« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

銀座アップルストアで卒業制作展やりました

先日、予告していたように、アップルストアで卒業制作発表会を開催しました。

Applestore_ginza_01

 駿河台大学文化情報学部(学部改組により、現在はメディア情報学部)映像・音響コース 大久保博樹ゼミ(音響)、斎賀和彦ゼミ(映像)が合同企画として、銀座にあるAppleStoreのシアターを借り切っての卒業制作発表会を行いました。

 卒業式を翌日に控えた3月24日、土曜日の銀座は大変な賑わい、その喧噪を見下ろすアップルストア3Fのシアターで、大久保ゼミ、斎賀ゼミ、それぞれの卒業作品のダイジェスト版上映と解説が行われ、スーツに身を包んだ卒業生、ゼミの後輩になる下級生、父母の方々、ふらっと来場された一般の方々が様々な映像、音響作品を楽しみました。

Applestore_ginza_02

 この発表会が来年も行われ、メディア情報学部映像・音響コースの伝統になればいいなあと参加者の多くが思ったひとときとなりました

今日で今期も終了です。
(今日も仕事していました)mono-logueに今期とか来期はないものの、4月以降もよろしくお願いいたします。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月30日 (金)

スバルBRZ

先日、偶然に今日来たばかりなんですよ、というスバル BRZを見てきた。
ワタシはクルマも好きだけど、限界速度でコーナリングしたいとか、峠を攻めたいといった欲求はないので、おー、カッコイイクルマだよねえ、と見るだけなんだけど、戦闘機にせよ、クルマにせよ、猛禽類系のグラマラスなボディはとても好き。(F-14の肩口ラインなんて美しすぎると思ってる)

Subaru_brz_01

そりゃ、ポルシェとかフェラーリといった超級は別として、86やBRZは手の届く価格帯のスポーツカーとしてとても美しいと思う。
受注も好調で発表後約2か月で目標の約4倍となる3551台を受注したらしい。

手が届くと言っても300万のクルマの購買層が、
29歳以下が27.5%、30〜39歳が27.9%、40〜49歳が23.3%、50〜59歳が13.8%、60歳以上が7.5%レスポンス
というのは、ほほう、若者のクルマ離れってお金だけの話じゃないのね、と思うが、まあ、このクルマのターゲット層を一般的な概念で括っちゃダメなんだろうな。

Subaru_brz_02

66%が6速マニュアルミッション車、というのからして(笑)
(ちなみにポルシェ911ですら日本に限れば9割がATらしい)
シートに身を沈めてギアを握ってると、たしかに楽しい(笑)

Subaru_brz_03

まあ、子供が巣立って、おじいちゃんになったら、こういうスポーツカーに乗ってとろとろ走るのも楽しいかなあ、と思ったり。

ただ、BRZ公式サイトのムービー。なんであんなふうに紗を掛けてるんだろう?

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月29日 (木)

キヤノンとアルティザン&アーティストのコラボカメラバッグ

ちょっと間が空いてしまったが、先日のEOS 5D Mark IIIの特別体験会の際、会場の端っこにバッグやストラップが展示されていたのだが、気になったのがこれ、キヤノンとアルティザン&アーティストがコラボレーションしたカメラバッグ。
ショルダーバッグPA-AA-E1、メッセンジャーバッグ PA-AA-E2 など
小粋なメッセンジャーバッグE2も良いけど、ショルダーバッグPA-AA-E1に注目。

Paaae1_01

いや、キヤノンとアルティザン&アーティストのコラボカメラバッグが出たのは知ってたんだけど、アルティザン&アーティストってお洒落なひとが持つイメージと高価いというイメージがあってチェックすらしてなかった。
ってか、キヤノンのサイトでもこれしか紹介してないって、キヤノンやる気ないでしょ(笑)
ただ、実物見たら、とても良さそうでそそられた。

Paaae1_02

アルティザン&アーティストは深く見てなかったので(昔、変なネタでブログにしたが(笑)詳しく分からないけど、ベースモデルはこのDCAM-7000が近いのかな。

Paaae1_03

ファスナーストラップとショルダーストラップにキヤノンカラーの赤が効いていてなかなかお洒落。(やっぱワタシには似合わないか?
ただ、惹かれたのはデザインというだけでなく(いや、正しい意味でのデザインと言うべきか)ボタン受けが指が入るようになっていること。

Paaae1_04

そう、誰もが経験有ると思うのだが、バッグのボタンって、いくら生地が硬くてもボタンを留めるには裏側から押してあげる必要がある(場合が多い)。
この構造なら、それがとても楽。

Paaae1_05

小さなボタンまでその構造。
これがアルティザン&アーティスト製品でもあるデザインなのか、このコラボバッグならではのものなのか、ワタシには分からないのだけど、いや、こういう配慮のきいたカメラバッグは実際に使っても良いモノに違いないと勝手に思うのだ。

う〜ん、しばらく貸してくれないかな〜
EOS 5D Mark IIIにぴったりだと思うんだけど(笑)

訂正補足
最初の公開時、デジカメWatchの記事をもとに、A4サイズ相当のノートパソコンを収納可能と記述していましたが、店頭で実物を見る限りノートPCが入るとはイメージ出来ないので、記述を削除しました。
いつか、実際に試せたらいいなあ

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月28日 (水)

ガンダムフロントよりバルキリーで誘って

クマデジタルさんが、ガンダムフロント東京のチケットは、ネット予約が割高という相変わらず鋭い(?)エントリーをあげているが、いま、注目すべきは「ガンダムフロント東京」ではなく、「マクロス 超時空展覧会」であろう(笑)

Macross1

公式サイト

バルキリーで誘って とサブタイトル?コピー?のついたこのイベントは
・1/1スケール VF-25Fバルキリー(しかもガウォーク形態)の展示
があるという。

Macross2

いや、バルキリーはガウォークが最高と思ってる私には、1/1ガンダムよりキラッ!なイベントである。

だが、だがである。
※1/1スケールのバルキリー(ガウォーク形態)につきまして、東京・名古屋会場は会場の天井高の都合により、一部分(機首と両腕部分)のみとなりますので予めご了承ください。大阪会場では全身展示の予定となっております。
なんだと・・・・

それって、バラバラになったパーツをただ置いただけの去年のお台場ガンダムとどこが違うというのだ・・・_| ̄|○

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

AppleもAdobeもまだ未対応>EOS 5D Mark IIIのRAW

アップルがデジタルカメラ RAW 互換性アップデート 3.11をリリース。
対応機種:Nikon D800・・・・あれ?

1_dpp

そうなのだ。EOS 5D Mark III同梱のDPPやImageBrowserEXではもちろんEOS 5D Mark IIIのRAWに対応しているが・・・

2_aprture

Apertureでは未対応。
(デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 3.11)

3_bridge

Adobe製品でも未対応
(Camera Raw 6.6 <6.7βでは対応してるらしい)

まあ、時間の問題ではあるのだけど、Photoshop(というかCamera Raw )で現像できないのは面倒くさいな〜

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月26日 (月)

IP over FireWire

ターゲットディスクモードはMacを使っていて良かったと思える(笑)機能のひとつだ。なにしろ起動時にTを押しているだけでMacBookProが巨大なHDDになるのだから便利このうえない。

Ip_over_firewire_01

一時期、ターゲットディスクモードが廃止されるという噂もあったが、この起動時のアイコンを見ても分かるように、いまではターゲットディスクモードはFireWireのみならず、Thunderboltにも拡張されている。

ただ、高速且つ便利なFireWireターゲットディスクモードだけど、終了>起動プロセスが必要なのは面倒くさく、ただ、FireWireを繋いでいるだけで共有ディスクとしてマウント可能な、IP over FireWireの方が楽ちんなときも多い。

Ip_over_firewire_03

昔はなにやらもう少し小難しい呪文というか設定が必要だったようにも思うけど、LIONではさくっと共有。
ただ、ターゲットディスクモードの方が速いので、大容量データはターゲットディスクモードを使っている。

Ip_over_firewire_02

Thunderboltだと最大転送速度がFireWire 800の最大12倍とされているのだが、それはIP overでも同じなのかなあ。
いや、そもそも、IP over Thunderboltって、規定されてるんだっけ??

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

3月25日 卒業式

0325_01

昨日、3月25日は勤務する大学の卒業式だった。

0325_02

駿河台大学文化情報学部 メディア情報学科 斎賀ゼミ2011年度生 卒業

ワタシがこの大学に赴任して2回目の卒業生。昨年は震災の影響で卒業式が中止されてしまったので、ちゃんと送り出すのは彼、彼女らが初めてとなる。
ワタシが来た年に学部はメディア情報学部に改組したため、文化情報学部生としては最後の卒業生。

自分たちより後に入ってきた教員のゼミを志望するのは勇気が要ったはず。
ありがとう。
その期待?に応えることが出来たかどうかはともかくとして。

すでに仕事が始まっている学生も少なくなく、その関係でどうしても来られなかったゼミ生もいるけど、最後に1カットづつ。

0325_03

0325_04

0325_05

0325_06

0325_07

0325_08

0325_09

0325_10

卒業おめでとうございました。
また、いつか、どこかで逢いましょう。

0325_11

卒業式撮影を買って出た新4年ゼミ生、新3年ゼミ生とT助手。右は謝恩会を仕切った新4年ゼミ長(3年次のゼミ長)

0325_12_2

えーと、この写真、どうやって渡そう(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月24日 (土)

手持ちマクロを支えるテクノロジー

クマデジタルさんがEF 50mm F2.5 コンパクトマクロを買った。クマデジさんのレンズの選択理由エントリーの「いつまで経っても買えないEF 100mm F2.8L MACRO IS USMより、さっさとEF 50mm F2.5 コンパクトマクロを入手してしまった方が幸せ」という一節は、シェリルよりランカ、宇多田ヒカルよりモーニング娘。を選ぶ心理と近いような(あ、この手の例えは地雷になりそうなので避けよう(笑))近くないような(等倍マクロじゃないだけに)にしてもクマデジタルさん、お金の使い方がメリハリあって凄いなあと思う。豪気に使う感覚と100円単位を節約する感覚が同居してるのである。

クマデジさんのガンダム作例も素敵(余談だが、BさんのSony E30mm F3.5 Macro購入記など、一部モノフェローズはレンズ作例をガンダムで行うのが通例。)だが、クマデジさんのEF 50mm F2.5 エントリーの結びにあるAFも遅くてAIサーボAFも実用的ではないし、手ブレ補正機構もないので、多くのケースで三脚が必須になるように思いますが、でもマクロレンズというのは大抵そういうもの。に、モビルスーツが優秀なら当初のアムロでも勝てた的な実例で応えようというのが今日のmono-logue(笑)

Img_1789

マクロに手振れ補正が載り、さらにカメラボディにこの高感度特性は化け物か的なCMOSとDIGIC5+が搭載されたら・・・。
以下、すべて手持ち撮影。

5d3_4364_2

EOS 5D Mark III + EF100mm F2.8L MACRO IS
プログラムオートでは f2.8 1/80 ISO4000

5d3_4365

EOS 5D Mark III + EF100mm F2.8L MACRO IS
マニュアルで f13 1/25 ISO25600

5d3_4366

EOS 5D Mark III + EF100mm F2.8L MACRO IS
プログラムオートでは f2.8 1/80 ISO2000

5d3_4367

EOS 5D Mark III + EF100mm F2.8L MACRO IS
マニュアルで f18 1/25 ISO25600

リサイズのみ。原寸写真はflickrにあるので、EOS 5D Mark IIIのISO25600等のS/Nを見たい方はそちらへ

それぞれ前者はワタシの技量でなんとかなる範囲だが、後者は完全に機材におんぶにだっこ。このシャッター速度で100mmを手持ちする能力はザクにはないのだ。(せめて3倍速ければ・・・)

三脚を使わなくても絞った近接撮影が出来るイージーさは、写真道からは顰蹙かも知れないが、ニュータイプでもなければランバラルのような熟練兵でもない普通の兵隊にとって生き残るための強力な武器となる。
三脚使えよ、というのは間違ってはいないが、公共の場所での三脚は、やっぱ迷惑だよね・・。

また、EF100mm F2.8Lはいいんだけど、普段持ち歩くにはやや大きい。その意味でEF 50mm F2.5のコンパクトさは羨ましく、ISとUSM積んでリニューアルしてくれないかなと思う次第。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月23日 (金)

娘の卒業式

今日、上の娘が無事、小学校を卒業しました。
あっという間だなあ、と思いつつ。

0323_01

ありがとうございました>関係各位

子供が保育園の頃はビデオカメラの方が多かったように思うのだが、卒業式は別なのか、それとも風向きが変わってきたのか、一眼レフの多いこと多いこと。
Kissクラスもあるけれど、意外と中級機が多いのも目立った。
1系やEOS 5D Mark IIも時折。

0323_02

実はEOS 5D Mark IIIを投入していたのだが、誰一人、気がつく人はいなかった(笑)
そういうものかも。

こっそり買い換えても分かりませんよ〜 >誰となく

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月22日 (木)

EOS 5D Mark IIIの発売日

すみません。なんの中身もない更新ですが、ずっとあとになっても自分のブログ内で簡単に検索可能なようにエントリーします。

Eos_5d_mark_iii

2012年3月22日 Canon EOS 5D Mark III 発売日

まだ、EOS 5D Mark IIIのすべてに馴染んだわけでもないし、100%完璧だというつもりもないけれど、
でも、いまから3年はワタシの相棒として文字通り右腕になるハズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月20日 (火)

EOS 5D Mark IIIの取扱説明書

EOS 5D Mark III レビューシリーズ 小ネタ編

アップルもAdobeも、PC関係は印刷したマニュアルを無くし(申し訳程度の薄いものにし)オンラインマニュアル化が進むが、カメラはちゃんと印刷した取説がつく。

5d3_manual_01

EOS 5D Mark IIIはEOS 5D Mark IIに較べ少し厚みが増し、質量も50g重くなったが、取扱説明書(マニュアル)も厚くなった。

5d3_manual_02

写真では分かりづらいけど、こんな感じ。
EOS 5D Mark II(初版)は228P、EOS 5D Mark IIIは404Pとボディ以上の大幅ボリュームアップ。

