« PowerShot Gシリーズ再認識 | トップページ | EOS MOVIE撮影の秘密兵器 »

2010年12月20日 (月)

シグマレンズとEOS MOVIE

昔、写真を始めた頃、先輩格のひとたちが異口同音に言っていたことがある。「ボディはつまるところ暗箱だ。写真はレンズだよ」被写体とか光とか、そういうカメラ機材以外の要素を除き、ハードウエアという意味で言えばそれは正しいと思う。
もっとも、高度な電子化が進み、センサーや画像処理エンジンという「フィルム」を中に持ったデジタルカメラ時代はボディの要素が飛躍的に大きくなったのだが、だからといってレンズの重要性が下がったわけではない。やはり写真はレンズなのだ。

という訳で久しぶりにみんぽす/モノフェローズセミナーに参加。
シグマ社によるレンズセミナーイベント。

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」のモノフェローズイベントに参加して書かれています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)「モノフェローズ」に関する詳細はこちら。(WillViii株式会社みんぽす運営事務局) みんぽす

Sigma

山木和人社長によるプレゼンテーション。なんでベッドの傍らで話をしてるかと言えば、今回の会場はハウススタジオだから。
山木社長の熱のこもったプレゼン内容は、すでに参加者が熱のこもったブログをあげていらっしゃるので、重複を避けよう(楽をしてるのでは・・・はい、すみません)今回、カメラ(EOS 5D Mark II)、カメラバッグ(ThinkTANK)、シグマから借りたレンズ(85mm F1.4)までお揃いだったクマデジタルさん、会場選びに奔走されたSorry Fullさん、肉の会でも一緒したb's mono-logさん、kozyさん、まわりぶろぐさんあたりをお読みになるとシャープな(いや、シグマな、ですね)レポートが読めます。(他の参加者のブログも順次追加)

ので、ワタシは借りた85mm F1.4 EX DG HSMの話をしようと。

Yamaki

シグマの山木和人社長
EOS 5D Mark II + シグマ85mmだけど、これ、写真じゃない。ムービー撮影した動画から1コマを切り出したもの。
クリックでフルHD等倍ファイルが開きます
ムービーからこの静止画が得られるのだ。解像感(山木社長のショールや服の質感)と柔らかなぼけ味のバランスが素晴らしい。

ムービー編集は(師走で忙しいこともあり)もちょっとかかるけど、他の方のブログに刺激され先行して1カットのみ公開。

EOS 5D Mark II + シグマ85mm Final Cut ProによるProRes 422 LTトランスコード。いっさいの色補正、画像処理なし。(テロップとリサイズエンコードのみ)

モデル 紗々さん 

続く(すみません)

--ads--

|
|

« PowerShot Gシリーズ再認識 | トップページ | EOS MOVIE撮影の秘密兵器 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

デジカメ動画」カテゴリの記事

モノフェローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/50354351

この記事へのトラックバック一覧です: シグマレンズとEOS MOVIE:

« PowerShot Gシリーズ再認識 | トップページ | EOS MOVIE撮影の秘密兵器 »