサイズの違いは?(eneloopよくあるご質問)

なんと、知らなかった・・・無知を露呈ですね・・・。

手元のアルカリ電池、ニッカド電池、エネループを並べてみた。
アルカリ電池幅にラインを引いて、複製、エネループに被せると。。。

9979

ああ、ううむ。
Magic Mouseの裏蓋を、内側から押す形になっちゃうんですね、おそらく。
で、Magic Mouseのふたの固定方法は、シンプルなので外れやすいと・・

うーん、充電池以外でワイヤレスマウスを使うのはなんとなく気が引けるので、手持ちの古いニッカド電池で運用するかなあ。
皆さま、ありがとうございました。
mono-logueは、こういう皆さまの暖かい情報や突っ込みの上に成立しています。
今後ともよろしくお願いいたします。

注;ワタシの持ってるエネループは旧型ですので、新型では状況が違うかもしれません。さらに個体差もあるでしょう。ニッカドやアルカリ含め、手持ちのものでしかチェックしていませんのであしからずご容赦ください。

--ads--

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

2010年7月22日 (木)

Magic Mouse の裏蓋が外れやすい?

自宅ではロジクールの多機能ボタンマウスを使うワタシだが、大学ではiMacについてきたMagic Mouseを使っている
キーアサインを施した多機能マウスには及ぶべくもないのだが、これはこれで使いやすく、意外と気に入っている。
・・・・のだけど

Img_8783

使ううちに、裏蓋というか、電池ボックスの蓋がすぐ外れてしまうんだよね・・

ワタシのMagic Mouseだけかなあ。。。。?

--ads--

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年7月20日 (火)

iPadからEOS 5D Mark IIを操作する

今日発売のビデオSALON 8月号で、iPad小特集を書かせて頂いています。
Mac誌でもパソコン誌でもないので、ビデオ的使い方に特化して。
(まだ見本誌が届かないのですが。。>誰となく(^_^;

Ipad_4_3

iPadはフルHD動画を再生できないので、自分のデモリールをどうすれば、iPadに適した形に変換するか、って地味な話から、遊ばせて頂いたページまで。
よろしければ会社帰りに本屋で手にとってやってくださいませ。

Ipadsalon_06

そう、その中で、iPadでEOS 5D Mark IIをコントロールする方法も書いています。
ワイヤレストランスミッターWFT-E4 IIが必要なので誰でもって訳にはいきませんが、iPadの大画面でライブビューワイヤレス撮影はなかなか快適。WFT-E4 IIをお持ちの方は是非お試しを。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年7月19日 (月)

Olasonic TW-S7 レビュー (第一印象)

MacにせよWinにせよ、パソコンのスピーカー選びは難しい。自宅のMacProはECLIPSE TD508PAが、研究室のiMacには安価なミニコンポが繋がっている。課題や不満もあるが、まあ、これらは良いとしてMacBook等のノート型は内蔵スピーカーでは・・・・だし、電源の要るパワードスピーカーは面倒だし、USBスピーカーはあまりに安手な音で・・なのが実情。
東和電子のOlasonic TW-S7は、USBスピーカーだけど、大容量キャパシターを使った仕組みでUSB給電の弱点を補うクラスを超えた高音質スピーカーだという(技術解説)。
正直、やや、半信半疑で借りてみた。

Olasonic_tws7_10

12360-282-175821

意外と大きく(外形寸法108mm x 108mm x 141mm;公称値)重い(950g;公称値)。この位の大きさになるとモバイルで出張に連れて行く気には(ワタシは)ならない。USB給電でAC不要というのは接続の気軽さの話であって、携帯性という意味ではなさそうだ。
もっとも、ノートPCも外出と言うより、家の中で移動しやすいとか仕舞いやすいからというユーザーも多いので、TW-S7も家の中で持ち運ぶ・・って用途はありそうだ。
ので、届いたばかりの今回はダイニングにMacBookAirを持ち出して繋いでみた。

Olasonic_tws7_11

MacBookAirはノート型Macの中で唯一のモノラルスピーカーだし、そりゃ差が付くのは当然だが、それでも圧倒的な違いが感じられる。
具体的な印象は次回以降に行う(その際は、iMacや他のスピーカーとの比較も行いたい)が、今回はイントロ?として、MacBookAirの内蔵スピーカーとTW-S7を切り替えた動画を作成してみた。

Olasonic_tws7_12

ACを繋がないバッテリー駆動のMacBookAirにTW-S7をUSB接続。
内蔵スピーカーが音割れしないレベルにシステム環境設定上で音量を調整し、TW-S7に切り替える。
収録はSONY CX550V、2ch収録で、録音レベル「低」設定。
問題は音源で、ここでCD鳴らしてYouTubeにあげるのは問題あるので、AUGM Kanto Dinner 2nd で行われた向谷実氏と鈴木睦美氏のライブコンサートのビデオをYouTubeの該当ページで再生してみた。
このライブは原曲の作曲者である向谷実氏が自ら演奏し、UstやYouTube、ブログ等での公開、を全面的に許諾したステージ。(それでも、問題ありと関係者から連絡等あったばあいは閉じますのでご了承ください)
ちょうど豊かなヴァイオリンが中低音から高音まで出ているので、音が破綻したら分かりやすいのも◎。

ビデオ再録なので音の善し悪しを聴くものではないが、雰囲気は感じてもらえるか?
音の広がりと定位感は想像以上。中低音の出方も好み。高域と分解能はもう少し欲しいかなあ(第一印象)。Hi-Fiというよりは気持ちの良い音、に思える。今後、しばらく使ってみてあらためて報告予定。

12360-282-175821

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年7月18日 (日)

銭形のうどん

その筋では有名らしい大阪は豊中市の 手打ちうどん 銭形
ホームページ(WEBっていうよりHPという言い方が似合う)はMacで作られているらしい(^.^)
・・・・のだが、
IE5,2 for macで動作確認しております
と書かれると、逆に緊張するなあ(^_^;

Img_9815

で、銭形の生うどん(お醤油つき)を頂いた。
さっそく家族で頂く。

Img_9810

美味しいです。
ありがとう。いつもすみません。

手打ちうどん 銭形地方発送のページあり)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月17日 (土)

iPhone 4で静止画だけのムービーを作る

ちょっと理由があって(笑)、iMovie for iPhone を深掘り中。
メディアインポートで写真を選ぶと、iPhone 4の写真ライブラリから静止画をインポートできるのは(買った人なら)みな気がつくと思うが、それを使うと写真「だけ」でムービーを作ることも可能になる。
実はiMovie for iPhone にはこの方法を使うとおかしくなるバグがあって、先日のアップデートで修正された箇所でもある。

1

インポートは写真ライブラリからなので、カメラロール以外のものもOK
つまり、iPhone 4で撮った写真だけでなく、同期設定させたiPhotoもしくはApertureの写真も素材に使える。
サンプルとして作ってみた。

写真を複数選択してインポートできないのがまどろっこしいが、iPhone 4上で動くLife with PhotoCimemaのように使えるのは楽しい。

Img_9715

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

iPhone 4 シリアル 86024XXX

iPhone 4の電波問題はバンパーの無償配布という形になった。個人的には電波問題を実感していないので、申し込むかどうかは決めていない。
訴訟大国の米国での非を認めないトーク術や、そこに根ざす文化の差(?)を認めてなお、「ごめんね、こうするからさ、わかってくれないかなあ」って話し方のほうがワタシは好きだ。

Iphone4_01

それはさておき、もうひとつの「液晶 黄シミ問題」は、現状、交換が行われているようだが、こちらは個体毎の程度の差にくわえ、気づく、気づかない、気にする、気にしない、という複雑な?ファクターが絡む状況になっている。
ビグザムなみのボディなのに、いちど決めると行動の速さはザンジバルなみになるクマデジタル氏は、銀座ベースにマダラアタックを敢行したらしい。おつかれさまでした。
それはともかく、そのエントリーにある

余談ですが、交換用個体って86024~に集中してますね。

へええ、86024XXは交換用ロットなの?

Iphone4_02

と自分のシリアルナンバーを確認すると、86024XXX
いや、交換してませんよ(^_^; 初日納品されたものです。
そして

Iphone4_03

液晶はこんな感じ。
(1時間3GでSafari使用後、撮影、コントラストあげ処理)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月14日 (水)

本命なるか?NEX-VG10発表

EOS 5D Mark IIを買ってから、本気の動画はほとんどすべてデジ一眼レフベースになってしまった。ついでにいうと、ビデオSALONやMacPeople,MacFan等のMac雑誌仕事も、7割方デジ一眼ムービー関係になってしまった(^_^;

多彩なレンズを駆使する面白さ、被写界深度の浅い画作り。高感度特性。
それらは、動画撮影機としては使いづらい形状、ダメダメなAF、プアなオーディオ・・・といったネガティブ要因を許容してなお、ありあまる魅力に満ちていた。
そう、デジ一眼ムービーって、使い勝手を我慢して、使うものだったのだ。
だけど、その時代は終わるかも知れない。
以前、NEX-3,5のみんぽす専用発表会でみたモック、Eマウントのレンズ交換式HDカムコーダーがついに正式発表(米国)

NEX-VG10
バリ島で撮影された(と思う)イメージムービーだけで、発注書書こうと思った(笑)
2000ドルって民生用にしちゃ高価いじゃんって思うかも知れないが、VX2000やFX1000を思えば安いくらい。

だーかーらー、はやくEOSマウントのカムコーダー出してって言ってきたのに。。。(^_^;

秋までにキヤノンがEOSマウントカムコーダーを発表しなかったら、研究費でNEX-VG10買うのは確実だ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

星を継ぐもの

SF界を代表した3人のA(クラーク、アシモフ、ハインライン)を別にすれば、ワタシのSF観は、3人のジェイムスによって作られている。
ジェイムス・T・カーク、ジェイムズ・ティプトリー・Jr、そして、ジェイムス・P・ホーガン。
そのホーガンが逝去した。現地時間7月12日。69歳。

Img_9906

彼のデビュー作である「星を継ぐもの」はじめ、彼のほとんどの著作はいまでもワタシの本棚の最前列に並んでいる。
法廷ものにも似たほとんど議論の応酬で進む物語。幾重にもロジカルに固められていく展開。それでいて、脳天気ともいえる楽観的な人間観、社会観。(未読の方へ、こんなお話です

東京創元社のジェイムズ・P・ホーガン 逝去のお知らせの中に、彼の言葉がある。

人類には、自らがそう望みさえすれば、よりよい未来を前向きに作り出す知識と能力があります。

Img_9907

巨星が去った世界で、我々が継ぐべきものは、この理想論なのだと、思う。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年7月11日 (日)

Ustreamガイドブック

ユースクリームといえば榊原郁恵(夏のお嬢さん)だけど、いまのトレンドといえばユーストリーム(無理矢理な前振り失礼)。MacBookにWEBカメラ的な構成が、Ustの広がりにつれて、本格機材によるustシステムとiPhone によるミニマムustに広がっていったのもまた自然な流れだった。
そして、ワタシもよく書かせて頂いているビデオSALONから玄光社MOOKとして「Ustreamガイドブック」が明日発売。
献本いただいたので、読んでみたが非常によくまとまっていていいなと思った。

Ust_01

私見だがUstreamって、ビデオ畑の人間から見るとやることはライブ中継なんだけど、スイッチャー以降、どうすればいいのかよくわかんないし(配信ってなによ、エンコードってどうすればいいのさ)、
PC畑の人間からすると、どんなカメラやマイクを使えば、まともな画が撮れるのか、そもそも量販店に行っても分かんないし(FireWire端子なんてそんなカメラないじゃん)、
なかなか悩ましいジャンルだ。

Ust_04

Ust_03

そんな両者に向けた基本がバランスよく解説されていて感心した。
映像、音声信号の取り回しやマイクの基本、(そう、やみくもにガンマイクがいい訳じゃないんだよー)
ミニマムなひとりustから、放送レベルのスタッフ、機材を投入する本格例までケーススタディの解説も豊富。
本当は各ケースでの現場tipsや課題も知りたいところだが、それはビデオSALON本誌等で継続的に追いかけるほうが正しいだろう。

Ust_02

コンシューマーでも業務用でも主役を退き始めたDV/HDVだが、そのFireWire出力は貴重。うちでは安価な業務用HDV(まあ、GMみたいなポジションの機体?)であるA1Jが現役。思えば、iSightって、いまあれば優れたustカメラになったのにねえ。

なお、IEEE1394の説明で、ケーブル長は4.5mであまり長くのばせない。とあり、基本的に間違いではないが、IEEE1394機器はリピータ機能をもつ場合がほとんどで、ディージーチェーン接続で規格上72mまでケーブル長を確保できるはず。

Ust_05

ケツダンポトフのそらのさんや、ヒマナイヌの川井さんはじめ、知人が多く出ているのも特徴(?)。
でも、中古ショップで業務用機材を探す。って内容なら、見出しは
USEDでUST」にして欲しかったなあ(笑)> 誰となく

というわけで、Ustをやるやらないに関わらず、いまのトレンドをトータルワークフローとして理解しておきたいひとにはとても良い入門書になってると思う。
本屋でぜひ、手にとってみることをお薦め。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月10日 (土)

URBAN DISGUISEにOP/TECH S.O.S. Strapを付けた

カメラバッグ選びは難しい・・けど、EOS 5D Mark IIプラスレンズ2本くらいに、MacBookAirかiPadを入れて、って用途では、ほぼ100%、thinkTANK PhotoのURBAN DISGUISE 60 を使うようになった。クマデジタルさんとこにもようやく届いたようだし(またお揃いですね〜)、しょういちさんはUD70にしたらしい。さらに以前書いたUD60レビューにFutuさんからストラップの質問を頂いたこともあり、いい機会なので換装したストラップについて書いてみる。

Optech_01

UD60はじめthinkTANK Photoのバッグ類はシステムとして各種オプションで拡張されるのが特徴。もっともワタシはプロカメラマンではないし、オプションハーネス等でがしがしとカラダを機材マウント化するタフな身体ではないので、UD60を下げてるのみ。普通に太ったビジネスバッグにしかみえない外観が魅力でもあるし。閑話休題

Optech_02

付属するストラップは厚い肩パッドつきのしっかりしたもの。
悪くはないのだが・・・

Optech_03

肩パッド裏地のゴム(?)が購入数ヶ月で劣化し、裂け、中のクッション材が露出するようになってしまった。

Optech_04

銀一に相談したところ、快く交換してくださった(感謝)のだが、交換品も半年たたずに亀裂が生じ始めた。ワタシの服地との相性が悪いのかなあ・・・??
また銀一に相談しても状況は同じだと思ったのでストラップを換装することにした。

Optech_05

選んだのは、定番ともいえるOP/TECHS.O.S. (Saves On Shoulders)Strap

OP/TECHのカメラストラップは良いのは分かるんだけど、派手な色合いのネオプレーンのパッドがどうも安っぽく感じられるのと(すみません)、大きく入ったOP/TECHロゴがダメで(んじゃ、Canonならいいのかと突っ込まないでください、ほんとはプロストラップのロゴも微妙に恥ずかしいんです)避けていたメーカー。

Optech_06

でも三脚/バッグ用ともいえるS.O.S. Strapは、普通の(褒めてます)デザインがUD60とあわせてもOKそうだったので買ってみた。
ちなみにS.O.S. Strapは、幅7cmの通常モデルと幅5.5cmのミニがある。買ったのは幅7cmのS.O.S. Strap。

続きを読む "URBAN DISGUISEにOP/TECH S.O.S. Strapを付けた"

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

2010年7月 7日 (水)

iPadとiPhoneで気になる違いといえば

このところ、出張時に意識的にiPadだけを持って行っている。
現地で原稿書いたり画像処理したりが分かっていれば当然MacBookAirだし、いろんな意味でもMacBookの方が安心感はあるが、新幹線の揺れる車内や、ホテルでちょこちょこメールやTwitterする分にはiPadのほうが快適だったりするし。

Ipadiphone_01

ワタシのiPadはWi-Fiモデルだから、出先でのネット接続は万全とは言い難い。
ホテルや出先の仕事場では、これを使って有線Lanを無線Lanに変換して、iPad、iPhone ともにWi-Fi接続にしている。新幹線はN700系のぞみを決めうちすることで電源とWi-Fiを確保。
それ以外の屋外では、某氏のアドバイスにより導入した秘密兵器(?)がいざというときに控えている。

そんな風にiPhone とiPadを使い分けつつ使っていたら、Safariで誤操作が妙に多い。
Top Site(あるいは履歴一覧)と、ブックマークボタンの押し間違えが多発するのだ。
最初、ああ、歳だなあと思ったのだけど。。。

Ipadiphone_02

これがiPhone版Safari。

Ipadiphone_03

こっちがiPad版Safari。
Top Site(あるいは履歴一覧)と、ブックマークボタンがテレコになっている。
両方をヘビーに使ってると、刷り込みがちぐはぐに発生してしまうのだ。

Ipadiphone_04

ちなみにMac版SafariはiPhone と同じ配列。
iPadだけテレコにする理由はなんなのだろう?
アップルのやることには(それが正しいか否かは別として)すべて理由がある、と思ってるワタシには、とても悩ましい(笑)
統一してくれないかな〜

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年7月 1日 (木)

Micro-SIM to SIM アダプタ

iPadやiPhone 4といったアップル製モバイル端末(?)の2010年モデルは、すべて従来のSIMからマイクロSIMに変更された。
さらにiPhone 4のMicro SIMは、iPadのそれと互換性が無いとも言われる(ワタシは未確認)

Img_9761

とりあえず、Micro-SIM to SIM アダプタを購入。
プラ版ひとつに500円を高価いとみるか、ニッチなパーツが500円で手に入るのを良しとするか微妙だが(笑)

にしても、小さくて無くしそう。。。(^_^;

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »