« ビデオSALON 6月号にブラックマジックのシネカメラ | トップページ | 運動会レンズという訳ではないがNEX-5+SEL18200 »

2012年5月20日 (日)

谷雅彦氏とSilent Force

マットペインター、上杉裕世氏がILMで活躍する日本人のファーストジェネレーションなら、谷雅彦氏はセカンドジェネレーションだと思う。
そんな谷雅彦氏の写真集、Silent Forceが発売された。

Silent_force_1

そう、写真集である。谷雅彦氏はマットペインターだが、これは画集ではなく、写真集。
しかも、駐車場の、だ。
帯は ジョン・ノール。
余談だが、 ジョン・ノールの兄、トーマス・ノールの言葉はいまもワタシの大事な部分を占めている。

Silent_force_2

それはさておき、このSilent Forceの美意識、素晴らしい
そして、ジョン・ノールが
構図に対する彼の鋭い感覚は、この写真集を芸術作品に仕立て上げている。
と書いているように、恐ろしく緻密な構図。

Silent_force_3

クリエイターズヘッズに掲載されている彼のインタビュー記事も示唆に富む優れたものだが、そのなかの
アーティストがオペレーターにならないために、もう一度絵を描いてみたい
という言葉もかなり重要な意識に思う。

Silent_force_4

Silent_force_5

--ads--

|
|

« ビデオSALON 6月号にブラックマジックのシネカメラ | トップページ | 運動会レンズという訳ではないがNEX-5+SEL18200 »

本/音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/54758050

この記事へのトラックバック一覧です: 谷雅彦氏とSilent Force:

« ビデオSALON 6月号にブラックマジックのシネカメラ | トップページ | 運動会レンズという訳ではないがNEX-5+SEL18200 »