« 踊ってみたを3Dで撮ってみた -JVC TD1 3D Movie- | トップページ | 知人がEOS 7Dを買った »

2011年8月 8日 (月)

LionにQuickTime 7を再インストール、Proキー解除

先週、LionのQuickTimeはセカンダリ再生できない?エントリーで
QuickTime X のフルスクリーン再生時の挙動が変更され、セカンダリディスプレイでフルスクリーン再生が出来なくなった事を書いた。
コメント欄で指摘頂いたように、Lion時代のフルスクリーンアプリケーションとしては正しい挙動である・・というのに異論は無いが、プロジェクターを使ってプレゼンに使う身としては困ってしまうのだ。

Qt766_01

同じくコメント欄でHiko氏より、単体QuickTime7のダウンロードを教えて頂き、QT7を再インストロールしたが、それを行いながら一抹の不安があった。

Macお宝鑑定団ブログ「OS X LionにQuickTime Player 7をインストールする」では「QuickTime 7 Pro for Mac OS X」のProキーも認識されます。
とあるが、かってQTのProキーが付属したFinal Cut Studioは単独Proキーの付属を止め、Final Cut Studioのインストール時に、Proキー解除が行われる仕組みになっている。
Proキーを抱いたまま削除されたQT7を再インストールした場合、Proキー解除ってちゃんと行われるのか????

Qt766_02

結果、大丈夫でした(笑)
ProアプリケーションがインストールされていればOK?なのかは分からないが、ちゃんとProキー解除が行われた模様。

Qt766_03

ので、プライマリーで開いたQTムービーを

Qt766_04

表示>ムービープレゼンテーションでセカンダリにフルスクリーン表示可能。

Qt766_05

ちなみにムービープレゼンテーションのキーボードショートカットは
shift + command + F なので、スマートなプレゼンのために覚えておくと良い。

Qt766_06

なお、QT7が削除された状態で入れたQTムービーファイルはデフォルトの紐付けアプリがQuickTime Xになっているので、QuickTime 7に一括変更しておくのが吉。

--ads--

|
|

« 踊ってみたを3Dで撮ってみた -JVC TD1 3D Movie- | トップページ | 知人がEOS 7Dを買った »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/52419996

この記事へのトラックバック一覧です: LionにQuickTime 7を再インストール、Proキー解除:

« 踊ってみたを3Dで撮ってみた -JVC TD1 3D Movie- | トップページ | 知人がEOS 7Dを買った »