« CP+ 2013レポート 12 EF200-400mm F4L IS USM 1.4×はまだ・・・ | トップページ | EOSのファイル名をリネーム:Apple Aperture篇 »

2013年2月24日 (日)

EOSのファイル名をリネーム:Adobe Bridge篇

今回はMac版のAdobe Bridgeを使用する場合とEOS同梱のDPP(Digital Photo Professional)を使う場合。アップルApertureを使う場合はこちら

EOS-1D系、EOS 5D Mark III、そしてファームアップしたEOS 7Dは、ファイル名頭の4文字が任意設定できる(設定方法含む過去エントリー)。ちなみに最新型なのにEOS 6Dは出来ない。このあたりに6Dの(キヤノンの考える)立ち位置がうかがえる。
だけど、任意設定できる頭4桁は文字列なので、自動加算される数字部分は4桁。つまり9999枚撮ったら繰り返しになるので同じファイル名がはじまる。つまり1万枚しかユニークなファイル名にならない。

adobe bridge_01

上記エントリーで書いたようにワタシは頭4文字にアルファベット行を入れて26万枚まで拡張しているが、文字列は自動繰り上がりしてくれないので5D3B9999の次は5D3B0001となり(EOSは0000を使わないみたいだな)ファイル名ソートも時間順にならないし、タイムラプス用に読み込むときもやっかいだ、

adobe bridge_02

どうするといいの?という質問を受けたので、こんな風に、5D3B9999の次は5D3C0001にリネームする手順を改めて書いておく。

Adobe Bridge の場合(CS6 Ver.5.0.2.4)

adobe bridge_03

ツールメニュー>ファイル名をバッチで変更

adobe bridge_04

図は、5D3CXXXX(Xは数字)のファイル名を、XXXX部分は同じまま5D3Dにリネームする場合。
下段に変更後のファイル名がプレビューされるのも◎

adobe bridge_05

Bridgeのリネーム機能は項目の増減が楽で内容(操作)も分かりやすい。複雑なファイル名を自動作成するのも容易。
ただし、項目の順番を入れ替える機能は無く、例えばこの例で通し番号を頭に持っていきたい場合は、頭に新しく項目を作ってそこで設定し、現状の通し番号欄は削除する必要がある。
この状態でプレビューボタンを押すと

adobe bridge_06

個々のファイルがどうリネームされるかの一覧が表示されるのも便利。
ワタシがリネーム作業に使うのはBridgeがいちばん多い。

キヤノン純正 Digital Photo Professional の場合 (Ver.3.12.60)

Digital-Photo-Professional001

ツール>リネームツールを起動

Digital-Photo-Professional002

非常にシンプルな機能のみだけだし、連番は4桁限定みたいだけど、単純なリネームにはむしろ分かりやすくてイイかも。
ただし、落とし穴があって
RAW+JPEG画像は同名にする がデフォルトオフ
ここを忘れて実行してしまうと、同時撮影のRAWとJPEGが別々のファイル名になって泣きを見る(見たw)。

EOSのファイル名をリネーム:Apple Aperture篇 はこちら

--ads--

|
|

« CP+ 2013レポート 12 EF200-400mm F4L IS USM 1.4×はまだ・・・ | トップページ | EOSのファイル名をリネーム:Apple Aperture篇 »

EOS-1D X II / C / 5D III /IV」カテゴリの記事

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

Rename4Macというアプリケーションが無料で利用できるのですが、このソフトの使い勝手は悪くありません。英語バージョンしかありませんが、至極簡単。おためしあれ。

投稿: KM | 2013年2月24日 (日) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/56830083

この記事へのトラックバック一覧です: EOSのファイル名をリネーム:Adobe Bridge篇:

« CP+ 2013レポート 12 EF200-400mm F4L IS USM 1.4×はまだ・・・ | トップページ | EOSのファイル名をリネーム:Apple Aperture篇 »