« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

2012年度終了

これでも大学の教員なので、今日が年度末最終日。
教え子達はそれぞれの新天地へ旅立ち、先日までの3年ゼミ生が最上級生である4年ゼミ生に、そして新しい新入生が入ってくる。

2012年度、お疲れ様でした。

C1A_4037

これ、大学のキャンパスから撮ってます。

そして、明日から新しい2013年度。
けっこう激動の予感。がんばらないと。

--ads--

デジタルシネマカメラ完全攻略 (玄光社MOOK)
玄光社 (2013-01-31)
売り上げランキング: 14,139

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Final Cut Pro X から4Kムービーを書き出すには

質問を頂いたので、ブログで書くことで回答に。Final Cut Pro Xから4Kムービーを書き出すときのシンプルな方法について。
EOSムービーや、Mac関係など、コメントやメールで質問頂くことも時々あるのですが、すべてに回答できていません。忙しくて時間が無いときもあれば、そもそもスキル不足で答が分からないときもあります。
申し訳ないなあと思うものの、ワタシの力量の範囲内でしか出来ませんので、お許しいただければ幸いです。

4Kムービーの編集は、ストレージ速度さえ確保できれば意外と簡単にMac(Final Cut Pro X)で行える。(編集自体はFinal Cut Pro 7でも可能だが、FCP7単体では4KでFCP7から書き出すことが出来ない)

FCP_Export_01

4Kムービーをフル解像度で上映できる機材環境はほとんどないのが現状なので、フルHDで書き出せれば現状では充分という考え方もあろう。

FCP_Export_02

そういう場合は素直にYouTubeを選べばフルHDへダウコン(?)エンコード出力をしてくれるが、FCPのYouTube共有はなぜかいまも初期設定値が1280 x 720のHD

FCP_Export_03

これは解像度ポップアップから簡単に1920 x 1080サイズのフルHDに設定変更が可能。
なのだが、逆に4Kサイズ(4096 x 2160)は選べない。4K編集時にはダウンコンバートオンリーだ。

FCP_Export_04

これはvimeo共有も同じ(ただしvimeoはデフォルトがフルHDサイズ)

FCP_Export_05

では4K解像度のH.264で書き出すにはどうすればいいかというと、
ファイル>共有>出力先を追加 から ファイルを書き出す を選択ビデオコーデックをH.264に変更する。

FCP_Export_06

追加した設定はH.264とでも名前を付けておくのが良いと思う。

FCP_Export_07

このプリセットは、解像度が「ソースと同じ」で固定されるので、

FCP_Export_08

4Kなら4K、フルHDならフルHDで書き出されるのでミスが少なくなるので、個人的によく使う。

FCP_Export_09

逆に4KシーケンスをフルHDで書き出すプリセットを作りたいときは、
ファイル>共有>出力先を追加 から Compressor設定 を選択

FCP_Export_10

Compressorのプリセットから1080Pを選んでおけば、シーケンス設定にかかわらず、1920 x 1080サイズのフルHDで書き出される。

FCP_Export_11

この際に、ビットレート等、細かな設定を行いたければ、ここではなくCompressorを立ち上げて設定を作っておく必要がある。

帯に短し襷に流し、感のあるFinal Cut Pro Xの共有プリセットだが、自分の設定をいくつか作っておくのが、この機能をイージーに使うコツだろう。

4K撮影>4K編集>フルHD書き出しした上記ムービーはこちらから

--ads--

 

Final Cut Pro - Apple  

Tutorials for Final Cut Pro - X Free - Mediamerge Limited

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月30日 (土)

旧Dockコネクタオーディオを現役復帰させるBluetoothアダプタ

ワタシが大学の研究室で使っているのは、ギブソン傘下に入ることで話題のTEACのマイクロコンポ。
一時、オーディオメーカー各社から大量に出ていたiPod、iPhone用ドックコネクタをもつコンポ。

Bt_sp_01

MC-DX32i
たしか後継モデルが出て在庫品をずいぶん安く買ったように記憶している。

当然、30pinのDockコネクタなのでLightningコネクタな現行iPhone 5は使えない。
Lightning - 30ピンアダプタを使う手もあるが、あの細長いゲタはいくら見てくれは云々できない安価なコンポとは言えカッコワルイ。
ミニジャックケーブルで外部入力に繋ぐ手もあるが、このコンポの外部入力はデスクトップMacが使っているんだよね。

Bt_sp_02

そんなときに見つけたのが、上海問屋の「Dock用 Bluetooth スピーカードングル(DN-84320)
上海問屋オリジナルという割に上海問屋のサイトでは見つからず、amazonでも引っかからず、ドスパラで買ってきたという。1,999円(税込)
まあ、失敗しても許せる価格。

Bt_sp_03

中は本体とそっけない英語取説。

Bt_sp_04

開封直後で、擦り傷だらけの本体と、かすれたプリント。
さすがの上海問屋クオリティだが、ここの製品はこんなもんだと思ってるので腹も立たない。ちゃんと使えればいいのよ。

Bt_sp_05

ドックに挿してみる。インジケーターランプが点滅。
iPhone 5のBluetoothでデバイス認識。

Bt_sp_06

お、機種名がSHANGHAI DONYAとは・・・(笑)

Bt_sp_07

あっさりと繋がり、置物と化していたミニコンポが現役復帰した。
音質は推して知るべしだが、もともと、MC-DX32i自体、音質云々をいう機器では無い。

でも、研究室のBGMなんて、それでいいのだと思うのだ。

ワイヤレス化の効用は大きい。かつてiPhone 4の頃、帰宅時にiPhone を挿し放しで帰ってしまったことがあったが、ポケットに入れたままでもOKなのだから。

1,999円、これは十二分に元が取れる製品。お薦め。

Bt_sp_08

ただ、3/30現在、なぜか上海問屋のサイトでも、amazonでも見つけられない。
そのうち、載るかな?

--ads--

上海問屋iPhone 関連商品@Amazon

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BRAUN 750cc-6を買った

去年の夏に悩んでいたシェーバーのリプレイス。実は年末に買い換えていました。

Braun_750cc4_01

BRAUN シリーズ7 750cc-6

クマデジタルさんが一昨年の6月、買い換えた720の2コ上のモデル。
いや、張り合った、とかではなく(笑)ワタシはクマデジタルさんのように、週に1〜2度水洗い洗浄するほどマメな性格をしていないため、

Braun_750cc4_05

お後よろしく。へい、洗っておきましたぜ、ダンナ。
な自動洗浄機モデルが必須要件だったから。

Braun_750cc4_02

Braun_750cc4_03

ってか、比較表みると750と720って、本体自体は同じものに見えてしまうくらい同スペック。
ただ、価格も2千円違わないのですが・・・

Braun_750cc4_04

とりあえずクマデジタルさんに習って、来年になったらアフターレビュー書きたいと思います(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月29日 (金)

ヤマト2199 第5章 ロングバージョンPV

4月に劇場公開が始まる、宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間 の長尺予告篇が公開。

ガミラス側でもヤマト側でもクーデターが起こるなど、オリジナルをなぞりつつ、外していく展開。オリジナルでも反乱は起きるのだけど、オリジナルのイスカンダルでの藪機関員ではなく、ビーメラ星系で、というのが興味深い。

ガンダムはモビルスーツ戦、マクロスは航空機戦で、アニメで艦隊戦はヤマトか銀英伝と以前書いたけど、実はオリジナルヤマトで、ヤマトとガミラス艦が艦隊戦を行うのは以外と少ない。
アステロイドベルトでの対シュルツ戦くらい?(七色星団の戦いは空母艦載機との対空戦だったし)そういう意味では、今回のリメイクはスティングレーの敵役のような深海魚型ガミラス艦(デストリア級重巡等)が活躍していて嬉しい。

Safari002

Great Mechanics DX 24(特集はガンダムUC)でメカニカルデザインの石津氏のコメントが載っているのだけど、デザインテイストの違うヒトデ型空母(ポルメリア級強襲航空母艦)は、別の星の技術体系?とも書かれてる。
たしかにこれと三段空母は同じデザインラインにはないよね・・

期間限定だけど、第5章、冒頭の9分も公開中

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ケンコーからアルカスイス互換雲台

モノポール機関といえばSFのフィールド(YAMATO2520では波動エンジンの後継機関でしたね。実写版ヤマトも波動エンジン自体モノポールっぽい描写がされていた)だけど、モノボール雲台といえばアルカスイス。

アルカスイス、カメラ店で触らせて貰ったとき、とてもイイ感じだったのだけど、いかんせんレンズ1本分くらいする価格に手が出ない。
そうしたら、ケンコー・トキナーから、アルカスイス互換の自由雲台がでるという。

Arcaswiss 

 

FP-95 希望小売価格14,000円

いや、アルカスイス互換の雲台やプレート自体は各社から出てるのでそれ自体は驚かないのだけど、日本のアルカスイス正規代理店は、ケンコー・トキナーの子会社であるKPI(ケンコー・プロフェッショナル・イメージング)なんだよね。

そういう意味ではちょっと意外。
ものはどうなんだろうか。一度、使ってみたいな〜

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年3月28日 (木)

夜桜 4K動画

知り合いのカメラ好きが続々と桜の写真を公開してる。とても敵わないので(笑)4Kムービーで夜桜を。

4K_export

EOS-1D Cで撮影した4K夜桜ムービーから切りだした静止画。

編集はApple Final Cut Pro X。
静止画書き出しもFCPから。

Final Cut Pro X

4Kムービーは現状そのまま上映する機会はほとんどないので、フルHDで書き出し、vimeoにアップしている。
このとき、4Kシーケンスで編集してFHDで書き出すのか、FHDプロジェクトに乗せて編集するのか、どっちがいいか悩ましいところだが、今回は前者、4Kシーケンスで編集している。

4K Cherry trees at night by EOS-1D C from SAIKA on Vimeo.

高感度に強いEOS-1D Cだが、実際にどのくらいまで、自分的にOKか確認する意味もあって、また、被写界深度をどのくらいとると立体感が感じられやすいのか、等々のために、ISO設定や絞りは各カットで変えている。
ムービーは20数秒で2回繰り返し、2回目にISOや絞り等の設定データをインポーズしている。

風がなかったのでまるで静止画だけど、ちゃんと動画撮影です(笑)

最終的にフルHDムービーだけど、4Kで撮ったものは明らかに違うと思う。今後、この辺が思い込み効果(ロマン)なのか、実際に違うのか、検証していきたい。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

4K動画からの切り出しとスチル

一瞬を切り取るという写真の矜恃からいうと邪道とのそしりもあろうが、ビデオファイルから静止画を得ることが出来れば、というのは、プロアマ問わず、欲しい機能。
昔、ソニーやパナやビクターやカシオから昇華型のビデオプリンターが多数出ていた時代もある。
だけどプリンターとしての能力以前に、SD解像度のインターレースビデオ信号をコンポジット入力する形では誰がどう見ても写真とは非なるモノで、いつしかビデオプリンターは姿を消した。
フルHD時代になって解像度は用途次第では足りるようになり、プログレッシブ素材ならこのくらいは使えるようになった。

では、4K動画では?というのが今回のネタ。前回、Adobe Lightroom Mac版でEOS-1D Cの4Kムービーから切り出したエントリーの続編です。

EOS-1D-C_4K_Export_01B

EOS-1D C 4Kムービーから書き出し

EOS-1D-C_4K_Export_02B

そのままスチルで撮影したもの。
条件を揃えるために、両方とも
EF70-200mmF4L (200mm) F8 1/200秒 ISO 100 ピクチャースタイルオート

EOS-1D C_4K_Export_03

スチルと4Kムービーは、解像度および画角が違う。
スチルの上に4Kから切り出した静止画を同ポジであわせ、赤く境界線を書いてみるとこんな感じ。

EOS-1D Cのスチル(最大解像度)は5184 x 3456 pixel
4Kムービーでは4096 x 2160 pixelとなる。おおよそAPS-Hに近い画角と思えばいい。
これはこれまでのEOSムービーと異なり、画素の間引き等によるリサイズを行っていないから。

EOS-1D C_4K_Export_04

比較
このくらいでは差を見いだすのは困難

EOS-1D C_4K_Export_05

100%比較
背景のスカイツリーほかの描写に違いが感じられる。もっとも、撮影時間に1〜2分のズレがあるのでその違いかも知れないのだが。

EOS-1D C_4K_Export_06

EOS-1D C_4K_Export_07

この比較だけ見ると、4Kからの切り出しって充分使えると思う。
もっとも、動画として最適(あるいは設定可能)な設定と、静止画のそれは異なる(例えば動画撮影時に、ISO感度は100が下限で50は使えないし、シャッター速度も1/30が下限)ので、4KムービーならスチルはあとからOKとはならない(このあたりの誤解は今後増えそうで怖いところ)のだけど、それでも、この切り出し静止画のクオリティはワークフローに大きな影響を与えそうに思う。

