« NEX-5 でピクチャーエフェクト | トップページ | Final Cut Pro X エックスの意味するもの »

2011年6月21日 (火)

Final Cut Pro X not Studio

Mac OS がXになったのはいつのことだったか。
そして、ようやく、Final Cut Proも今日、Xになった。

そして、Final Cut Studio 5.1以来、ずっとスイートだったFCPは、再び単体のアプリに。
MotionとCompressorは単体生き残りを果たしたものの、Soundtrack Pro、DSP、Colorはフェードアウト?

Appstore002

リリース即日、販売開始。
特例もβもなく、ワタシもいまからDL。
なんだけど、まだ、DLできないですねえ。

Appstore001

購入準備はできているのだけど・・・
今夜は長い夜になりそうです。。

|
|

« NEX-5 でピクチャーエフェクト | トップページ | Final Cut Pro X エックスの意味するもの »

Macintosh」カテゴリの記事

映像編集/ソフトウエア」カテゴリの記事

コメント

Soundtrack ProとColorはXの中に統合されてるそうですよ。問題はDSPです。。。。

投稿: キアラ | 2011年6月22日 (水) 01時22分

アップルはもうソリッドなデリバリーをレガシーと定義づけたんでしょう。
cloudな会社になるんだから・・・・。
DSPはもうずいぶん前からディスコンを運命づけられていて、予感が確信に変わったのが今日という日なんでしょう。

投稿: isolde | 2011年6月22日 (水) 02時36分

衝撃的ですね。
すごく乱暴なリリースです。

昨夜から使いまくっていますが、とにかく速い。
そしてFCPファイルが開かない。

印象としては、FCPとiMovieの間のソフト(涙)
今までの栄光は何処に・・・

アップルはこのシーンでTOPを走るのをやめたかの印象。
経営陣の入れ替わりも目立ち始めたことですし。

プロは離れそうな印象ですよ!

投稿: スズキ | 2011年6月23日 (木) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/52006917

この記事へのトラックバック一覧です: Final Cut Pro X not Studio:

« NEX-5 でピクチャーエフェクト | トップページ | Final Cut Pro X エックスの意味するもの »