« ビデオSALON4月号は映像制作機器ガイドが付録 | トップページ | EF8-15mm F4L 発売延期 »

2011年3月23日 (水)

Apertureの未来

Apertureがアップデート。Verを3.1.2とした。
RAW現像ってAdobe LightroomかApple Apertureか迷いつつ、特に茂手木氏の教えを得てからは結局Photoshopで行うことが多いのだが、大量のバッチ処理はApertureが使いやすい(と感じてる)し、管理能力の高さもあってApertureは必須アプリ。

Aperture001

最初のApertureはたしかかなり高価かったので、十分リーズナブルにはなったと思うのだが、パッケージ版19,800円のApertureが9,000円というのはインパクト大きかったな>App Store
だが、App Store版Apertureのインパクトはそれだけではない。
App Storeで購入したアプリは同一のApple IDを持つマシンにインストールできる(台数制限はあるはずだが覚えていない)

Appstore001

ワタシが入れてるのはパッケージ版だけど、App Storeではそれを含めインストール済みになる。
では大学のiMacにもAperture入れようかと思ってApp Storeを開くと。。。

Appstore002

買わないとダメ。
そう、App Store購入のApertureは複数台にインストールできるが、パッケージ版はあくまでひとつのマシンに、なのだ。(入れれば入っちゃうけど、あくまでイリーガルな運用はしない)
ダウンロード版が安いのは良しとしよう。だけど、この差はちょっとなあ。

Aperture 4が出たとき、アップデート料金がApp Storeとパッケージでどう異なるかは分からない(そもそもパッケージ版が今後も継続するかどうかは疑問だが)けど、そのときには現行のApertureライセンス捨てて、App Storeで新規購入するのがいいのかなあ。。

--ads--

App Store版 → Aperture - Apple®

Aperture 3 @ amazon

|
|

« ビデオSALON4月号は映像制作機器ガイドが付録 | トップページ | EF8-15mm F4L 発売延期 »

Macintosh」カテゴリの記事

画像処理」カテゴリの記事

コメント

前略。私自身もApertureを使用していますが、求めているワークスタイルの深さに時として驚嘆してしまいます。ライブラリー管理は、今はAperture一本になってしまいました。

かなり初期から使い続けていますが、
やっとApertureビジョンと、それを起動させる為のMacのマシーンスペックの垣根が、
ほぼ無くなりつつあるかなと思っています。

けれど、我が事務所では、やはりMacプロで動かしています(^_^)

投稿: 荒木則行 | 2011年3月23日 (水) 12時26分

長野県のハンダです。

FAQを見ると、同時使用はだめだけど、インストールはOK、みたいに読めます。
-------------------------------------------
Aperture 3 は何台のコンピュータにインストールできますか?
Aperture の使用許諾契約により、お客様は限定的、非独占的ライセンスが付与され、1 台のアップル製デスクトップコンピュータおよび 1 台のアップル製ノートブックコンピュータがお客様の所有物でありお客様が使う限りにおいて、アップルソフトウェアを一部ずつインストールし、使うことができます。ソフトウェアは、両システムで同時に起動できません。複数のコンピュータで同時に使えるネットワークを介して、アップルソフトウェアを使うことはできません。
-------------------------------------------

投稿: ハンダユウジ | 2011年3月23日 (水) 14時34分

荒木さん
はい、いまではiMacでもApertureが快適に。。とは思いつつ、一方でApertureのレスポンスってライブラリーが大きくなればなるほど、ディスクのI/Oに依存するので、MacProに内部RAIDかeSATAストレージが正解と思います。
というか、荒木さんに読んでいただいていたとは。。。どきどきしてしまいました(^_^;

ハンダさん
あ、Apertureもそうだったのか。アドビと同様の考え方ですね
(同時起動OKの、インストールはデスクトップ/ノート各1)
ありがとうございます

投稿: SAIKA | 2011年3月24日 (木) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/51195982

この記事へのトラックバック一覧です: Apertureの未来:

« ビデオSALON4月号は映像制作機器ガイドが付録 | トップページ | EF8-15mm F4L 発売延期 »