EOS 5D Mark II(初版)と書いたのには意味があって、写真はワタシが買ったEOS 5D Mark II(予約してたけど買えたのは1週間くらい後だったかな)についていたもの。

5d3_manual_03

ご存じのように、EOS 5D Mark IIはファームアップを繰り返し、機能を強化、特にファームウエア Ver.2以降は同じ機体ながらマグネットコーティングを施したガンダム並にスペックがあがった。
それ以降のEOS 5D Mark IIに同梱される取扱説明書は、キヤノンのダウンロードサイトをみると260Pになっているようだ。

5d3_manual_04

リコーのGRDシリーズもファームアップによる機能強化に熱心だったけど、EOS 5D Mark IIもまた、ファームによって進化する「デジタル一眼」らしい存在だったといえる。

--ads--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

EOS 5D Mark IIIと5D Mk IIの高感度比較(動画時)

昨日発売のビデオSALON 4月号の第2特集「デジタル一眼ムービー第2世代へ」の多くの部分を書かせて頂きました。スケジュール的にはタイトでしたが、まだ世に出ていない、EOS-1D XやEOS 5D Mark IIIを使ってムービーを撮るのは楽しい時間でした。協力してくれた方々、感謝。
EOSムービー第2世代って言い方、CP+2012 DIGITAL MOVIE WORKSHOPで勝手に使い始めたくくり方(キヤノンは公式にはそんな言い方してません)ですが、定着するといいなあと思ったり(笑)

Eos_5d_mark_iii_iso_01

EOSムービー第2世代の特長は数々あれど(すみません、ビデオSALON読んでね☆)、筆頭にあげられるのが高感度特性。
スチルなら25600(常用感度)102400(感度拡張)、ムービーで12800(常用感度)25600(感度拡張)というポテンシャルは、ムービーの撮り方を拡張する可能性すら秘めていると思う。

EOS 5D Mark III 特別体験会で流した高感度時のEOS 5D Mark IIIとEOS 5D Mark IIの比較ムービーがこちら。(この一部を先行してvimeoで公開したら一晩で2万以上のアクセスがあってびびった)

EOS 5D Mark IIIとEOS 5D Mark IIの高感度比較(動画時)
撮影に使用したEOS 5D Mark IIIはβ機です。 WEBアップに伴い、再圧縮していますので本来の画質とは異なります。  Shooting by EOS 5D Mark III BETA

高感度特性にせよ、レンズの描写力にせよ、本当はそれよりもっと重要な「表現力」というものがあることは忘れないでいようと思う。テクノロジーは感性の代わりをしてくれる訳ではない。
だけど、この高感度特性や優れたS/N、モアレの抑制といったテクノロジーによって、より表現そのものに没頭できたり、クオリティや感性を深追いできる面があることにも自覚的でいたい。
シャアザクがあれば勝てる訳では無いけれど、ガンダムだったから負けなかった部分はあるのだ(笑)

Eos_5d_mark_iii_iso_02

EOS 5D Mark IIに較べて感度関係は、高感度が強くなっているだけでなく機能強化もされている。

設定可能なISO感度の上限下限を制限できる。
EOS 5D Mark IIでは感度拡張か否か、という設定しか出来なかったが、EOS 5D Mark IIIでは上限下限も細かく設定可能。自分じゃ許せない(使えないと思った)感度を出ないようにしたり、

Eos_5d_mark_iii_iso_03

オート設定のときに、選ばれる範囲を設定できる。この辺りは、上位機にはすでにあった機能だけど、EOS 5D Mark IIIに搭載されたのはいいね。
デュアルスロットであったり(正直、EOS 5D Mark IIIでいちばん意外だった実装はこれだったり)、ファイル名の頭を任意の文字列に設定できたり、これまで1系の仕様だった部分がかなり入ってきている。
これ、EOS 3Dって考えもあったんじゃないかなあ・・・。それとも3の型番は高画素機のために空けてある?

Eos_5d_mark_iii_iso_04

スチル時のISO設定場面。
高感度が話題だけど、低感度50が設定できるEOSの伝統はとても良いと思う。

Eos_5d_mark_iii_iso_05

ムービー時のISO設定場面。
ムービーでは50が選択できないことに注意。常用感度は12800までになるので、その上の16000,20000,25600はH(拡張感度)となる。

Eos_5d_mark_iii_iso_06

ので、スチルモードで25600を設定中に、ムービーモードに切り替えると、表示はHとなる。

なお、EOS 5D Mark IIIで流した総合ムービー(オープニング)はこちら
EOS 5D Mark III関連エントリーのカテゴリー表示はこちらです。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月19日 (月)

イームズとスヌーピー

ハーマンミラーと言えば、アーロンチェア・・・だけど、一方でイームズシェルチェアも代表的。
ハーマンミラーストアのオープンレセプションのときも、アーロンチェアやイームズチェア、エンボディチェアが美しく並んでいたなあ。

Hermanmiller_01

それはさておき、ハーマンミラーから届いたプレスリリース。

限定商品 Eames Shell Chair "SNOOPY" を販売開始

え?イームズとスヌーピー???

Hermanmiller_02

なんでも、
イームズシェルチェアが製品化された年と同じ1950年に連載がスタートした「ピーナッツ(PEANUTS)」とのコラボレーションで、スヌーピー(SNOOPY)がペイントされた「Eames Shell Chair "SNOOPY"」を限定で販売いたします。(プレスリリース)
ということらしい。

黒地に白いスヌーピー。渋くて、可愛い。
もっともお値段は84,000円と、かわいくない(笑)

Hermanmiller_03

ここで書いたように、エンボディチェアに惹かれるのだが、EOS 5D Mark IIとIIIの間のような価格に、ちょっと踏み切れないで居る(笑)。

そういえば、ハーマンミラーストアはやたらマイクロソフト製品が多かったと思ったら、品川に移転したMSのイスは、全部エンボディチェアらしい。
うわー、MSのシートは全天周リニアシートだと思っていたのに・・・(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アップルストアで卒業制作発表会

銀座アップルストアのシアターで、駿河台大学 メディア情報学部映像・音響コース 大久保ゼミ・斎賀ゼミ合同の卒業制作発表会が行われます。

ワタシの教えているメディア情報学部の映像・音響コースでは、4年のゼミの主要な活動として、ゼミ論文、もしくは映像・音響作品を制作します。
これまでも、学内上映会等はありましたが、今年は、大久保博樹ゼミ(音響)、斎賀和彦ゼミ(映像)の合同企画として、銀座にあるAppleStoreのシアターを借り切っての発表会を行います。
iPadの発売で沸く銀座のアップルにある本格的なシアターで上映される作品の数々。卒業式の前日、土曜日の午後3時というベストタイムを提供いただいての発表会です。関係者以外でも友人、知人、ご両親など、参加歓迎。
ぜひ、お立ち寄り下さい。

Applestore

College Night:駿河台大学 卒業制作発表会

3月24日(土)15:00 - 16:00
Apple Store GINZA 3Fシアター
     〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館
     TEL 03-5159-8200

注1 時間の関係でフルバージョンでは無く、ダイジェスト版の上映になります。
注2 正確には卒業制作は別の規定となり、ゼミの作品は「ゼミ制作」となりますが、ゼミ学生全員が関わる最後の作品になるため、イベント名では卒業制作と呼んでいます。
注3 写真はイメージです。現在のシアターはワイドアスペクトに更新されているハズです。

Dsc00317

写真はイメージです(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月18日 (日)

ビクターの4Kカムコーダー GY-HMQ10

ビクター、いや、いまはJVCケンウッドのJVCブランドか・・から遂に4Kカムコーダーが発表。

Hmq10

GY-HMQ10 (プレスリリースより写真転載)

3月末発売、と、2週間切っての発表に凄いな、本気だなと思わせる一方、プレスリリースはあっても製品ページがない(3/18午前時点)ってのはなんだかなあ、と思わなくもない。

このサイズでSDHC/SDXCを4スロット、それぞれフルHD記録して分離合体させるフォーマットの合体メカ。境界線は重層させてエッジブレンド処理も可能というアクロバティックな方法も駆使して低価格(?)な4Kカムコーダーを実現したのは偉いと思う。
しかも60P可能だし。

Hmq10_prototype

去年のCP+2011で参考展示されていたモックとかなり近い印象(ちょっとデブになった)

JVCの意欲は買うけど、同梱のJVC 4K クリップマネージャー(4枚分のファイルを4Kムービーに合体させるツール)は、MacのみでProRes 422って。
Macユーザーであるワタシから見ても勇気あるなあと思う。
応援したい
けど、4K EOSがどうでてくるか、見てからだな〜。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月17日 (土)

EOS 5D Mark IIIによるムービー作例

EOS 5D Mark IIIの特別体験会(東京会場)では、EOSムービー第2世代のセッションをさせて頂きましたが、その時に見せた作例ムービー(EOS 5D Mark IIとの比較含む)を順に公開。
実機を借りてから、セミナー当日まで、中5日しかないなかでできる限りのテストを行えたのは、浅岡省一さん、クマデジタルさん、高田昌裕さんの協力あってのこと。

Sasa_01

        写真:クマデジタルさん
そして、直前のお願いにもかかわらず、モデルを引き受けてくれた紗々さん、ikukoさん、休日にもかかわらず(いや、休日だから、でもあったのですが)店をオープンロケスタジオとして提供頂いた恵比寿(と代官山の中間)にあるちょっとシックな美容室 TsuNe さま。
ありがとうございました。

当日公開したオープニングムービーがこれ。

撮影に使用したEOS 5D Mark IIIはβ機です。
WEBアップに伴い、再圧縮していますので本来の画質とは異なります。
その点はご留意下さい。
vimeoの方が綺麗なのでvimeoを貼っていますが、iPhoneでは見ることが出来ません。
YouTube版はこちらです。vimeoのフルスクリーンもぜひ。

Sasa_02

撮影の多くはこのようにデュアルマウント用のバーに、EOS 5D Mark IIとEOS 5D Mark IIIを並んでマウントして行っている(写真:クマデジタルさん)。各種設定は同一にしたものの、後でみると微妙にフォーカスが甘いカットが続出。
その影響も割り引いてお考えいただけると幸い。

EOS-1D XもEOS 5D Mark IIIも、もちろん従来のEOSも、撮影中(記録中)に拡大フォーカスは使えないため、REC中のピント微調整ができない。
その意味で、REC出力とモニター出力を完全に別系統にしているC300は、スペックとは違う部分で圧倒的な生産性(歩留まり)を誇る。この部分の違いには、制作者側ももっと意識した方がイイと思う。

Sasa_03

        写真:浅岡省一さん
裏テーマがハワイロケだったので(おいおい)、2月なのにこのカッコ。
モデルの紗々さんは、この夜、熱を出してしまった。ホント、申し訳ない。
(とはいえ、またの機会があったら、同じことお願いしちゃうかな〜)

そうそう、今回の撮影風景(クマデジさん、浅岡さんが撮ってくれた)や、大学で制作したショートムービーのメイキングで、ワタシが着ているジャケット。訊かれることも多いのですが、マンフロット LFJ050M フィールドジャケットというカメラマンジャケット。
ちょい高価いけど、お薦めです。

--ads--
今回の作例も含むEOSムービー第2世代については、週明け発売のビデオSALON4月号で特集書いています。よろしければ是非。
EOS 5D Mark IIIも来週発売が発表されましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2012年3月16日 (金)

EOS 5D Mark IIIの縦位置グリップ BG-E11

EOS 5D Mark III 特別体験会の会場には、当然ながらEOS 5D Mark III本体以外にもレンズおよびアクセサリーが展示、試用できるようになっていた。

Bge11_01

縦位置グリップ、いや、正式にはバッテリーグリップ BG-E11
このバッテリーグリップ、いつの間にかEOS Kissにもアタリマエのように用意される定番アクセサリーになったが、そんなに需要有るのかなあ・・?

Bge11_02

それはともかく、EOS 5D Mark III専用のバッテリーグリップは、5D3のボディ形状とシェイプを共通する専用設計。

Bge11_03

シャッターボタン、電子ダイヤルはもちろん、マルチコントローラー、AFフレーム選択ボタン、AEロック/FEロックボタン、AFスタートボタン、マルチファンクションボタンまでフル装備するのがウリ。

Bge11_04

ただ、そこまでやるなら各ボタンの形や位置関係にもっとセンシブルであってもいいと思うのだが、ボディ本体とは微妙に違うのが逆に気になる。
いや、まあ、予約しましたけどね。(これだけ発売が1ヶ月遅いのはなんでなんだろう?)

こんなグリップ付けたら大きく重くなるので、EOS-1D Xでいいじゃん、って意見もあろうが、旅行とか取材のお供とか、無くても良いときに外してコンパクトなボディに出来るというのが重要なのだよ。

Bge11_05

ちなみに、特別体験会の説明員に訊いた範囲では
バッテリーグリップに入れるLP-E6は、片方が残量ゼロでも構わないが、必ず2つ入れておく必要がある。
そうだ。

そういえば、EOS 5D Mark III、発売が3月22日になったらしい。意外に早い?

Bge11_06

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月15日 (木)

EOS 5D Mark III 特別体験会限定ノベルティ

EOSムービー第2世代についてお話しさせて頂いたEOS 5D Mark III SPECIAL EXPERIENCE 特別体験会(東京会場)は無事終了。今週末から大阪、札幌、名古屋、福岡と展開されます。
上記案内にも書かれている「ご来場者特典 EOS 5D Mark III SPECIAL BOX」とはなにか、公開(笑)

Specialbox_5d3_01

専用の手提げ袋(表はEOS 5D Mark III、裏はEFレンズ)、SPECIAL BOX本体、大きなシート(後述)。
SPECIAL BOXは文字通り化粧箱。

Specialbox_5d3_02

3年半前のEOS 5D Mark IIのプレミアム発表会では、普通のキヤノン紙袋に、黒いプラスチック樹脂製のSPECIAL BOXだった(当時のブログ:こういう記録になるからブログは好き)

Specialbox_5d3_03

ボックスを開けると、写真プリント。

Specialbox_5d3_04

EOS 5D Mark IIIのカタログ(まだ店頭には並んでいないみたい)の他、EOS-1D X、G1X、PIXUS PRO-1そしてレンズ/アクセサリーカタログ(ちゃんとEOS 5D Mark III用のアクササリー含む最新版)

Specialbox_5d3_05

PIXUS PRO-1プリントによるEOS 5D Mark III作例

Specialbox_5d3_06

前川氏の虎を見ると、いろいろな意味でどきどきする。

Specialbox_5d3_07

EOS 5D Mark IIIのカタログ(奥)、手前はEOS 5D Mark IIのカタログ(初期バージョン)
凝ったEOS 5D Mark IIIのカタログについては、別途エントリー予定

Specialbox_5d3_08

ある意味、今回もっともインパクト有ったノベルティがこれ。
EOS & EFレンズ総図鑑シール
そう、シール。
この形のポスター等は過去にあったように思うけど、シール。

Specialbox_5d3_09

マイファーストEOSだったEOS 5
そうなんだよね。ワタシ、銀塩はT90でずっとがんばって、EOS 5で初めてEOSに移行したのだった。その意味では5は特別な型式なのだ。

Specialbox_5d3_10

ちゃんとEOS 5D Mark IIIも入っている。つまり、最新にデザインし直している。

Specialbox_5d3_11

同封のリストに、企画者(制作者)のマニアックな執念を感じるのは気のせい?
万人向きではないけれど(笑)、このノベルティは素晴らしい。
企画した担当者、OKを出した上長、えらいなー。

SPECIAL BOXおよびこのシールは、体験会のみの限定ノベルティのハズ。
今週末の大阪はじめ、各会場近くの方はお薦めです
東京会場のワタシのEOSムービー第2世代セミナーも、幕間に流れるかも

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月13日 (火)

EOS 5D Mark IIIのストラップはちょっと変わった

EOS 5D Mark III レビューシリーズ、今回は小ネタ。でも、ちょっとしたトリビアかも。
多分 EOS 50Dからだと思うのだけど、EOSに付属するストラップは赤い縁取りに機種名が大きく入ったワイドストラップになった。(1系およびKiss系を除く)

Strap_eos_5d_mark_iii_01

今回も、EOS 5D Mark IIIのストラップは赤い縁取りに大きく機種名が入り、それ以外ではEOS 5D Mark IIや7Dと同じ・・・・と、この写真見ただけで、機種名が反対になった?と訊いてくるクマデジタルさんは鋭い。

Strap_eos_5d_mark_iii_02

上が、EOS 5D Mark IIのもの。下がEOS 5D Mark III

Strap_eos_5d_mark_iii_03

上がEOS 5D Mark III、下がEOS 5D Mark II
機種名が反対になったのではない。

Strap_eos_5d_mark_iii_04

これまでは端のCanonロゴが反転していたのだが、今回から全部同じ方向に統一されたのだ。(いや、今後は分からないのでEOS 5D Mark IIIでは、と書いておこう)

ちょっとした小ネタ。
そして、小ネタその2としては、これまで機種名入りのストラップは外販があって、買えたのだが、EOS 5D Mark IIIのストラップは別売り設定がない。
つまり限定品(?)ということになる。
まだカタログに載ってないだけでしょ、と言う方もいると思うが、EOS 5D Mark IIIより後に発売になるEOS-1D X付属のストラップ(L7)は、すでにカタログに発売予定として載っているのだ。

いや、まあ、だからどうという訳ではないです。
言ったじゃないですか、小ネタだって(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2012年3月12日 (月)

初代ヤマトのリメイク

世代的なものか、ワタシのまわりの属性か、ガンダムマニアには事欠かない。
ワタシもガンダム(基本1st)の話なら人後に落ちない(自慢できることではない)つもりだが、やっぱ原点はヤマト。
当時小学生だったワタシに強烈な印象を与えた名作。ロボットもモビルスーツも出てこず(いや、アナライザーはロボットだけど)、額に稲妻光らせて戦うニュータイプもいない。
そんなヤマトの初代シリーズがリメイクされるのは以前、クマデジタルさんも書いているけれど、かなり出来の良い予告篇が出た。

宇宙戦艦ヤマト 2199 公式サイト
予告を見る限りホント、リメイクというのが相応しい忠実な再映像化。キャラデザインは一新されているけれどメカも演出も、オリジナルを愛してるひとがリファインしているんだなあと思うばかり。この予告だけでちょっと泣ける。
ただ、この予告のハイライトシーン、「抜錨!」って音で聴くと分かりにくいのね・・・

公式サイトのギャラリーにコンセプトアートがあるんだけど、玉盛順一朗氏によるもの。(彼の個人ブログ、タキオン管理区域
この1枚にはブラックタイガーがオリジナル同様に飛んでいる画があるけれど、ブラックタイガーは呼称も塗装も変わってしまったみたい(デザイン自体はオリジナルの面影ありますね)。

Yamato2

公式サイトより転載
実写版(キムタク版)ヤマトでもブラックタイガーはデザイン大きく変わってショックだった。
あの黒と黄色のツートンって凄いと思うんだけどなあ。

あのヤマトのもつ作品感が、いまのひとに受けるのか心配だけど、個人的には期待120%。一応、耐ショック防御もしておいた方がイイ?(ヤマトだけに

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月11日 (日)

EOS 5D Mark III シャッター音比較

EOS 5D Mark III レビューシリーズ
今回はシャッター音をEOS 5D Mark IIと較べて見る。
Comparison of the shutter sound EOS 5D Mark III & II

5d3

とはいえ防音室とか持っていないので、深夜の室内。
ビデオカメラは三脚固定(録音レベルはマニュアル一定)
EOSは両方とも、
・フォーカスマニュアル(合焦プロセスなし)
・ISOは高感度、マニュアル露出でシャッター1/250秒固定。(露光時間影響なし)
・カラシャッターでも良かったけど、一応SunDisk Extreme 60MB/sを入れて実記録。JPEGのみ。

で行っている。

シングルシャッター、連続シャッターともに音の質がずいぶん違う。
今回レリーズタイムラグはじめレスポンスの向上にかなり力を入れているが、同時にシャッター音の質にも注力したという。

EOS 5D Mark IIでは、連続撮影は(最高)約3.9コマ/秒 のみだったが
EOS 5D Mark IIIでは、(最高)約3コマ/秒の低速連続撮影、(最高)約6コマ/秒の高速連続撮影、に加え、(最高)約3コマ/秒の静音連続撮影、をもつ。

このサイレントモードがかなり音を抑制していて使えそう。シャッター音が現場のテンションを高める・・・効果は否定しないけれど、結婚式やパーティでバシャバシャ音を立てるのはあまり美しい光景には思えないし。
そして、この静音撮影モードは、ミラーショックも小さいという副次的メリットもある。低振動はブレ抑制にも繋がる(はず)。

EOS 5D Mark IIに較べ、着実に良くなっているところだと思う。
ちなみにEOS 5D Mark IIIはベータ機です。量産型では変わる可能性もあります。

--ads--

◎今なら分割20回払いまで金利手数料が無料です♪【セット内容】SDHCカード16GB+当社オリジナル...

CANON デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III ボディ 約2230万画素フルサイズ DIGIC 5+(プラス) 3.2型ワイド液晶モニター EOS5DMK3

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年3月10日 (土)

Siriに惹かれる

ようやくiPhoneもiOS5.1にアップデート。Siriともデート。
多くの方がSiriと遊んでるようで、悲喜こもごも?の話もよく聴くが・・・

つい、Siriに訊いてみた。

20120310212930

覚えんでよろしい。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

iPhoneのSiriにわかってもらいたい

先日、iOS 5.1へのアップデートがエラーになって、Siriあうことさえ出来ないと書いたら、コメントで
DNSサーバーをGoogle Publicのもの(8.8.8.8)に変更するとつながる
と教えて頂いた(nakaさん、ありがとうございました)

アドバイスに従って無事アップデート
さっそくSiriを起動・・・・

Siri_01

あれれ・・・

そして数時間後、Siriがレディになったというので(一応、掛けています)、話しかけてみる。

Siri_02

やるね(笑)

では

Siri_03

うーん、彼女にはガンダム趣味は理解できないらしい(違う違う

これからちゃんと教えていって、
「EOS 5D Mark IIIの値段、お高価くとまりやがって」と呟いたら
「そんな不良みたいな口の利き方…おやめなさい!!」って返すように訓練しなければ(笑)

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ご来場感謝

昨日から始まったEOS 5D Mark IIIの特別体験会。初日の夕方、EOS 5D Mark IIIの動画機能とEOSムービー第2世代についてのセミナーにお越し頂いた皆さま、ありがとうございました。
広い会場に、それでもぎっしり入ったお客。え、今日平日だよね、と内心思ったのは内緒(笑)

Special_experience_01

控室は上階に、と言われ、立派な講師控え室があったのに、最初間違えてキヤノン関係者控室にいて(笑)、そのおかげで開発の偉い方と2時間近くお話しできたラッキーも内緒(いや、書いてるけど・・・偉そうなリクエスト多数、すみません)

Special_experience_02

                      写真:Bさん
カラオケ中のワタシ、ではなく、セミナー自体は、ビデオSALON編集長の一柳氏とのセッション。一柳さんとはいつのまにか長い付き合い。

Special_experience_03

                    写真:Kumadigitalさん
仮面ライダーの変身ポーズでは無く、プレゼン中のワタシ。EOS 5D Mark IIはいまでも、そしてこれからも通用する名機と思いますが、このような暗い室内では高感度域の画質を大幅に改善したEOS 5D Mark IIIが圧倒的じゃ無いか我が軍は、だと思います。

クマデジタルさんが即日ブログに書いてくれて嬉しいやら恥ずかしいやらですが、

Special_experience_04

管面撮り(とはもう言わないデスね)じゃないムービーファイルからのキャプチャで1コマ(笑)
ワタシのまわりでも(いや、twitter上の)人気が高い紗々さんを使えたのも、ひとえにしょういちさんのおかげです(笑)ありがとう。

Special_experience_05

                   写真:Kumadigitalさん
今回のプレゼン内容(というよりはCP+でのシアタープレゼンが中心ですが)とEOS 5D Mark IIIの速報を特集した(これもEOSムービー部分はワタシが書いています)ビデオSALON4月号は19日発売です。
手前味噌ですが、EOSムービー第2世代について、現段階でのまとめとしてはかなり詳細になっていると自負しています。

もちろん、今後、実際に多くの方がいろいろな条件下で使っていく中で多くの発見や知見がでてくるであろうことは間違いないのですが。現物が世に出る前のメーカーメイドでないレポートとしてはいけてるんじゃないかなあ。

Special_experience_06

ちなみに、EOS 5D Mark IIIの特別体験会の来場記念品はこれ。
中身は改めて紹介予定ですが、これはEOS 5D Mark IIIの特別体験会でしか手に入らないので、時間の許す方はお薦めです。

ワタシのセミナーは昨日だけですが、他の会場でも、ビデオで上映されるらしいので(^_^;
ああ、ビデオ出演じゃ無く、大阪のジャンクフードや福岡の美味しいもの、札幌のスープカレー・・食べたかったなあ〜(おいおい

最後に、お世話になったキヤノンの方々、キヤノンマーケの方々、ビデオSALON(玄光社)の方々、電通の方々、作例制作に協力くださった方々、そして、ご来場頂いた方々、本当にありがとうございました。
またの機会に、お会いさせてください。

--ads--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2012年3月 9日 (金)

今日からEOS 5D Mark III 特別体験会

iPad3ほど発表→発売のスパンが短くはないものの、3月2日発表、3月下旬発売、という、考えてみればもうすぐ、なEOS 5D Mark IIIの特別体験会が、今日から東京、大阪、札幌、名古屋、福岡、広島、仙台(広島、仙台は特別、の付かない体験会になってる)で順次開催。

5d3

ワタシは先日お伝えのように、今日の夕方18時半からのスペシャルセミナーで、EOS 5D Mark IIIと第2世代EOSMOVIEの動画についてお話しさせていただきます。
(今度こそ、ビデオSALON編集長の一柳氏といっしょデス)
3月9日(金):18:30〜19:15
場所:東京品川キヤノンSタワー キヤノンホールS

By_kumadigital

写真:kumadigitalさん

発表と同時にNDA解除、実機貸し出し。
その1週間後にセミナー、なのでかなり厳しく、ほとんど動画部分しか検証できていないのが悔しいですが、紗々さん、浅岡省一さん、クマデジタルさん、といった知人の協力でサンプルムービーも作成。

By_asaoka2

By_asaoka

写真:浅岡省一さん

昨日、リハーサル等を行ってきたのですが、他の方のセミナー始め、魅力的な体験会になっていると思います。

来場特典で EOS 5D Mark III SPECIAL BOX、と書かれていて、これも良いのですが、書かれていないちょっとした記念品もあって(書いて良いのかな)、これがマニアックでワタシのツボ。
EOS 5D Mark III自体は来月には店頭に並ぶからそれからでいいや、ってのも正しいのですが、EOSユーザーで、ちょっとマニアックなひとはゼッタイ行った方がイイと思う(笑)

--ads--
次号ビデオSALONで第2世代EOSMOVIEの特集記事書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いまだsiriあうことすら叶わない

昨日早朝、リリースされたiOS 5.1には日本語を解するSiriが搭乗しているらしい。
(にしてもMac OSは10なのに、iOSはもう5なのか・・いまのアップルのコアビジネスがなにか、明確に物語ってるなあ)
昨日は朝から終日出かけるため、万が一のトラブルを考え出かける前のアップデートを避け、帰宅後に満を持してアップデート・・・

Ios

あれ?あれれ?
なんどやっても同じ。
詳細情報見て、書かれてる対策とっても変わらず。

ううむ・・・先回、同じ3を冠しているEOS 5D Mark IIIのまえに、今回iPadはアウトオブ眼中なんて書いたから、拗ねたか??

困ったなー。
復元すらできない。
という訳で、ワタシはいまだにsiriあうことが出来ないで居ます。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月 8日 (木)

EOS 5D Mark III 動画テスト

iPad3の登場で、普段ならそっちに釘付け・・なMacユーザーのワタシですが、同じ3を冠しているEOS 5D Mark IIIのまえに、今回iPadはアウトオブ眼中(古い?)
いや、所詮、ワタシ、ザクなので単眼なんですよ。

という訳で明日のEOS 5D Mark III SPECIAL EXPERIENCEで初の5D3ムービーセッションを行うための作例を撮影、編集中。

作例用のムービーから一部テスト的にアップ
上記公式ページに内容、時間などの詳細は後日更新と書いてあるのにいまだ掲載されず(^_^;、メールやFaceBookで何時なの?と問い合わせを多く頂くのですが、ワタシが勝手に書いて良いのかなあ・・・と躊躇っていました。

そしたらビデオSALONのWEBで紹介されていたので、もう公開情報だからいいよね、という訳でここでも。
3月9日(金):18:30〜19:15
場所:東京品川キヤノンSタワー キヤノンホールS

お時間のある方、是非。

Photo

なお、上記ムービーは、恵比寿から代官山に向かう途中?にある美容室、TsuNEの協力を得て撮影しました。
スタッフリストは近日、フルバージョンと共に。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 7日 (水)

ローリングシャッター歪み比較

CP+2011のDIGITAL MOVIE WORKSHOPでお話しさせて頂いたように、動画撮影に特化したCINEMA EOS C300のみならず、EOSムービー第2世代であるEOS-1D Xもまた、DSLRムービーのウイークポイントであるモアレ、偽色、ローリングシャッター歪みに対し、対策を行っています。

では、EOS 5D Mark IIIはどうなのか、を簡易実験。

Rollingshutterdistortionofeos5dmark

WEBの製品特長には
DIGIC 5+の搭載により、モアレ・偽色の低減や、高感度撮影時のノイズの低減など高画質化を実現
と謳っているものの、ローリングシャッター歪みについては特に記述はない(と思う)。
が、CMOSセンサーからの読み出し高速化はローリングシャッター歪みの抑制に、相応の効果を見せていると思う。

以前、借りていたEOS-1D X(β)は返却済みなので、EOS-1D X/EOS 5D Mark IIIの比較が出来ないのが残念。
同じDIGIC 5+だが、シングルとデュアルの演算応力の差が、ここに影響するのかどうかは、わたしの頭では判断できないので、実写で比較したい・・。

ちなみに、簡易実験はこのような形で、EOS 5D Mark II/IIIに同じレンズ、同じ感度、シャッター速度、絞りを与えて、2台の動画をFinal Cut Pro Xで同期、比較している。

Img_1134

                            写真 浅岡 省一

この辺りの検証レポートは、このイベントでお話しする予定です。
また、ad欄にあるビデオSALON次号(3/19発売)で、CP+でのプレゼン内容を含めたEOS-1D X、C300,EOS 5D Mark IIの特集を書かせて頂いています。
よろしければご覧下さいませ

--ads--

【当店独自開催!エントリーでポイント10倍】【2sp_120307_b】[3年保険付]【送料無料】【after0...

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 6日 (火)

EOS 5D Mark III と Mark II 比較:外観編2

新旧EOS 5Dの比較シリーズ。
スペック比較はメーカーサイトや様々なブログ、ニュースサイトで分かると思うので、mono-logueでは外観2としてディティールを写真で。
なお、EOS 5D Mark III関連のエントリーは、このカテゴリーで一覧できます。

5d2_5d3_01

5d2_5d3_02

ペンタ部(最近は軍艦部とは言わないんでしたっけ?)
上がEOS 5D Mark II、下がEOS 5D Mark III

EOS-1系を除くと、キヤノンでは唯一のストロボレスなペンタ部。1系の曲面ではなく5系の意匠を踏襲するも、曲面よりに変化。

5d2_5d3_03

5d2_5d3_04

モードダイヤル
以下、特に表記しない限り、上がEOS 5D Mark II、下がEOS 5D Mark III

ペンタ部がなだらかなラインになった分、IIIではモードダイヤルがペンタ部の丘陵に食い込む新興住宅地みたいな形に。
IIでは左肩にあったフィルム面(センサー面)表示マークは右肩に移動している。

5d2_5d3_05

5d2_5d3_06

ダイヤルにロックを付けないのはキヤノンの思想と思ってたけど、7Dがついて、その後、まさかのEOS 5D Mark IIダイヤル改修サービスが行われたので、IIIもロック付きは見えていた。
個人的にはロック無しの方が好きなんだけど、ロック付きの方がニーズ多いんだろうなあ。

5d2_5d3_07

5d2_5d3_08

背面レイアウトを除くと、フォルムとして左前面のラインがもっとも変わった部分。
四角な面で構成されたIIに較べ、7Dと似た印象のマッチョなボディのIII

5d2_5d3_09

5d2_5d3_10

ボディ左前面にあった絞り込みボタンは

5d2_5d3_11

右前面に移動
慣れれば、この方が扱いやすいかな

5d2_5d3_12

5d2_5d3_13

ファインダーは倍率、アイポイントとも変わらないのに、意匠は大きく違う。
透過型液晶かつ視野率は約100%に。個人的には100%ファインダーはあれば嬉しいけどマストとは思わない、んだけど。

続きを読む "EOS 5D Mark III と Mark II 比較:外観編2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月 5日 (月)

EOS 5D Mark III カテゴリ新設

EOS 5D Mark III β機のレビュー?をあげはじめたら、アクセス数が急増。
いや、関心有るんだなあと(アタリマエですね)再認識。

ので、一覧しやすいように、EOS 5D Mark IIIのカテゴリを新設しました。
IIIとしていますが、EOS-1D XやC300系の話も今後、入れてしまおうかなと思います。

Eos_5d_mark_iii

右側のカテゴリーから、EOS 5D Mark III を選び下さいませ。

リンクくださったMacお宝鑑定団Blog、DANBOさん、ありがとうございます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 4日 (日)

EOS 5D Mark IIIとIIの高感度動画比較

EOS 5D Mark III レビューシリーズ
新型が良くなっているのは「アタリマエ」ではある(時に悪くなってることもあるけど)。EOS 5D Mark IIIだって、当然、IIよりスペックは向上してる(50g、重くなったけど)。
でも、重要なのは、カタログスペックの話じゃ無くて、実際の差、そして、その差が自分にとってどのくらい重要か、のジャッジのはずだ。

という訳で、EOS 5D Mark IIとIIIを自分の気になる部分で比較検証していく。
初回は、動画撮影時の高感度性能。

Eos_5d_mark_iii_test_01

EOS 5D Mark IIは当時、圧倒的な高感度性能を誇った。動画撮影時の設定感度はISO100〜6400、ISO感度拡張をオンにすると12800相当のH1が設定可能。
これに対してEOS 5D Mark IIIは常用感度で100〜12800、拡張で25600。
これが実際にどのくらいの差になるのかの比較がこれ。

EOS 5D Mark IIIとEOS 5D Mark IIの高感度比較(動画時)
撮影に使用したEOS 5D Mark IIIはβ機です。
WEBアップに伴い、再圧縮していますので本来の画質とは異なります。

vimeoは綺麗だけど、iPhoneでは見られなかったっけ?YouTube版はこちら

そんな暗視カメラのような高感度が必要か?という意見もあろうが、ワタシにとってはとても重要度の高い項目。
超高感度域があがれば(一般的には)その下の高感度域の画質が向上するしね。

この作例は、他の感度での比較も含めたロングバージョンを、このイベントで上映予定。3/9の東京会場のみ。夕方からのセッションです。

Eos_5d_mark_iii_test_02

                                    Photo by kumadigital
現在、他の作例も含め、動画性能を検証中。
協力してくれるスタッフおよびキャスト各位、感謝。

--ads--

[3年保険付]【送料無料】キヤノン EOS 5D Mark IIIボディーのみ『2012年3月下旬発売予定予約』...

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2012年3月 3日 (土)

EOS 5D Mark III と Mark II 比較:外観編1

EOS 5D Mark IIIの評価軸は人それぞれだ。
初めて一眼レフを買うひとが選択肢に入れるかどうかは分からないが、Kissや7D,60DといったAPS-Cフォーマットカメラユーザーからは、フルサイズのアドバンテージが、あの高価格(APS-Cフォーマットに較べれば、かなり高価い)に見合うと思えるか否かだろうし、現行EOS 5D Mark IIユーザーにすれば、画質、その他の差が、買い換えに値するか(価格帯もあがってしまったし)だろう。

Eos_5d_mark_iii_ii_01

画質の差は、いま、急ぎ検証している段階で、自分なりに答えが出るまで是も非も言えない(言わない)けど、とりあえず、気がつくところから簡易レビュー。を。

最初の1回目は外観編1

Eos_5d_mark_iii_ii_02

サイズはほぼ同じ。
EOS 5D Mark IIに較べ、Mark IIIは高さで3mm、奥行きで1.4mm大きくなり、質量は50g重くなった。50gの差は意外と大きく、持つと(較べなくても)少し重くなったと感じる。
まあ、EOS-1D Xは、その1.5倍もあるヘビー級なので、それに較べれば可愛いものなのだが。。

Eos_5d_mark_iii_ii_03

フロントから見るとぱっと見、大きく印象が変わらないが

Eos_5d_mark_iii_ii_04

Eos_5d_mark_iii_ii_05

ペンタ部はラインの描き方がけっこう異なる。

Eos_5d_mark_iii_ii_06

Eos_5d_mark_iii_ii_07

Eos_5d_mark_iii_ii_08

Eos_5d_mark_iii_ii_09

いちばん触れるシャッターボタン付近はほぼデザインを継承するが、マルチファンクションボタンが付いた。
T90ユーザーとしては、ついに5系についたなあと、感慨無量(大袈裟)

Eos_5d_mark_iii_ii_10

Eos_5d_mark_iii_ii_11

右肩のボタンは形状が変わった。
ここも7Dに近いかな。

Eos_5d_mark_iii_ii_12

Eos_5d_mark_iii_ii_13

液晶表示については改めて書く予定。
なお、上記写真は特に断らない限り、EOS 5D Mark IIが先でIIIがあと。

Eos_5d_mark_iii_ii_14

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EOS 5D Mark IIIの同梱はImageBrowser EXへ?

キヤノンEOSの写真管理用同梱ソフトウエアは、Mac版がImageBrowser、Win版がZoomBrowser EXだと思っていたのだが、昨日、受け取ったEOS 5D Mark IIIの同梱ソフトウエアをインストールしようとしたら・・

Eos

ImageBrowser EXだと?
入れて見た。

Eos3

奥が従来のImageBrowser、手前がインストールされたImageBrowser EX

うわ・・これがEOS 5D Mark IIIからなのか、すでにどこかで変わっていたのか、ワタシは知らないのだけど、とりあえず書いておく(笑)

追記:Facebookでおぎくぼけいさんに教えて頂きました
この春から、IXY含め、ImageBrowser EXに集約されていくようです。
知らなかった〜

By_eos_5d_mark_iii

動画のテストは今日から
このスチルは、JPEG撮って出し(EOS 5D Mark III β機)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 2日 (金)

EOS 5D Mark III がやってきた

出る出ると言われながらCP+2012でも音沙汰の無かったEOS 5D Mark IIIが、ついに発表。

Eos_5d_mark_iii_01

思えば3年半前、EOS 5D Mark IIに出逢ったときから、EOSムービーは始まった。
そして、映像ではプロであったものの、写真ではプロを自称するのはおこがましいと思っていたワタシが、写真でも(一応)プロの仲間入りをさせて頂いたかな。。のきっかけとなったのもまた、EOS 5D Mark IIだった。

Eos_5d_mark_iii_02

という訳で、発表になったので、はれて検証機が到着。

EOS 5D Mark IIIの発表にともなう特別体験会が、来週金曜から(!)始まるのだけど、金曜日の夕方から、EOS 5D Mark IIIムービーセッションがあり、そこでお話しさせて頂きます。

EOS 5D Mark III SPECIAL EXPERIENSE

3/9,10 東京 3/17,18 大阪 3/20 名古屋
3/17 札幌 3/20 福岡 3/24 広島・仙台

他の偉い写真家の方とことなり、名前は入っていませんが(^_^;
3/9(金)夕方の部に出ます。(3/10および地方会場はありません)
よろしければ、ぜひ、お越し下さい。

Eos_5d_mark_iii_03

という訳で、これから検証が始まるのですが
取りあえず、箱から出してみたカットを紹介。

今後も可能な範囲で、私的レポート行います。

Eos_5d_mark_iii_04

ちなみに、この写真はすべてEOS 5D Mark IIによるものなので、お間違いなきようお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年3月 1日 (木)

旧ULTRONは確かにゴムローレットだった

もう半月も前のクマデジタルブログに反応(この遅延ぶりが、いまのワタシの状況を物語る)

コシナ社版フォクトレンダーが、デザインが変わって再リリースです。先端側のリングがゴムから金属になったとのことですが、そもそも前モデルがゴムだって言うのを知らなかったです(笑 サイカ先生が Ultron 40mm F2 のユーザーですが、「ゴムでしたっけ?」「さぁ?」とフワフワした会話。(クマデジタル)

さあ?は無責任ですよね?さあ、は。

Img_9789

あ、ホントだ、ゴムですね。

以上。

---ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »