« EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×はまだ・・・ | トップページ | BenQ DLP LEDミニプロジェクター GP2 レビュー »

2012年2月11日 (土)

CP+2012 SONY NEX-7

NEX-7を初めて触った。初めてなのに、古い機種に思ってしまうのは、本機がタイ洪水の影響で発売自体延び、ようやく登場した「遅れた新型」感が影響してるのか
そういう意味では不遇な機体だと思う。
個人的にはNEXシリーズは高く評価してる。

Nex7_02

不満なところを言えばキリがない(お けど、他のカメラメーカー(ここではパナは家電メーカーとして扱ってる)が、クラシカルな「カメラ然」としたテイスト感を重視する中、APSサイズのセンサーを積んであのデザイン:NEX-5(初代)を出してくる感覚。当初、EVFを用意しなかった点など、個人的にはその空気読んでない感というか確信犯というか、がとても面白い。
で、遂に登場した上位機NEX-7
5にないギミックや機構を盛り込んで、高い次元でバランスを取って・・・ないじゃん、コレ。
ってのが正直な印象。

Nex7_03

クマデジタルさんが高く評価する有機ELファインダーは確かに抜群の見え方なんだけど、レンズ軸線にないんだよね・・・ファインダーが。

NEX-7のプロモーションのなかには「五感に響くカメラ」というのがあるんだけど、これが皮肉に思えてしまうのが哀しい。
眼の延長としてのファインダーは前述のように目線の延長にレンズがなく、指の動きをダイレクトに操作に結ぶTri-Dial Naviは操作感はいいのだけど、レスポンスがワンテンポ遅れ、高画素をがんばったのはいいけれどそのトレードオフで高感度特性はNEX-5Nに劣る。
う〜ん、NEX-7はフラッグシップとして欲張りすぎたのかもと思う。

Nex7_01

すべてを搭載せんがため、そのバランスを欠いた機体、ああ、ジェネラル・ダイナミクスのF-111みたいな印象なのか・・・。
そしてNEX-7もまたF-111同様、高価な機体になってしまった。
出だしとはいえ12万円台半ば・・ってううむ・・・。

--ads--

|
|

« EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×はまだ・・・ | トップページ | BenQ DLP LEDミニプロジェクター GP2 レビュー »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/53959694

この記事へのトラックバック一覧です: CP+2012 SONY NEX-7:

« EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×はまだ・・・ | トップページ | BenQ DLP LEDミニプロジェクター GP2 レビュー »