« EF40mm F2.8 STMの周辺光量 | トップページ | EOS 5D Mark IIIでEye-Fiカードを使う »

2012年7月15日 (日)

コマフォト 8月号とファイルムービー再入門特集

コマフォトこと、コマーシャル・フォト8月号が届いてちょっと驚いた。

Coma_photo_1

どこの通販カタログかというくらい厚い。

Coma_photo_2

背表紙を見てわかった。
分冊付録 2012 STUDIO DATA BOOK 撮影サポートガイド が合本になっている。

Coma_photo_3

2冊の雑誌を分離型の表紙でくるんでいるらしい。なるほど。
中に挟む(には大きすぎるし)とか輪ゴムでくるむとかよりスマートで輸送時のトラブルも少なそう。

Coma_photo_4

分解するとこんな感じ。
スタジオデータブックも重宝しそう。最近、比較的リーズナブルなハウススタジオも増えてきたしね。

Coma_photo_5

さて、コマフォト8月号の特集は、フォトグラファーのためのファイルムービー再入門
3章に渡る力の入った特集で、その一部。

Coma_photo_6

Final Cut Pro X 対談 として、フォトグラファーの鹿野 宏さんと対談させて頂いています。

Coma_photo_7

実はかなりの長時間、だらだらお話ししたのだけど(笑)これをコンパクトにまとめる編集者って才能だなあと思う。
鹿野さん、編集のAさん、ありがとうございました。

--ads--

|
|

« EF40mm F2.8 STMの周辺光量 | トップページ | EOS 5D Mark IIIでEye-Fiカードを使う »

映像編集/ソフトウエア」カテゴリの記事

本/音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/55202145

この記事へのトラックバック一覧です: コマフォト 8月号とファイルムービー再入門特集:

« EF40mm F2.8 STMの周辺光量 | トップページ | EOS 5D Mark IIIでEye-Fiカードを使う »