« Final Cut Pro X 10.0.3 | トップページ | Drobo ロスト »

2012年2月 3日 (金)

DIT デジタル・イメージング・テクニシャン

[Do it]今求められるDIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)とは? PRONEWSより

恥ずかしながら、デジタル・イメージング・テクニシャンという呼称を知らなかった。
ただ、読むと納得。
VE(ビデオエンジニア)の進化形(ポケモンみたいだ)というか、デジタル時代(ファイルベース時代)にあわせて再構成されたスペシャリストといったスタッフか。

個人的印象だが、これまで、撮影とポスプロはディレクターやP,PMがまたぐだけで、そこを一貫して繋ぐスタッフが明確化されてこなかったと思う。
もちろん、テクニカルディレクターというポジションもある程度浸透してきているが(ワタシが制作中の短編ではまさに山本久之さんにそのテクニカルディレクターをお願いしている)、「スタッフとして」撮影現場とポスプロをきちんと結ぶポジションが重要になると思う。

Img_7474

PMがそのノウハウも求められるのだ、というのは容易いが、誰でも理解できるノウハウでは無いと思う。

ヤマキューさんが投げたこの石が、やがて大きな波紋となって広がっていけばいいと思っている。
これこそ、リップル編集・・・(最後はダジャレか・・

--ads--

|
|

« Final Cut Pro X 10.0.3 | トップページ | Drobo ロスト »

映像編集/ソフトウエア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/53894318

この記事へのトラックバック一覧です: DIT デジタル・イメージング・テクニシャン:

« Final Cut Pro X 10.0.3 | トップページ | Drobo ロスト »