« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

Suicaカードの更新時にチャージ分は移行されない

Suicaカード更新。
年会費が不要になるため、Suicaはビックカメラ提携カードを使っている。
そういえば、ヨドバシやビックカメラのiTunesカード、同額のもの3枚買うと3枚目半額キャンペーンは明日までのハズ。
Final Cut Pro Xにダイブ予定の方、来月、Lionをお迎え予定の方はお得。

Img_1101

閑話休題
で、Suicaカード(クレジット機能付き)と言えば、オートチャージのアドバンテージ。これは便利。

Img_1103

なのだが、このチャージ部分、カードが更新されても移行されず、旧カードから払い戻しする必要があるんだね
まあ、理由は分かるし、それしかないなあとは思うものの、面倒だな〜
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

MacPeopleでムービー撮影特集

この2〜3年、忙しさに追われ(まあ、自分の生産性が低いんだけどさ)Mac雑誌に書くことも激減していたのだけど、久しぶりに今日発売の2大Mac雑誌に書いている。
MacFanはFinal Cut Pro Xファーストインプレッション。そしてMacPeopleではムービー撮影特集(すみません、正式なタイトルしりません)

Macpeople_01

今までならビデオ撮影特集として、構え方の基本やら撮影のコツやらを書く特集なのだけど、今年は台頭するDSLRムービーという潮流が大きく、ビデオカメラと一眼ムービーを対で解説していく構成に。

Macpeople_02

それぞれの特徴や得手不得手、運動会や旅行、といったシチュエーション別に、ビデオカメラと一眼ムービーのポイントなどを書かせて貰ってる。

Macpeople_03

まあ、現状で運動会の映像を一眼ムービーで、っていうのは無理があるのは承知。
とはいえ、まあ、なんとかなる・・・ものなのかな・・。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月28日 (火)

FCP Xのイベントはフィルムストリップ表示可能

アップル話題の超大作にて世界中(のユーザー)を騒然とさせた問題作(笑)Final Cut Pro Xについては、明日発売のMacFan 8月号でファーストインプレッションを書かせて頂いた。(先週水曜の朝、入れた原稿が1週間後には印刷されて本屋に並ぶのだから凄いな)
その後、週末に書いた考察は、何を捨て、何を得たのか。Final Cut Pro Xから見えてくる「編集の再定義」としてMACお宝鑑定団ブログに掲載して頂いている。
大きく変わるFinal Cut Pro に、我々は編集ソフトのプロではなく、編集のプロであることを見せなければならないと思う。
それはさておき(笑)

Fcp_x_01

先日のFinal Cut Pro Xでデュアルディスプレイエントリーにおいて、
あれ?イベントってサムネイル表示以外ってできるんですか?とコメントを頂いたので、答える代わりにエントリー(笑)Fujiiさん、ありがとうございます。
答えは、できます。
Final Cut Pro Xのイベントブラウザは、iMovieのそれと近く、サムネイル以外にフィルムストリップ形式で表示可能。

Fcp_x_02

イベントブラウザの右下のスライダーが「すべて」になっていると、サムネイル表示。
このサムネイルはFinal Cut Pro 7と異なり、ポインタでなぞると中身を再生してくれる動的表示。

Fcp_x_03

このズームレベルを変えると、そのままフィルムストリップ表示に遷移。

Fcp_x_04

ちなみにイベントブラウザでのズームレベル変更のキーボードショートカットは、Command + Shift +,(拡大)Command + Shift +.(縮小)
(イベントブラウザ上にポインタがある場合、動作)
これさ、,(カンマ)が拡大で.(ピリオド)が縮小なんだけどさ、,と.ってキーボードではこの順番、つまり左が拡大、右が縮小だよね。
でも、画面のズームバーは、左方向が縮小で右方向が拡大なんだよね。
これも本来、押す方向と画面のズームバーの進行方向は一致すべきだと思う。
お宝ブログに書いたインスペクタのキーボードショートカットとあわせて、今回のアップルが雑に見える部分なんだよなあ。

Fcp_x_05

そして、どんどん拡大(ズーム)していくのは非常に使いやすいのだけど・・・
最初の画面(2枚目の写真)であるクリップを選択している(黄色の枠線で囲まれている)のが分かるだろうか?

Fcp_x_06

この場合、ズームはこの選択したクリップを中心に拡大していって欲しいと思うのは間違ってるかなあ。
現状はそんなことお構いなしに拡大される。
うーん。。。。
--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年6月27日 (月)

HF G10 取扱説明書

以前書いたように、キヤノン iVIS HF G10を短期間ながら使う機会に恵まれた。
そのときHF G10のマニュアルをみて、驚いた。

Hf_g10_01

でけえ(比較対象iPhone 4)
わかりにくい?

Hf_g10_02

では、他のカメラ類の取説と較べて見よう
左から
Canon HF G10のマニュアル
Sony CX550Vのマニュアル
Canon EOS 5D Mark IIのマニュアル

Hf_g10_03

中身もクール
各部紹介に3面図。このパターンは余り見ないなあ

Hf_g10_04

Sony CX550Vのマニュアルだとこうなっている

Hf_g10_05

EOS 5D Mark IIのマニュアルでも同様
なんかいいなあ(笑)
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月26日 (日)

Final Cut Pro Xでデュアルディスプレイ

ワタシはAvidのMediaComposer(当時はAVID/1と呼ばれた)でノンリニア編集を始めたせい(?)でデュアルディスプレイが大好きだ(笑)
自宅のMacもデュアルディスプレイ。Power Mac G5とCinemaDisplayが現役だったときはこんな感じで運用していた。(いまはMacPro1台とLCD26902台)

Final Cut Pro Xも当然ながらデュアルディスプレイ対応なのでやってみた。

Fcp_x_10

デフォルトのシングルディスプレイモード

Fcp_x_11

ビューアをセカンドディスプレイに表示
Final Cut Pro 7のDigitalCinemaDesktop フルスクリーンに近い

Fcp_x_12

イベントをセカンドディスプレイに表示
個人的にひじょうに使いやすいレイアウト
FCP Xはノンリニア編集のデファクトスタンダードともいえるデュアルビューアを捨て、シングルビューアに移行したが、それとこのレイアウトは相性がとても良いように思う。

ただ、不思議なのは、シングルディスプレイ表示の時は各ウインドウの上下左右の境界線が移動でき、レイアウト変更が自在(FCP 7と同じ)なのだが、デュアルディスプレイにすると、上下方向の境界線は移動できるのだが、左右の境界線が固定されてしまい、レイアウト変更が出来なくなる。
うちだけの不具合か、FCP Xそのものの仕様なのかは未確認。

--ads--
くー、洋書だともう出るのか・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年6月25日 (土)

これはイイものだ Canon HF G10レビュー 

ほんの数日ではあるが、キヤノンの新型ビデオカメラ HF G10を借りて試してみた。(余談だけどiVISってブランド名、浸透してるのかなあ、ちょい微妙な感覚なんだけど)
HF G10とその業務用バージョンXA10は以前から注目していてmono-logueでもときどき触れていた

Hf_g10_01

最近のコンシューマービデオカメラにしては明らかに大きい。業務用機と同じイメージャーを積んでいるせいなのか、レンズ径が大きいせいかは分からないが、ソニーの新型最上位機CX700Vがフードを別にしたら非常にコンパクトにまとめてきたのとは対照的。

Hf_g10_02

HF G10もフードはでかい。しかもソニー型というか、一般的なビデオカメラの角型フードじゃなくて、チューリップフードなのもインパクト強い。
ちょっと自信はないのだが、姉妹機XA10を別にして、民生・業務用問わず、角型じゃなくてチューリップフードのビデオカメラってあったっけ?

Hf_g10_03

同社の業務用機XF105/XF100と同じ1/3CMOS HD CMOS PROを搭載していることを主張(?)するプリント。
この大面積イメージャーがHF G10の高価格の原因であろうことは想像に難くないが、それだけの価値はありそう。

Hf_g10_04

ボリューム感のあるボディだが、大きさに反して意外と軽いので持った時の印象は「あれ?軽いじゃん」になる。実際、CX700Vと較べ、撮影時重量は100gしか違わない。<これはちょっと意外だった。

Hf_g10_05

液晶内側にはSDカードスロットの他は最小限のボタン。この辺はCX700Vとも同じ方向性。ただし、大きく違うのが。。。

Hf_g10_06

HF G10にはボディ後端にコントロールダイヤルがあること。
ワタシの(私物としては)初めてのビデオカメラとなったソニーの名機(といって良いよね)TRV-900も同様のコントロールダイヤルを持っていたが、これが個人的には物凄く好きな操作系。ソニーの上位モデル共通の操作系だった後端部のダイヤルはVX2100(PD170)までのDV時代を超え、確かFX1(Z1J)まで続いたものの、HDV初期の名機HC-1(A1J)で廃止され、その後、大型化したFX1000や現行のZ5J等でも復活していない操作系。
これを採用したキヤノン偉いなあ。
個人的にはこれだけでHF G10を買いたくなる(笑)

Hf_g10_07

絞り優先オート時の液晶表示
この辺のインターフェイスデザインも好み

続きを読む "これはイイものだ Canon HF G10レビュー "

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年6月24日 (金)

ガンダムカフェ 人形焼き

実は今日のネタは2か月近く前、iPad2の発売日に、ガンダムカフェに行ったときの続き(笑)
写真だけ撮ってそのまま放置していた。なんとなく機を逸して没ネタになるはずだったのだが、ガンダム THE ORIGIN アニメ化の報を聞き、記念?に

Gundam_11

ガンダムカフェ 人形焼き
(ガンダム人形焼きではなく、ガンダムカフェ人形焼きであることに注意)

Gundam_12

整然と格納されたモビルスーツ焼きたち。
これだけのMS収納量を持つのは、ガウでもチベでもムサイでもなく、ドロスに違いない。あれ?グワジンはMSどのくらい積めるんだっけ?

Gundam_13

ショルダーアタックポーズの旧ザク
マサカリ ヒートホークもったザクII

Gundam_14

グフが入ってて偉いよ
ちょっと待ったポーズの?ドム

Gundam_15

可愛いズゴックと
もっと可愛いアッガイ
まあ、水陸両用MSは可愛い系ですよね

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月23日 (木)

Final Cut Pro X エックスの意味するもの

Final Cut Pro XがApp StoreからDLできるようになったのは、火曜日の夜9時半頃だったろうか。
そこから10時間かけて検証し、書いたファーストインプレッションは、来週発売のMacFan誌に載るはず。

Finalcutpro001

いまは別の原稿も書いているので、mono-logueでFinal Cut Pro Xを書き始めるのはもちょっと先になりそうだけどひとつだけ

失ったものも少なくないけれど、それでも未来は前にしかない。

そう思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年6月21日 (火)

Final Cut Pro X not Studio

Mac OS がXになったのはいつのことだったか。
そして、ようやく、Final Cut Proも今日、Xになった。

そして、Final Cut Studio 5.1以来、ずっとスイートだったFCPは、再び単体のアプリに。
MotionとCompressorは単体生き残りを果たしたものの、Soundtrack Pro、DSP、Colorはフェードアウト?

Appstore002

リリース即日、販売開始。
特例もβもなく、ワタシもいまからDL。
なんだけど、まだ、DLできないですねえ。

Appstore001

購入準備はできているのだけど・・・
今夜は長い夜になりそうです。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

NEX-5 でピクチャーエフェクト

昨日書いたNEX-5 ファーム04とピーキングの続き。
無事、Macを32bitカーネルで立ち上げ(だいたい、この後、戻すのを忘れて32bitで使い続けることになるのだが)NEX-5をファームアップ。
ファーム04のウリはピクチャーエフェクトの搭載。

Nex_picture_effects_01

個人的にはピクチャーエフェクトとかアートフィルターの類は使わないんだけど、自分の持っているカメラの中で唯一ついたので(笑)試してみないと。
ライブビューが基本のNEXではピクチャーエフェクトの選択画面も実際のライブビュー上でプレビューしつつ説明がスーパーインポーズされるので分かりやすい。
NEXのUIってダメダメな部分と、良くできてる部分が混在してるよね・・・。

Nex_picture_effects_02

ポスタリゼーション(カラー)

Nex_picture_effects_03

ポスタリゼーション(モノクロ)

Nex_picture_effects_04

ハイコントラストモノクロ

Nex_picture_effects_05

ハイコントラストモノクロ

Nex_picture_effects_06

POPカラー

なお、ピクチャーエフェクトを二重掛けすることはできない。
お宝鑑定団ブログ:ソニー「αNEX-C3 特別体験会」レポートでフューチャーされているピクチャーエフェクトや色合い、背景ぼかしを掛け合わせる「マイフォトスタイル」はNEX-5では(少なくとも現段階では)サポートされない。
DANBOさん曰く「これに尽きる」一押し機能らしいのだけどなあ。
そういえば、他社では定番のジオラマもないんだな。

続きを読む "NEX-5 でピクチャーエフェクト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月20日 (月)

NEX-5 ファーム04とピーキング

NEX-C3の発売を週末に控えて、先行してNEXの既存モデルがファームアップ
NEX-C3から搭載されたピクチャーエフェクト等の新機能をNEX-5でも使えるようになった。数日のこととはいえ、ファームアップを先に出すのはSONY、偉いなあと思う。
ファームアップにはパソコンが必要。ちゃんとMac用もある。
Mac OS X v.10.5~10.6、Lionが出たらどうするの?とか野暮なことをいま言うのは間違ってるので(笑)DL。まずはアップデーターを立ち上げ・・・・

Nex_peeking_2

あ・・・・・
これ、まえにも同じ目にあった(^_^; 今度は素直に一度Macを落とし、3と2を押しながら32bitカーネルで起動。無事ファームアップ完了。

たださ、64bitカーネルには対応しておりません。って書くだけじゃなく、32bitカーネルでの立ち上げの仕方を書いておく。。。のはいろいろ難しいんだろうな。せめてアップルの該当ページにリンクを張るくらいすると良いと思うのだが、それにも難しさがあるのだろうか。

Nex_peeking_1

んでも、自分のMacが32ビットカーネルで動いているか64ビットカーネルかなんて、気にしていないユーザーも多いはず(そういうのを意識させないのもMacなんだし)、そんなユーザーの中にはダメだよんのアラートとSONYの64bitカーネルには対応しておりませんの文字で諦めちゃうひとも居ると思うんだ。
それってアップルにとってもソニーにとっても不幸なことじゃないのかなあ。
まあ、はやく64ビットカーネルで動くようにすればいい話ではあるのだけど(笑)

Nex_peeking_3

ファームアップしたNEX-5の画面。
モードダイアルのアイコンにちゃんとピクチャーエフェクトアイコンが追加されてるのは偉い(笑)
ピクチャーエフェクトはあとで試すとして、まずはピーキングチェック。

ピーキングは、セットアップメニューから切の他、3段階に設定可能。
AFではピーキングはできず、MFかDMFでしか使えないのはいいとして、ピーキングのオンオフ設定もカメラ設定でMFかDMFが選ばれていないと出来ないというのは不便このうえない。
しかもそのときピーキング設定はグレーアウトしたうえに「現在この機能は無効です」と言うのみで、なんで無効なのかは教えてくれない。
NEXは一事が万事この調子で、UIダメだなあと思う。SONYってけっしてUIが下手なメーカーじゃないはずなのになあ。

Nex_peeking_4

ピーキングの色も選べる。
レッド
あ、シャア専用のときはピーキングレッドは分かりにくいですね(笑)

Nex_peeking_5

ホワイト
連邦の白いヤツにも不向きだと思う。

Nex_peeking_6

イエロー
これが正しいかな(おいおい)

ピクチャーエフェクト篇に続く
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月19日 (日)

ジェリー・アンダーソン SF特撮DVDコレクション

THUNDERBIRDS?ああ、Macの新しい接続インターフェイスだよね?
それはThunderbolt・・・というお約束のダジャレはともかく、サンダーバード、謎の円盤 UFOといえば、いまもSF特撮の原典として君臨するシリーズ。

Thunderbirds_1

昔から何度かLD化やDVD化が行われてきたが、とうとうデアゴスティーニからジェリー・アンダーソン SF特撮DVDコレクションとして、キャプテンスカーレット、スティングレイ、ジョー90を加えた5作品の全話DVD(159話)のついた雑誌が始まった。

Thunderbirds_3

1冊に2本のDVDがつくゴージャス?なシリーズ。54号に渡るデアゴスティーニ商法なので全部で9万5千円もかかるのだが(笑)サンダーバード、謎の円盤 UFOのDVDボックスだけで10万円することを思えば、安い・・・のか???

とりあえず第1号は790円で、サンダーバード、謎の円盤 UFOのそれぞれ第1話のDVDが付くのでお得なのは間違いない。
両作品をちゃんと見ていない人は、お試しと思って790円出すのが正解。

Tb2_05

サンダーバードの第1話タイトルはなんと「SOS原子旅客機」
危機に瀕するファイヤーフラッシュ号は初の原子力飛行機という設定で、2時間ごとに原子反応器の安全カバーを交換しないと放射能漏れを起こすというトンデモ仕様、なんという符牒かというストーリー。
個人的に唸るのは、誰も手に負えない危機にサンダーバードが超人的活躍をして解決・・って単純な構成ではなく、中盤までを引っ張るのは国際救助隊ではなくメディング中尉。空中で機体を乗り移るという危険な作戦プランを立て、自ら志願して実行する、その作戦がうまくいくのか否か、という緊張感が中盤のヤマ場になっている。
最終的に彼は失敗し、国際救助隊が最後の作戦に乗り出すのだが、自衛隊や科学特捜隊がヤラレ役でしかない日本の特撮との差は大きい。
しかもサンダーバードが出張っても、エレベーターカーが暴走して、予備の車両を投入するとか、一筋縄ではいかないのも見事。

Thunderbirds_2

謎の円盤UFOの第1話は「宇宙人捕虜第一号」
基本的に陰々滅々とした(?)ストーリーが多いUFOだが、初回もその例に漏れず、どこが子供向きじゃ、というやりきれない終わり方。
もちろん、第一話らしく月基地のミサイル要撃機とロケットブースターで水中発進する迎撃機、とメカ的見所は満載。

Thunderbirds_4

DVDは専用レーベルでGOOD。これが2本ついて790円は破格。
・・・なのだけど、DVDを再生すると、冒頭にスキップ不能なFirstPGとしてジェリー・アンダーソン5作品の概略ムービーが6分に渡って収録されている。
スキップはおろか、早送りもできない。
この概略ムービー自体は悪い出来ではないのだけど、毎回見なきゃいけないのだとするとかなり憂鬱。
デアゴスティーニの中のひと。お願いだから次号以降はスキップ可能にしてください。。。
----ads----
amazonではすでに売り切れ、プレミア価格になっている(リンクは楽天BOOKS)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

赤い三枚刃

ちょっと入り用があって、カミソリを購入。
ジレット マッハスリー ターボ、相変わらず仰々しい名前だ。
にしてもGillete.com。Flash必須って、いまどきすごいなー。
いや、Flashがダメとか思わないけど、なきゃ閲覧できないって、なんというか、どうなんだろ。

Img_1096

それはともかくジレット マッハスリー ターボ
なぜか赤しかありません

Img_1098

赤い三枚刃、とか言ったらシャア専用、とかお約束のセリフを吐きたくなるが、このデザインはシャア専用と言うよりは、アスカのボディスーツだな、と。

Img_1099

Img_1100

いや、それだけのためのエントリーです、すみません(笑)
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月17日 (金)

ウィルキンソンのジンジャエールPETボトル版

MACお宝鑑定団のDANBOさんが、宴会ではジンジャーエールしか飲まないのは有名な話だが、ワタシもコーラよりはジンジャーエール派(まあ、そんな人は多いはず)。
んで、ジンジャーエールならカナダドライじゃなくてウィルキンソンでしょ〜と思うのも多くのジンジャーエール好きと同じ(と勝手に思ってる)。店でウィルキンソンがあると嬉しい(明るい赤ラベルのドライより、濃い赤ラベルのほうが好き。)

そんなウィルキンソンのジンジャエール(ウィルキンソンはジンジャーエールじゃなくてジンジャエールと表記する)がPETボトルでコンビニで買えるようになった!
・・・という朗報に、買って帰った!

Wilkinson

嬉しいなあ嬉しいなあ、仕事のお供に定番化・・・と書こうと思ったのだけど、えーと、なんだろ、これ、ウィルキンソンのジンジャエールだよ・・ね?

なんか味が違う、とくに後味が違う気がする。。。
気のせい?PETボトルのせい?それとも、瓶入りとPETはもともと違う製品?
実は〆切直前でググってる時間が無いので、答えはすでに発表されてるのかもだけど、とりあえずファーストインプレッションを書いておく。
(そこまで忙しいならブログなんか書くな、って突っ込みはスルーで。。)
--ads--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2011年6月14日 (火)

ヨドバシでiTunesカードが安い

サークルKサンクスでは恒例のカルワザ会員限定iTunes Card割引販売が行われているが、ヨドバシカメラ(ビックカメラでも同様らしい)でひっそりと(?)それ以上の割引率のキャンペーンが実施中。

キャンペーンは2種類あり、
・同じ金額のiTunes Cardを3枚買うと、3枚目が半額
・10,000円のiTunes Cardを買うと1,500円のiTunes Cardプレゼント

Img_1168

前者のほうが得なので、5,000円のiTunes Cardを3枚買ってみた。
支払いは12,500円。
そしてここがまさにポイントなのだが、iTunes Cardは金券なのでポイントがつかない。つまり貯まったポイントの消費先として使うのがベスト

ヨドバシカードのポイントはつい、大物購入の軍資金に充当するのを楽しみに貯めるものだが、冷静に考えれば、ポイントの付くときはカード決済で、ポイントの低いものをポイント充当で買うのが正しい。

え、おまえ、1万5千円も音楽買うのかって?
来月にはLionだし、その前後にはFinal Cut Pro Xが来ると思うので、いま、iTunes には残額を積み増しておく時期だと思う。
--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年6月12日 (日)

mono-logue 5周年

まったくの私事ですが、mono-logueは5周年を迎え、6年目に入りました。
いろいろお世話になっているyamaq blogが今年2月に5周年というエントリーを読んで、おお、んじゃ、mono-logueはどうだろうと思って調べたら、URL移転前の旧mono-logueの最初のエントリーが2006年6月12日でした。
Macintoshとカメラと名打ってる割には最初の話はPorscheDesign の財布(笑)

Monologue_01

もともとはmixiの日記で買ったものや仕事で使ったAV機器等の感想を書いていたのを、当時のmixiは検索性が極端に悪く、アーカイブのつもりで外部にアーカイブとしてコピーし始めたのがきっかけ。
だからMacintoshやカムコーダー、一眼レフの話を短信のように書いていたと思います。
yamaqさんのように、自分でブログを構築するでもなく、既存のココログサービスで良しにしちゃってるし、内容も緩い。
そんな姿勢だから逆に5年も続いたのかなあ。

たまに読んでくださる方、いつも読んでくださる方、ほんとうにありがとうございます。

Monologue_02

せっかくなので調べたら、旧mono-logueは2006年6月12日から翌年8月まで、1年と少しでエントリーは610、アクセス数は53万強。
現mono-logueは2007年8月から3年10ヶ月で2361のエントリーと506万のアクセス。ありがたいことです。感謝の心を込めて、でも、メジャーサイトでもなんでもないので、プレゼントもなにもないのですが(^_^;
よければ今後ともよろしくお願いいたします。

Monologue_03

人生はすでに折り返しを過ぎ、自分の可能性と残り時間を見比べながら階段を上っているような年齢になりました。

どこまで行けるのか、まあ楽しく行けることころまで、と思っていますが。

--ads--

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年6月11日 (土)

マグネシウム3D雲台 460MGレビュー

マンフロットからカーボン三脚である190CXPRO4を借りた時、組み合わせる雲台に迷った。スチル中心なら3Way雲台だし、ムービーなら2Wayのフルード雲台が順当なところだし、機動性でボール雲台(自由雲台)という手もある。

460mg_01

ただ、3Way雲台もビデオ雲台も自由雲台も持っているのでちょっと違うものが使いたかったこと、電車の旅なので3Way雲台のにょきにょき2方向にパーン棒が伸びてるのは邪魔そうだったので、パーン棒のない3Way雲台、マンフロットでは3D雲台と呼称される460MGを借りてみた。

460mg_02

14220-282-224896

460mg_03

3D雲台はパーン棒がなく、大型のノブで締める形の3Way雲台。3Dというだけあって自由度の高いセッティングが出来るのが強み。
実は秘かにギア雲台と勘違いしていたのは内緒(^_^; マンフロットのギア雲台は410です(笑)写真の見た目が似ていたので・・・

460mg_04

アウトドアでの機動力で言えば、操作のスピードも重さもそりゃ自由雲台だけど、ボール雲台って水平だけちょっと戻す、とか仰角だけ振る、ってのがニガテ。一発で位置を決められないワタシには微調整しようとしてうまくいかず、いらいらすることも多かった(鈍臭いと言われればそれまでだが)。

460mg_05

460MGはボール雲台に近い軽量さとパーン棒のない運搬時の取り回しの良さを持ちながら、3Wayの独立微調整が容易なまさに狙い通りの雲台だった。

続きを読む "マグネシウム3D雲台 460MGレビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月10日 (金)

NEX-C3とNEX-5ファームアップ

かなりまえから確定的なリーク情報の出ていたNEX-3後継機、C3が国内正式発表。Cってなんの意味なのかよく分からないけど、3系、5系として続くのかな。厚さで5ミリ薄い(NEX-5比較)は大きいかも。バリアングル液晶1枚分薄いってことだよね。
とはいえ、まあ、NEX-5使ってる身にはそれ以上の感慨はない。興味はいつなのかは分からないNEX-7かなあ。

で、C3に合わせて既存のNEX-3,NEX-5もファームで機能強化
ピクチャーエフェクトって個人的にはほとんど使わないのだけど、MF(マニュアルフォーカス)時のピーキング機能追加はいいなあ。
ワタシにとってのNEXってあくまでEOS 5D Mark IIあってこその存在なので、EOS 5D Mark IIをもっていくほど気合いの入らないときのサブカメラだったり、スナップカメラだったりするのだけど、もうひとつ楽しんでるのがEOSのレンズを使った遊び。

Img_0358

フランジバックが短いEマウントはレンズアダプタを介したレンズ許容度がすぐれてて、いろんなレンズで遊べる。
遊べる・・のだけど、当然マニュアルになるのでピンは大きな課題。最近、老眼を自覚するワタシにはさらに大きい(笑)

このピーキング、動画撮影時も有効かなあ〜。楽しみ。
次のEOS 5D Mark II後継機も、ピーキングは搭載して欲しいなあ。
--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年6月 7日 (火)

夏ライオン

予想通りというか予告通りというか、WWDC2011はOSが主役。
Mac OS XはついにLionに。
ヒエラルヒー的にはLionの次のトラ族は考えにくいので、10.7はこれでさよなライオンか。

Img_3579

OSが2,600円でしかも承認したMacすべてにインストール可能というと凄い話だけど、この承認ってMac App StoreのApple ID紐付けだろうから、ある意味、ユーザー数の分だけLionが売れる。
ライオンだけに、オンライン販売のみでパッケージ版がないのでDVDの貸し借り、コピーによるイリーガルなインストールもなくなるので、購入ユーザー実数は増えるよね。
正規に購入したユーザーが正しくベネフィットを得られ、不正規ユーザーが難しくなるのは良いことだと思う。

で、大学のような機関購入のボリュームライセンスはどうなるんだろう・・・?

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 6日 (月)

EF200-400mm F4LとPFモードと再生リング

先々週の話だが、土曜日だった娘の運動会が雨で火曜日に延期。

Ef_200400mm_f4_l_01

子供の運動会だからと休講にするわけにもいかず(笑)朝1時間半ほど観戦して講義に向かった。さすがに来ていたお父さんたちは例年の2〜3割か。
普段は広角や中望遠中心のワタシだが、運動会だけは望遠が欲しくなる(笑)
とはいえ、保有する望遠ズームはEF70-200mm F4L ISだけ。

Ef_200400mm_f4_l_02

今回はたまたま借りていたEOS 7Dがあったので(あ、返さないと(^_^; )換算300mmオーバーにはなったものの、トラックの反対側を走られてはフルショット以上のアップは撮れない。
価格もTPOも無視すれば、キヤノンが開発発表しているEF 200-400mm F4 L IS USMエクステンダー1.4xがあると無敵なんだろうなあ(笑)

これエクステンダーで560mmまでいくんだけど、7DのようなAPS-CカメラだとX1.6で900mmに近い超望遠になるという計算であってる?
飛行機(撮影)好きにはたまらないレンズになりそう。高価そうだけど。

Ef_200400mm_f4_l_03

ところでCP+2011でみたEF 200-400mm F4 L IS の展示では、MF/AF切り替えボタンに、PFという位置があった。
これ技術情報みると電動?フォーカスの一種らしい

動画撮影に適したパワーフォーカス(PF)モードを新設しました。このモードは、フォーカスプリセットスイッチがOFFの状態で機能し、フォーカスリングの前にある再生リングを回すことでピントを滑らかに変えることができます。再生リングの操作角度で2速のピント移動速度を選択でき、動画撮影の際にスムーズなピント送りによる映像表現が楽しめます。(技術レポート 2011年2月号

確かにEOS MOVIEには有効そうだ。
この駆動信号を外部制御できれば素晴らしいフォローフォーカスシステムが作れるなあ。そういう仕様を公開していく社風には見えないけれど、うまくやればEOS MOVIEを核にしたエコシステムが出来て行くと思うのだが・・・。

Ef_200400mm_f4_l_04

ところで、この技術資料に書かれたパワーフォーカス用のリング、「再生リング」って書かれてるんだけど、なんで再生?素直にPFリングって言わない理由はなんなのだろう?

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 5日 (日)

ロマンス(カー)の神様

マンフロットと行く大人の遠足、箱根篇 最終回
今回は旅を彩った鉄道篇で。
普段、機材が多いときはついクルマで出かけてしまう。
だが、今回はみんなで電車移動。なんか本物の遠足みたいで車中も楽しい。

Manflotto_01

(クリックで拡大:NEX-5 スイングパノラマ撮影)
これは箱根登山電車
NEX-5を取り出して、スイングのリハをしただけでワタシの意図を理解し、変顔ポーズを決めるしょういちさんが素晴らしい。
お腹の出た黒いポロシャツは、WillVii社の・・(以下自粛)

Manflotto_02

(クリックで拡大:NEX-5 スイングパノラマ撮影)
これも箱根登山電車。確か彫刻の森美術館から宮ノ下に向かうとき

14219-282-223857

Manflotto_03

このように移動が多い旅先では三脚を展開してじっくり撮る時間が少ないことから、ついカメラの手ブレ補正あるいは高感度モードに頼ることが多いのだが、三脚じゃなきゃダメなシチュエーションの一つがコレ。

強羅駅での箱根登山電車ケーブルカー
なんてことはない長回し1カットだからこそ、揺れないFIXカメラが求められる。

Manflotto_04

ケーブルカーホームのような傾斜地に三脚を立てるとき、今回使った460MGのような3D雲台はとても重宝する。

帰りはふたたびロマンスカー。

Manflotto_05

そして我々はそこで実に素晴らしい車掌さんと出逢うことになる。
検札の時から他の乗客グループにシャッター係を買って出るなどサービスマインド旺盛な車掌さんだとは思っていたが、クマデジタルさんしょういちさん、を読めば分かるようにサービスと言うよりはエンタテインメントに昇華させた立ち振る舞いが素敵。

Manflotto_06

正規の車掌帽をかぶって敬礼するWillViiの担当者、はちさん。

続きを読む "ロマンス(カー)の神様"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 4日 (土)

ザクBOOK

一冊まるごとザク本、と帯に打ったmook本「MS-06 ザクBOOK」を買った。
いやまあ、タイトル通りというか、ザクとその系統モビルスーツだけで構成した本である。

Zaku_01

ガンダムの主役はあのトリコロールカラーの連邦の白いヤツ、ではなく、グリーンの時に赤い、時に白や黒の量産型モビルスーツなのは異論の無いところだと思う(笑)が、旧ザクからギラ・ズールまでを対象としているマニア本(?)

Zaku_02

とはいえ、そこまでマニアに徹していないというか、比較的基本の解説を中心としているのはバランスイイかも。
以前、mono-logueでも書いたバルキリー本(VARIABLE FIGHTER MASTER FILE VF-1 VALKYRIE)は各種機体構造までねちねちと突っ込んでいたからなあ(笑)

Zaku_03

ただ、モビルスーツの機動概念を解説するときにAMBACシステムを持ち出しているけど、AMBACって公式設定になったんだっけ?
もともとはマニア本の走りであるGUNDAM CENTURYで初出した設定だと思っていたが、いまは正史扱い?

Zaku_04

1年戦争におけるMSの運用思想やらロジスティクスなど、読み物部分も面白く(黒い三連星は対MS戦のプロじゃなくて対艦戦のプロだろって解説は正しすぎて笑った)その手の人にはお勧めの一冊。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 3日 (金)

ATOK 2011のATOK Sync アドバンス

2011年も半ば近くになったが、ATOK 2011 for Macが発表された。Lion動作保証で七夕の翌日、発売らしい。
短冊には、もっと賢いIMになりますように、と書いてあるかどうかは知らないが、期待している。
正直、現行のATOKでもはや大きな不満はない(小さなのはあっても)。IMが毎年毎年劇的に良くなるなんてのも、あまり無いと思う。でも、EG Bridge亡き後、かわせみが現れるまで、MacのサードパーティIM市場を孤高に守ってきたATOKを応援するつもりでここ数年、バージョンアップしてきた気がする。
ただ、今回のATOK2011はそういう意味でなく期待している機能がある。

Atok_01

ATOK Sync アドバンス。複数のマシンでのATOK辞書を同期する機能。
かわせみがすでに実装し、とても有効な機能で(ちなみにかわせみも半年くらい本気で使った・・のだが、IMはATOKに戻した)ATOKの追随を待っていた。
Mobile Meを使うシステムではなく、JustSystemのInternet Diskを使うシステムなのでMobile Me同期の際にオートシンク、って訳にはいかないと思う。どんなスマートな同期になるのか楽しみ。
ただ、ATOK Sync アドバンス、12ヶ月無償、と書いてあるから、2年目からは有料、と読める。これがInternet Disk自体の契約が必要となるのか、ATOK Sync アドバンスのみの料金システムができるのかはWEBを見た範囲では分からなかった(見落としていたらゴメンナサイ)

まあ毎年ATOKがバージョンアップして、毎年アップグレードするなら、おそらくずっと無償で使うことができるだろう。ならば、ATOK Sync アドバンスはATOKを常にアップグレードするインセンティブになり得るはずだ。
もっとも、毎年ATOKをアップグレードするなら、AAA優待で購入するより月額制ATOKライセンスを契約する方が得。月額300円なので、通常版のもっとも安価なベーシックDL版と比較しても15ヶ月以内でアップグレードが来る限り月額版が有利。ちなみにワタシは月額版の1年縛り版とも言える1Year版DLなので月単価はもっとも安価なはず。
そして、今日、twitterで@atok_jsに確認したところ、月額制は契約を続ける限りATOK Sync アドバンスも無償で使えるらしい。
当分、この形で使うつもり。
ただし、この定額制ATOKは定期的なライセンス認証が必要で(オンラインで自動)、その認証時にネットに繋げていないと一時的にATOKが使えなくなる。しばらく放置していたノートMacを鞄に入れて出張した新幹線車内でが〜ん、となった苦い思い出もある(笑)そういうときに限ってN700系のぞみじゃなかったり・・・

オマケ
久しぶりにATOKユーザー登録にログインして、自分のユーザー登録見てみる。

Atok_02

あれ?最初のスターターパック、登録してない。。。
振り返ると、初めて買ったATOK8はフロッピーだったんだ、とか
PalmOS用ATOKとか、懐かしく思い出す。
もう14年近いつきあいか〜

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2011年6月 2日 (木)

とれるカメラバッグを女性がかけると

とれるカメラバッグは初回ロットが完売。ハンドメイドのせいか生産数が少なく、次回入荷は今月下旬になっている。
MacBookAir 11inchが入るのも特徴だが、ワタシは13inchユーザーで、さらに職業上、A4書類が多いので残念ながらとれるカメラバッグは常用バッグにはなっていない。

Torecame_00

それでも、PCの要らないときはEOS 5D Mark IIかNEX-5を突っ込んで気に入って使っている。
で、すでにけっこう前の話になってしまうがEye-Fiカードの新顔、Eye-Fi Mobile X2発表会に行ったときもとれるカメラバッグだけ提げていったところ、顔見知りの方々から訊かれる訊かれる。

関心は高い。特に女性。
彼女らの関心は、女性が使うにはどうよ?なので、実際に提げて貰ってみた。

Torecame_01

手にしているのはMacBookAir 11inch

Torecame_02

11inchはぴったり入る。

Torecame_03

これはさすがに無謀だった。

Torecame_04

肩掛けショルダーの感じ。

Torecame_05

ちなみに知人の女性ブロガーがじゃんけん大会でモニタープレゼントを勝ち取っていたのでそのうちレビューでるかも。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 1日 (水)

EOS 5D Mark IIファーム2.0.9とUDMA7

_mg_9917

話題に乗り遅れた感もあるが、EOS 5D Mark II ファームウエア Version 2.0.9がリリースされた。
・UDMA7のCFカード使用時の書き込み/読み取り速度を向上
って、あれ?4月下旬に7Dファームアップで対応されてたヤツだ(当時のmono-logue)。EOS 5D Mark IIではまだ対処してなかったのね(^_^;

・メニュー画面に表示される言語の 「アラビア語」、「ポルトガル語」、「スペイン語」、「タイ語」 の誤記を修正しました。
的な修正はよく見るけど、発売2年半たっても、指摘されてなかった(発見されてなかった)誤記が残ってるんだなあ。。。

--ads--
このデジタル水準器、アッガイたんの頭みたいだな。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »