« Mac USB3.0時代のカードリーダー選び | トップページ | そっかEOS 5D Mark IIIはUSB 2.0だった »

2012年6月19日 (火)

EOS 5D Mark III ファーム 1.1.3 と EF 40mm F2.8 STM

キヤノンから、EOS 5D Mark III ファームウエア Version 1.1.3がリリース。
いくつかのバグフィックスと
そして
2012年6月下旬に発売開始の単焦点レンズ “EF 40mm F2.8 STM” に対応しました。

ええええ?

Ef40mm

EF 40mm F2.8 STMは、いま、とても気になっているレンズ。
ただ、現状でこのステッピングモーターを十全に活かせるのは、新型EOS Kiss X6iのみ。

この  “EF 40mm F2.8 STM” に対応 の、対応内容が知りたい(笑)
まさかEOS 5D Mark IIIが動画サーボAFになった、って意味ではないと思うので、ステッピングモーター制御のなにかだと思うのだけど、他のEOSが等しく “EF 40mm F2.8 STM” に対応ファームとか出ていないことを思うと、なにかしらのアドバンテージがあると思う。
うーん、詳しく。って気分。

Img_9954

EF 40mm F2.8 STMはとても気になるし、C/P抜群のEF50mm F1.8に次ぐ安価なレンズだし、買っちゃえ、とゴーストが囁くのだけど、フォクトレンダーのウルトロン40mm持ってるから悩むところ。
いや、開放F値が違うし、製品の方向も違うし、たぶん描写も違うし、ではあるのだけど、じゃあ、両方、使い分けて使いこなせるのかと言えば、ワタシに関してはノーだと思う。
レンズコレクターになるのはダメ、と自分に言い聞かせてる身としては悩むのだ。

--ads--

Canon EF40mm F2.8 STM [EF4028STM]
キヤノン (2017-06-30)
売り上げランキング: 75

|
|

« Mac USB3.0時代のカードリーダー選び | トップページ | そっかEOS 5D Mark IIIはUSB 2.0だった »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

EOS5DⅢに対応は、ボディ内のレンズデーターのことです。
つまり周辺光量補正などのことで、撮影自体はなんら問題なくできるということでした。

投稿: NOSUKE | 2012年6月22日 (金) 00時38分

おお、ありがとうございます。
STMモーターは最適制御の仕方が従来のモーターと異なる印象なのですが、どうなんでしょうねえ。。。

投稿: SAIKA KAZUHIKO | 2012年6月22日 (金) 12時01分

本日早速テストしてみました。
フルタイムマニュアルのはずが… 一枚撮影モード、かつシャッターボタン半押し状態でないとマニュアルできません(笑)。電気がないとダメなのね。これでは全然「フルタイム」でないし。レンズ繰り出し状態のままで電源切ると、そのままヘリコイドが動かなくなるわけで、せっかくの薄レンズが厚いままで邪魔かも。
写りはまあまあですが、フォクトレンダーでマニュアル使いの方にはちょっと物足りないかもしれませんね。

投稿: NOSUKE | 2012年6月23日 (土) 00時44分

え、ええっつ・・・?
あ、要はAF後のマニュアル調整が可能って意味???

う、うーむ

投稿: SAIKA KAZUHIKO | 2012年6月23日 (土) 01時07分

そうです。
「フルタイムマニュアル」は、Lレンズと一部USM搭載のレンズで可能です。
これは、AFでピントを合わせた後で、レンズ側のスイッチを切り替えずに、そのまま微調整ができる優れもの。

この新しいレンズも、一応それができるます。

投稿: NOSUKE | 2012年6月23日 (土) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/55004902

この記事へのトラックバック一覧です: EOS 5D Mark III ファーム 1.1.3 と EF 40mm F2.8 STM:

« Mac USB3.0時代のカードリーダー選び | トップページ | そっかEOS 5D Mark IIIはUSB 2.0だった »