« 学位記授与 | トップページ | スーペリア スティンガー »

2011年3月27日 (日)

地震の被害(研究室篇)

地震直後に自室の写真をtwitterで公開したとき(ブログに再録したものはこちら)、茫然自室(自失)とキャプション書いて、同僚の准教授に呆れられたワタシだが、心配その2は大学の研究室だった。
そのとき大学で仕事をしていた同僚やT君の話では、揺れは半端ではなかったものの物的被害は小さいとのことだったが、ワタシの研究室には机の端にiMac 27inchが置かれてるのだ。iMacが机から落下していたら、自室の被害とは異なり液晶破壊では済まないかもと思った。

翌日だったか研究室のiMacは「どこでも My Mac」をオンにしていて自宅から制御可能にしていたのを思い出して共有マウントしようとしたが繋がらない。ああ、最悪の事態を覚悟しつつ、翌週、本数の激減した電車を乗り継いで大学へ。

After_1

iMac、無事だった〜
どこでも My Macでマウントできなかったのは、その後に起きた停電のせいだったらしい。

After_2

本棚は、本が詰まっていた棚は無事で、横に倒れるスペースのあった棚は、そのひょうしに滑り落ちたらしく一部の本が散乱。折り目がついてしまった程度で無事。

After_3

iMacのつぎに心配された地球儀、サンダーバード2号のプロップキューリグのコーヒーメーカーも無事だった。
以上、心配?してくださった方々への報告を兼ねて。
--ads--

|
|

« 学位記授与 | トップページ | スーペリア スティンガー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/51231302

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の被害(研究室篇):

« 学位記授与 | トップページ | スーペリア スティンガー »