« ヤマト2199 サウンドトラック Part.1 | トップページ | iPhone 5 の解説本を買ってみた »

2012年11月10日 (土)

NEX-5Rを触ってみた

ツマが一番小さなEOS Kissが欲しい、と言うので、これ幸い?と検討。
とは言えEOS 5D Mark III、EOS 5D Mark IIがいるうちに、Kiss X6iが来ても(ワタシが)楽しいかと言えば微妙。
そうなると現状の候補は、EOS Kissと中身はおんなじ、を訴求する EOS Mか、同じくAPS-C級センサーを持つNEX-5Rか。(NEX-6はちょい大きいので外す)。

そんなとき、あるプロジェクトで会った紗々さんが、発売前のNEX-5Rをモニターしていたので、紗々らせて触らせてもらった。

NEX-5R_01

サイズはワタシが持っている(最近はツマ専用機になっている)初代NEX-5とほぼ同じ。重さも10gの違いなので体感的には同じ。
意匠の印象(韻を踏んでみた)も変わらず、NEXは初代から完成度の高いデザインだったのだなあと再認識する。

NEX-5R_02

APS-Cクラスのセンサーをもつミラーレス(そういえばノンレフレックスという言い方はどこへいったんだっけ)で、小さく軽く、というとNEXかEOS Mになるが、EOS Mすら僅かにNEX-5Rより大きく重い。しかも使用時重量は22g差だが本体重量は44gの差。つまりバッテリー容量はNEX-5の方が大きいのだ。

NEX-5R_03

EOS Mはワタシのもつ豊富な?EFレンズが流用できるのがアドバンテージだが、NEXも基本レンズは持ってるからボディだけ買えばOK・・・と思ったら、なんとキットレンズの標準ズームがリニューアルされて、従来比で半分近い長さになってる。

NEX-5R_04

しかもパワーズーム。
まあ、レンズ鏡筒のスライド型ズームレバーが使いやすいかどうかは難しいところ。
コントロールダイヤルにズームを割り当てられたらコンデジ感覚になるんだけどなあ。

NEX-5R_05

EOS Mのキットレンズは従来のNEXキットレンズ並なので、トータルの標準運用サイズはNEX-5Rにアドバンテージがありそう(レンズごと買い換える場合ね)。

NEX-5R_06

コントロールダイヤルは初代NEX-5にはないアプローチ。NEX-7のようなデュアル型ではないけど、普通に使うならシングルの方が分かりやすいはず。

NEX-5R_07

逆に初代NEX-5をツマがdisる最大要因だったストロボボタンアサインはなくなっている(たしか5Nからだっけ)。

NEX-5R_08

液晶はバリアングル&タッチ。EOS Mはタッチのみ。

NEX-5R_09

しかも今回のバリアングル液晶は自分撮り対応。
子供と写真撮るときは強いよねえ。これ。まあ、いい歳したオヤジのワタシが使う機会はないようにも思うんだけどさ。

NEX-5R_10

AFは初代NEX-5比較でかなり改善してた印象。
ショールームで触ったEOS Mが思ったより速くない感じだったので、この辺はNEXに一日の長があるかも。
同条件で比較してるわけでは無いのでなんとも言えないけどね。

NEX-5R_11

EOS Mは普通に使うならキットレンズで、いざとなれば手持ちのEFレンズをすべて投入できるのは魅力。EOS 5D Mark IIIで出かけるときも予備のボディとしてポケットに突っ込んでおける、ってのもいい。

NEX-5R_12

うーん、なやむな。
できれば両機種、しばらく自分で試せたらいいんだけどなあ(誰と無く)

--ads--
実売はEOS Mのほうがかなり安いのか・・

|
|

« ヤマト2199 サウンドトラック Part.1 | トップページ | iPhone 5 の解説本を買ってみた »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/56081119

この記事へのトラックバック一覧です: NEX-5Rを触ってみた:

» ソニーNEX-5R・アトリエM6代目カメラ。 [ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記]
建築をやっておりますと、 カメラは自分の設計をサポートする重要なパートナー。 これまでの建築人生とカメラ変遷は、こちら。 http://atelier-m-architects.at.webry.info/201011/article_7.html [続きを読む]

受信: 2012年12月13日 (木) 11時53分

« ヤマト2199 サウンドトラック Part.1 | トップページ | iPhone 5 の解説本を買ってみた »