« ブルーインパルスが大分にいるらしい | トップページ | たしかに新次元:トリニティのiPhoneケース「次元」 »

2012年5月27日 (日)

世界初の手振れ補正付き24-70mm F2.8を試す

見せて貰おうか、新しいタムロンの性能とやらを!
と言うわけではないのだが、世界初の手振れ補正付き大口径ズームレンズを謳うタムロンの新型、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD / Model A007の実証試験配備が開始された。

SP 24-70mm F:2.8 Di VC USD(Model A007)_01

15869-282-276647

タムロンと言えば伝説とまで言われたSP90mmマクロといった製品も有するが、正直な印象としては高倍率ズームが得意で、かつコストパフォーマンスの高いレンズメーカーといったところで、コレが欲しい〜って言うような製品のないメーカー(失礼)。
そのなかで登場したこのレンズは、他社と同等のものをC/P高く提供・・・ではなく、他社にないものをC/P高く提供・・という本気で純正と戦おうとするアグレッシブな製品だ。

SP 24-70mm F:2.8 Di VC USD(Model A007)_02

大口径標準ズームは王道ズームだが、それに手振れ補正が付くものは初めて。
キヤノンマウントのワタシとしては、7月上旬に発売が延期されたEF24-70mm F2.8L II USM が気になるところだが、この新型(使った某氏の話では素晴らしい描写だという)も手振れ補正は付かない。
以前にも書いたが、性能限界に近い部分では描写に差があると思うし、純正レンズだとDLO(デジタルレンズオプティマイザ)による現像時の画質向上手段も提供される。
でも、ワタシのようなレベルでは、その尖った部分の画質より、手振れが抑制されることでの歩留まり向上の方が実益が大きいと感じるんだよね・・・。
描写も解像感も、ぶれていては意味がない(場合がほとんど)んだから。

これから約1ヶ月、本気で買うかどうかの判断をかけて使ってみる。

とりあえずテスト(笑)

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD(Model A007)

f5.6 1/60 手持ち。(写真クリックでFlickrで拡大表示可能)

EF24-70mm F2.8L II USMが発売延期になったため、本機の貸出期間中には両者の同時撮影比較の機会がなさそうなのが残念だが、旧型(いや、現行型)のEF24-70mm F2.8L USMやEF24-105mm F4L USMとの比較を行いつつ、写真のみでなく一眼動画用のレンズとしてはどうよ、って部分も検証したい。

SP 24-70mm F:2.8 Di VC USD(Model A007)_03

なにしろ、ズームとフォーカスの回転方向が純正と逆だからなあ。
これは実際の使用において許せるのか許せないのか、は、描写とはまた別の次元の評価になると思う。

とにかくも、本機かEF24-70mm F2.8L II USMか、それともワタシにとってはEF24-105mm F4L USMで十分か、3択のうち、まえふたつになったら、夏にダイブする覚悟十分な試験期間の始まりである(笑)

ちなみに冒頭のセリフは、ガンダムUC:フル・フロンタルの台詞。オリジナルのシャア版は、見せてもらおうか、連邦のモビルスーツの性能とやらを、となる。
そしてシャアは、のちに手振れ補正機能を肯定する以下のセリフをキシリアに吐いている。

いざとなると恐いものです、手の震えが止まりません

15869-282-276647

--ads--

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 A007E
タムロン (2012-04-26)
売り上げランキング: 803
 
CANON EFレンズ EF24-70mm F2.8L II USM 標準ズームレンズ EF24-70L2
キヤノン (2012-07-20)
売り上げランキング: 815

|
|

« ブルーインパルスが大分にいるらしい | トップページ | たしかに新次元:トリニティのiPhoneケース「次元」 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

モノフェローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/54812983

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初の手振れ補正付き24-70mm F2.8を試す:

« ブルーインパルスが大分にいるらしい | トップページ | たしかに新次元:トリニティのiPhoneケース「次元」 »