« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

世界初の手振れ補正付き24-70mm F2.8を試す

見せて貰おうか、新しいタムロンの性能とやらを!
と言うわけではないのだが、世界初の手振れ補正付き大口径ズームレンズを謳うタムロンの新型、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD / Model A007の実証試験配備が開始された。

SP 24-70mm F:2.8 Di VC USD(Model A007)_01

15869-282-276647

タムロンと言えば伝説とまで言われたSP90mmマクロといった製品も有するが、正直な印象としては高倍率ズームが得意で、かつコストパフォーマンスの高いレンズメーカーといったところで、コレが欲しい〜って言うような製品のないメーカー(失礼)。
そのなかで登場したこのレンズは、他社と同等のものをC/P高く提供・・・ではなく、他社にないものをC/P高く提供・・という本気で純正と戦おうとするアグレッシブな製品だ。

SP 24-70mm F:2.8 Di VC USD(Model A007)_02

大口径標準ズームは王道ズームだが、それに手振れ補正が付くものは初めて。
キヤノンマウントのワタシとしては、7月上旬に発売が延期されたEF24-70mm F2.8L II USM が気になるところだが、この新型(使った某氏の話では素晴らしい描写だという)も手振れ補正は付かない。
以前にも書いたが、性能限界に近い部分では描写に差があると思うし、純正レンズだとDLO(デジタルレンズオプティマイザ)による現像時の画質向上手段も提供される。
でも、ワタシのようなレベルでは、その尖った部分の画質より、手振れが抑制されることでの歩留まり向上の方が実益が大きいと感じるんだよね・・・。
描写も解像感も、ぶれていては意味がない(場合がほとんど)んだから。

これから約1ヶ月、本気で買うかどうかの判断をかけて使ってみる。

とりあえずテスト(笑)

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD(Model A007)

f5.6 1/60 手持ち。(写真クリックでFlickrで拡大表示可能)

EF24-70mm F2.8L II USMが発売延期になったため、本機の貸出期間中には両者の同時撮影比較の機会がなさそうなのが残念だが、旧型(いや、現行型)のEF24-70mm F2.8L USMやEF24-105mm F4L USMとの比較を行いつつ、写真のみでなく一眼動画用のレンズとしてはどうよ、って部分も検証したい。

SP 24-70mm F:2.8 Di VC USD(Model A007)_03

なにしろ、ズームとフォーカスの回転方向が純正と逆だからなあ。
これは実際の使用において許せるのか許せないのか、は、描写とはまた別の次元の評価になると思う。

とにかくも、本機かEF24-70mm F2.8L II USMか、それともワタシにとってはEF24-105mm F4L USMで十分か、3択のうち、まえふたつになったら、夏にダイブする覚悟十分な試験期間の始まりである(笑)

ちなみに冒頭のセリフは、ガンダムUC:フル・フロンタルの台詞。オリジナルのシャア版は、見せてもらおうか、連邦のモビルスーツの性能とやらを、となる。
そしてシャアは、のちに手振れ補正機能を肯定する以下のセリフをキシリアに吐いている。

いざとなると恐いものです、手の震えが止まりません

15869-282-276647

--ads--

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 A007E
タムロン (2012-04-26)
売り上げランキング: 803
 
CANON EFレンズ EF24-70mm F2.8L II USM 標準ズームレンズ EF24-70L2
キヤノン (2012-07-20)
売り上げランキング: 815

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月26日 (土)

ブルーインパルスが大分にいるらしい

Img_3827

TLでちらちらとブルーの話題が

Img_3637

なんで大分?しかもビーチ?と思ったら、大分市制誕生100年記念事業の一環らしい。
いいなー。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年5月25日 (金)

バンシイ

昨夜の黒いAir。moshi iGlaze for MacBook Airエントリーを、今日から、バンシィと呼ぼう(笑)と締めたら、うけた人と、???な人と。
まあ、そうだよね

GUNDAM_BANSHEE_05

・・という訳で、バンシイ。

GUNDAM_BANSHEE_01

GUNDAM_BANSHEE_03

ちなみにこのバンシイは、FW GUNDAM STANDartのもの。
これ、流通時期が短いんだよねえ。

GUNDAM_BANSHEE_02

敵側にもガンダム・・・ってのは、Zガンダムから続く基本パターン。
この手法には功罪あると思うのだが、ユニコーンでも引き継がれた。

GUNDAM_BANSHEE_04

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月24日 (木)

黒いAir。moshi iGlaze for MacBook Air

6年前、iBook G4系の後継として登場したMacBookには、「黒」モデルがあった。
ものすごく欲しかったが縁が無かった。
そんなトラウマ(!)を克服するときが来た(笑)

moshi iGlaze for MacBook Air_01

moshi iGlaze for MacBook Air

MacBookAir 13inch専用の強化装甲 もとい シェルカバーである。
(注:11inch用もあります)

moshi iGlaze for MacBook Air_02

カラーは、白、黒、クリアとあるが、ここでは黒のみを語る(笑)
ポリカーボネイトのシェルには、右下部に小さくmoshiのロゴが入るだけ。

moshi iGlaze for MacBook Air_03

それ以外は漆黒のカバーである。通常のモードでは。

moshi iGlaze for MacBook Air_04

デストロイモード MacBookAir起動時にはスリットから液晶の光が漏れると共に、アップルマークが浮かび上がる。

moshi iGlaze for MacBook Air_05

ブラックとシルバーのコントラストが美しい(うっとり)
心配していたポリカーボネイトの質感は、表面のコーティングのせいもあってとても良い。
ただし、素のMacBookAirに較べると微妙に滑りやすいと思う。

moshi iGlaze for MacBook Air_06

側面はシャープ且つ美しいラインで構成。
エッジは全面被せではなく、何カ所かの爪で装着する感じ

moshi iGlaze for MacBook Air_10

のでキー入力中に掌が爪に触って微妙に引っかかるときはある(ワタシのポジションの取り方がダメダメと言われたらその通りなのだが)
また、爪の無い部分をひっかけると、やや、膨らむ(が、外れたりする気配はいまのところ無い)。

moshi iGlaze for MacBook Air_07

前面

moshi iGlaze for MacBook Air_08

ヒンジ部分の処理

続きを読む "黒いAir。moshi iGlaze for MacBook Air"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年5月23日 (水)

運動会レンズという訳ではないがNEX-5+SEL18200

日常的には望遠指向ではないので5D Mark III+EF70-200mm F4L ISが最望遠のワタシ。
(まあ、昔買った75-300も一応ある)
同様に、普段はコンデジしか使わない妻が、ワタシにカメラ貸してと言ってくるのは、子供の運動会とかイベントとか。
望遠が効くヤツ、と言う割にはEF70-200mmは論外らしく(笑)もっていくのは、コレ。

5d3_1808

NEX-5(Nとか付かないヤツ)とSEL18200
まあ、NEXにこのレンズはアンバランスだと思うモノの、35mm換算で300mmという望遠、NEX-5と組み合わせても850g程度であり、キヤノン純正のEF70-200mm F4L ISより100g重いだけ。

5d3_1812

まあねえ。軽いというのは立派な性能なんだよなあ。

ところでSEL18200にいつのまにか軽量化したブラック外観のSEL18200LEなんて発表されていたのね。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月20日 (日)

谷雅彦氏とSilent Force

マットペインター、上杉裕世氏がILMで活躍する日本人のファーストジェネレーションなら、谷雅彦氏はセカンドジェネレーションだと思う。
そんな谷雅彦氏の写真集、Silent Forceが発売された。

Silent_force_1

そう、写真集である。谷雅彦氏はマットペインターだが、これは画集ではなく、写真集。
しかも、駐車場の、だ。
帯は ジョン・ノール。
余談だが、 ジョン・ノールの兄、トーマス・ノールの言葉はいまもワタシの大事な部分を占めている。

Silent_force_2

それはさておき、このSilent Forceの美意識、素晴らしい
そして、ジョン・ノールが
構図に対する彼の鋭い感覚は、この写真集を芸術作品に仕立て上げている。
と書いているように、恐ろしく緻密な構図。

Silent_force_3

クリエイターズヘッズに掲載されている彼のインタビュー記事も示唆に富む優れたものだが、そのなかの
アーティストがオペレーターにならないために、もう一度絵を描いてみたい
という言葉もかなり重要な意識に思う。

Silent_force_4

Silent_force_5

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月18日 (金)

ビデオSALON 6月号にブラックマジックのシネカメラ

ビデオSALON6月号が(たぶん)明日発売。いや、多分、というのは本当は20日発売だから。
今号の特集はビデオカメラ完全マスターという、基礎総復習らしい。

Vsalon

まあ、この春モデルは単体で何ページもレポートするような機種がナイからねえ・・などと言うのは冗談ですってば、たぶん。
で、気になるのが、速報、と名打たれた記事でブラックマジックデザイン社のシネカメラが特集されていること。

Bmd

フルサイズセンサーでも、4Kでもない、今年のトレンドからいえば、いまひとつ中途半端な感じもするこのカメラだが、実は興味津々。
もしかしたら、とても優れたポジションを担うかも知れないなあと思う。
期待外れかもしれないけど・・・ね。

実際の画を見てみたいなあ、と思ってる。

--ads--

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

moshi iGlaze for MacBook Air

FireWire HUBとか、尖ったデザインのイヤホンとか、MacやiPhone、iPad周辺アクセサリーを精力的に展開するmoshiは個人的にお気に入り。
そのmoshiの国内代理店であるMJSOFTから、リリース案内を頂いたので紹介。

moshiブランドのMacBook Air用シェルカバー「iGlaze for MacBook Air 11/13

iPhoneにこそカバー付けているけれど、基本的にアップル製品はハダカが美しいと思っているので、MacBookAirはそのままで鞄に突っ込んで使っている。
その考えは変わらないのだけど・・・このiGlazeはちょっと惹かれる。

Iglaze

黒、白、半透明の3モデル展開だけど、黒と白は
「MacBook Airの電源が入っていない状態ではAppleロゴはほとんど見えません。MacBook Airを起動して背面のAppleロゴが光ると、ロゴが浮かび上がります。」
って、いやいや、そそります。

ポリカーボネイトって、質感とか感触とか、けっこうメーカーによって差があって、安っぽい製品は本当にチープなのだけど、これを出してるmoshiなら、たぶん大丈夫だろ〜と思ってる。
黒いMacBook、欲しかったなあ

--ads--

MJSOFTat楽天

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2012年5月17日 (木)

SASA ROM-紗々も知らない紗々と出逢う夏

紗々さんといえば、モノフェローズイベントで時々登場するモデルさんであり、その筋ではよく知られた存在(すみません、ワタシは知りませんでしたっ)

●Profile
2007年に「47」という名前でニコニコ動画に投稿開始、話題に。
2010年3月に「47」の活動を終了し、「紗々」としてモデルデビュー。

美女暦×Short Shorts Film Festival & ASIA 2010 女優誕生プロジェクト
準グランプリ受賞

そんな彼女と、sorryfullの浅岡省一さん、そしてワタシが組んだプロジェクトがチームSA3
そのファーストプロジェクトが、【紗々ROM】
二人のフォトグラファーによる、紗々の写真とムービー集

sasa_rom

SASA ROM by Team SA3

なお、WEBデザインおよび構築はUTAN1985さん

公式予告ムービー

楽曲:yusukeP様 『La,La,Love You』

予告篇ムービー撮影&編集:斎賀和彦
撮影:浅岡省一

紗々:http://ameblo.jp/47-47/

このROMは、白ロムと黒ロムの2枚のROMからなっています。

【紗々ROM-白。-】予告ムービー【SA3】 by 浅岡 省一

【紗々ROM-黒。-】予告ムービー【SA3】 by SAIKA

よろしくお願いいたします〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月16日 (水)

うまい櫃まぶしは名古屋の一冨士(一富士ではない)

仕事で隔週名古屋に行くものの、多くは日帰りだし、新幹線に乗る前に、チャオのミラカンとか、山本屋の味噌煮込みうどんを食べるのが精々。
だけど、今回、たまたま、Mac系(いや、カメラ系?ガンダム系?)有名ブロガーのクマデジタルさんと日が重なったので、行ってきました。名古屋の櫃まぶし、個人的ベスト。

名古屋_一冨士_櫃まぶし_01

一冨士
(一富士ではないんです>クマデジタルさん

名古屋_一冨士_櫃まぶし_02

まあ、レビューは他の方に任せて、櫃まぶしの写真をどうぞ(笑)
なお、ひつまぶし、は、名古屋の有名店、あつた蓬莱軒の登録商標なので、櫃まぶしが正しい。
あつた蓬莱軒やいば昇も名店だし、まるやも美味しいとは思うけれど、個人的には一冨士か、うな富士。

名古屋_一冨士_櫃まぶし_03

EOS 5D Mark IIIとEF24-105mm F4L
これでISO Speed 20000。
このサイズなら安心して使える超高感度域と手振れ補正レンズのおかげでこんな写真がスナップで。

名古屋_一冨士_櫃まぶし_04

クマデジタルさんの方は、EOS 5D Mark IIIとEF 50mm F2.5 コンパクトマクロ(だよね?)

訂正:Planar 50mmでした。ハイソなレンズ・・・

名古屋_一冨士_櫃まぶし_05

EF24-105mm F4Lだと、このくらい寄るのが限界。
とはいえ、ご飯写真のためだけに、EF100mm F2.8L MACROを入れる気にはならないよねえ。
クマデジゴーストは、EF 50mm F2.5 コンパクトマクロを囁くが・・

名古屋_一冨士_櫃まぶし_06

そんなクマデジさんがもつと、お茶碗が小さく見える。
これ、湯飲みなんかじゃないんだからねっ

名古屋_一冨士_櫃まぶし_07

EF 50mm F2.5 コンパクトマクロ、等倍&ISでリニューアルしないかな〜
需要はあると思うのだけど

名古屋_一冨士_櫃まぶし_08

クマデジタルさんの写真へのこだわりをお見せしましょう。
刻みのりの量にも妥協しない。

名古屋_一冨士_櫃まぶし_09

という訳でごちそうさまでした。
この後、駅地下のコメダでペアクリソーしたのは内緒だ(笑)

リアル知人の一冨士 櫃まぶしブログリスト

大満足の櫃まぶし。名古屋「一冨士」
 まわりぶろぐ
櫃まぶし 一冨士 去年書いたmono-logue
一富士  団長の食いしん坊万歳
名古屋「一富士」の櫃まぶし クマデジタル

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年5月15日 (火)

マップカメラとARTISAN&ARTISTのコラボストラップ

EOS 5D Mark II時代はキヤノンのプロストラップを付けていたが、専業プロフォトグラファーでもないのに(広義のプロには入れて貰ってるらしい、ありがたいことです)プロストも・・と思う部分もあり、EOS 5D Mark IIIには新しいストラップを付けてあげようと思っていた。

レザーストラップも魅力的だったけど、手首に巻いて使うことが多いので革ってそういうとき辛かったりする(まあ、革のタチにもよるけれど)。

Acam135_blackred__1

そんなとき、親しくしてるフォトグラファーの南雲さんから、コレ、と教えて頂いたのが、MapCameraのオリジナル、ARTISAN&ARTIST 特注ストラップ ACAM-135 BLACK/RED

ARTISAN&ARTISTもいろいろストラップを出しているが、これはマップカメラが特別に作らせたコラボモデルというか特注モデル。

Acam135_blackred__2

なにより「長い」
たすき掛けを意識した長さ。そして、たすき掛けからそのまま撮影可能なのがウリ。

Acam135_blackred__3

表面がブラック、裏面がレッド。
(この逆配色のものもある)

Acam135_blackred__4

ブラックに赤いステッチがARTISAN&ARTISTらしい(笑)

Acam135_blackred__5

キヤノン純正ストラップに較べると、やや幅が細い。
これでもACAM-135という太いタイプで、ミラーレス等に向いたACAM-125という細いタイプもある。

Acam135_blackred__6

ARTISAN&ARTISTのタグつき。

Acam135_blackred__7

裏面は眼に痛い赤だが、ARTISAN&ARTISTの「滑り止め」加工がGOOD.
撫で肩の貧相なワタシでも、肩からずり落ちないのは素敵。

問題は・・・・

Acam135_blackred__8

南雲さんも同じストラップなので、お揃いになってしまい、一緒の現場に居るとお互いのカメラを間違えそうになることだったり(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

Lionをクリーンインストールしたい

昔は新しいOSが出る度、や、それ以外でも定期的にMacのHDDを初期化、OSからクリーンインストールして環境を再構築していた。
それが安定の道だとなんとなく信じて。

まあ、実際にその効果もあるのだろうが、いつしかOS Xの移行アシスタントの出来と自分の面倒くさい病に負けて、移行アップデートになっていた。
古い例えでいえば、増築を繰り返した温泉旅館みたいなものだ。

最近、いくつかの不調に見舞われ、Lionをクリーンインストールするかと重い腰を上げた。

Lion

OSだけでなくアプリもゼロから入れ直すのが良いよね、でもAdobe筆頭にDVD何枚組みのインストールは実に面倒くさい。。。
ので、CS6が届いたのを機に、きれいな環境再構築を決意。

いま、タイムマシンでフルバックアップ中。
あれ?Lionの起動ディスクってどうやって作るんだっけ?(^_^;

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月13日 (日)

ATOK 契約更新

もうFEPという言い方をしなくなってどのくらいたったか、IMという言い方すら通じるかどうかあやしいが、うちのMacの日本語入力ソフトは紆余曲折をへて、ATOKに落ち着いている。
で、毎年アップデートするなら、年間契約の方が安いので、定額制に移行、ただし、それも実はスターターパックを毎年買う方が安いので、ここ2年くらい、スターターパックを乗り継いできた。

この定額制のウイークポイントは、定期的にオンラインで契約期間かどうかの認証を行うこと。
デスクトップ機ではほぼ問題にならないが、ノートマシンだとネットに繋がないスタンドアローン時にちょっと困ることになる。

Atok

そして先日、ちょうど1年の更新時に再度スターターパックを購入しようとしたら・・・・スターターパックが無くなっていた(笑)

ATOK PASSPORTになっていたのね・・・知らなかった(笑)
そして、辞書を引き継ぐには、ATOK PASSPORTへの移行ツールを・・・
といった一連を出先の無線LAN環境で行うのはちょっとしんどかったぜ・・・

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

FW GUNDAM STANDart 13

660円でガム1こという食玩とは方便にしても厳しいFWガンダムスタンダート(これ、スタンダードじゃないのだよ)。
その13シリーズめが発売されたので購入。

20120505014059

GUNDAM Mark II A.E.U.Gカラー。
TITANSカラーは、手に入らなかった。フリーダムガンダムはずらっと余っていたのに。
フリーダムガンダムに限らず、このガンダムスタンダート。AGEやダブルオーも定期的に入れ込んでくるのだけど、決まって売れ残ってるのはそういう系。
ガンダムものが売れていると言っても実質的にそのほとんどはファーストとその流れを組んだ宇宙世紀物。
だから新しい世代を発掘すべくAGEや00を試みる価値はあると思うんだけど、一方でこの売れ残りから、AGEや他の作品ではなにが足りないのかも考えて欲しいなあ。

20120505114928

ザク2 いいね。
--ads--
もう14シリーズの予約がはじまってる。今度はグフか。買わないと・・

FW GUNDAM STANDart @ amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月12日 (土)

学生にEOS 5D Mark IIIとIIを問われたら

EOS 5D Mark IIIは期待に違わないカメラだと思う。
強烈な個性と言うよりはオールマイティな性格ゆえ、逆にインパクトが薄いきらいはあるが(その意味でD800/D800Eは強烈なキャラの持ち主だと思う)、使ってみると安定感というか信頼感がひじょうに高い。

500pixel_2

ワタシのように、写真技術の未熟さを機材でカバーしている(してもらっている)身にとって、沖田艦(きりしま)から、ヤマトに乗り換えたような感じ。(分かりづらい?)
その意味では本来、未熟なひとほど、EOS 5D Mark IIIに助けられる部分が多く、EOS 5D Mark IIIへの高価な投資を回収出来ると思っている。
ゆえに周囲にはEOS 5D Mark IIIいいよー、買い換えもしくは買い増しだよ、と囁いてまわるのだが学生から問われると、ちょっと答が違う。

もちろん、EOS 5D Mark IIIと前作EOS 5D Mark IIは現在、市場価格で倍近い金額なので学生には手が出ない、という部分もあるのだけれど、本意はそこではない。
ほぼすべてにおいてEOS 5D Mark IIIはEOS 5D Mark IIを上回る性能を発揮するが、特に暗所性能とか、モアレ抑制とか言わなければ、EOS 5D Mark IIはまだまだ力があるということ。

Img_9333

           写真:クマデジタルさん

そして、その差額で単焦点レンズを買った方が、間違いなく成長が早いし、面白いと思う。最近、単焦点が高価いものしか出てこないのが課題だが。

--ads--

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新型レガシイの電子カタログはibooks

スバルを代表するクルマ、LEGACYがマイナーチェンジ
個人的にレガシイは好きな車で思い入れもあるんだけど、普通にちょこちょこ使うには大きい(というか長い)んだよねえ。
それはともかく、新型レガシイのWEBに電子カタログのダウンロードというページがあって、そこに跳ぶと。。。。
iPad、iPhone、iPod Touch専用とある。

Legacy_1

そう、ibooksなのだ。
(5/11現在、iPad版のみ掲載、iPhone用はカミングスーンになっている)

Legacy_2

開くとこんな感じで

Legacy_3

イイ感じ。
うちのはiPad2なのだが、新しいiPadだともっと良い?

Legacy_4

紙のカタログを見ていないので、これが紙と同じ構成かどうかはしらないが
精細感もあるし、細かな字も読みやすい。
気がつけばこういう時代。

Legacy_5

カタログのibooks化があたりまえになったら、カタログコレクションは場所とらないし、整理楽だし、になっちゃうなあ(笑)

--ads--

iBooks Author - Apple       iBooks - Apple


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月11日 (金)

モノクロ写真専用デジタルカメラ

モノクロ専用デジタルカメラって聞いたとき、一瞬????と思った。
ライカM モノクローム
35mmフルサイズセンサー搭載モノクロ専用デジタルカメラ

Leicam      公式HPより

こういうアプローチは他のメーカーにはなかなか出来ないだろうなあ、と思わせる。

撮像素子は色を「見る」ことはせずに各画素が輝度を忠実に記録し、色を認識する撮像素子を搭載したデジタルカメラよりもはるかにシャープな描写で「正真正銘の」モノクロ写真を撮影

という謳い文句がどのくらい効果がある話なのか、正直わからない。それでもこのアプローチは魅力的に思うし、アグレッシブだなあと思う。
んでも、予価90万円ってさすがというべきか、なんというべきか

バンドルソフトは
AdobeのLightroom と NikのSilver Efex Proらしい。
この辺もバランス良いところかな

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

EOS MOVIE Plugin-E1 for Final Cut Pro 1.3 リリース

キヤノンからEOS MOVIE Plugin-E1 for Final Cut Pro 1.3がリリース。
ようやく、EOS 5D Mark IIIやEOS-1D Xのムービーファイル、いわゆるEOSムービー第2世代に対応した。

Eos_movie_plugine1_for_final_cut_pr

そう、いままでEOS MOVIE Plugin-E1は第2世代のEOSムービーファイルを読むことが出来なかったのだ。

まあ個人的にはFinal Cut Proは7からXに7割方(シャレでは無く)移行しており、Xでは動かないEOS MOVIE Plugin-E1 for FCPは使わないプラグインになってはいる。

Eos_movie_plugine1_for_final_cut__2

だが、EOS MOVIE Plugin-E1 for Final Cut Pro には、単にProRes 422へのトランスコードを分かりやすく高速に行うというだけでなく、EOSムービーファイルのメタデータを表示できるという大きな機能がある。
しかも、今回の1.3でその範囲が拡大し、従来の項目に加え、ピクチャスタイルとホワイトバランスが表示可能になった。

これさあ、Final Cut Pro Xにも欲しいよね・・・。
ちなみに編集中のEOS 5D Mark IIIムービーはこちら
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 8日 (火)

機動歩兵といえば

海洋堂、特撮リボルテック(REVOLTECH)、機動歩兵 スタジオぬえデザイン版 到着。
けっこう人気らしく(いや、数が少ない?)
amazonはしばらくマーケットプライスでプレミア価格になっていたし、ヨドバシ等は終了。

5d3_1666

amazonの在庫が復活したいまが、降下のチャンスです。少佐殿。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 7日 (月)

藤沢シネマ 劇場公開

藤沢シネマとはビデオSALONで1年に渡って制作された藤沢玲花さんを主演とするショートムービー集。
そのうちの1本が、うちのゼミ生の監督(スタッフもうちのゼミ生を中心とする学部混成チーム)であることは以前書いた

その藤沢シネマが劇場公開。
1日限りの公開ではあるけれど、横浜のブリリアショートショートシアターにて。

Fcinema1

このブリリア、CP+2012のとき、ここでセミナーをやらせて頂いたけれど、画も音もかなりのクオリティ。
EOSムービーなひとはもちろん、自主制作映画をやってるひとは、このクラスのスクリーンと音響環境で見て、どこまでの表現ができるのか、どこまで分かるのか。そして、どこがダメなのかを確認すると、とても勉強になると思います。

Fcinema2

ビデオSALON WEBでの案内ページ

--ads--

デジタルムービー実践ガイドブック (玄光社MOOK)
ビデオSALON
玄光社 (2012-02-22)
売り上げランキング: 57172

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クマデジタルさんのEOS 5D Mark IIIレビューが素敵な件

クマデジタルさんのEOS 5D Mark IIIレビュー「EOS 5D Mark III、オールラウンダーはさらなる高みへ」が素敵すぎる。

スペックだけで無く、印象論だけでも無く、自分の使った感触、感覚を丁寧に語るレビュー。
素晴らしい

もう、ワタシがここでEOS 5D Mark IIIの話はしなくてもイイくらい(笑)
ので、せめて、写真でオマージュを・・・

Img_9623

・・・・・・

Img_9613

すみません、やってみたかっただけです・・・

--ads--

キヤノンEOS5D MarkⅢスーパーブック (学研カメラムック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 6日 (日)

iOS用iMovie 1.3.1 アップデート

iTunesでAppのアップデートを掛けたら、iMovieが。
なにげなくアップデートボタン押したが、ぜんぜん終わらない。

Imovie_1

よく見たら、403MBか。すごいなー。

とはいえ、機能的には新機能が加わった等では無いみたい。

Imovie_3

iPhone、iPadで動くiMovieは、ものすごく期待したソリューションだけど、告白すればまったくといってイイほど使っていない。
基本、iPhoneで撮った動画が対象であること、オフライン的に使えるわけでもないし、出先で編集したいときはMacBook等を持って行ってるし・・・で、出番が無いのだ。

いや、このアプリ自体はヨクできてるし、未来も感じるんだけどね・・

Imovie_2

ところで、いつからこんな警告出るようになったんだっけ?

--ads--

iMovie - Apple
Extras for iMovie - Dating DNA, Inc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

デジカメ写真のバックアップとしてのHDD考

前回書いたように、最新デジタル一眼レフを筆頭にデジカメ写真の容量は大きくなるばかり。もちろん、Macの内蔵HDDも大きくなってはいるが、それでもHDDの空き容量は必ず限界がやってくる。

5d3_1664

ワタシはいまだ8Gや16Gが中心で60MB/sと45MB/sが混在しているが、徐々に大きくなっていくのだろう。EOS 5D Mark IIではあまりカードのレスポンスが問題になることは無かったが、5D Mk.IIIはありそうだし。

ワタシの環境で写真、動画を扱うときは、
Mac Proの内蔵RAID(6TB)をメインに、夜中に自動バックアップでDrobo(8TB)という流れだが、課題はアーカイブ的バックアップ。
以前はDVD-Rに焼いていたが、前述のように巨大化する写真データの前にDVDはもはや小さい。BD-Rもあるが、先日の撮影は仕事ということもあって総容量は60GBを越えている。

手っ取り早いのは外付けHDDだ。
タイ洪水の影響で供給が少なく高値だったHDDも落ち着きつつあるものの、いまだベアドライブより外付けUSB型のほうが安かったりする・・。
amazonで1万円台(つまり11,000円まで)で検索すると何機種かでてくるが、このなかでワタシが使ったことがある(似たシリーズ含む)では

・LaCie minimus 2TB(実家のバックアップ用にHDDを買った
・Logitec LHD-EN2000U2W(使ったのは凜シリーズだけど
・Western Digital My Book Essential 2TB(持ってるのはFireWire版

MacなワタシはFireWire派だけど、まあ、アーカイブ用途は遅くてもいいか、と思う。

問題は、何ヶ月、何年か後に、電源入れたら立ち上がらないとか、ドライブがやられてた、とかの心配で・・・
定期的に起動とドライブテスト行ってくれるシステムないかなあ。。。(笑)

--ads--

2TBで11,000円以下の外付けHDD@amazon

サンディスクの8G以上のCFカード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 5日 (土)

EOS 5D Mark III 感度別ファイル容量

1990年の夏に買った初めてのMacintoshはメモリが2MBでHDDは40MBのIIcxだった。
22年後のいま、ワタシが使っているデジタル一眼レフ(EOS 5D Mark III)は、最高画質で記録すると1枚で27.1MBになる(RAWの場合)。

IMG_9230

しかも、この数字は公称値というか、ある一定の基準条件下のもので、実際のファイルサイズはISO感度、ピクチャースタイルなどによって異なると書かれている

ので、実際に撮って較べて見た。EOS 5D Mark IIIのISO1000〜102400までの感度別比較。

Eos5dmarkiiiiso

三脚を持っていなかったので、ベンチに肘をついて固定しての手持ち撮影。極力ブレを抑えるためにシャッター速度は速め、微妙なブレもあるが、許してほしい。
RAW+JPEG L オリジナルのJPEGはFlickrにあげたので、感度別S/Nに興味のある方はそちらへ。スライドショーでみると、S/Nの変化が分かりやすいと思う。

で、ファイル容量は以下の通り。

Filesize

公称値は、RAWで27.1MB、JPEG L で7MBだけど、感度と共にファイル容量が増加し(まあ、ある意味、ノイズが増加し、というのと言えるか)拡張感度の102400ではとんでもないファイル容量になっているのが分かる。
スーパー超高解像度で話題のD800/800Eでは、最高画質でRAW41.3MB、JPEG 16.3MBが公称値だが、こちらも感度をあげるとファイル容量は飛躍的に増加するはず。シグマのSD1は45MBだし・・。

最新のデジタル一眼レフは、マシンスペックとストレージ容量を要求するのだ。
で悩ましいのがバックアップで・・・という話は長くなるので改めて。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リンクの生きてるスクリーンショット?

クマデジタルさん EOS 5D Mark IIIの液晶保護フィルム(の個人的な)問題、決着する。 おめでとうございます。
近年、急速に各種機能改善と戦力強化に勤しみプロブロガーへの道を邁進されるクマデジタルブログであるが(違います)、上記のエントリーに、腹黒い三連星のナカマであるBさんのツイートが貼り付けられている。

Kumadigital_1

これ、普通に画面キャプチャ(スクリーンショット)が貼り付けられてると思ったんですよね。

Kumadigital_2

で、ここの文字化けが気になったのでなにげなくポインタを近づけると、なんと反応する。

こいつ、動くぞ・・・!

Kumadigital_3

フォローボタンはちゃんとワタシがBさんをフォローしていることまで反応を返すし。

いやー、mono-logueには実装されていない様々なオーバーテクノロジーがあるなあ。
そういう意味では旧型テクノロジのうちですが、モビルスーツの性能の差が戦力の絶対的な差では無いことを・・・(以下略
まあ、とうぶん、うちは2カラムでいこうと思っています。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2012年5月 4日 (金)

地下鉄の蛍光灯がLEDだった

先日の仕事帰り、ホームに滑り込んできた地下鉄車内が、妙に色温度が高いように思え、あれ〜、疲れると視覚もずれるのかな。と思いながら乗り込んだ。

Efl040g_1

東京メトロ 千代田線 新型車両16000系
新型とは言え2010年11月から運行を開始しているので16000系に出会うことも増えてきたが、このとき乗った社内の雰囲気はやはり違う。
明らかに蛍光灯の色温度が高い。

Efl040g_2

iPhoneで撮って、拡大と画像処理。
あれ?昼白色って書いてある。昼白色だったらそこまで色温度は高くないはず。

Efl040g_3

やっぱワタシが疲れてる?と思いつつ、KAWASAKIのロゴや、「入力側」という見慣れない表記に家に帰ってからググってみた。

どんぴしゃのブログにヒット
東京メトロ16000系16107FにLED照明試験実施中あんちんさんのブログ

Kawasaki
電源:AC200~254V 50/60Hz
消費電力:26W(電源装置含む)
品番:EFL-040G/A2WBH(LED灯 飛散防止形)
発光色:昼白色
製造元:エクセル
(上記、あんちんさんのブログより転記)あれ、微妙に型番が違いますね

なるほど。
LEDの長寿命が活きるなら、たしかに地下鉄照明にはいいかも。

でも色温度が高く感じたのはなぜなんだろう・・?

--ads--

プラレール 東京メトロ東西線&千代田線ダブルセット
タカラトミー (2011-11-26)
売り上げランキング: 17519

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2012年5月 3日 (木)

ポジになれないフィルムの話

クマデジタルさんが、EOS 5D Mark IIIの液晶保護フィルムでやらかした。
あの、iPhoneだろうがiPadだろうが、浴室というクリーンルームでパンツ一枚になって見事なフィルム貼りをみせるクマデジタルさんが、EOS 5D Mark IIIの液晶保護フィルムで失敗

5D3+保護フィルム_4

にしても、デジタルノギスには萌えたな。欲しい。幾らくらいするんだろう(正解はクマデジタルで)。

だが、あえて言おう。(ワタシは)ハクバであると

ただ、ハクバはオッケーかと言えば、残念ながらノーだ。

貼った翌日は気にしていたのでチェックしたが、問題は無かったように思う。
そのまま、忘れて約1週間・・・・
ハクバ、浮上・・・。

5D3+保護フィルム_5

右肩端の部分が、僅かながら浮いている。

5D3+保護フィルム_6

ケンコーの対策品がどうなのかは分からない。
まあ、個人的には、ここは気にしないのが一番と思っている。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

孤独のグルメ登場の中国家庭料理 揚

Bさんとクマデジタルさんが、手に手を取り合って「マクロス超時空展覧会~バルキリーで誘って~」に行った日、ワタシは大学で仕事していた。

で、彼らがご飯を食べるタイミングでがんばって池袋でランデブー(3人とも太っているからサンデブー?)。
Bさんの管制誘導により、中国家庭料理 楊 2 号店 へ合流。キラッ。

この池袋の路地裏にある小さな店は、ドラマ『孤独のグルメ』第3話に登場するらしいのだが、恥ずかしながらワタシはこの番組を見たことがなければ、原作も数話しか読んだことがない。
(いや、番組が一部で話題になっていたのはTLで知っていたけど)

5D3_1644

汁なし担々麺

5D3_1645

焼き餃子

おいしゅうございました。
レポートは私なんかが書くより、Bさんとクマデジタルさんのブログで。

豊島区池袋の汁なし担々麺

中国家庭料理 楊 再訪
「孤独のグルメ」登場の「中国家庭料理 揚」で汁なし担々麺

ついでに?おふたりの「マクロス超時空展覧会」レポートも

マクロス超時空展覧会~バルキリーで誘って~

1/1 VF-25F メサイアバルキリー

う〜ん、ノリの良いレイヤーを同伴させないとC/P悪いかな〜。今週末までか・・・。

Bさんが自ら、黒い三連星とか称しているので、イメージ写真公開

20120503173825

      

LINE camera - NAVER Japan Corporation

まあ、そんな感じ。

--ads-- @amazon

孤独のグルメ DVD-BOX 孤独のグルメ 【新装版】 DX超合金 VF-25S(オズマ・リー機)用 スーパーパーツ(リニューアルVer.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マンフロット BELLAにEOS 5D Mark IIIを入れる

マンフロットの小型ショルダーバッグであるBELLAは、カメラバッグとは言っても一眼レフでは無くミラーレス等の小型カメラにフォーカスした、ちょっと小粋でお洒落なバッグ。
ワタシが持ってるのは5型だが、NEX-5専用として使っている

5D3+BELLA_1

イタリアブランドとも言えるマンフロットらしく、小粋なデザインとカラーバリエーション。
それでいて他の量販店向けカメラバッグとほとんど変わらない安価な実売価格が大きな特徴。(この5型は3千円強、ひとまわり大型の6型でも3千円台半ば)

EOS 5D Mark II や III では使えないと思っていたのだけど、先日、なにげにフォクトレンダーを付けたEOS 5D Mark IIIを入れて見たら、

5D3+BELLA_2

入った(笑)

5D3+BELLA_3

まあ、他のレンズではダメだし(キヤノンってパンケーキレンズ出さないよねえ・・・)、AFの効かないフォクトレンダーではお散歩専用にはなっちゃうのだけど、フォクトレンダーつけて、iPhoneと財布だけ入れて出かけるにはけっこうイイかも。

--ads--

Manfrotto ベッラ・ショルダーバッグ 5型/カーキMB SSB-5BC Manfrotto STILE ウニカ・メッセンジャーバッグ 3型/赤 COSINA VoightLander ULTRON 40mm F2 SL II (キャノンEF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

MacOSのDVD共有

Img_9900

ワタシのMacBookAirはThunderboltの付いていない2010年型。去年、Thunderbolt版が出たときに思い切ってリプレイスしようと思った(M先生によれば中古売却との差額は数万も無かった)が、Mac Pro待ちでひっぱったら、結局Mac Proは出なかったというオチ。
果たして今年はMac Proが出るのだろうか。

MacBookAirはMacBookProと共に再定義されるのか、少なくとも今年もニューモデルが出ることは間違いなく、出たらダイブ予定。
可搬性では理想に近いMacBookAirだけど、今年前半はCP+やEOS 5D Mark III体験会等、マシンパワーの必要なデモが多く、MacBookAirの力不足を実感した年でもある。
次期MacBookProがゼロスピンドルで出てきたら、AirではなくProに行くべきだろう。

それはさておき、MacBookAirにアプリをインストールする必要があって、外付けスーパードライブを探したが見つからない。
いかに長期間、Airで光学ドライブを使っていないかがばれるが、まあ、そうだよねえ。
今後、光学ドライブの使用頻度は下がることがあっても上がることはもはや無いと思う。

Drive

仕方ないのでDVD/CD共有でマウント。
あれ?使用許可なんてプロセス、まえからあったっけ?

--ads--

Apple MacBook Air 1.7GHz Core i5/13.3/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC965J/A Apple MacBook Air SuperDrive MC684ZM/A

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 2日 (水)

EOS 5D Mark IIIの固有ファイル名

クマデジタルさんの「EOS 5D3:ファイル名のデフォルトは個体ごとに異なる」エントリーにあるように、EOS 5D Mark IIIは従来のIMG_XXXX+拡張子に代わり、機体固有の△△△△XXXX+拡張子になった(△部分は英数字)

ので、ワタシは△部分に5D3_をユーザー設定して撮影機体と紐づけている。

5dfile

これ、複数のカメラで同時撮影したりするときにはとても便利。ちなみにニコンのD800/800Eにも同様の機能はある。

ところでデフォルトの4桁英数字部分、カメラ固有ってユニーク値って意味?
特殊記号を含まないアルファベット+数字で4桁というと、36の4乗って少なすぎるでしょ、と思ったが、167万台はいけるのか、うーん。そんなもん?
でも、NGワードは除外しなきゃだよね。
F△CKとか、SONYとか(笑)
EOSのファイル名でPANAとかも拙いだろうし。

1stcut

ちなみにうちのEOS 5D Mark IIIは、AU6Cでした。
ちゃんと0001からカウントされましたが・・・(^_^;

--ads--

キヤノンEOS5D MarkⅢスーパーブック (学研カメラムック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 1日 (火)

メーデー・メーデー

今日はメーデーだけど、普通に仕事(大学)。いや、よくある誤解ですが、昨日も祝日ですが多くの大学で通常通り授業(講義、演習等)がありました。振替休日の多い月曜日はカレンダー通りだと授業回数が確保できないからです。昔はそのあたり鷹揚だったようですが。
学生がちゃんと来てくれるかちょっと不安だったけれど、欠席者は非常に少なく、自分たちの頃を思うと、いまの学生はとても真面目だなあと思う。

メーデーが生まれるに至った歴史や、その過程で戦った先人に大きな意義と敬意は感じるものの、個人的には仕事を労働とみる考え方に自分は汲みしない。
仕事は自己実現だ、みたいに思ってるわけではなく(いや、そう思ってた蒼い頃はあったけどさ)仕事は基本、自分の生活の糧ではあるけれど、それでも仕事は苦役なんかではなく、「事に仕える」ものであると思ってる。

そーゆー綺麗事が搾取構造の・・みたいな批判はあろうけれど、生活が成立するなら遊んで暮らしたいかと言えば、それは違うのだ。(いや、カメラを鞄に詰めてゆっくり旅したいとは思うけれど)
そういう意味で、ワークライフバランスという言葉も苦手だ。
仕事と生活は「&」で括られる物では無く、共にあるもの「withなりinなり」だと思ってるし、仕事がつまらない(あるいは苦痛な)なかに、生活の充実などあり得ないと思ってる。

いや、まあ、そういう考え方は仕事至上主義になりがちで、それ以外の部分を軽視してしまうと、妻に冷たい目で見られる・・というオチになる危険に満ちているのですが(汗

saika

                                 写真 浅岡省一さん

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DPPのDLO

DPPのDLO、とか書いてもなんのこっちゃ、であるが、先日、バージョンアップしたキヤノンのRAW現像ソフトウエア Digital Photo Professional 3.11.26のデジタルレンズオプティマイザ機能のこと。

Dpp2

D.P.Pの新機能デジタルレンズオプティマイザによって、
光の伝達係数を関数化・フィルター化。受光画像に適用することで光学的な影響を補正。
が特徴・・
ただし、それにはレンズのデータが必要なので、レンズデータをオンラインから取得しなければならない・・・ならない・・・

Dlo

え〜と・・・
なにが間違ってるんだろう・・・

--ads--

Canon Store in Amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »