« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

3D動画をYouTube表示するテスト

3D動画にいまひとつ盛り上がれないのは
・アトラクション映像になってしまいがちなこと
・再生環境が少なく、不完全なこと
・Macで編集する術が無いこと

でも、実はすでにYouTubeは3D動画に対応していた(^_^; ので、テスト的に1カットあげてみる。

撮影:ビクターJVC GS-TD1

13542-282-234726

赤青メガネが・・・いるんだよね、やっぱりさあ

13542-282-234726

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

LionのQuickTimeはセカンダリ再生できない?

LionにしたMacBookAirで初めてプレゼン。
もちろん事前にLionでのkeynote等の挙動を確認して問題ないはずだったのだが・・・なんとQuickTimeの挙動が変わっていて焦った。

Quicktimepresentation_01

プレゼンといえば、ノート型Mac(いや、Winでもいいんですが、ワタシの場合の話)をプロジェクターに繋ぐのが定番。
そのとき、両方のディスプレイをミラーリングする派と、プロジェクターをセカンダリーディスプレイに設定する派といると思うのだけど、ワタシは後者。

Quicktimepresentation_02

で、プライマリー(手元)はごちゃごちゃとプレゼン用素材(主にKeynoteとQuickTimeムービー)を置いてあっても、セカンダリー(プロジェクター)はシンプルなデスクトップピクチャ1枚だけにしておいて、KetnoteやQTムービーをフルスクリーンで再生する。
自己満足なこだわりではあるが、そんなディティールの美しさもプレゼンの要素のひとつだと思っている。

Quicktimepresentation_03

映像系のプレゼンが多いワタシはKeynoteだけでなくQuickTime Playerも併用することが多い(QTムービーをKeynoteに貼ればいいじゃんという意見もあろうが、フルHDムービーはフルHDで再生したいんです)。

QuickTime 7 Proは、ムービープレゼンテーション機能を使うと

Quicktimepresentation_04

フルスクリーン再生をセカンダリーディスプレイで行うことが可能で、手元で確認、キーボードショートカットでプロジェクターにダイレクト再生ができた。
思えば、これがもっともワタシのニーズに合った挙動だった。

Quicktimepresentation_05

QuickTime X(10.0)になって、ムービープレゼンテーション機能が無くなってしまい、当初、途方に暮れたが、ムービーファイルを予めセカンダリーディスプレイ上で開いて置いておけば、

Quicktimepresentation_06

フルスクリーンモードに入ったとき

Quicktimepresentation_07

そのままセカンダリーディスプレイ上で再生されることが分かったので、ムービー再生直前にプライマリからセカンダリにドラッグ&ドロップすることで対応した。
(とはいえ、QT7でやるほうがスマートなのでQT7を残していた)

Quicktimepresentation_08

ところが、LionのQuickTime X(10.1)は、機能が拡張された(お宝鑑定団Blogより)一方で、この挙動が変わってしまったようだ。

Quicktimepresentation_09

LionのQuickTime X(10.1)は、プライマリ上でフルスクリーンにすると、セカンダリのデスクトップもブラックアウトするが(これは良い)

Quicktimepresentation_10

10.0と同じようにセカンダリーディスプレイ上にファイルを置いても、

Quicktimepresentation_06

フルスクリーンにすると

Quicktimepresentation_09

プライマリディスプレイ上に開かれ、セカンダリがブラックアウトする
おいおい、勘弁してくれ(>_<)
なんで、こういう改悪をするかなあ

Quicktimepresentation_11

さらに、SnowLeopardにLionを上書きインストールしたのだが、MacBookAirに残して置いたQuickTime 7が削除されている_| ̄|○
うむむ
うまい方法をご存じの方、お教え下さいませ。。。

--ads--

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

埼玉県知事選挙 啓発CMメイキングビデオ

今日は埼玉県知事選挙の投票日。
以前書いたように、この埼玉県知事選挙の投票促進キャンペーンCMはうちの学生の企画によるもの。一部シーンはワタシの勤務する大学で撮影された
そのときの様子を学生が撮影、メイキングビデオを繋いでくれたのでここで公開。
撮影はSONY CX700V
編集はFinal Cut Pro 7

CM企画は 畠山 雄太郎
メイキング制作は 伊藤圭汰、野村早紀、川田なな恵
おつかれさまでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月30日 (土)

今月のMac雑誌に

Mac People、Mac Fanといえば、いまや貴重なMac雑誌。
雑誌が売れない時代・・・というものの、まとまった記事はやはり貴重。(まあ、とかいいつつ、特集次第で買うばかりで定期購読はしなくなっちゃったが)

Maczasshi_01

今日(ん?昨日?)発売の2大Mac雑誌。
両者とも別冊でLionガイドをつけてがんばっている。これを書いているiMacとMacBookAir(いまや旧型・・・)はLionにしているものの、メインマシンのMacProは移行待機中。
ガイドブックを読みつつ、Lionに馴染もうと思う。

で、今月は両誌共に原稿を書いています。Final Cut Pro X関連で。
個人的ポリシーで、同じ製品のことは同じ月に出る別雑誌に書かない(仕事を受けない)のをマイルールにしていて、先月はMac Peopleでビデオカメラ特集、Mac FanでFCP X、インプレッション、ビデオSALONで松原さんと対談、させていただいたのだけど、今月は

Maczasshi_02

Mac Peopleで、Final Cut Pro Xレビュー(1P)
実はけっこう苦労しました

Maczasshi_03

Mac Fanでは、編集者から「FCP Xへの批判が凄いんだけど、その理由を書いてよ(大意)」ってリクエストに応えてみた?記事(2P)を書かせて頂きました。

よろしければご覧くださいませ

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月29日 (金)

TD1の3D写真、拡張子MPOをMacで読むには

ビクターTD1を借りたのはいいが、3Dムービーのハンドリングに苦慮する今日この頃、皆さん、如何お過ごしでしょうか?
さて、3Dムービーファイル(MVO)をMacで扱うときのアプリ別ハンドリング状況は先日書いた通りだが、今日は3Dの2Dファイル、いやいや、誤解を招くな。立体視静止画ファイル、拡張子MPOのMacでのハンドリングをレポート。

Td1

13542-282-234377

なお、ビクターTD1の3D静止画ファイルであるMPOはMulti-Picture Formatの略で、2009年2月に社団法人 カメラ映像機器工業会で規格策定されたものらしい(ここからPDFを入手できる。CIPA DC-007が該当規格)。いま、いきなりの値下げで話題沸騰の任天堂3DSでの写真規格でもあるらしい。

Mpo_01

MPOファイルはAdobe Bridgeではサムネイルすら表示できないが

Mpo_02

Exifにはレンズや機種名がちゃんと表示される。

Mpo_03

でも、Photoshop(Ver.5.1)では開くことが出来ない。

Mpo_04

Finderでもサムネイルは表示されないが、Quick Lookでは内容が表示できた。

Mpo_05

Mpo_06

ので、拡張子MPOをJPGに書き換えてみると

続きを読む "TD1の3D写真、拡張子MPOをMacで読むには"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月27日 (水)

Focus in TV Adobe映像塾にゲスト出演

急なお知らせですが(いや、決まったのも急なので(^_^; 
明日のFocus in TV Adobe映像塾にゲスト出演することになりました。

先週から全6回で始まったFocus in TV Adobe映像塾は、アドビと冠付きながら、AVID、Apple、・・と自由に話題の展開するUst番組。

初回は、ワタシも親しくさせて頂いている高野光太郎さん、山本久之さんがゲストでしたが、明日の第2回『DSLR(デジイチムービー)の編集ワークフロー』に、ゲストで出させて頂きます。

Adobe

あす、木曜日、夜10時から配信です
よろしければご覧くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」の終演

東京ディズニーランドの隣で行われていたシルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」が年内をもって終了するという。
震災後、減った観客数が回復せず、事業継続が困難との判断という。
正直、震災の影響だけでは無いと思うが、残念だ。

_mg_8818

写真は2008年秋、ZEDが始まったときのもの。(当時のブログ
もうすぐ3年になるんだなあ。

ZEDは他の演目と異なり、レジデントショー。つまりその土地固有の常設館でのみ見ることのできるショー。
3年前、日本に初めてできた常設シアター。そしてレジデントショーが終わることの意味は大きい。
レジデントショーが閉じるのって、もしかしたら初めて?

終演までに、もういちど行きたいと思ってる。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月26日 (火)

TD1のMVCファイルをMacで扱う

3Dカムコーダー、ビクターGS-TD1を長期に借りることになったのは良いが、最初から心配があった。その3Dムービーファイルは、Macでハンドリングできるの?って心配である。
実際、ビクターの製品仕様でも付属ソフトウエアの対応表はWinのみで、Macについては一言も書かれていない。世の中にはアップル製のパソコンなど存在しないかのようだ(笑)

Td1_mvc__01

GS-TD1の3Dムービーは2つのフォーマットに対応する。
AVCHD サイドバイサイド
(ただし、AVCHD 2.0で規格化されたものとはやや異なるらしい)
MPEG4 MVC(フルHD)
本機の特徴である高解像度3D規格であるMP4 MVCがMacでどう扱われるか、試してみた。

13542-282-233704

Td1_mvc__02

Adobe Bridge CS5.1

サムネイル表示問題なし。プレビュー再生可能(2Dとして再生)

Td1_mvc__03

QuickTime 7

再生問題なし(ただし、スタートにややもたつく)
おそらく左チャンネル分の2D再生

Td1_mvc__04

QuickTime X

再生問題なし。おそらく左チャンネル分の2D再生

Td1_mvc__05

Adobe Premiere Pro CS5.5

再生、編集可能。さすがネイティブ主義のプレミア。
おそらく左チャンネル分の2Dで編集。アプリ内で編集シーケンスの再生は可能。書き出しはまだ試していない。検証は追って。

Td1_mvc__06

Final Cut Pro 7

再生、編集可能。ただし、編集したシーケンスは再生時にコマ落ちする。おそらく左チャンネル分の2Dで編集。アプリ内で編集シーケンスの再生は可能。書き出しはまだ試していない。検証は追って。

Td1_mvc__07

Final Cut Pro X

再生不能。音声のみ出るが、画はブラックアウト。
これはちょっと意外だった。QuickTimeでは扱えているのになあ。FCP 7でOKでFCP Xではダメな理由はわかんない。今後、いろいろ試してみないと。

現状でMP4 MVCの編集に対応している(と謳ってる)のは、同梱のアプリか、Vegas Pro 10くらい?

13542-282-233704

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月24日 (日)

F1.2の2眼

ボケりゃ(被写界深度が浅ければ)いいってもんではないけれど、レンズが明るいのは基本的には正義。ただ、どうしても大きく重く高価くなるので、俗に言う大三元には手を出せず、ズームはF4単焦点で明るいヤツ、主義。

Jvc_01

ので、10倍ズームで有りながらF1.2立ち上がりってのは、いくらイメージャーの小さいビデオカメラでも偉いなあって思う。(望遠域はF2.8)
このブログが上がる頃、これをバッグに入れて新木場のスタジオに向かっているハズ。

Jvc_02

常に映像機器をリードしつつ、ぱっとしない(失礼)JVCの3Dムービーカメラ。
ビクター GS-TD1

13542-282-233415

Jvc_03

パナもソニーもブタ鼻2眼の3Dムービーカメラをリリースしているが、民生用としてはこいつが一番本格的に思える。
という訳でしばらくお借りします、というティーザーエントリーでした。

Jvc_04

ただ、問題は、Macintoshではどうすればいいんだろうという根本的な課題が・・・(^_^;

13542-282-233415

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月23日 (土)

ビデオSALON 編集長の取材ノート

ワタシの大学(学部)には、3年次にキャリアディベロップメントという就業意識を明確化する講義があって、その中で実際の現場で働いている方をゲストに話を聴く特別講演の回がある。
今年は、お世話になっているご縁で、無理矢理(?)ビデオSALONの編集長にお越し頂いた。(ありがとうございました)
そうしたら、ビデオSALONウエブの「編集長の取材ノート」で、演習室のことを書いてくださった。

編集長の取材ノート
いまどきの大学の映像関連の設備って、こうなっているのか・・・

人の話を訊くというのが本来の仕事なんだけど

Final Cut Pro Xをどう評価するか?

M_kobo_11

ツイッター等でRTされ、けっこう反響があったようで、演習室をコンセプトから仕様、デザインまで行った身としてはどきどき。(もちろん、同僚の先生や施設、情報といった各部署の協力と尽力あっての話だけど)
こういう演習設備って、教育機関としてどう考えるか、なにを教えるべきかというのは非常に悩ましいところだし、様々な意見がある部分だと思う。
機会があったら、そういう意見交換会もしたいなあと思ったり。
見学したいという声も頂いています(実際に某社の方はいらっしゃったり)。
いつでもどうぞ、という訳にはいきませんが、自然豊かな飯能まで足を伸ばして頂けるなら、できるだけ調整します。

M_kobo_12

Focus in TV Adobe映像塾が、今週から始まっているけれど、その第1回ゲストの高野光太郎さん山本久之さんには、非常勤講師として教壇に立って頂いていたりもする。
芸大系のアプローチとも、専門学校のアプローチとも違う、教育をなんとか確立したいもの。
いろいろ課題もあるのだけれど、よろしくお願いいたします。>誰となく

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

iPhone用ヘッドホンアンプAT-PHA31i レビュー

クマデジタルさんが昨年秋にオーディオプレーヤーをiPhone 4からWalkmanに乗り換えたように、モバイルオーディオプレーヤーとしての音質差は圧倒的にアップルよりSONY。音にイマイチ弱いワタシでも聴き較べれば一目瞭然(いや、一聴瞭然か)。
んでもiPhone から乗り換えるつもりのないワタシは、ならばスーパーパーツを付けるしかあるまいと、オーディオテクニカのヘッドホンアンプAT-PHA31i を導入してみた。

Atpha31i_01

ワタシがiPhone 4は純粋なスマートホンにしてオーディオプレーヤーとしてウオークマン等を併用しないのはプレイリストや使い勝手の問題ではなく、単純にふたつも持ちたくないから。
ポケットに余裕のある冬場はともかく、この季節、ふたつのデバイスを身体に下げたくないという理由に尽きる。
ゆえにヘッドホンアンプも大型筐体のものは最初から除外。

Atpha31i_02

量販店の店頭でいくつか試し、iWOWはいま装着しているバンパーでは入らない(笑)のを確認しつつ、オーディオテクニカのヘッドホンアンプAT-PHA31i に落ち着く。
ドックコネクタの先に1mのコード、その先にリモコンを兼ねた本体。
定価12,600円。量販店で9,800円。amazon、価格コムで7,000円弱。

Atpha31i_03

電源はiPhone 4から供給されるので電池不要。電池不要なので筐体も非常に薄く、要求仕様に叶うもの。なにしろコードを含め20gしかない。本機自体に電源オンオフがなく繋ぐと常に使用状態でスルーできない。iPhone 4のバッテリー消耗がどの程度増えるのかは未知。

Atpha31i_04

iPhone 4にはドックコネクタで接続。ヘッドホン端子(iPhone 4の内蔵アンプ)を使わず原音に忠実な高音質・・というのがウリだが、あくまでアナログ出力経由。評価は後述。

Atpha31i_05

アルミヘアライン仕上げの操作パネルは悪くないけど、ボタンはいかにもなプラで形状、配列が同じなため、指先だけでは判別は困難。

続きを読む "iPhone用ヘッドホンアンプAT-PHA31i レビュー"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年7月22日 (金)

Lionにするもの、待つもの

LionことMac OS X 10.7がリリースされたとき、大学宿舎でM山先生と打ち合わせ中だった。打ち合わせの中でM山先生は、MacBookAir 11inchリプレイスを宣言、翌朝、エデュケーション担当に電話していた(すごいなー)。
M山先生同様、ワタシも現行MacBookAirのユーザーなのだが、ワタシは悩み中。
パワートレインの強化を考えると買い換えにも値するのだけど、悩むなあ。EOS 5D Mark IIの後継機は秋に出ない気がするので、今年はMacに投資しておくのもありだけど、今回、音沙汰無かったMacProのモデルチェンジが夏(か秋)に来るのなら、そっちかなあ、とも思うし。メモリ8GB実装できれば即ダイブなのだけど・・。
閑話休題。

LIonの魅力は感じるものの、大きく変革するときのトラブルは怖いもの。
Final Cut Pro Xはプロジェクト互換がないのが痛いものの、アプリの同居は問題ないので並行使用で検証を進められるが、根っことなるOSはそうはいかない。

Lion

とか、悩みつつ、打ち合わせを終えた深夜、そのまま、MacBookAirをLionにアップデート(笑)。
やっぱり使わないと良さも悪さも分からない(ので、使いもせずにFCP Xをdisる方々には共感できない)から、トラブルが起きても影響の少ない(代替手段がある)MacBookAirをLion化。
Air中のファイルをいくつか開き、MS Office、Photoshopの基本動作に問題が無いことを確認。(Photoshopはこの問題で最初びびった)
翌日、大学研究室のiMacもランチ中にえいやっとLion化。
自宅のメインマシンであるMacProはしばし保留。
一部のNASに繋がらないとか聞くと、Drobo含め対応状況を確認しつつだなあ・・・

そういえば、アップルのサイト、Mac OS Lionと表記されてるだけで、Ver.10.7って言い方はしなくなってるんだなあ・・・
--ads--

Adobe CS5.5 アカデミックストア@amazon

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月21日 (木)

MacBookAirとThunderboltはDuoの夢を見るか

一部の噂通り、Lionと同時にMacBookAirもmac miniも登場。
潔く光学ドライブレスにしてきたmac miniもアグレッシブで良いが、本当にアップルは脱円盤なんだなあ。次のMacBookProも光学ドライブを廃止してくる可能性が高いように思う。

そして今回、MacBookAirのポテンシャルをさらにあげてみせるのがThunderboltディスプレイ。
Macintoshのなかで、最も「削ぎ落とし型」の存在がMacBookAirだと思う。
イーサもFireWireもない。SDカードスロットはもちろん光学ドライブもないしUSBポートも初代はひとつだった。
そのストイックさは魅力でもあったものの実運用では、ああ、USB足りねえなあとか、FireWireあったらなあ、と思うことも多かった。

Thunderbolt

それがThunderbolt Displayにつなぐと、その先に、USB x 1、イーサネット x1 FireWire800 x 1が並び、ドッキングポートのように振る舞う。
(写真はアップルのWEBより)
この写真をみると、PowerBook Duoって本当はこうなりたかったんだろうなあ、と思ったりする。

ちなみに写真のMacBookProなら、Thunderboltディスプレイを二枚直列つなぎして運用可能となっている。
Final Cut Pro Xでデュアルディスプレイはイイ感じだが、このとき、MacBookProの画面に映ってるのは、なんの画面?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年7月19日 (火)

ビデオSALON8月号でFCP X対談

Final Cut Pro Xがリリースされ、様々な媒体に書かせて頂いています。それだけ注目度も高い2年ぶりのFinal Cut Pro。
その1誌でもありワタシのホームグラウンドでもあるビデオSALON(玄光社)8月号が明日発売。見本誌が届いていました。

Videosalon_01

今回のメイン特集は、2011上半期ビデオカメラ総決算

Videosalon_02

上半期20機種のスペック一覧表は壮観。
これ、さり気ないように見えて、かなり時間がかかる作業。購入検討の材料としても価値あるけれど、後の資料的価値も高い。

Videosalon_03

もちろん、スペック比較のみならず、操作性、画質についても比較検証あり。
第2特集は3D

Videosalon_04

そして第3特集が、Final Cut Pro X。
記事部分はFCP UG代表でも有り、古いつきあいでもある松原雅人さん。

Videosalon_05

そして、松原さんとの対談記事ではワタシも登場

Videosalon_06

ちょっと刺激的な発言もしていて、敵を作るかなあ〜とかも思うものの、まあ、正直な発言なのでお許しください。ダジャレもいくつか削除されず記事になっているので(笑)是非。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月18日 (月)

竹田団吾衣裳作品集 /写真 野波浩

竹田団吾氏と言えば劇団☆新感線の舞台衣装を筆頭にした独特の衣裳デザイナーだけど、その彼の衣裳デザインをまとめた作品集がでていて、写真を 野波浩氏が撮っている。

Photo_01

野波浩氏はなぜか偶然写真展に出逢う運命にあるフォトグラファーで、十数年前から新大久保やその他で行われた写真展に伺っていた。

Photo_02

Photo_03

衣裳デザインの作品集なのだけど、野波浩氏が撮ると画像処理を含め、野波浩氏の写真集になってしまうのが魅力であり、純粋な竹田団吾ファンには不満な部分かも知れない。

Photo_04

Photo_05

フェティシズム系の好きな方は是非。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月17日 (日)

カーボン三脚を買う

三脚選びは難しい。
純粋に目的から来る機能だけなら、重く、しっかりしたものがいい。
フランスの機関銃座からはじまったメーカーとか、だ。

だけど、モビルスーツの性能の差がすべてではないように、三脚もまた、前線へ投入するまでの兵站と密接な繋がりが有り、軟弱なワタシの躯体構造に重いEOS 5D Mark IIクラスの一眼レフを搭載したら、重い三脚なんて運用できるハズもない。
行き帰りは、なるべく軽く、コンパクトにしたいのだ。

この矛盾する要求仕様のせめぎ合いのなか、それぞれの判断が分かれていくのだが、今回はこれ。

Img_2049

マンフロット 190CXPRO4
モノフェローズ大人の遠足 箱根篇のときに借りたマンフロットのカーボン三脚。
本当は脚だけ買って、雲台はやはり箱根の時に借りた460MGにしたかったのだけど、断念。
脚だけの190CXPRO4ってけっこう高価いのに加え、脚だけだと、このキャンペーン対象外になってしまうから。

と言うわけで、報告は後日。
--ads--

manfrotto 190CXPRO4 @ Amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月16日 (土)

Final Cut Pro Xの静止画読み込み

そういえば、先日、Final Cut Pro Xの静止画読み込み設定で、設定単位がTCベースじゃなく秒単位になっている件を書いたけど(これはコメント頂いたG25A さんの解釈が正しい気がしてる)、FCP Xの静止画読み込み設定、いくつに設定しても10秒がデフォルトになってしまう(^_^;

Fcp_10

Fcp_11

これ、どこかで既知のバグ情報として読んだような気もするんだけど、どこだっけなー。
はやく直してちょ・・

にしてもFCP X、写真のEXIFからISOやレンズ情報は読んでますね
絞りが変だけど・・・

--ads--

Final Cut Pro - Apple®  Aperture - Apple®  Motion - Apple®  Compressor - Apple®

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月15日 (金)

ブライツ フェニックスとブライツ アナンタ

ブライツ フェニックスのバンドを革バンドからステンレスの金属バンドに換装した。

Brightz_01

毎年、梅雨入りの頃にステンレスに換え、12月に革に戻す習慣になって2年半。
そっか、この仕事も2年半か。
換装待ちの間、新しいシリーズを見せて貰う。

Brightz_02

ブライツ アナンタ
いつのまにかブライツにフェニックスじゃないシリーズが出来ていた。ノーマルブライツより高級ラインでフェニックスよりスポーティなクロノグラフライン?

キャリバーは8R28。ブライツフェニックスは2008年の終わりから8R28に移行したハズなので脂ののったころかな。高価い時計だけど、この価格帯でピラーホイール(コラムホイール)で垂直クラッチなのでクラス以上の贅沢仕様ではある。
とはいっても、いまのモデルよりそそるものはないのでカタログも閉じようとしたら・・・

Brightz_03

8月発売の限定モデル
BRIGHTZ Ananta NS_CONCEPT

モデル名で分かるように、坂井直樹コラボレーションモデル

個人的には坂井直樹氏はもういいよ、と思ってたりするのだけど、こういうの見せられるとやっぱうまいなー。
8月発売。世界限定1,000個(うち国内700個)262,500円らしい。

--ads--

ブライツ アナンタ現行モデル@amazon
ブライツ フェニックス現行モデル@amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Final Cut Pro X ボリュームライセンス始まる?

アップルのFinal Cut Pro X Q & Aに書かれていたボリュームライセンスの提供が日本でも始まったらしい。
Appleソフト自動送付サービス事務局からメールが届き、ライセンスコードと認証方法について案内があった。

Appstore003

予想はしていたが
認定ユーザがコンテンツコードを使用してソフトウェアをダウンロードするには、Mac App Store で取得した iTunes アカウントが必要
らしい
管理用にアカウントを作成しなきゃいけないなあ。
あれ? iTunes アカウントってもしかしてクレジットカード登録必要だったっけ?

--ads--

Final Cut Pro - Apple®  Aperture - Apple®  Motion - Apple®  Compressor - Apple®

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月14日 (木)

Mac App Store価格改定とAperture

今朝、アップルがApp Store、Mac App Storeの為替レートを世界的にいっせいのせっ、と改定し、日本では115円が85円になるなど、大幅な値下げが行われたのは今さらmono-logueで書くまでもない。
Final Cut Pro Xも、発売後僅か3週間のタイミングで3万5千円が2万6千円に大幅な価格改定が行われ、ワタシのまわりでも悲鳴がたくさん聞こえた(笑)

Finalcutpro014

なんというか、不運としかいいようがない・・・ワタシに関して言えば、例え今日九千円値下がりするのを知っていたとしても初日にDLしたのは変わらないだろうけど、普通は違うよねえ(^_^;
これでFinal Cut Pro Xは事実上、Final Cut Expressと同じ価格帯になった。
Motion、Compressorあわせても3.5万。お薦めである。

それはさておき、同日にマイナーアップデートが行われ、バージョンを3.1.3としたApertureが、価格改定の途中、なんらかのミスで十数分、無料になっていた。
研究室に戻ったときには、価格も修正されたあとで、祭りに乗れず残念。

Aperture001

いや、Aperture3は正規でパッケージ持ってるから、悔しくなんてないんだかんね・・・と言いたいところだけど、パッケージ版なのでMac1台にしかインストールできない
ほんとは大学のiMacにも、モバイル用のMacBookAirにも入れたいのになあ・・
ちぇ・・(^_^;

--ads--

Final Cut Pro - Apple®  Aperture - Apple®  Motion - Apple®  Compressor - Apple®

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月13日 (水)

埼玉県知事選挙 啓発CM

7月31日は埼玉県知事選挙の投票日です。
いやまあ、ワタシは都民なので選挙権はないのだけど、今回の選挙は縁がある。
というのも、若者層の投票率向上は全国的なテーマで、埼玉県選挙管理委員会も県内の大学、専門学校等から埼玉県知事選挙の啓発CMの企画(絵コンテ)を募集した。

Senkyo_02

その案内を読んで、自分の授業(プリプロダクション演習等)で、1コマ、企画ブレストを行って、学生達に応募を促したところ、最優秀賞に学生が選ばれた(3年、畠山 雄太郎さん)。
しかも、幸運に助けられた部分はあるのだろうけど、優秀作品6作品のうち、5作品までが、その授業から、というのは嬉しいものだ。

Senkyo_03

という訳で、CMも一部シーンを、大学で撮影することになった。
主演?は、企画者畠山くん。
エキストラは優秀賞の企画者たちを含む、学生有志たち。

Senkyo_04

授業がすべて終わってからの遅い時間からの撮影。

Senkyo_06

Senkyo_07

 

続きを読む "埼玉県知事選挙 啓発CM"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月10日 (日)

Final Cut Pro Xの数値入力

2年ぶりのFinal Cut Pro Xのバージョンアップのおかげで、かなり忙しい。今週末くらいには終わるといいなあと思いつつ、あれ?その頃はもしかしてLion秒読み?とか思うと嬉しい悲鳴だ。うはは。

Fcp_x_01

という訳で、Final Cut Pro Xコネタシリーズ、今回は数値入力の挙動が変わっている件。

いや、もともとはちょっとタイムラプス素材を編集しようと、EOS 5D Mark IIの膨大な静止画を読み込もうとした訳です。Final Cut Pro実践講座(玄光社)ではP116で解説しています。
ちなみに同ページ、タイトルは正しくタイムラプスと書いていますが、なぜか本文ではタイムラスプと誤表記しています。おそらくワタシの原稿タイプミス。amazonの書評(カスタマーレビュー)でご指摘いただいて、重版のときには修正したいと思っていましたが、Final Cut Pro Xの出た現在、重版の可能性はなさそうです(>_<)

Fcp_x_02

で、Final Cut Pro 7ではユーザー環境設定>編集>静止画/フリーズの継続時間 から静止画のデュレーションを設定するが、静止画を2フレに設定したければ

Fcp_x_03

そのTCブロックを選択し、2と入力し、enterで確定すれば00:00:00:02と入力できる。

Fcp_x_05

で、Final Cut Pro Xではどうかというと
環境設定>編集>静止画像:デフォルトの長さ がそれにあたると思うが・・

Fcp_x_06

入力ボックスを選択、2と入力し、enterで確定すると、なんと2:00、そう2秒になってしまう。(たしかに単位は秒だけどさ)

Fcp_x_07

入力ボックスを選択、0.02と入力し、enterで確定すると、0.02秒になる・・が、あれ?0.02秒は2フレームって意味じゃないぞ・・・
ねえねえ、この単位をフレームにする設定ってどこかにあります???

Fcp_x_08

ちなみに左右の▼▲を使うとアップダウンできるけど、使いにくいよね・・と最初思ったのだけど、

Fcp_x_09

これ、選択したらMagic Mouseの背中を上下に指で撫でてやると、気持ちいいほどリニアに数値が変化するのだ。お試しあれ。
これみるとMagic Trackpadで操作するFinal Cut Pro Xに俄然興味が沸いてくるな。ジェスチャーコマンド対応だし・・。
--ads--

MacAppStore Final Cut Pro - Apple®

Final Cut Pro実践講座 電子書籍版(2,000)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月 9日 (土)

iPhone でATOK Sync

昨日、ATOK 2011 for Macがリリースされ、複数台のMacのユーザー辞書が同期したばかりだというのに、今日、ATOK PadとTweet ATOKがアップデートされ、ATOK Sync対応となった。

Atoksync_11

仕事早いよ、ジャストシステム。
審査の時間を考えると、最初から同時リリースを狙っていたのだろうか。
アップデートしたATOK PadとTweet ATOKでは設定にATOK Syncが現れ、連携機能をオンにするとユーザーIDとパスワードを訊かれ、登録するとオンラインでATOK 2011のユーザー辞書を同期してくれる。

Atoksync_12

ATOK PadとTweet ATOK、それぞれユーザーIDとパスワードを入れなきゃいけないのは面倒くさい。この両者、辞書は別々に持ってるの?このあたりはスマートにやって欲しいなあ。iPhone 4とiPad、計四回も入力するのはちょとね。

Atoksync_13_2

とはいえ、ATOK Padのみとはいえ、iPhone のユーザー辞書がデスクトップと同じになるメリットは計り知れない。

(従来もATOK Padと既存のATOK辞書をマージする方法がなかったわけではないが恐ろしく面倒だった)
iPhone ユーザーは、このためだけにATOKを2011にバージョンアップしてもいいと思う。
かつてMacintoshの名コピーに Think different があるが、いまこそ、Sync different なのだと思う。

--ads--

ATOK 2011 for Mac [ベーシック] 通常版
ATOK 2011 for Mac [プレミアム] 通常版

ATOK Pad - JUSTSYSTEMS CORPORATION
Tweet ATOK - JUSTSYSTEMS CORPORATION

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

HYPERWEAPON 2011の宇宙戦艦

先日、大学の帰りに池袋の本屋で見つけた薄い画集(?)
そりゃ、表紙にヤマト(後述するがヤマトではなかった)があれば開かずにはいられない(笑)

Hyperweapon_01

HYPERWEAPON 2011 ハイパーウェポン2011 神なる永遠の黄昏
小林誠さんの画集(?)らしい。小林誠といえば、ZガンダムやZZでアクの強いモビルスーツをデザインした人だし、個人的にはジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日で球体怒り肩のGRを作り上げたひとに尽きる。
ので、急ぎ帰ってamazonで注文。

Hyperweapon_02

なんでその場で買わなかったかというと、このサイズ。B4判型で薄い、こんな本持ってラッシュ時の山手線と地下鉄に乗るのは自殺行為だ。
amazonの巨大段ボールにシュリンクされて到着。

小林誠さんが宇宙戦艦ヤマト復活篇に絡んでいたのは知っていたけど、あのヤマトは見る気が起きなかったし、映画評の七割が共感するzomさんの一言映画評「電子竹林」で一刀両断にされていたのでスルーしてしまっていた。

Hyperweapon_03

この本で扱われているのは「宇宙戦艦ヤマト復活篇DIRECTOR’S CUT」のイラストと設定集らしいのだけど、ディレクターズカットがあるの??
小林誠さんの仕事は見事。薄くて高価い本だけど、この手のものが好きならばそれだけの満足感はある。

Hyperweapon_04

表紙のヤマトと思ったものは波動実験艦ムサシ、らしい。
え〜、そんなものも出てるの?大きく張り出した艦橋がイイ感じ。

Hyperweapon_05

宇宙空母ブルーノア!
いや、復活篇は完全スルーだったので、ブルーノアが出ていたのは知らなかった。ちなみにシド・ミードデザインのヤマトとして有名?なYAMATO2520にもこんなデザインで登場していたのだけど、あれも小林誠デザインで、しかも修理・改修して300年運用された艦、という設定だったらしい。では、あれは、このブルーノアと同型艦どころか、同じ艦という設定か。やるなあ、小林誠さん。

Hyperweapon_06

ディレクターズカット用新作カットのみ登場らしいが、ラスト近くに登場する地球防衛軍残存救助艦
映画の主力艦隊はこの時点ではすでに壊滅しているので、旧型艦の寄せ集めという設定らしいが、さらば・・・で古代が乗っていた巡洋艦(パトロール艦)や雪風のリファイン・・・そそります。

Hyperweapon_07

そしてアンドロメダ!
小林誠さんもアンドロメダのデザインは高く評価しているらしく、引退したアンドロメダ級12番艦(A-12)が輸送艦として運用されている設定だそう。非武装艦なので拡散波動砲をカバーで覆ってるってのも素敵。

続きを読む "HYPERWEAPON 2011の宇宙戦艦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SPACE BATTLESHIP ヤマトのBlu-ray

キムタクがおめめキラキラさせて演じてたSPACE BATTLESHIP ヤマトは、実はけっこう好きだったりする。そりゃ唐突なご都合主義的展開とか、感情過多の割に伝わらないキャラの心情とか、いろいろあるけど、アナライザーの新解釈とかうまいし(一番の泣かせどころですね、もっともイスカンダル上陸戦でアナライザーはコスモゼロのまま上空直援させればいいんじゃないの?とも思うけど)、滅び行く中の幻の希望としてのヤマト、っていう沖田艦長の秘密(?)もいい(でも山崎努の演技はべたつきすぎだ)。

Yamato_1

VFX(白組)もかなりいい。邦画にしては、というエクスキューズをつけるのは好きじゃないけど、現実に規模もバジェットも桁違いのハリウッドと同じ方法論で戦うのは厳しいなか、ギャラクティカを思わせる艦隊戦やイスカンダルの降下戦などは見事だと思う。
ただイスカンダル降下シークエンスの描写やガミラス側のスターシップを中心に、スター・トレック(エイブラムス版)と近似が多すぎるような部分は気になった。ギーガーのようなメカとか、最近の流行なのだろうか

Yamato_2

で、そんなSPACE BATTLESHIP ヤマトもDVD & Blu-ray化。
やっぱ、そのVFXのメイキング、見たいと思うよね。ので、買ってもいいかなあ、とラインナップを見て驚いた。

・スタンダードエディション(2.625円)
 本編+PR映像は安価だけど、DVDのみ。まあ、これは仕方ない。

・プレミアムエディション(BD 5.040円 DVD 3.990円)
 本編+キムタクメイキング+対談ほか

・コレクターズエディション(BD 10.290円 DVD 9,240円)
 本編+キムタクメイキング+対談ほか
 VFXメイキング
 ・ 古代進のドッグタグ(復刻レプリカ)
 ・ 戦闘班ジャケットタイプ
   携帯クリーナー付きストラップ
 ・ 立体フォトカード(2種)+フォトスタンド
 ・ 地球防衛軍エンブレム入りパスケース
  (乗艦証タイプ)
 ・ ブックレット
 ・ 100ページを超える絵コンテブック

まいったな〜。VFXのメイキングが見たいだけなのに、プレミアムエディションではダメなのか。かといって、ドッグタグもパスケースもいらない。
コレクターズエディションのオマケ・・・ドッグタグとかパスケースとか、誰が欲しがるのかなあ。ワタシも中学生や高校生だったら欲しいと思ったかもだけど・・キムタクファン向け・・でもないよね。
まだ10cmくらいの精巧なヤマトフィギアが付いていたほうがそそるし、いっそグッズ無しでVFXメイキングと絵コンテのみで一万円、と言われた方が悩み甲斐があったなあ。う〜ん、買えない・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 8日 (金)

ATOK 2011とATOK Sync アドバンス

七夕はサンダーボルト搭載のMacBookAirが欲しい・・と短冊に書くつもりが、そんな時間も無く過ぎ去った気がする。
下の娘(小2)の短冊には「○○(長女の名前)と仲良くしたい」と書いてあったらしい。毎日毎日、ケンカばかりだもんなあ。なかなかほんわかする願い事だが、にしてはキミ、今日も自分からケンカ売ってんじゃないよ(>_<)ゞ。
そんな訳で七夕の翌日、発売されたATOK 2011 for Mac。

Img_2938

写真はATOK2008、辞書付きパッケージを買うとプレゼントで付いてきたカード型USBメモリ。なかにATOKのインストーラープログラムが入っていて直接インストールできるというちょっと気の利いたプレミアムだった。
それはさておきATOK 2011
まあ、以前書いたようにIMが毎年毎年劇的に良くなるなんてのも無いと思うし、現行のATOK2010に大きな不満もないのだけど、定額制ユーザーなので自動アップデート。
ただ、今回楽しみにしていたのが複数のMacにインストールされたATOKのユーザー辞書をネット経由でマージしてくれる待望の新機能ATOK Sync アドバンス。

Atoksynchelper001

だが、これ、ATOK2011をインストールしただけじゃダメで、ATOK Sync の登録をしなきゃいけないし、その際、Just社のInternetDISKの登録もしなきゃいけない。
小さなトラブルもあって手こずったが、無事、メインマシンであるMacPro、機動歩兵ともいえるMacBookAirのユーザー辞書がマージされた。
来週、大学に行ったら研究室のiMacもマージしよう。

Img_2939

これまでは、Final Cut Proと打つとマシンによってFinal Cut Pro XとかFinal Cut Pro 7とかFinal Cut Pro 5とか(お)出て面倒だったが、これで大丈夫(笑)
--ads--

Just MyShop(ジャストシステム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 7日 (木)

HF G10 + ワイヤレスマイク WM-V1

2週間ほどまえに書いたように、今年の上半期(おそらく通期でも同じだろう)ビデオカメラマイベストはキヤノンのHF G10。
2年前にこれがあったら、大学演習室のハンディカムはすべてこいつになっていたハズだ。バッテリーやチャージャーを考えると混在がちょっと考えにくいので導入できないのが残念。米軍がユーロファイターを運用するようなもんだからなあ。

Hf_g10wmv1_01

そして、キヤノンの新しいアクセサリーがWM-V1
2個で1セットのワイヤレスマイクユニットだ。

Hf_g10wmv1_02

まあ、SONYにもECM-AW3という同じような製品があるし、ワイヤレスマイク自体は業務用では昔からある。UWP-V1なんかはその代表。

Hf_g10wmv1_03

WM-V1やECM-AW3がそれら業務用と違うのは、UWP-V1等が800MHz帯を使うUHFワイヤレスなのに対し、WM-V1やECM-AW3はBluetoothを使ったワイヤレスだということ。
そのため、安価でかつ使用の敷居がとても低い。さらに相互でトランシーバーのように会話も可能(会話の録音はできない)

Hf_g10wmv1_04

レシーバーユニットをこんな形でHF G10に取り付ける。

Hf_g10wmv1_05

専用マウントスポットがあるわけではなく、グリップに挟み込むなど。

Hf_g10wmv1_06

さらに出力をHF G10本体のマイク入力に挿す。
この辺は、レシーバーをG10内蔵にして、マイクだけ売ればいいのにと思うが、コスト面なのか他の理由があるのか、別ユニット。

Hf_g10wmv1_07

Hf_g10wmv1_08

HF G10は内蔵マイクとマイク入力を任意のバランスで収録できる。

この辺のイージーオペレーションは民生機ならではでとても好き。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 6日 (水)

和田慎二氏を悼む

和田慎二氏が亡くなった。
61歳、早いなあ。

普通のひとには、スケバン刑事の作者で有名だろうし、マンガ好きならピグマリオかもしれないが、ワタシにとっては、ただ1作、「クマさんの四季」(デジタル版、クマさんの手記ならここ

そこかしこに、「太陽の王子ホルスの大冒険」の影響をみることが出来るが、この作品は傑作だと思う。Wikipediaによれば絶版のまま、再版の予定もないらしい。
手元に残っていないのが悔しいなあ

--ads--

余談だけど、「ホルス」の映像表現は、アニメーション演出の教科書として非常に優れていると思う。必読。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

使えるのと使いやすいは違う

まあ、当たり前のことなのだけど。

フランジバックの短いNEXはマウントアダプタ遊びにもってこいで、フォクトレンダーの40mm F2EF50mm F1.2Lあたりつけると、なんともいえぬ楽しさがある。
とはいえ、使える、から楽しい、ってのはあっても、だから使いやすい、ってのとは違う。

Img_0046

NEX-5にEF100mm F2.8L MACRO ISは、KIPONのマントアダプタ経由で使える。
マクロに弱い現状のNEXには強い味方・・・
なのだけど、当然、AFもISも効かないし、なかなか難儀。

Img_0048

純正の30mmマクロ、早くでないかな〜
秋だったよね。
このサイズで等倍マクロって偉いと思う。思ってたより暗いのがちょっと残念だけど。

--ads--

Eマウント30mm MACRO 最安値検索@楽天

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 5日 (火)

fotonのモーションレタッチ

fotonという会社が日本で、いや、世界的にも有数のフォトレタッチ会社であることは知っていた。以前はMacintoshだったけど、いまはHPであることも。

でも、デジタルフォト & デザインセミナー 2011で見た(まさに見た)fotonのモーションレタッチには驚愕した。

Img_2384

そのときのデモムービーが公開されているので、まずは見て欲しい。

vimeo版(高画質)
YouTube版(iPad、iPhone はこちら)

具体的な制作プロセスは明らかにされなかったので、地道なデジタルガテン作業なのか、独自のミドルウエア等が存在するのかは分からなかったが、世界が変わりそうだなあ。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラッセル・ブラウン 2011 in Japan

いまの若手クリエイターたちは知らないが、我々の世代にとってラッセル・ブラウンは間違いなくスターのひとりだ。
で、先週の金曜日行ったアドビとコマーシャル・フォトが共催するデジタルフォト & デザインセミナー 2011のトリはもちろん、ラッセル・ブラウン・ショー。

Russell_01

ラッセル・ブラウン 2011年版コスプレ

Russell_02

足袋を履いているらしい(これ、うけるとこなのかどうか分からない)

Russell_03

名古屋会場のバックヤードに貼ってあったという張り紙が

Russell_04

Russell_05

パペットワープ機能のデモ素材となる

Russell_06

手にしているのは、ここに書いたオミヤゲ
盛り上げたオーディエンスにプレゼント。

続きを読む "ラッセル・ブラウン 2011 in Japan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 4日 (月)

PR:無駄になるならそれが幸せなのが保険

mono-logueのポリシーというほどのものではないけれど、利害関係を隠してエントリーは書かない、を基本としている。モニターとして借りたもののレビューは借りた、と書くし、頂いたものを買ったと偽ることもしない。
本文中にアフィリエイトは貼らない(アフィリエイトは本文終了後の--ads--ライン以降に限定<例外時は明記)。エントリー掲載自体に報酬が発生する場合は、タイトルにPRと明記。等を自分のルールとしている。
本エントリーは掲載によって報酬が発生しています。

twitterで流行っている診断メーカーものは、日本独特なのか海外も同様なのか知らないが、ネタによってはツボにはまる。ガンダムものなどは回避が難しい(笑)

で、このmono-logueが置かれているココログで行われてるのがこれ

ブログネタ: オモシロ診断「オススメ保険診断」に挑戦しよう!参加数

保険会社とタイアップものだけど、診断自体はただの遊びに徹していて潔い。

もっとも個人的にはもっと笑えるダジャレにして欲しいものだとか思いつつ、
本名入れたり、アルファベットも大文字小文字変えたりして、一番受けたのがコレ

Safari001

やっぱねえ、ダジャレはココロの保険だと思うよ。うん

え?そんなことナイジェリア?

 

オススメ保険診断|@nifty保険アドバイザー

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年7月 3日 (日)

FireWire800はまだまだ戦える?

クマデジタルさんが、iMacの外付けストレージ選びに悩み中。いや、今頃、決まってる可能性も高いのだけど、そこはそれ。
三択の女王は竹下景子だけど、四択だったら(篠沢)教授じゃないですか
で、ニコニコしながら自説を述べると
・ドライブメーカーに(ある程度)拘るのは同意
・WesternDigitalは、以前は偏見あったけど、近年イイらしい。

Firewire800_hdd_11

実は昨年度終わりに、大学の演習室用にオトナ買い(いや、大量導入)したのが、WesternDigitalのMy Book Studio Edition II(2TBモデル)。
ゼミごとに数台割り当て、うちのゼミでは制作チームごとに1台を貸与。Final Cut Proのプロジェクトと映像素材のストレージにしている。
プラな筐体は実際に触ると心許ないけど、RAID0でFW800、2〜3レイヤーのHDVストリームはイイ感じでRTストリームが効く。RAID1への変更も可能だが、入ってるのはWDのグリーンドライブなので、その場合のパフォーマンスはやや不安かも(未検証)。
ただ、なにより5年保証というのは大きい。多数の学生が使う外付けHDDとして(運営サイドとして)安心感が高い。
もっとも、保証されるのはハードウエアであって中身のデータではないが。

amazonよりAppleStoreが安く、同額でヨドバシ。ポイントを勘案すれば、ほぼ20kなのもいい。長期保証も入れれば、これでは単体ケース+ベアドライブのメリットはない。

Firewire800_hdd_12

G-TechnologyのG-RAIDは、演習室の一部MacProと、自宅で運用中。
クマデジさんの言うように中身はHGSTのみ。しかも現行モデル(GEN4)は、エンタープライズ用のドライブ採用だ。HGSTは将来的にはWDなんだろうけど、現状は違うし。

Firewire800_hdd_13

こちらは7200rpmのドライブを2発でRAID0。重い金属ボディなので持ち歩きたくはないが、設置時の安定度は高い。3年保証でうちではMac本体のリプレイスよりも長寿命な計算。
ただあまり量販店では見かけない。AppleStoreくらいかなあ。
そのせいもあって、WDの倍近い価格になるのでちょっと薦めにくい。

ラシーは竹下景子じゃなくて菊地桃子(いや、それはラムー)
以前はよく買っていたけど、いまはモバイル用の小型のものしか買ってないなあ。
Thunderboltには期待しているけれど、その恩恵を享受できるのは来年以降になるような気がしてる・・。FireWire800はまだ終わらんよ、と思いたい。

--ads--

G-Technology HDD @楽天
Western Digital 外付けHDD @ amazon
La Cie 外付けHDD @amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 2日 (土)

PENTAX Q展開

ワタシ自身はペンタックスユーザーだった時代はないんだけど、周囲にはハイパープログラムのZ-1や、写真の基礎を学ぶのにとてもいい作りだったMZなどのユーザーがいて好感持っていたメーカー。
真面目な半面、妙なはじけ方するのか、リラックマ ペンタックスみたいなキワモノも少なくない
(対抗して、GUNDAM EOS とか面白いと思うんだけど、キヤノンはやらないよなあ)

で、PENTAX Q
コンデジのセンサーで一眼。。。ちょっと・・と思う反面、ああ、この方向もありだよね、と思わせて、気になる存在・・
だったのだけど、事態はQ急開をみせて、リコーへ、ですか

キヤノンのEOS,ソニーのα、同様に、リコーのPENTAXってブランディングはありと思うが、なんというか、HOYA、クールだなー。
遠くを見てるんだろうなあ。あ、遠近両用?
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 1日 (金)

ラッセル・ブラウンのオミヤゲ

アドビとコマーシャル・フォトが共催するデジタルフォト & デザインセミナー 2011に行ってきた。協賛に日本HPが入っていることもあってか、世の流れと言うべきか、壇上のマシンもHPが多かったが、お目当てのラッセル・ブラウンはちゃんとMacBookProだった。

Adobe_06

ラッセル・ブラウン・ショーは明日日曜日もあるため、ネタバレになる写真は掲載しないが、彼がオミヤゲと言いながら持ってきたのがこれ

Adobe_07

小さなカメラのミニチュア
以前、mono-logueで紹介したEOS 5D Mark IIのUSBメモリーに近いが、精巧度はちょっと落ちる。

Adobe_08

この限定オミヤゲはあることをしてラッセルのお眼鏡にかなうと彼からショーの最中に手渡しされるもの。
明日、行くひとは精一杯盛り上げると良いと思うよ

Adobe_09

ちゃっかりラッセルのツボを突いた?@hisara_さん
いつもお世話になっています。いつか競演したいデモンストレーターの方です。

Adobe_10

レンズ部分がUSBメモリーになっていて、メモリーの中には秘蔵のラッセルムービーファイルが入っているらしい・・・
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

テスト撮影

この時、書いたスタジオの艤装がほぼ完成。ほぼ、というのは、可搬型サブモニターのバッテリーが無かったり、ケーブル長が足りなくて機器が繋がらなかったり、Macにアプリのインストール、調整が終わってなかったり・・・で、実運用には至っていないからだが、動作確認を兼ねてテスト撮影。

2st_01

2st_02

手伝ってくれる学生達(撮影、掲載許諾済)

2st_03

2st_04

2st_05

今月中には完成披露したいなあ。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »