« 映像コンテストの話 | トップページ | 円周魚眼の画 »

2011年9月24日 (土)

NEX用マクロ SEL30M35 外観レビュー

昨日、試し撮りはしてみたNEX待望のマクロレンズ、E30mm F3.5の外観、仕様を中心としたレビュー。
実写は昨日のエントリーおよびFlickrを参照ください。

Sel30m35_15

コンパクトな箱と、大仰なフィルターパッケージ。まあ、このフィルターが恐ろしく高価い。SEL30M35本体の1/6の保護フィルターってどうかなあ。(後述)

Sel30m35_16

中身はこんな感じ。専用フードは同梱(装着済み)、レンズポーチ等はついていない。

Sel30m35_17

NEX-5(無印)につけてみたところ

Sel30m35_18

このSEL30M35には専用のフードがついてくる。いかにもプラスチックなフード。
スタバの珈琲のフタではない、念のため。

Sel30m35_19

レンズにつけるとこんなカンジ。ダサイ・・とか言っちゃダメダメ。

Sel30m35_25

NEX-5につけてみた。シネカメラだと思おうよ、うん。

Sel30m35_20

SEL30M35をつけたNEX-5(フード無し)

Sel30m35_21

SEL30M35をつけたNEX-5(フードあり)

Sel30m35_22

SEL30M35(30mm F3.5)とキットレンズであるSEL1855(18-55mm F3.5-5.6)

SEL30M35 最大径62mm 全長55.5mm 質量138g
SEL1855  最大径62mm 全長60.0mm 質量194g

Sel30m35_23

フード装着時

両者のサイズ感はほぼ同じ。持つと56gの違いは多少感じる程度。
等倍マクロであるというアドバンテージはあるものの、開放F値は同じ。(ワイド端では)

Sel30m35_24

もうひと段明るいか、手振れ補正が組み込まれていたら良かったのにナアと思うのはワタシだけではあるまい。
もっとも、このバランスで落としたからこそ、定価3万円というリーズナブルな等倍マクロに収まったところもあるのだろう。

Sel30m35_26

付属のフード先端にはフィルターねじが切ってあり、フィルターをフード前端につけることも可能。

Sel30m35_27

PLフィルター等を使うときには便利かな。

Sel30m35_28

オーソドックスにはちゃんとレンズにつけるのが正しい(はず)

Sel30m35_29

Sel30m35_31

わざとツアイス保護フィルターを付けた写真。

Sel30m35_30

保護フィルターは精神的安心感以外にはプラスのメリットは無く、付けるべきではない、というのも正しいと思う。まして3万円のレンズに5,000円の保護フィルターは違うよなあ。
とはいえ、精神的安心感を取る小市民なワタシであった。

実写は前回エントリー・・・なんだけど、マクロ作例と言えばお約束を忘れていた。

Sel30m35_32

FUSION WORKS GUNDAM STANDartより

そのココロは?

このレンズ、ズゴックいいかも\(^O^)/

--ads--

|
|

« 映像コンテストの話 | トップページ | 円周魚眼の画 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/52820467

この記事へのトラックバック一覧です: NEX用マクロ SEL30M35 外観レビュー:

« 映像コンテストの話 | トップページ | 円周魚眼の画 »