« NASのかわりに雪豹サーバー | トップページ | Office for Mac 2011 ライセンス認証解除の方法 »

2010年11月25日 (木)

EOS用モータフォローフォーカス@InterBEE 2010

Inter BEE 2010は、どこもかしこも、3Dが全盛だった。
個人的に、3Dって、いま、積極的にやっておくべき分野だと思うし、まだまだ発展の余地のある分野だと思うけど、正直、3Dで作りたい作品があるのかと言われると微妙。
まあ、マクロスとか3Dで空中戦や格闘戦やったら面白いだろうけど、(ガンダムのア・バオア・クーの戦いなんかもいいね)、それって、3DCGの分野であって実写の話じゃないしなあ。

Focalpoint_01

もうひとつ多かったのは、EOS 5D Mark IIを始めとするDSLRムービーの周辺アクセサリー。
さまざまなRigやマットボックスが各社から展示されていた。
写真は、久々にInterBEEに回帰したフォーカルポイントコンピュータブース。
同社はiKanの扱いを発表。リグやフォローフォーカスを展示していたのだが、参考出品という形で開発中のモータード・フォローフォーカスを展示していた。

恩田フランシス氏のHFOに写真があるので、ここではそのフォローフォーカスのモーター駆動の様子を手持ちのEOS 5D Mark IIで無理やり撮った動画を掲載する。

フォローフォーカス自体はiKanのものを使っている。この組み合わせで出るのか、暫定的にiKanのモノを使っていてフォローフォーカス自体、独自のモノになるのかは聞きわすれたが、現状でもマッチングは良さそう。

Focalpoint_02

専用のコントローラー
本当はiPhone 等から操作できる方がスマートには違いないが、それでもフォーカスコントロールは「まわす」ことでアナログ的に行いたいよね。やっぱ。
現在のもの(開発中バージョン)は、ここにテンションというか粘りが無く、するっと回転してしまうので物足りなかったが、開発者はそこも十分に理解していたので、今後、改良されるはず。

|
|

« NASのかわりに雪豹サーバー | トップページ | Office for Mac 2011 ライセンス認証解除の方法 »

デジカメ動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/50131401

この記事へのトラックバック一覧です: EOS用モータフォローフォーカス@InterBEE 2010:

« NASのかわりに雪豹サーバー | トップページ | Office for Mac 2011 ライセンス認証解除の方法 »