EOS-1D C_1303

--ads--

デジタルシネマカメラ完全攻略 (玄光社MOOK)
玄光社 (2013-01-31)
売り上げランキング: 21,372

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月27日 (水)

X100S と X20 のディティール

EOS 5D Mark IIIは重い。EOS-1D Cはもっと重い。
だから、そういうヤマトのような戦艦ではなく、雪風のような駆逐艦クラスのミラーレスやコンデジが欲しい、と思ったりもするのは本当だ(ホントだよ)
でも、結局、この艦では勝てない・・と、戦艦クラスを持ち出すか、ポケット艦載機のiPhone、になってしまうのも本当のところ。

そんな気持ちでコンデジから遠ざかって何年だろう。以前、ご質問頂いたパナのGシリーズに手を出さないのも同じ理由。

で、あるご飯会で、他の方が持ってきていたのがこれ。

X100s_X20_01

富士フィルム X100SとX20

Xの型番って節目の印象があるのか、気合いの入ったプレミアムシリーズ。

X100s_X20_02

X100のウイークポイントを潰してきたとされるX100S

X100s_X20_03

単焦点のストイックさはない分、守備範囲が広がったX20

X100s_X20_04

X100s_X20_05

ただ、思ったほどX20は小さくない。
X100Sとはセンサーサイズも結構違うのだから、ボディサイズももうちょっとがんばってくれたらなあ。

X100s_X20_06

とはいえ、触った感じはとてもいい。

X100s_X20_07

電源スイッチを兼ねたレンズ鏡筒の使用感も個人的には◎

X100s_X20_08

そういう意味ではX100Sはクラシックすぎると思ってる。

X100s_X20_09

ダイヤル操作部の意匠はX100Sに近い。

X100s_X20_10

ともに露出補正が独立ダイヤルなのはとても素晴らしいと思ってる。

X100s_X20_11

X100Sではシャッタースピード設定だったダイヤルがX20ではモードダイヤルに。
それぞれの立ち位置の違いをこういう形で意匠に落とし込んでるのだろうけど、レンズ鏡筒で絞りの操作が可能なX100sと違い、メニューになってしまうX20ではモードダイヤルの代わりに、ここが絞り設定ダイヤルであるべきじゃないかなあと思ったり。
いや、X100Sとは違うのだよ、X100Sとは、と言いたいのは分かるんだけどさ。

X100s_X20_12

いや、なんにせよ、モノとしては欲しくなるよなあ、と思ったのでした。

5d3c4141

食事会参加の某女性ブロガーも抱いて離さなかったくらい(笑)
注:彼女が離さなかったのは別のカメラだろ、って冷静な突っ込みは不要です>参加者各位。

お詫びと訂正 
Trinityのほっしーから、X100Sだと指摘頂きました(初掲時にX100sと記載していました)。
うわ、ほんとだ。
上面のロゴ、sが一回り小さいように思えるので、製品名がX100sだと思い込んでいました。お詫びして訂正します。文中のsも修正しました。
ほっしーさま、ありがとう。また、どこかのAUGMで。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Macの買換を意識した外付けHDD選び

大学の演習室には9台のiMac(2009)、6台のMac Pro(2009)がある。
そこに急遽、10台の外付けHDD(2TB程度)を導入することになった。

で、どういうHDDを選定しようかと思ったとき、結構悩ましいことに思い至った。
これは、FireWire時代が終焉し、Thunderbolt時代が始まりつつある現在、2013年初頭での外付けHDD選びの個人的検討記録である(宇宙大作戦風に)。

HDD_00

以前書いたように、ワタシはG-TEAMアンバサダーなので、当然、G-Technology製品だろ、と思われるかもしれないが、そうはいかない。
自分はG-Tech製品を愛用しているが、贔屓の引き倒しはするつもりはないし、自分用と大学演習室では要求仕様も異なる。
簡単にいえば、自分用は価格よりパフォーマンスのプライオリティが高くてもいいが、大学では過剰性能より価格性能比が重要。時にはコスト部分のプライオリティの方が高いこともある。

演習室のMacはFireWire800。USBは2.0なので高速ストレージには向かない。
これだけならFireWire800搭載のHDDから選べばOKなので、いくらFireWireが終焉を迎えつつあるといっても選択肢は多い。

HDD_01

だが、近い将来のMacintoshリプレイスを視野に入れると、FireWireHDDはその時点で宙に浮く。(Thunderbolt>FireWireアダプタがあるものの、基本的にこのアダプタは過去資産の延命策だと思っている。)

FireWireとThunderboltを両方持つHDDがあれば、移行期に最適だが、ワタシの知る限り、そういった製品はでていない。
ので、Thunderboltと同様、Macで採用が始まったUSB3.0を検討する。
とはいえ、現行(売られている)MacintoshはUSB3.0で基本OKだが、演習室のMacはUSB2.0、つまりUSBのみのHDDは現在の演習室ではパフォーマンスが期待できない。
そこで、FireWire & USB3.0のHDDを選ぶことで、いまはFireWire接続、Macのリプレイス後はUSB3.0接続で使うのが現状の最適解だと考えた。

HDD_02

ところがFireWire & USBの製品はUSB2.0止まりのものが多い。
C/Pの高いウエスタンデジタルのMy Book Studioでいえば、USB3.0モデルはUSBオンリーでFireWireを持たず、FireWireを持ったMy Book StudioはUSB2.0だ。
RAID仕様のMy Book Studio 2もUSB2.0。

LaCieの d2 Quadra USB3.0は、USB3.0、eSATA、FireWire 800の3ポートを持つので候補入り。

同様にG-Technology 2TB G-DRIVE USB3.0もUSB3.0とFireWire 800なので候補入り。
G-RAIDも要求仕様を満たすが、価格帯が上がってしまうので今回は候補にならなかった。

この両者で検討する。
Neil PoultonデザインのLaCie d2も良いハードウエアでワタシも昔、愛用していたが、なかのドライブ及び速度が未公開なのが一抹の不安。アップルストア(オンライン)では7,200rpm(キャッシュ16MB)となっているが、ここに載ってるのはUSB2.0のもの。

一方のG-Technology 2TB G-DRIVE USB3.0は「Hitachi製、SATAll、7200rpm、64MBキャッシュの3.5インチHDD採用」と明記されているのが◎。3年保証なのも、学校のような用途ではアドバンテージが大きい。

そして、見積もりもG-Technology 2TB G-DRIVE USB3.0が安く、決定。

納品待ち。<イマココ

にしても、LaCieもG-Technologyも筐体デザインをほとんど変えないのは好感が持てるのだけど、仕様(ポート等)の世代代わりしても製品名がほとんど変わらないのは困ったものだと思う。

見積もり依頼時に先方担当者が間違える可能性もあろうし、実際、G-Technology 2TB G-DRIVEは同じ名前の1世代前は、FireWire800、eSATA、USB2.0で、今の世代がFireWire800、USB3.0

正式発注のとき、担当者に電話で念押ししちゃったよ(笑)

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年3月26日 (火)

ストロボ補助光でAF速度低下?

キヤノンが、「EOS 5D Mark III」、「EOS-1D X」で
ストロボのAF補助光が投光された場合、従来機種( EOS 5D Mark II / EOS-1D Mark IV )との比較において、標記製品のAFスピード(合焦、シャッターレリーズまでの時間)がシーンによっては僅かに遅くなることがあります。
案内を出し、それぞれ4月末、5月末にファームアップデータの公開を行うと発表している。

両機種とももってる(笑)身としては(1はXじゃなくてCだけど)気になるけど、考えてみたらストロボって滅多に使わない(下手なんです)。
EOS 5D Mark IIIでストロボ使ったのは数えるほどだし(紗々ROMではしょういちさんのサポートの元、使ってます)EOS-1D Cに至っては、1回しか使ってないかも・・・

5D3B9043

あれ?そういえば、「EOS 5D Mark III」、「EOS-1D X」と書いてあって、EOS-1D Cは書いてないな・・・
あの・・Cはどうなるんでしょうか(誰となく・・・

-ads-

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月25日 (月)

卒業式

昨夜はアップルストア銀座での卒業制作展にたくさんの方が来てくれました。本当にありがとうございました。
そして、今日が卒業式。

Saika_semi_2012_01

今年、卒業するゼミ生達は、実はワタシがこの大学に赴任した年に入学した学生達。
ワタシと共にこのキャンパスで4年の日々を送った、プロパー世代というか、フルに4年間指導したという意味では1期生と言える連中。

Saika_semi_2012_02

Saika_semi_2012_03
今年の卒業式答辞は、うちのゼミ生だった、

Saika_semi_2012_04

Saika_semi_2012_05

Saika_semi_2012_06

Saika_semi_2012_07
親子ではありません。

Saika_semi_2012_08
親子ではありません(笑)

Saika_semi_2012_09

Saika_semi_2012_10

Saika_semi_2012_11

Saika_semi_2012_12

Saika_semi_2012_13
斎賀ゼミ作品集 Blu-ray。そう、今年はBDなのです。

Saika_semi_2012_14

役得ですね

実は卒業式、学位記授与式が終わって、ゼミ演習室で記念写真を撮って、コメンスメントパーティ(昔で言う謝恩会です)に向かおうとしたとき、ゼミ生がワタシと助手T君を止め、部屋の明かりが消され、(いまはもうディスコンの)30inch CinemaDisplayに映し出されたのは、ゼミ生ひとりひとりからのワタシとT君へのビデオメッセージだった。
意表を突かれた。真っ暗で良かったなあと思うのは、ちょっとうるうるしてしまったから。
映画は暗闇に限ります。

そして、パーティのなかで、有志がくれたイラスト付き寄せ書き。
反則です(笑)
眼がシバシバするのは、花粉のせいでしょう。困ったものです。

斎賀ゼミで良かった、と言って貰えるのは、おそらくなにより幸せなこと。
でも、4年間ありがとう、というのは、本当はワタシから学生達に、なんですよね。
(ゼミ生諸氏、写真は近日非公開Flickrにアップします。)

卒業おめでとう。そして、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月24日 (日)

ISO 25600の夜桜

ISO 25600って、特殊も特殊、ってイメージだった学生時代。
当時、常用フィルムと言われたものはISO(いや、当時はASAか)100、暗いときは400。
リバーサルは25や50が幅をきかせていた時代。800は画質低下を覚悟して使うフィルムだった。

EOS 5D Mark IIIのISO 25600で夜桜を撮ってみた。

yozakura_01

yozakura_02

暗部にノイズが出るし、若干気になる部分もあるけれど、これが手持ちで気軽に撮れる時代。
EOS 5D Mark III、買って良かったなあ、と思う瞬間でもある(笑)

yozakura_03

ちなみにレンズはEF24-70mmF4L IS USM

yozakura_04

ISに助けられた部分もあるか。
テクノロジーは、自分の能力にゲタを履かせてくれるブースターみたいなもの。

最後の1枚のみ、ISO 16000。

yozakura_05

個人的にはEOS-1D C(EOS-1D X)は、もう印象で半段か1段、高感度特性がいいと思ってるが、その分、重いよね(笑)

写真はすべてクリックでFlickrの原寸へリンクしています。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プリンターインクを大量に貰う

もう3ヶ月も前の話だけど、某社美人社長から、「canonのピクサスのインク、
320(BK) 321(CMYK) が余ってるのだけど、誰かつかうひといませんか」とメッセージ。
オフィスのインクジェットを買い換えたら、ストックのインクが合わなくなった(笑)らしい(プリンタあるある話)

たまたま研究室のプリンタがキヤノンのIP4600だったのでありがたく頂くことに・・・

printer_ink_02

どん!

届いたらすごい大量。いや、予備ストックにしても多すぎませんか?(笑)

それにしても思うのだけど、キヤノンもエプソンもそうだけど、インクカートリッジの規格が変わりすぎだ。
細かな改良はあるんだろうけど、本質的な部分ではこの何世代か進歩があったようには思えないどころか、容量が減ったりしてる。(2012年モデルで大容量インクカートリッジを用意したのは評価してる)。

プリンターがハードウエアじゃなくて消耗品で回収するビジネスモデルなのは(共感しないけど)理解してるけど、これは逆効果。
互換インク対策の側面はあろうし、メーカーにも言い分はあると思うけれど、プリンターを買い換えようと思ったユーザーは、まずは使い慣れたメーカーの後継モデルを候補にするはずなのだ。それなりに満足していれば尚のこと。
そのとき、買い置きしていたインクがタダのゴミになるという現実は、せっかくのメーカーロイヤリティをふいにするだけなんだよね・・。

printer_ink_01

買い換えの時に、未開封の買い置きカートリッジは、新製品対応カートリッジと無償交換します。とかやったら、効果ありそうに思うのだが、ダメかな・・(メーカーイメージも高まると思うけど)

とりあえず、このプレゼントのおかげで、そろそろ引退、買い換え?と思っていたIP4600の現役続行が決定しました。ありがとう、Rさん。
もう二十年近いつきあいになるはずですね(あ、歳がばれる?)
お礼に今度、お茶でも。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年3月23日 (土)

忍者レフミニを買った

夜景が好きで、XXだから?高い所も好きで、とすると高いビルにいるときは写真が撮りたくなるけれど(笑)普通に撮ると

Ninja_Ref_09

こんなふうに室内の明かりが映り込んでしまう。
これを避けるには部屋を真っ暗にするとか、遮光カーテンを引いて自分とカメラを覆う、などの方法があるけれど、展望ルームなどのパブリックスペースでは難しい。

Ninja_Ref_10

で、こんな窓越し夜景を撮るためのツールが、忍者レフ。

Img_9749

この写真を撮ってくれたA.Hayakawa氏が持っていたもの。
すぐ買おうと思ったら、通常の忍者レフより小型の忍者レフミニが出てるのを知る。

Ninja_Ref_01

製造メーカーでもあるよしみカメラが、CP+ 2013に出展するというので、会場で両方見せていただき、ミニをAmazonで買った(いや、会場では売ってなかったのですよ、よしみカメラさんが)。ちゃんとA.Hayakawa氏のとこ踏んで買いましたよ(笑)

Ninja_Ref_02

収納ケース状態。12cm(通常の忍者レフは20cm)

Ninja_Ref_03

展開時・35cm(通常の忍者レフは50cm)

使用時は大きい方が効果的だが、ちょっと大仰で気後れするシチュエーションもあるし、なにより収納時に12cmってのはカメラバッグに気軽に入れておける大きさ。

Ninja_Ref_04

Ninja_Ref_05

EF24-70mm F4Lと

Ninja_Ref_06

ミニだけに展開時も小さいので、映り込み除去は限界もある。

Ninja_Ref_07

通常の忍者レフはレンズを選ぶが、ミニはレンズの適応性が向上している。

tokyo_4

こんな写真が撮りたい場合は必須アイテムだと思う。

CP+では、よしみカメラの社長と話し込んだ(笑)
会場で忍者レフを買って帰る気満々だったので、残念そうにしていたら、

Ninja_Ref_08

新製品のムレにくい靴下、ムレンダを頂いた。ありがとうございます。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明日は卒業制作発表会

ややしつこくてごめんなさい。
先日もお知らせしたように、明日はアップルストア銀座の3Fシアターにて

College Night:駿河台大学 卒業制作発表会
2013年3月24日(日)17:00〜19:00

が行われます。

Finalcutpro001

駿河台大学メディア情報学部の大久保博樹ゼミ、斎賀ゼミの合同発表会。
拙い作品・・・と謙遜すべきところでしょうが、教え子達が4年間の大学生活の集大成として、作り上げた作品たちです。
ぜひご覧いただければと思っています。

斎賀ゼミパートは後半です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さくら 4K

今年は意識的に4Kムービーを撮っている。来年どうなるかは分からないけれど、いま、4Kムービーが撮影できて、ひとりで運搬、運用できる機動性と、表現力をもったカメラは限られていて、その最右翼というべきカメラを保有してるんだから、そりゃ撮らなきゃダメでしょう(笑)

そして、4Kムービーファイルから切り出してみる(Adobe Lightroom Mac版)

4K

EOS-1D C EF70-200mmF4L F16 1/60秒 ISO100 ピクチャスタイルオート

クリックで原寸データにリンクしています

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月22日 (金)

スタッズとは?アルティザン&アーティスト ACAM-112 BLK

いや、お恥ずかしながら、スタッズ付きって、なにを意味するか、知らなかったんです(^_^;
そう、3月頭にブログに書いたアルティザン&アーティストの新ストラップ ACAM-112 BLKを買いました。
これが、公式サイトで「イタリアンレザー&スタッズ付き太めのソフトタイプ」になってるんですね。

A&A_ACAM-112_01

EOS-1D Cに付けてみた。黒ずくめで渋い。(他にレッドもある)
約2週間使ったので、簡単にレビューというか、印象を。

A&A_ACAM-112_02

シックなマット化粧箱に入っているのは、ARTISAN&ARTISTの十八番(箱だけに)
カメラ好きの彼氏彼女への贈り物にもよいはず(笑)

A&A_ACAM-112_03

箱を開けると不織布に包まれたストラップ。
このあたりは、過剰コストだなあと思いつつも、製品のプレミアム感を演出するポイントなんだろう。

A&A_ACAM-112_04

取り出した状態のACAM-112 BLK

A&A_ACAM-112_05

アクリルのテープ素材。結合部は革(イタリアンレザーと書いてある)

A&A_ACAM-112_06

で、革にアクセントで打たれたアスタリスクが、スタッズ。
鋲、ということらしい>スタッズ(ただ、いまではシャツ襟やカフス用の留めボタンという意味もあるようで)。

A&A_ACAM-112_07

ARTISAN&ARTISTのタグ縫い込み。
このARTISAN&ARTISTロゴ、2012年のフォトキナで発表されたアルティザン&アーティストの新ロゴ。ストラップに使うのはこのACAM-112かららしい。

A&A_ACAM-112_08

うちで現役(?)のストラップたちと。
上から
キヤノン プロストラップ(旧型)
・EOS-1D C/EOS-1D X 付属のストラップ(Canon EW-7
・マップカメラ ARTISAN&ARTIST 特注ストラップ ACAM-135
・今回購入のARTISAN&ARTIST ACAM-112

A&A_ACAM-112_09

ACAM-135は幅30mm
ACAM-112は幅38mm
Canon EW-7は幅40mm(すべて公称値)

A&A_ACAM-112_10

キヤノンのプロストラップも幅38mmで、ACAM-112と同じ。

続きを読む "スタッズとは?アルティザン&アーティスト ACAM-112 BLK"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

赤い鶏カレー:池袋 カレーは飲み物

赤い・・で始めるからって、ガンダムネタじゃない。赤いのはカレーであってザクじゃないのだ。mono-logueは基本、Macとカメラ(とガンダム?)なブログだけど、たまにはご飯の話。いや、ネタがないんじゃないのよ、ネタはチキン(鶏)です。

Ikebukuro_1

昨年末、池袋に出来た「カレーは飲み物」というカレー専門店。
出来たときにネットで記事を見て、行ってみたのだけど、今日の分は売り切れ、とあえなく帰ってから四半期が過ぎ、捲土重来を期して行ってきた(大袈裟)。
平日のせいか、もう、ブームが去ったのか、待ちなく入店。

詳しくはググって貰うとして(手抜きですね)、メニューは「黒い肉カレー」「赤い鶏カレー」の2種類。それぞれ、大中小があるが値段は一緒。サイドメニューも飲み物も存在しない(あ、カレーが飲み物だったか)ので、ひとり790円の店。

Ikebukuro_2

でも、安手のチェーン店のように一瞬で出てくるのでもなく、5分ほど待つ。
その間に、トッピングを考えろ、と。
トッピングは3つ選べるが、有料追加はない。ひとりで2皿食べない限り、790円以上は使えない店だ。

Ikebukuro_3

サフランライス。
中でこれ、大を頼まなくて良かった。

Ikebukuro_4

カレーはホントにぐつぐつ煮だってるルーが、カップから溢れるのも厭わず出てくる。
飲み物って、アナタ、これ飲んだら大火傷ですって。

Ikebukuro_5

味は、まあ美味しい。
いや、まあ、とか書くと申し訳ないけど、絶賛するほどではないかな。
でも、ルーはひたすら辛い、というより複雑な辛さでいいし、鶏はいい塩梅に柔らかく煮込んであるし(煮込んである、でNikonであると変換するのヤメレ>ATOK)、店名からイメージした学生向け(?)ドカーンでインパクトの強い味&胸焼けする揚げ物、とはまるで違う、美味しいカレーだったのは確か。

今度、機会があったら黒い三連星、もとい黒い肉にチャレンジか、
池袋西口からちょっと歩く。
そう、以前、太い三連星と羽根付き餃子を食べた店から数分ですよ、誰となく。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月21日 (木)

アイのないKissは軽い?EOS Kiss X7発表

CP+2013で発表、3月(卒業式、入学式)発売かと思っていたら、今日発表、GW前発売、ボーナスシーズンを当て込むのか、それともKissだけに新生児誕生を狙うのか(総務省発表の人口動態統計だと、ここ数年、出生は6〜10月あたりが山になっている)新型EOS Kiss X7およびX7iが発表。
同じX7の型番を持ちながらボディは別物という分かりにくさ、X7iはX6i MarkIIとでもいうようなもので、その意味ではX7は新設計のZって感じ。

Eos_kiss_1

そして既存のX6i、X5、X50も併売というなんという層の厚いKissシリーズ。バリアングル機をプレミアムKissと呼ぶのはまあいいとして、2年まえ発売のX5を新時代の・・と呼ぶのはちょっと辛くないか?
とはいえ、この時書いたように、この鉄壁のKissラインが、Kissだけで一眼レフ市場の1/3を制している背景のひとつだろうし、その強大な存在感が、自社のEOS Mの妙に萎縮したスペックの遠因かもしれない。(いやいや、ただの与太話です)

Eos_kiss_2

それはさておき、Kiss X7(iの付かない方)の小型軽量さには驚くばかり。さすが、愛がないと軽いねえ、とも思う?ものの、世界最小、最軽量のデジタル一眼レフ、というのは正しいが、キャッチフレーズの世界最小、最軽量の一眼レフっていうとちょっと違う。

他ならぬキヤノン EOSの異端児、EOS IX 50 はボディ重量360g、EOS Kiss X7はボディ370gなので、なんとまだ負けているのだ(笑)
個人的には、異端児で終わったEOS IX系の初代、EOS IX Eのデザインは秀逸だと思っている。EOS Mってこの路線だったら買ってたのになあ(笑)
ちなみに、X7のバッテリー込み重量は407g、ワタシの愛機、EOS-1D Cはその3.8倍、1545gである(笑)

とはいえ、X7はがんばったと思う。上位機?X7iにない静音撮影モードがあるだけで、すばらしい。そうだよ、眠ってる赤ちゃん撮るのに、サイレントモードなくてどうするんだよ。
マウントも大きく見えるけど、X7にEF40mm F2.8 STM付けると巨大に見えるのに、

Eos_kiss_3

EOS 5D Mark IIIにつけると小さいんだよね(笑)

エントリー機は充実、で、ちょっと弾幕薄いよ、なにやってんの、とブライトさんに言われそうな中堅機はどうする?キヤノン。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年3月20日 (水)

安価なカメラグリップハンドル

このブログはエントリー最下段欄外にAmazonのアフィリエイト、サイドバーに楽天とAmazonのバナーを貼っています。(本文中にアフィリエイトを貼らないのは、小さなコダワリです)。
Amazonのアフィリエイトは、なにが買われたか、が分かるので、気に入ってレビューした製品や本が売れてるとちょっと嬉しいし(うちはMac系周辺機器が多いかな〜)、リンク貼ったことのない知らない製品があると、ほほうと思ったり、楽しいものです。

で、先日、mono-logue経由でどなたかが買っていたのがこれ。

Camera_grip_01

Opteka X-GRIP(写真は公式?サイトより転載)

Professional Camera / Camcorder Action Stabilizing Handle with Accessory Shoe for Flash, Mic, or Video Light とあるように、一眼やビデオカメラにハンドルつけてコールドシューにマイクや照明、あるいは液晶モニターを付けられるグリップ。
写真のようにEOS 7DがOKならEOS 5D Mark IIIも大丈夫だろう。(EOS-1D Cは高さが無理かな)
ググったら、副島新五さんがブログ書いていた。イイ感じ。ただ、底面がスキッドになってるのは、地面に置くときにいいけど、そのまま三脚には付けられないよねえ。いちいち外して付け替えるのは実運用上、めんどくさいかなあ、と思っていたら、Amazonで別メーカーで瓜二つな製品、NORDWARD VIDEO GRIP HANDLEなるものを発見。

Camera_grip_02

これ、どうみても同じ製品だよね。
模倣品じゃなく、OEMというか、同じ製品。どっちがオリジナルかはワタシには分からないが、NORDWARDのほうが、写真が豊富。
シューはネジで締められるみたい。

Camera_grip_03

底面はカメラ重心でネジ位置を変えられるのも意外と本格的。
ネジうらに、ねじ穴が切られてるので、ここにフネ咬ませておけば、三脚への脱着も問題ないかな。
スキッドが当たるような雲台では無理だろうけど。ただ、このねじ穴、カラバリのものには付いてないというレビューもある。

同じ製品だと判断して、ちょっぴり安いNORDWARDのほうをぽちっと。
安物買いの・・になるのか、意外と使える、ってなるのかは後日。
そのうち、使用感、書くかも。

カラバリの方が安いけど、ちょっとビビットすぎるので、地味にブラック。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月19日 (火)

COVER 70’s

普段は、だるま王国に生息していながら、時々セレブな海外渡航するあるじぇんたんのブログ「NH012(成田→シカゴ)」の回で、柴田淳のCOVER 70’sをべた褒めしていたので、Facebookで、そのアルバム持ってる、とコメントしたら、ちょっと意外wとか言われてしまったので、改めて聴いた(笑)

Cover_70s_01

COVER 70’s 柴田淳
柴田淳さんは実力派のシンガーソングライターらしいのだが、正直、その彼女のことはあまり知らなくて、持ってるのも、このカバーアルバムのみ。
つまり、シンガーとしての彼女しか知らない。

70年代の流行歌をカバーしたもので、そのセレクトがツボだったので買ったもの。
この写真の通常版と初回限定盤があるのだが、彼女のファンって訳ではなかったので、ジャケットで通常版を買ったのだが、ちょっと後悔してる(理由は後述)

Cover_70s_02

収録曲はこんな感じ。
アレンジも歌い方も、とても素直。カバーアルバムって。オリジナリティを出そうと、過剰なアレンジに走ったり(それが効果的な場合もあるけど)クセのある歌い方することも多いけど、ものすごくさらっと、歌ってる。
それがとても効果的で、オリジナルの、ややもすると情感過多な部分を、抑制の効いた(でも歌、うまいです)トーンで歌うので、聴く人の思いいれを壊さないまま、昔へのトリガーを引く感じ。
仕事への行き帰り、クルマのなかでループ再生してたのだけど、秋桜とか、22才の別れとか、思わず視界がぼやけるとこだった(危険デス)

Cover_70s_03

ただ、曲によってはけっこうアンニュイな(すみません、無理に英語使うとこじゃないですね)歌い方で、あなた、あたりはそれがイイ感じなんだけど、Mr.サマータイムはちょっと違うかも。やっぱMr.サマータイムはサーカスがベストだと思います(笑)
(欄外、Amazonリンクから、試聴できます)

あ、通常版を買ってなんでしまったかというと、初回限定盤だけ1曲多い。
ボーナストラックとして 卒業写真 が収録されてるというのを、通常版買ってから知ったという・・・いまさら買い直すのもちょっと・・(笑)
柴田淳さん自体は、iTunesStoreにあるので、CDというメディアにコダワリがなければ、そちらの方が1,000円安いのだけど、卒業写真はないんだよね・・_| ̄|○

--ads--

iTunesStore  COVER 70's - 柴田 淳

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

FireWireでてんやわいやー

前回のエントリーで書いたように、ちょうどいま、HDV素材の編集中。
いやー、HDVのキャプチャ−、すんごく久しぶり、と思いつつ、往年の名機、HVR-A1Jをスタンバイ。
あー。iMacでFireWireキャプチャ初めてだったな。あ、iMac、FireWireないじゃん・・いやいや大丈夫、Thunderbolt - FireWireアダプタあるもんね。これは、ThunderboltをFireWire800に変換する。A1JのFireWire(iLink)は4ピンだから、9ピン to 4ピンのFireWireケーブルを・・・
しまった、家にはそんなケーブルはない。
FireWireケーブル自体は腐るほどあるのに、4pin-4pin 4pin-6pin 6pin-6pin 6pin-9pin 9pin-9pin    ・・・

そう、2年前はMacBook ProをFireWireリピーターとして使ったことを思い出す。
だけど、そのMacBook Proは、もうないんだよ・・・。

FireWire_01

左から、LaCieのFireWire800ケーブル、ウエスタンデジタルのFireWire400ケーブル、アップルの(!)iLinkケーブル(一時、Macには付いてた)

途方に暮れていたら、大分のHidenoriさんが、もう使わないので明日でよければ送ろうかと言って下さる。
ありがたいが、大分ー東京は中1日かかるのだ。間に合わない・・・。
Amazonももうプレミアム会員は止めて久しいので翌日配送は賭けになる。
夜中にヨドバシドットコムでオーダー。
Amazonより少し高いけど、ヨドバシは早い。

FireWire_02

FireWire800 9pin to 4pinケーブル

FireWire_03

久しぶりにA1Jからキャプチャ。
XLRユニットを外した軽量モードのA1J。それではタダの黒いHC1じゃん、ってツッコミは無粋です(笑)

あのー、Hさん、ケーブル代も経費に入れていいですか・・?

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月18日 (月)

ビデオSALON4月号の別冊付録:映像関連用語の基礎知識2013

ビデオSALON2013年4月号の見本誌が届く(発売は20日だけど、祝日だから19日には本屋に並ぶかな))
特集はカメラ買い換え 不安解消!
はいいんだけど、脱テープ!って(笑)

Videosalon_11

ちょうどいま、HDV素材の編集を行っていたので、往年の名機、A1Jと。

まあねえ、HDVはまだまだ戦える、と言いたいけれど、非正方ピクセルレシオにインターレース、他の素材はEOSムービー等で混在編集、となると、正直、いやあ、そろそろHDVは勘弁してください、とも思っちゃう。
データは持ってないけど、DVテープの出荷数もかなり減ってるんじゃないかなあ・・・。

コマフォトに続き、ビデオSALONでもプロジェクションマッピングの小特集。ただ、こちらはミニマムな例を紹介していて、個人ユーザーでも手が出しやすい制作レポートなのが面白い。
にしてもプロジェクションマッピングが流行りすぎてて、このままでは一気にブームが去ってしまうのではないかと逆に心配。

で、今号でイチオシが、別冊付録の映像関連用語の基礎知識2013

Videosalon_12

カメラ用語、編集・PC用語、AV機器、ネット・SNS、舞台、音声、CG、業界用語に現場英語、それぞれは基本的なワードの解説だが、そのすべてに精通している人は現場でもどのくらいいるだろう。
そして、当然ながら、用語を知ってる、ってことと、仕事が出来るってことは、イコールではないのだ。
で、この冊子のユニークなところは、用語解説でありながら、用語集というよりは読み物になっているところ。各分野の書き手が異なり、それぞれの考え方が見える文章で面白い。
なにしろ、フラッシュバンドの解説があれば、ハレ切り3年竿8年、の用語解説があるのだ(笑)

という訳で、業界志望?のひとは必読。
ああ、この別冊だけ別売り・・は難しいですよね。電子書籍にしてiBookで安価に売らないかなあ

追記:誤り発見 EOS 5D Mark IIIのメディアは、CFプラスSDだ。P48

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

HGSTジャパンに行って来た

プロシューマー(って言葉、最近はもう使わないかな・・・昔はPowerMacなんかがそういう立ち位置だった)向けストレージブランドのG-TechnologyのG-TEAMアンバサダーになりました。というのは以前報告した通り
その打合せで藤沢のHGSTジャパンに行ってきた。

G-Tech

             (写真はうちのMacに繋がった新旧G-Tech製品)

G-TechnologyなのにHGST?と思われるひともいると思うが、G-Technologyは3年くらいまえからHGST傘下。
とはいえ、そのころのHGSTはHitachi Global Storage Technologiesという正式名称で分かるように日立製作所の関連企業だったが、去年、ウェスタン・デジタルが買収して、正式名称がHGSTになったため、
WD(ホールディングス?)の下に事業会社としてのWDとHGSTを持ち、そのHGSTのなかにG-Technologyというブランドがあると言うコンピュータ関連業界らしい複雑な位置関係。(当時書いたエントリー

結果的にG-Technologyは、HGSTのみならずWD含めてプレミアムブランドとして存続してるのだが、我々ユーザーからすれば、そのブランドへの信頼感に値する高性能、高品質の製品が供給されるかどうかが重要。
その意味で、G-TEAMアンバサダーは単なるG-Tech製品の応援団ではなく、なんでG-Tech製品を選んでいるのか、なにを求めているのか、を、ユーザーだけでなくメーカーにもきちんと伝えていく存在でありたいと思う。

それはさておき、藤沢のHGSTジャパンは、巨大だった。昔はここに製造ラインがあったらしいけど、いまでは試作ラインと聞いていたので、教室程度の部屋をイメージしていたら、体育館・・・。

Cr1

HDDの試作ラインって、文字通り「生産ラインを試作する」ってことなんですね。自分の認識の浅さを痛感。
その気になれば小規模生産の可能な設備の中で、ドライブ生産ラインの開発(試作)が繰り返されていたのは印象深かった。

2

3

写真は広報から提供頂いた少し古いものなので、現在とは異なります。

もうすぐNAB
大学で教えるようになってから4月は下手すると1日の休みも無い状態で、NABとは縁遠くなってしまったけど、G-Technologyの最新情報は資料と共に、スピーディに手元に届くことになっています。
魅力的な内容に期待。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月17日 (日)

Apple Storeにおける学生・教職員と政府機関の差

Macお宝鑑定団Blogで、Apple Online Store、政府機関・公務員向け「Apple Store for Government」の割引販売を再開 という記事が載った。
しばらく割引なかったのか、と意外だった(知らなかった)が、幸いにしてワタシは学生・教職員向けのApple Store for Educationが利用できるので、基本、本体はそこ。
よく分かってくれる担当者のおかげで、1を言えば10の手配が完了するのが嬉しい。

iMac with PegasusR6

それはさておき、お宝鑑定団の記事で、
年間(4月1日〜3月31日)の購入可能台数はMac本体を3台まで
と読んだときは、最初、あ、DANBOさん、間違ってる〜、3台には条件が・・と思って、Apple Store for Government 販売条件を見に行ったら
・年間(4月1日〜3月31日)の購入可能台数はMac本体を3台までとします。
なんと!(DANBOさん、間違ってるとか思ってごめんなさい)

なぜ、驚いたかというと、Apple Store for Educationの販売条件
・デスクトップコンピュータ / Mac mini / ポータブルコンピュータ:年間各1台まで
なのだ。
合計3台という意味では同じだが、組み合わせの自由度は、for Governmentのほうが高い。
さらに、for Governmentでは周辺機器(iPodやアクセサリ)とソフトウェアに関しては上限を定めません。とあるが、for Educationではディスプレイ:年間2台まで。ソフトウェア:各タイトル年間2本まで だ。
そして驚いたことに、 for EducationではiPad、iPod、アクセサリーは定価販売なのに、for Governmentでは割引があること。

えー、ワタシ(教職員)はいいけど、学生には割引してあげてよー、と思った。

ちなみに、両者とも
購入年月日より一年間は利益を上乗せして転売する事は出来ません。
という転売縛りがあるが、これ、利益乗せなければ、転売していいって意味だよね・・。

こんなところで、Apple Storeにおける学生・教職員と政府機関の差に気づいたワタシです。

もうすぐ卒業する大学4年生のひとは、同じ買うなら、いまが得。いまだとMacを買うと1万円分の「新学期を始めよう」カード(実質はiTunesカード)がついてくるので更に得。
特に、スーパーアカデミックとワタシが勝手に呼んでいるアップルオンキャンパス加盟校(うちの大学もそうです)は、アカデミック価格にさらに上乗せ割引があるので、加盟校の学生は、それを使うことを忘れずに。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

撮った写真傾向を分析してくれる>GearHead Express

いろいろとお世話になっている、新しもの好きのダウンロードで教えて貰った写真アプリ。GearHead Express (Mac版)
写真アプリと言っても、フィルター系のエフェクトアプリでもなければ、ブラウザ系管理アプリでもない。
傾向分析、グラフ化アプリ、とでも言うようなもの。

1DC+5D3

新しもの好きのダウンロードの解説によれば
読み込んだ写真を分析し、レンズの使用比率、絞り、シャッター速度、ISO、フラッシュ有無、日付などの統計をグラフで表示するアプリ。
例えば、ワタシのiMacに入っている写真フォルダを分析させると(iMac購入以降なので、2012年12月21日から

Gearheadexpress001

ほぼ6割を5D Mark III、4割をEOS-1D C、他のカメラ(EOS 5D Mark II等)が極端に少なくなっているのがわかる。

Gearheadexpress002

使用レンズはEF17-40mmF4L,EF8-15mmF4L,EF24-70mmF4Lで全体の7割を占め、EF100mmF2.8L MACRO,EF50mm F1.2Lの単焦点が続く。
こうしてみると極端な広角指向にみえちゃうが、EF17-40mmF4L,EF8-15mmF4Lが多いのはタイムラプス撮影を行っているからだろう。

Gearheadexpress003

紗々ROM 黒。 の撮影カットを分析させると、
このために(?)借りたタムロンのSP 24-70mm F/2.8 Di VC USDが圧倒的で、つぎにEF50mmF1.2L,EF70-200mmF4Lとなる。
ここでGearHead Expressのバグ(?)発見。
使用レンズ タムロンSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD が、なぜか、Sigma 24-70mm f2.8 IF EX DGと表示される。ワタシ、Sigma 24-70mm f2.8 IF EX DGは持ってないし。

Gearheadexpress004

絞りも分布表示が可能で、紗々ROM 黒。ではF2.8を中心に、F1.8程度にあけるか、F4〜5.6くらいに絞るかが多かったことが分かる。

Gearheadexpress005

ISOは100〜400がコアゾーン。高感度域は夜撮影か。

Adobebridgecs6002

使用レンズや絞り等の分析表示はAdobe Bridgeでも出来るので、このアプリを使わなきゃ、ってことではないが、グラフ化して傾向を可視化してくれるのは面白いし、無料ソフトなのも気軽。
カメラ、レンズ、写真の価格を入力しておくと、ショット当たりの投資額を出したりもしてくれるけど、この辺はピンと来ない(写真だけに)。
それより、レンズ等の購入年、購入価格を入れておくと、自分なりに減価償却したかどうかが把握できそうに思うが(笑)

GearHead ExpressのDLは新しもの好きのダウンロードからどうぞ

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Audinst HUD-mx2は後継機?

現行のiMacの不満点のひとつがオーディオライン出力が1系統しかないこと。
・・については、iMac (Late 2012) の心配事-2 で検討し、やっぱUSB入力をもつヘッドホンアンプがいいんじゃないかなあと思ったものの、予算の関係で安価なオーディオ切換機を使っているのは、このときに書いた

予算が出来たら、USB入力を持ったヘッドホンアンプを買いたいなあと思っているのだが、その最有力候補のAudinst HUD-mx1に、新型Audinst HUD-mx2がラインナップにイン。

Hudmx2_01

音質のグレードアップと自動電源オンオフ等による消費電力抑制が特徴だが、仕様的には光オプチカル入力が付いたのが大きい。
個人的には、ボリュームつまみが使いやすくなってるようにも思う。

ただ、その分、売価も1.2万円アップと約5割増し。C/P的には微妙な価格になった。

Hudmx2_02

いや、光入力が欲しかったら喜んでHUD-mx2を選ぶのだが、イマのワタシは光入力を使わないんだよね。

とするとmx1でOKなのだけど、AV Watchの記事に、
'09年発売の「HUD-mx1」の後継機種で と書かれている。

ただ、メーカーページでは「後継機云々」記述はないので、実際の所はどうなんだろう?
mx1がディスコンになるのなら、価格も含め、急ぎ買っておく必要があるのだが、併売なら急がないんだよなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月16日 (土)

コマフォト4月号はNUDE

コマフォトこと、コマーシャル・フォト4月号が発売。
春らしく?ヌード特集、なんだけど、また本屋でレジに持って行きにくい表紙だな〜(笑)

5d3c4074

そういう方は、欄外のAmazonリンク(アフィリエイトです)からどうぞ。
冗談はともかく、それぞれの写真家の意識、姿勢、が垣間見える良い特集だった。
とはいえ、ヌード写真って難しい時代だなあと思う。

5d3c4081

綺麗であればいいってのも違うし、一方で、表現が見えすぎるのも好きじゃないし
木村克彦氏の写真は、そのデリケートなバランスが好み。
(偉そうですみません)
もう何年も撮ってないなあ。ヌード。

5d3c4084

第2特集は、プロジェクションマッピング
去年くらいから一気にブレイクした感のあるプロジェクションマッピングだけど、その現段階の総覧という意味でも面白い。

コマフォトも意欲的なアプローチが続きますね

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アップルストア銀座で卒業制作展

このブログにも度々登場してくれたゼミ生達の卒業制作展を、今年もアップルストア銀座のシアターをお借りして行うことになりました。

Applestore_01

College Night:駿河台大学 卒業制作発表会
2013年3月24日(日)17:00〜19:00

アップルストア銀座 3Fシアター(イベントスケジュール 3/24まで表示下さい

Applestore_02

今年も、メディア情報学部 大久保博樹ゼミと斎賀ゼミの合同発表会です。
作品は1月には完成し、学内試写および講評は終わっていますが、その後も改訂版を作る学生がいたりと、ぎりぎりまでがんばっています。

Applestore_03

総尺は、斎賀ゼミだけでも3時間半に及ぶので、当然すべて上映出来るわけも無く、ダイジェスト版での上映になりますが、学生達の文字通り汗と涙の集大成です。
よろしければ是非、お越し下さい。
*写真は、準備中のものなので、卒業制作以外のものも混じっています。

Applestore_04

College Night:駿河台大学 卒業制作発表会
2013年3月24日(日)17:00〜19:00

--ads--

デジタルシネマカメラ完全攻略 (玄光社MOOK)
玄光社 (2013-01-31)
売り上げランキング: 8,853

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スーパーこまち営業運転開始

今日から東急東横線渋谷駅は地下基地だし、飯能から元町・中華街まで直通が走るようになった。
そして、秋田新幹線 スーパーこまちが営業運転開始

Super_komachi_01

写真は先日、新潟に仕事で行ったときに大宮駅構内にあったスーパーこまち。

Super_komachi_02

なんというか、科学特捜隊のジェットビートルみたいなデザイン。

Super_komachi_03

秋田は縁が無いんだけど、乗ってみたいなあ。

-ads-

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月15日 (金)

1/10 SUBARU XV のラジコンカー

タミヤから3月末に、1/10 電動RCカーシリーズ No.562 SUBARU XV(XV-01シャーシ)が発売。

Subaru_xv

1/10だと43センチ。いや、おっきいって。それに高価いって。
とか思うものの、いいなあ。

インプレッサスポーツはモデル化されないけど、XVはもうモデル化かあ。
まあ、見栄えはXVのほうが押し出し感あって強いよね。

この分だと、トミカになるのもXVかなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニュータイプ専用?VESA iMac

脚なんて飾りです。普通の人にはそれが分からんのです。と、アップルの技術者が言ったかどうかはともかく、脚(スタンド)のかわりにVESAマウントアダプタを搭載したジオング型iMacが登場。

Safari006

アップルから純正のVESAマウントアームは出ていない(出ていたら大福iMac調だったかなあ)のが残念だけど、アームで浮遊するiMacも格好良さそう。
ただ、中空に浮いたモニター(iMac)から、USBケーブルやThunderboltケーブルが垂れ下がることになるわけで、正直、実際の使用シチュエーションはがっかりな感じに思う。

ADCポートのように、ケーブル1本でそれらを束ね、VESAアームに通しながら手元にBOB(ブレイクアウトボックス)出すような仕組みが欲しいところ。
Cube G4とともに登場したADCは、寿命短く消えていったのだが。あ、そっか、Thunderboltがその役目を担えるのか・・・。

iMac_19

ちなみにVESAマウントアダプタのジオングiMacは、脚つきのパーフェクトiMacより4,000円高価い。
脚よりマウントアダプタが高価いとも思えないので、これは量産型か小ロット生産かの違いか、商いは数だよ、兄貴ぃ、なのだろう。

iMac_20

個人的にはVESAマウントより、ワイヤレスのテンキー付きキーボードを復活させて欲しいところ。以前(白いキーボードの頃)はあったんだけど、フェードアウトしたまま。
ノート型ユーザーの方が多いくらいだから、数字入力がキーボード上段でも気にならないのかもしれないが、エクセルとか使うときには絶対効率的だと思うんだよね。
ワタシは編集時のタイムコード入力など。

BT接続のテンキーユニットがサードパーティからでてるじゃん、とも言われるが、別のBTデバイスだとキーコンビネーションが効かないのがイヤ。
例えばBridgeでレーティングするとき、Command + 1とか出来ないんだよー。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月14日 (木)

アルティザン&アーティスト ACAM-112 BLK

今月頭、アルティザン・アンド・アーティスト から新しいストラップが出たね、ってブログ書いたら、知人がすかさず買った(ありがとう〜)。
で、彼が買ったのはREDの方なのが分かったので、ブラックの方を買ってみた。

ACAM-112 BLK

ARTISAN&ARTIST ACAM-112 BLACK

レビューは後日。
EOS-1D Cは、これに切り替えた。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウルトラヒカリエとスーパーヒカリエ

久しぶりに渋谷に。いや、渋谷自体はよく乗り換えたり通過したりしてるけど渋谷自体を目的に行くのは久しぶり。
というのも、建築家にして森の木の代弁者、というワタシと全く異なる才能と守備範囲を持ちながら、Macとヤマトとガンダムと、という大きく被る守備範囲を持つ(笑)アトリエ M アーキテクツ松永 務氏が教えてくれた展覧会、ウルトラマン・オブジェクツ展「明日のヒカリへ」が開催中だったから。

Hikarie_02

円谷プロ創立50周年記念 光の国のフォトギャラリーと名打たれた展覧会の会場は、渋谷の新名所(?)ヒカリエのギャラリーフロア
ヒカリエだから「明日のヒカリへ」ってタイトルなんだよね?さすが創立50周年アラフィフの円谷プロ、オヤジギャグも冴えてます。

展示はすべて写真撮影禁止だったので写真は無し。まあ、分かるし、仕方ないんだけど、ルーブルやオルセーなど、写真撮影可能な美術館(もちろんストロボはNG)がある現在、サブカルチャ(にウルトラマンを入れるのが適切かどうかはさておき)が旧態依然とした展覧会でどうする、と思わなくもない。
フラッシュビームはウルトラマンだけ。って意味なら納得だけど(マテ

内容は照内潔氏の写真と、いくつかのプロップ。
うーん、悪くは無いけど円谷プロ50周年記念でこれかい?とも思った。
照内潔の写真は、氏の写真集「OBJECTS―Imagination of Ultra」から?
この写真集自体、10年くらいまえの本。
美しい写真集なんだけど、アートしようとし過ぎてて(失礼)、ウルトラマンの世界観や、怪獣、プロップたちへの愛情が希薄に感じられて正直好きではない。
美術写真集というからには、資料的に価値を持つくらい、精細に撮って欲しいんだけど、陰影やシルエットラインを追求してて、ディティールが暗部に沈んでるとかハイライトがとんでるとか、違うと思うんだよなあ。

Hikarie_03

ご飯は、松永氏が内装をやられた磯貝しらすくじら店・・とも思ったのですが、お昼前で空いていたので酢重ダイニングへ。

Hikarie_01

運良く窓際の席に案内されて、眼前にひろがる東急東横線のかまぼこ形ドーム屋根。
もうすぐ50年になるこのホームも、明日でおしまい。
土曜から地下の新・渋谷駅になる
運行を止めず、一晩で線路を掛け替える、何気ないように見えてすごい技術とプロジェクト管理だと思う。赤坂プリンスの解体工事もそうだけど、こういう技術はもっと喧伝されてイイと思う。

Hikarie_04

酢重ダイニングは、相変わらず美味しゅうございました。
最近、都内に展開中にも思えるんだけど、そういう路線になったの?

で、同じ、ギャラリーフロアで開かれていた別の展覧会へ。
円谷がウルトラなら、こちらはスーパー。

Hikarie_05

みんなのスーパーマーケット -47都道府県のご当地スーパー展-

なにが面白いかって言うと微妙な感じもしちゃうけど、結構面白かった。
ずらりとならんだ都道府県別のスーパー商品セレクション。

Hikarie_06

こちらは撮影OKだったので、なんとなく知人がいたりするエリアを紹介。現地の人からすると、えーって、異論もでそうな(笑)

Hikarie_07

だるま王国こと群馬

Hikarie_08

東京(こんなんなの?<あまりスーパーいかないひと)

Hikarie_09

ヨコハマ(いや、神奈川です)

Hikarie_10

富山の牛乳パックが可愛い

Hikarie_11

うなぎパーイじゃなくてボーン・・・

Hikarie_12

名古屋出身ですが、ピンときません

Hikarie_13

大阪の早朝パートは時給900円

Hikarie_14

福岡はまた行きたい

Hikarie_15

長崎はチャンメン、なのか

Hikarie_16

やっぱ大分はいいちこ?(瓶は綺麗)

Hikarie_17

宮崎はインパクトのあるネーミングがすごい
愛のスコール、紙パックがあるなんて・・

Hikarie_18

じーまみー豆腐の沖縄にはまた行きたいなあ

という、ウルトラスーパーなヒカリエでした。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年3月13日 (水)

EOS-1D CのRAWをPhotoshopとD.P.P.で現像

先日、速報したとおり、AdobeのCamera Raw 7.4 Release CandidateがEOS-1D CのRAWファイルに対応。
これで、これまでファイル構造としてはEOS-1D Xと同じにもかかわらず、D.P.P.(Digital Photo Professional)でしか現像できなかったEOS-1D CのRAWファイルを、Photoshop および Lightroomで現像できるようになった。(で、アップルのApertureはどうした?)

ので、せっかくだからPhotoshopとD.P.P.(Digital Photo Professional)で、同じファイルを現像して較べて見る。

Photoshop006

PhotoshopもD.P.P.も、それぞれレンズ補正や機種固有の補正を持つ。その違いを把握しておきたいと思ったからだ。
ちなみに元データは、EF17-40mm F4L ISO 100 f10 1/125sec EOS-1D C ピクチャースタイル 風景 オートライティングオプティマイザー オフ

C1A_1123

カメラ JPEG
ピクチャースタイル風景の彩度強調のせいもあり、わざとらしくも美しい(笑)1枚。

C1A_1123_PS無補正

Photoshop レンズ補正オフ & 初期設定現像
フォトショップ(Adobe Camera Rawはピクチャースタイルを読まないので、特に空の彩度、コントラストに大きな差。

C1A_1123_PSプロファイル補正

Photoshop レンズ補正(EF17-40mm) & 初期設定現像
レンズプロファイルを読んで周辺光量その他を自動補正。色味は標準のまま。

C1A_1123_DPPノーマル

D.P.P.(Digital Photo Professional)初期設定現像
D.P.Pはピクチャースタイルを読むので、ストレート現像でもカメラJPEGと近似。
ここから調整の自由度が高いのがRAWのいいところ。

C1A_1123_DPP忠実度

D.P.P.(Digital Photo Professional)ピクチャースタイル忠実度設定&各種補正オフ
忠実?なデータがこれ

C1A_1123_DPP_DLO

D.P.P.(Digital Photo Professional)初期設定 & デジタルレンズオプティマイザ標準
DLOの効果は以下の拡大で確認

Photoshop001

Photoshop002

Photoshop003

Photoshop005

Photoshop004

なお、今回は補正のオンオフ以外のパラメータは弄っていないので、補正のしやすさやその範囲、画質については検討していない。
(DLO補正は画質に関係するけど)

-ads-

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月12日 (火)

ペンタのQとキヤノンのN

今日、3月12日はPENTAX Q10 エヴァンゲリオンモデルの発売日が決まった日であり、キヤノン PowerShot N の予約が開始された日でもある。

Q&N

この2機種は有り体に言ってしまえば変化球だ。画質やAF性能、精度といった方向ではなく、カメラの、写真の楽しさ、に振った大きなカーブというかナックルボールというか。
直球勝負じゃないじゃん、というひともいると思うけど、個人的にはありだ、と思ってる。だって、画質原理主義視点でいえばAPS-Cサイズ以下のセンサーや単焦点でないレンズでは圧倒的に不利で、冥王星会戦におけるガミラス艦隊と地球防衛艦隊みたいなもの。この艦では勝てない・・と思わず沖田提督が呟くのも宜なるかなである。

で、ヤマトでは、んじゃあ、波動砲(フルサイズ)でしょう、ってより大艦巨砲主義に走って行くし、キヤノン、ニコン、そしてソニー辺りをみるに、まだしばらくは大判センサーの波動砲的優位性はあきらかだが、雪風クラスのコンデジが、iPhoneを筆頭とするスマートフォンカメラに押され気味なのは、去年のコンデジ出荷台数が前年比78%に留まるのを見てもわかる。

Canon_PowerShot_N

で、キヤノンのPowerShot Nは、そのスマホ的写真の遊び方、に真っ向から挑戦する「カメラ」だと思う。(CP+でのレポート
スマートフォンにカメラが付く、のではなく、カメラにスマートフォン的ギミックが付く。

今日、予約開始で、もう、初回分は全モデル完売してしまったあたり、そのコンセプトを面白がるユーザーが、ちゃんといた、ことを表していると思う。
これが、新しもの好きの一部ユーザーに留まってしまうのか、本来PowerShot Nを届けたい(とキヤノンが思う)層に広がっていくかはまだ分からないけれど。
(結局、スマートフォン等への転送が必要な時点で、じゃあ、iPhoneでいいじゃん、になってしまう危険性はあると思ってる)

Pentax_Q_eva

PENTAX Q10 エヴァンゲリオンモデルは、もっとはっきりとした「お楽しみ企画カメラ」。
こちらも、発売日は今日決まったにもかかわらず、とっくに完売。

Facebookのペンタックスリコーイメージング ページで、CP+のときに書いたレビュー(?)
CP+ 2013レポート 7 ペンタの暴走?エヴァなQ10
を紹介いただいて感激(笑)

いや、だってこのエントリー、どっちかというと、もっとマニアックにやらないと、ただの企画ものになっちゃうよ、的な内容なのに、平然と紹介するペンタックスページの度量の深さ(笑)
応援してるんですよ<これは本当。
つぎは上半分グレー、下半分赤の、ヤマトコラボモデルとか是非。

ちなみに、友人である紗々さんと、浅岡さんが、PENTAX Q10 エヴァンゲリオンモデルの発売日まで毎日更新にチャレンジしているスーパーコラボ企画(?)はこちら

Safari004

えーいいなー。
というので、ワタシも、紗々さん撮った貴重な未公開写真を公開。

sasa

紗々さん、です。

--ads--

PENTAX デジタル一眼カメラ Q10 エヴァンゲリオンモデル TYPE 02: アスカ
ペンタックス (2013-04-30)
売り上げランキング: 7,601

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年3月11日 (月)

沖田艦長とヤマト2199 第5章

声優の納谷悟朗氏が亡くなった。古いアニメファンには沖田艦長であり銭形警部であり、洋画ファンにはクラーク・ゲーブルでありチャールストン・ヘストンだった。
大御所のベテラン声優だったが、テアトル・エコーの舞台俳優でもあり、渋い、ダンディなマスクのベテラン俳優であった。

kirishima_01

沖田艦。
は、初代のヤマトでの呼び方で、2199では金剛型宇宙戦艦キリシマ
(写真はMac OS Xの標準壁紙。合成等は一切無しの一発撮りです)

世代交代もあり、現在のルパンの銭形警部は山寺宏一さんだし、ヤマト2199の沖田艦長は菅生隆之さんだ。だけど、不思議と今でも自分の中では納谷悟朗氏が生きている。
享年83歳。大往生だと思う。(劇中の沖田艦長は58歳で亡くなっているはず)
安らかにお休み下さい。

そんななか、ヤマト2199 第5章 望郷の銀河間空間 の予告編(PV)が公開。

やっぱりヤマトは艦隊戦だよなあと思う。

ガンダムはモビルスーツ戦だし、マクロスは航空戦。銀英伝とかいくつか例外はあるものの、アニメで艦対艦の砲雷戦が描写されるのはやっぱヤマト
第4章は対潜戦だったが、今回は対艦戦。

kirishima_02

楽しみ・・なのだが、公開は4月13日からで、この第5章で、第15話〜18話。
オリジナルと同じ全26話だとすると、劇場では第7章まで。
テレビ放送が4月7日からはじまるけど、途中中断なければ9月末までの計算。間に合う?
最終話に向けて、クオリティ低下はみたくないよね。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.03.11.

20130311b

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月10日 (日)

クールなインターフェイスのBlux Camera Pro

iPhoneアプリ等は、ある程度、使ってからブログに書くのを基本にしているmono-logueですが、去年、iPhoneでモノクロTIFF写真を撮るアプリ:MProを書いたときは、無料だったのに、公開まもなく有料に戻ってしまった経緯があるので(^_^;、今回はまだ10分しか使っていない段階で書く。
Blux Camera Pro
これを書いている3月10日夕方現在では無料。(元の値段は250円らしい)

Blux Camera Pro_01

エフェクト(フィルター)がすごい、とか、特殊な機能がある・・ではなく、このアプリの特徴はインターフェイスのクールさ。

Blux Camera Pro_02

スワイプでモードを切り替えていく操作や、ターゲットスコープ型のインターフェイスが触っててすごく面白い。
これがただの見た目だけで無く、ズームや色温度、露出、フォーカスのダイレクト操作を行うUIにもなっている。
水準器やヒストグラムもオーバーレイ可能(オンオフもできる)
昔、カシオにこれに似たインターフェイスのEXILIM PRO EX-P505があったけど、流行らなかったね(笑)個人的にはバーチャロンインターフェイスと呼んでいた。

Blux Camera Pro_03

フィルタとホワイトバランスを2段階で組み合わせて設定するのも面白い。

Blux Camera Pro_04

設定やチュートリアル表示も凝っててこんな感じ。(ぐるぐる回る)

Blux Camera Pro_05

という訳で、レビューの遅いmono-logueにしては速報してみた(笑)

-ads-

Blux Camera Pro - YIN XUE (一時的無料)

Blux Camera - YIN XUE (こっちは無料版みたい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Macでe-TAX 後編

Macでe-TAX 前編 の続き、というか、結果報告篇です。

結論から言えば失敗でした。
確定申告書の作成までは問題なく出来ますが、最後の送信時にエラーがでて
ニッチもサッチもどうにもブルドック状態です(古すぎ?

原因は前編のコメント欄で教えて頂いたように、
・送信時にJavaが必要。かつ、そのJavaおよびSafariは32bitモードで起動する必要がある。
・だけどMountain Lion(OS X 10.8)で使えるJava7は64bitモードしかない
からのようです。

作成した電子申告用のデータは紙提出用に読み込み直してプリントアウトもできるので無駄にはなりませんが、あまりに悔しいので(笑)大学の研究室に動態保存されていた旧型Mac Pro/Snow Leopard(OS X 10.6)にカードリーダーのドライバ、ルート証明書等をインストールし、e-TAX自体はオンラインで申告しました。

5d3d3724

前回購入したSCM MicrosystemsのSCR3310/v2.0は問題なく使えたことも付記しておきます。

ただ、確定申告のためだけにこのMac ProをSnow Leopardで動態保存しておくのは難しい・・。
来年は状況が変わっていることを祈りつつ、Mountain Lion(OS X 10.8)ではダメでした報告。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

特定の写真/ムービー以外を一括消去:EOS 5D Mark III

某ディレクターから電話があった。
「サイカさん、EOS 5D Mark IIIだよね?特定のムービー以外をまとめて消去したいんだけど、どうやればいい?」
えーと・・特定の写真/ムービーを消すのは簡単、ただ、それ「以外」を消すのか。
とっさに思い至らず、答えられなかった。ごめんなさい。

ので、自分のためにも、EOS 5D Mark IIIで特定の写真/ムービー以外を一括消去する手順を書いておく。
なお、個人的には、人為ミスを防ぐため現場でのファイル消去は避けるべしと思ってる。
が、なんらかのトラブル等でメモリーカードが底をつくときもあろう。そんなケースのための備忘録と思って頂ければ幸い。

Eos_5d_mark_iii_01

EOSでのファイル削除は再生セレクト画面でひとつひとつ消していくのが基本。

Eos_5d_mark_iii_02

タイル表示で選ぶのが分かりやすいが、それでも消去は1ファイルづつ。メールソフトのような消去マークを付けていって一括消去、は通常再生モードではできない。

Eos_5d_mark_iii_03

そのような目的には、再生>画像消去から

Eos_5d_mark_iii_04

選択して消去 を行う。

Eos_5d_mark_iii_05

これにより、メーラーのような「削除対象をチェック付けて行って一括消去」ができる。
ただし、削除対象を選ぶ、ことは出来ても削除しない対象を選ぶ、ことはできない。
おそらく両者を用意すると操作ミスで逆のことを起こしかねない、という意図かと思うし、それは正しいのだが、
・ガンダム以外を消したい
のに
・ザクとグフとドムとゲルググを選択していく
のはちょっと大変。「(時間との)戦いは数だよ、兄貴ぃ、」なのである。

Eos_5d_mark_iii_06

で、本題。特定の写真/ムービー以外を一括消去するには
再生>画像プロテクト から

Eos_5d_mark_iii_07

残す(守る)ファイルを選択していく。
このときは、タイル表示が便利。設定メニューでRATEボタンをプロテクトボタンにカスタマイズしておくのも有効。(まあ、使用頻度によります)

Eos_5d_mark_iii_08

こういうときはマルチコントローラーが活躍。

Eos_5d_mark_iii_09

で、プロテクト(鍵マーク)を付けたら、さきほどの、
再生>画像消去 > フォルダ内・全画像を選択(カード内・全画像)でも可。

Eos_5d_mark_iii_10

フォルダの中身を確認してから(上記でカード内・全画像を選ぶとこの表示をスキップします)

Eos_5d_mark_iii_11

画像消去

Eos_5d_mark_iii_12

で、プロテクとした写真/ムービー以外を一括消去できる。

Eos_5d_mark_iii_13

ちなみにここで画像消去でなく、カード初期化を行うと、プロテクト設定ごと、カードを初期化してしまうので注意。

Eos_5d_mark_iii_14

以上、とっさに返答できなくてごめんなさい>某D

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 9日 (土)

AdobeがEOS-1D CのRAWに対応(RC)

アドビのCamera Raw 7.4 Release CandidateがAdobe Labで公開。
RC版なので、まだ正式ではないけれど、登録すればDL、使用できる。

この7.4 RCでついに、EOS-1D CのRAWに対応。

Adobe-Bridge-CS6004

すばらしい。
今回はアップルに先行した(いや、正式公開はどっちが早いかは分からないが)
これで、この問題からとりあえず解放されるか?

とりあえずCamera Raw 7.4RCをインストール。
Adobe Bridge、Photoshop、Lightroomで、EOS-1D CのRAW現像ができることを確認。

ちなみに

ピクチャースタイルを読み込むことはないので、Bridgeのサムネイル表示にも反映されない、のは従来通り。

Adobebridgecs6003

ピクチャースタイルをモノクロにして撮影したカットは、JPEGはモノクロだが、RAWはカラー表示。

Digitalphotoprofessional001

D.P.P.(Digital Photo Professional)では、サムネイルにもピクチャースタイルが反映される。

なお、Camera Raw 7.4 Release Candidateで対応したのは、ほかに
Casio Exilim EX-ZR700
Fujifilm X100s
Fujifilm X20
Hasselblad Lunar
Leica M
Nikon 1 J3
Nikon 1 S1
Pentax MX-1

--ads--
アドビのアプリはクラウド版に集約されるようで、パッケージ版はアカデミック版のみ。
必要なら学生のうちに買っておくのがいいよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ザクの日?

今日は3月9日でザクの日、らしい(笑)、まあ、ミクの日っていうのも正しいらしいのだが。

ので、ザク。

MS-06R-2

ちなみに赤いザクはシャア、と反射的に思われるが、これはジョニー・ライデン専用機の高機動型ザク。

GUNDAM STANDart の高機動型ザクは、過去に黒い三連星仕様と、シン・マツナガ大尉仕様が発売されていて、ぱっと見、成形色違いの再販に見えるが、ランドセルや脚部バーニアスカート等、パーツは新規造型。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

PCOCC 製造終了

古河電工、オーディオケーブル用「PCOCC」製造終了へ (AV Watch)

もう、オーディオ趣味を撤退して(いや、一応は休止です。いつか、広い書斎の片隅に程よいアンプとスピーカーを置きたい)久しいけれど、ああ、PCOCCだと音の純度が、とか、LO-OFCが云々とか、そんな時代はあったなあ。
ワタシにとって、マッキントッシュがMacintoshではなくMcIntoshだったころのハナシ。

素材によって音が変わること自体は間違いないが、それがどのくらい純音か、味付け(演出)なのかは、正直、ワタシには分からない(分からなかった)。
関係ないよ、と言うほど不遜ではないが、おそらく当時のワタシにとって、意味のある違いでは無かったと思う。そのコストはアンプやスピーカー、いや、コンテンツそのものにかけるべきだった(^_^;

とはいえ、そういう過剰な(あくまでワタシにとって、ね)道具へのこだわりや試行錯誤のアプローチ自体は、いまのワタシを支えるベースになっていると思うので、後悔はしていない(キリッ) ←いまも同じじゃん、とか言わないで(笑)

Pcocccable

ところで、高級ケーブルの代名詞?オヤイデ電気で、先月「PCOCC-Aという最上級の素材」「本物の高級品」を謳うケーブルが発売されたばかりなのだけど、年内で終了?(古河電工のPCOCC生産は年内いっぱい予定)それともストックはたっぷりあるの?

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 8日 (金)

バスパワーのUSB3.0HUBで動く機器、動かない機器

iMacにUSB3.0 HUBを買った のエントリーで書いたように、USB3.0のHUBはバスパワーが主流になってしまったみたい。
ので、iMacにはバスパワーのUSB3.0 HUBであるバッファローのBSH4U20U3 を買った

USB3_HUB_01

USB機器が繋がると青いランプがポート毎に点灯するのは結構便利。
このランプはUSBケーブルだけでは点かず、カードリーダーとかiPhoneと言ったデバイスが繋がると点灯する。

USB3_HUB_02

で全部にデバイスを繋いでみた。その結果、
USB 3.0カードリーダー ◎
iPhone 5 ◎
iPad 2 ◎
Apple USB SuperDrive ×

Finder001

そう、Apple USB SuperDriveは電力が足りないとしてはねられる。
(もちろんiMacに直接繋げば正常に使える)
ただし、このApple USB SuperDriveは、MacBookAirと同時に購入したものなので、現行製品とは仕様が違う可能性も有る(そこは未確認)
とりあえず、うちのBSH4U20U3ではダメだった。

USB3_HUB_03

4ポートにフルにデバイス接続しているせいかとも考え、

USB3_HUB_04

他のデバイスを外してApple USB SuperDriveのみ繋いでみたが、やっぱりダメ。
BSH4U20U3の供給するバスパワーでは動かないみたい。

USB3_HUB_05

ちなみに、Thunderbolt/USB3.0 ポータブルHDDであるバッファローのHD-PATU3 および HGSTのTouro Mobile MX3は両方ともOK.
直接接続時とUSB HUBを介したときで速度差があるかと測ってみたが、ベンチマークソフトでは差が無し、簡易コピーテストでも測定誤差以上の差は無かった。

絶対的な速度を求めなければ、USB3.0はいい仕事をしてるな、って印象。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年3月 7日 (木)

ゼミ4年生追い出し会

斎賀ゼミ 4年生追い出し会が3年ゼミ生の手で行われた。

Saika_semi_01

Saika_semi_02

Saika_semi_03

Saika_semi_04

Saika_semi_05

Saika_semi_06

Saika_semi_07

Saika_semi_08

Saika_semi_09

Saika_semi_10

Saika_semi_11

Saika_semi_12

そして、卒業式の前日、3月24日の夕方からアップルストア銀座シアターで、メディア情報学部 斎賀ゼミ、大久保ゼミ合同の卒業制作展を行います。
お時間のある方はカレンダーにメモを。

--ads--


デジタルシネマカメラ完全攻略 (玄光社MOOK)
玄光社 (2013-01-31)
売り上げランキング: 7,742

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

小ネタ:EOSのカード名

先日、未開封のCFカードをEOSに入れて、初期化等をせず、そのまま撮影をした。
当然問題なく撮影自体は可能なのだが、家でiMacに取り込む時に、気がついた。

Card_01

カード名が、EOSで初期化してると、EOS_DIGITAL(上)で、初期化していないと NO NAME(下)になるんだね。
(一応、Macの場合、Win環境では未確認)

今さらながら知った(笑)
いや、当たり前じゃんと言わないで欲しい。

Card_02

SONYのハンディカムで初期化したAVCHDのSDカードは、NO NAMEだ。
小ネタでした。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 6日 (水)

ImageBrowser EX アップデート

関係者には申し訳ないが、ワタシは現行のEOS同梱ブラウザ ImageBrowser EXが嫌いだ。
これが、Mac版ゆえなのか、Win版を含むImageBrowser EXそのものの問題かは分からないけど(ワタシはMacしか使っていないので)、実質的に写真ブラウズはAdobe BridgeとCanon D.P.P.を使っている。

Imagebrowserex002

BrideとD.P.P.を併用せざる得ない理由はここ、ImageBrowser EXが嫌いな理由は機会改めて書こう。
それはさておき、嫌いだけどインストールしておかざる得ない(理由は嫌いな理由とあわせて後日)ImageBrowser EX だが、さっき起動したらアップデートの案内。

Autoupdateservice001

もしかして不満点が改善された?と淡い期待をして、更新内容(アップデート内容)を表示するボタンを押す。

Autoupdateservice002

・・・・・・・・・・・

キヤノン、ふざけてるのか・・・・?

(Mac版での挙動、Win版は未確認です)

ちなみに、キヤノンのサポートページにあるImageBrowser EX 最新版は、2012年10月23日付けの Ver.1.1.0 (2013年3月6日午前10時半現在)
いま、アップデートしたバージョンは、ImageBrowser EX 1.2.1.14 である。

--ads--
1万円キャッシュバック対象と思うと悪くない

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年3月 5日 (火)

ガンダム ASSAULT KINGDOM

プラモデルと向き合う時間はもう取れないと思ってるので、ときどき食玩を買うのが精々。
その中でクオリティ的に食指が動くのはFW GUNDAM STANDartくらいだったのだけど、ちょっと変化球が出た。

gundam assault kingdom_01

ガンダム ASSAULT KINGDOM
ガンダム超可動。をキャッチフレーズに、可動範囲の大きな間接構造を持った食玩版リボルテックみたいなシリーズ。

多関節アーム構造のスタンドパーツが付いて、こんなポーズや。

gundam assault kingdom_02

こんな姿勢もとれる。
背景はMacの標準デスクトップピクチャ。一発撮りの合成、加工なし(笑)

基本は多色成形で塗装部分も雑。質感はFW GUNDAM STANDartにかなり劣るけど、この可動範囲の広さはポージングの自由度がゼロに近いFW GUNDAM STANDartとは違った面白さ。

gundam assault kingdom_03

「ガンダム」、「ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」、「シナンジュ」、「エールストライクガンダム」があるらしいが、見かけたときはすでに「ガンダム」、「エールストライクガンダム」しかなく、「ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」、「シナンジュ」、は手に入っていない。
Amazonはすでにプレミアム価格(定価以上では買わない主義です)
うーん、どうしよう。

4月に大型の「クシャトリヤ」、6月に第2弾の「ユニコーンガンダム[デストロイモード]」、「ガンダムMk-II」、「陸戦型ガンダム」、「シャア専用ザクII」が出るらしい
悩ましいな・・・。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (2)
|

2013年3月 4日 (月)

EOSのカードスロットの順番

WinだとフロッピーがAで内蔵HDDがCでCDがDで・・とドライブレターが割り振られてる。Macだとそういうの意識しないので、昔、じゃあBドライブはどこよ、と思ってた(正解はセカンダリのフロッピードライブ)。
デジタル一眼レフでは、フラッグシップにデュアルスロットの場合が多い。もっともそれはキヤノンやソニーの場合で、ニコンは昔から中堅機でもデュアルスロット機が存在してる。重量増の問題はあるけど、デュアルスロットは便利かつ実用的。

IMG_2487

で、1D系以外で(キヤノンで)初めてデュアルスロットを搭載したのがEOS 5D Mark III。いや、正直、5Dがデュアルスロットになるとは思わなかったので発表時は驚いた。
安価なSDが運用できるのもいいしね。

EOS-1D C

5D系に較べるとさすがにコストがかかってる1D系は、カードスロットカバー(フタ)もつまみを使って開ける。

EOS-1D C_20

1D系はバッテリーが底部に横方向から入る(EOS 5D Mark IIIもバッテリーグリップはそのスタイルになった)ので、メモリーカードはグリップに向かって入っていく。この方向にカード挿すのは1系のみだと思う。

EOS 5D Mark III_06

5D系はグリップにバッテリーが入る関係で、その後方、ボディ後端に沿って横からカードを入れる構造。

EOS 5D Mark III_05

このスペースにカードスロットを2つ設けたのは偉いと思う。
が、奥(レンズ側)のCFスロットが、1、手前のSDスロットが2、ってのは正直、ピンと来ないんだよね。。

上記のEOS-1D Cを見ると分かるように、1系はスロットを正面から見て左が1,右が2なのに、EOS 5D Mark IIIは逆で左が2で右が1になる。
CFをプライマリにしたかったんだろうなあと思うものの、いつも「?」とおもっている。

HF G10

ちなみに同じキヤノンのHF G10は左がA、右がBだった(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 3日 (日)

アルティザン&アーティストの新ストラップ

ワタシのカメラストラップは、フォトグラファーの南雲暁彦さんに教えて貰ったお揃い。その後、フォトグラファーの塙真一さんも同じだったことに背中を押されてクマデジタルさんもお揃いになった

artisan&artist

マップカメラとARTISAN&ARTISTのコラボで、特注ストラップ ACAM-135 BLACK/REDという型番のもの。
これはアルティザン&アーティストの製品カタログには載っていないので注意。
で、ココに書いたように、今ではこれをEOS-1D Cに、EOS-1D C付属のものをEOS 5D Mark IIIに付けている。・・・のだが、
アルティザン&アーティストから新型のストラップが発売された。
ACAM-112

Aa


これ、去年のフォトキナで展示されていたんだよね。実は結構待っていた。
マップカメラ特注ストラップは幅30mmだけど、これは幅38mm、キヤノン純正ストラップが幅40mm、同じくキヤノンのプロストが幅38mmなので、幅は純正と違和感が無くなった。
長さも810~1,530mmと、特注タイプの1120~1400mm以上に調整のきくロングタイプなのでたすき掛けも可能だろう(これは未確認)。

どこかで実物見えるかな。良かったら、EOS-1D Cはこれにして、特注ストラップはEOS 5D Mark IIIに戻そうか。
ただ、これ、特注タイプと異なり、裏地に滑り止め加工ないかも

ちなみに、去年後半からカメラアクセサリー系にこれまで以上に注力し始めたアルティザン&アーティストだが、Bさんも買った長さを自在に調整できるACAM-E25はいいよね(しょういちさんも買ってたらしい)
(ちなみにテープタイプがE25で下の写真のリングタイプがE25R)

Aa2

ただ、これはさすがにNEX等のミラーレス用だよね・・・
(写真は公式サイトより転載させていただきました)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ピアノ発表会の機材

今日は子供のピアノ発表会。

C1A_3860

ビデオカメラが基本になるが、ビデオカメラは3年前のHDR-CX550V。
A1Jも一応現役だけど、あえてHDVの方がいいよね、とは思わなくなってしまって。
一眼はEOS 5D Mark IIIにEF24-70mmF4L(ロビーやその他スナップ用)、EF70-200mmF4L(演奏用)。
カメラも三脚も禁止されていない、まあ、普通の発表会(?)でシャッター音やビデオカメラの液晶が煌々としてるところだけど、それでもEOS-1D C(EOS-1D Xも同じ)のシャッター音は、サイレントモードにしても大きい。
EOS 5D Mark IIIのサイレントモードは、モーターでミラー駆動することもあって非常に音が小さいのでこういうときにはホントに助かる。
HDR-CX550Vは小さいながらもファインダーあるので、液晶の明かりを漏らさずにすむのが安心。

脚はマンフロットの 190CXPRO4
電車移動だとこのクラスが個人的分水嶺。Bさんのような巨艦(もとい巨漢)だと1クラス上の055級が運用できるのですが、軟弱なワタシは190級がせいぜい。

C1A_3862

バレエ発表会だと動きがあるのでビデオ雲台が欲しいとこだけど、ピアノ発表会は固定でいけるのでホントなら微調整と水平出しが容易なギア雲台(マンフロット410)が好きだけど、ちょっと大げさで重いので(笑)

C1A_3865

190CXPRO4のセットになっていたボール雲台MH055M0-Q2を付ける。

バッテリーはビデオカメラのみ一応予備をカバンに入れ、EOS 5D Mark IIIは予備なしで大丈夫だろう。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EF24-70mmF4L で鍾乳洞を撮る

実はあまり風景は撮らないのだけど、EF24-70mm F4Lを付けたEOS 5D Mark IIIで鍾乳洞へ。
かなり暗いのでほとんどの写真は5D3常用感度限界のISO25600まで上がっている。

高感度画質はEOS-1D Cの方が、一段良い(印象評価だけど文字通り1段分、差があるように思う)のだけど、狭いし、アップダウンきついし、と聴いていたので、少しでも小さく軽くと、バッテリーグリップも付けない素のEOS 5D Mark IIIで。

という訳で、EOS 5D Mark III + EF24-70mm F4L ほとんどISO25600
(写真はすべてクリックでFlickr原寸データにリンク)

ryugadou_01

ryugadou_02

ryugadou_03

ryugadou_04

ryugadou_05

ryugadou_06

ryugadou_07

--ads--

Canon EFレンズ EF24-70mm F4LIS USM 標準ズームレンズ EF24-7040LIS
キヤノン (2012-12-19)
売り上げランキング: 21,676
ギーガーズ・エイリアン (パン・エキゾチカ)
H・R・ギーガー
河出書房新社
売り上げランキング: 142,755

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 2日 (土)

キヤノン・ザ・ゴールドラッシュキャンペーン

キヤノンにもCMJにも知り合いがいるので申し訳ないが・・・ザ・ゴールドラッシュキャンペーンって10年以上昔のネーミングセンスだと思うし、金のフォトフレームは当たっても要らない(笑)

ただ、このキャンペーン自体は結構太っ腹でお得。
ボディはEOS Kiss X6iとEOS Mのみ対象で、6DやEOS 5D Mark IIIは対象外、ってあたりは、コンシューマー向けキャンペーンに思うけど、対象レンズは妙に新旧取り混ぜた感じ。

DPP07DD0302123629

                   写真協力:次女

特にEOS Mのダブルズームキットが1万円キャッシュバックって、実質5万円切る訳で、新型NEXに較べAFが遅いとか液晶がバリアングルじゃないとかあるけど、5万円切ってAPS-Cのセンサー積んで、EFレンズが使えるサブボディって結構魅力(EOS Mのサイズ感)。

レンズはまだEF100mm F2.8Lマクロ持ってないなら、この機会に買っとけ、だと思う。
あのレンズはじりじりとしか値を下げていないので、当分、これ以上安価に買える機会はないと思う。
クマデジタルさんも書いてるEF40mm F2.8STMは、6Dあたりと組み合わせると最小のフルサイズ構成ができる。
面白い対象レンズ(?)が、マウントアダプター EF-EOS M。
これ、レンズじゃないじゃん、と突っ込みたいの抑えるけど、市場価格が8,900円・・なので、5,000円キャッシュバックされるとなんと3,900円になってしまう。

いやー、なんというか、面白いキャンペーンだなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

iPhoneで綺麗に撮るには/ムービー篇

モノフェローズには優れたフォトグラファーの方が何人もいて、刺激を受けている。V.J.CATKICKさんもそのひとり。彼のブログは秘かに(いや、べつにこっそり見る必要はないのだが)愛読してる。

そんな彼の最新エントリー、iPhoneで綺麗に撮るにはが素敵。
写真も素晴らしいが、やはり、その姿勢が素敵。
いくつかの条件を述べたあと
・最も大事なのはあきらめないこと
ファンになります(笑)

ので、勝手に追随エントリー。iPhoneで綺麗に撮るには/ムービー篇

iPhone_movie_01

          iPhoneムービーから切りだし(クリックで原寸リンク)

iPhoneのムービー撮影機能は、写真ほど話題にならない。ブレイクするアプリがないことや、やっぱり気軽さに欠けるなど、理由はあるんだけど、iPhoneで、このくらいのムービーは撮れる(ついでに、これはiPhone 4、2世代前のiPhoneです)

iPhone_movie_02

・できるかぎり三脚(テーブル三脚でOK)を使うこと
・手持ちの時は逆にカメラワークのつもりで滑らかな移動ショットを意識すること
・近景をうまく配置したらiPhoneでも被写界深度のある画は撮れる
・ゆえにフォーカスポイントは重要

・工夫と手間暇を惜しまないこと
 (ただ、気軽なのがイイトコじゃん、って思いもあるのでその辺はバランスで)

iPhoneでタイムラプスだってできます。

いい機材は自分の能力にゲタを履かせてくれる(アムロはガンダムだから生き延びることが出来た)。というのがワタシのポリシー(笑)だけど、一方で、道具は使いこなしだよ、というのも真実だ。(グフ好きなんです、グフ)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 1日 (金)

レキサーカードリーダー、修理から戻る

どのMacに繋いでみても認識しなくなってしまったLexar プロフェッショナルUSB3.0デュアルスロットカードリーダーを修理にだして2週半。

lexar_01

今日、修理上がりとして戻ってきた。

lexar_02

修理出しのエントリーで書いたように、保証書がなかったが、戻ってきた箱にはヨドバシが発行したらしい購入記録がついていた。
去年の6月で3,220円。Amazonよりやや高価いが今回の修理がスムーズにいったのでその甲斐はあった印象。

lexar_03

レキサーの修理伝票も同梱されていた。
交換修理。

lexar_04

最初の購入時に筐体についていたビニール等がなかったことや、細かな擦り傷があったことから、新品交換ではない模様だが、MacBook Pro Retinaでそのまま認識したのでファームも最新

lexar_05

左:初回購入時 Rev C1.1 右:交換品 Rev D
このリビジョンがファームの違いを指すのか、なんらかのハードウエアの違いを指すのかは不明。

lexar_06

SDカードだけなら、最近の多くのMacには搭載されているけど、iMacではアップルの設計思想を疑うほど実用性の無い場所にポートがあるし、MacBookのSDスロットはいまひとつ遅い気がしている(測ってはいないけど)、ので、カードリーダーは必須と思う(安いしね)。

メモリースティックが必要ならサンディスク、SDとCFでよければレキサーが個人的推奨選択肢。
Lexar プロフェッショナルUSB3.0デュアルスロットカードリーダー(購入時のエントリー

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

G-TEAMアンバサダーになりました

初めて買ったMac(Macintosh IIcx)のHDDはSONY製だった(のちにリコールになった)。初めて買った外付けHDDの搭載ドライブはクアンタムだった。どちらもいまではHDDは製造していない(よね?)
Macを、というか、コンピュータを使う目的の7割が映像や写真のハンドリングであるワタシにとって、ワークストレージ(現状ではほぼイコールでHDDのことだ)の容量と速度(そして価格)は昔から重要なテーマだ。

様々なメーカー、製品を使うなかで、個人的に最も長くつきあっているのが、G-Technologyのドライブ。(このあたりのHDD変遷記はちょうど2年前に書いていた

G-TEAM_01

うちにあるG-Tech製品各種。何年もの違いがあるのだけど、ボディの傷以外は、リアの端子見ないと違いが分からないほど、変わらないデザイン。

Mac Proと並べて違和感のない(というよりMac Proと共通性をもたせた)デザインは、信頼性を兼ね備えた名デザインだと思ってる。

G-TEAM_02

などと、個人的に支持していたら、そのG-Technologyよりコンタクトがあって、幾度かのやりとり、打合せの上で、G-TEAMアンバサダー になりました。

G-TEAMアンバサダーってなに?っていえば、G-Technology製品の愛用者で写真、映像業界で活躍し、かつソーシャルメディア系で情報発信を行っているユーザーのなかで、G-Technology社が認定したモデルユーザー(?)。
メーカーとユーザーの間をつなぐ存在を意図して、情報発信やイベント、セミナーを行うチームで、すでに去年から存在する欧米では、Vincent LaforetやAlex Buonoといった雲の上の人々が活動中。(英語の紹介ページ

G-TEAM_03

その日本最初のひとりに選んでいただきました(FacebookのG-Technologyページ)。なにかの間違いかも知れませんが、間違えたのはHGSTの方なのでワタシのせいではありません(笑)
Vincent Laforetと並べていただくのはバチが当たりそうですが・・

G-TEAM_04

なお、G-TEAMアンバサダーになっても、G-Tech製品を手放しで宣伝する義務はありません。あくまでヘビーユーザーの代表として、G-Tech製品を使い、情報発信をすることを期待されているので、その過程で厳しいことを書くことも起こるかも知れません。

G-Technology(HGST)が偉いなあと思うのは、提灯応援団を望んでいないこと、そして、他社製品を個人的に使うのも構わないこと。
ので、mono-logueでは、変わらぬスタンスで、いいものは良かった。良くないモノは、「どこがどう」良くなかったと感じたのか、を丁寧に語っていきたいと思います。

まずはご挨拶まで。

G-TEAM_05

写真は記念に送られてきたG-TEAMジャケット

--ads--

G-RAID with Thunderbolt 8000GB NA
G-Technology
売り上げランキング: 6,046

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »