« EOS M : 雰囲気を選んで撮影する | トップページ | EOS M 短期集中レビュー INDEX »

2013年4月28日 (日)

Mac Fan 6月号は動く

Mac Fan 6月号が届く。
創刊20周年第2弾、らしい。ワタシが最初のMacintosh(IIcx)を買ったのが1990年だから、歳を取るわけだ(しみじみ)

Mac_fan_01

今号の特徴は同誌のオリジナルのiPhoneアプリ「Mac Fan × ARART」との連動。

Mac_fan_02

専用アプリをiPhone、iPadにインストールして特定のページにかざすと、スライドショーやムービーが重層され、あたかも誌面が動き出すかのように見える。
写真では分かりにくいが、単にムービー再生じゃなく、本のエッジにオーバーレイされて、周囲はちゃんと実景が見えているのがわかる。

Mac_fan_03

誌面の写真にオーバーレイしてビデオメッセージが再生。なかなか面白く、紙とデジタルの利点を活かす試みとしてもイイ感じ。
例えばインタビューものなんかは、テキストだけでなくノーカット全編がこうやってみることができる、等の使い方はありだろう。
問題があるとしたら、雑誌の場合、制作やアプリの審査を含めるとかなり先行させる必要がありそうなこと、データはアプリに内包させるので、長尺のインタビュー映像等はデータが大きくなる可能性があることか。

Mac_fan_04

特集は、いまさら聞けないiLifeやiWorkのテクニックTips
もうちょっと深掘りして欲しい一方で、iMovieでビートスナップ機能があるのは知らなかった(^_^;
こういうのは地味に役立ちます。

Mac_fan_05

個人的に良かったのがMacオーディオ道スペシャル

音はどうしても自分の理解度が足りない気がしていて、ついつい読んでしまう。

Mac_fan_06

コーデック別の波形や、出力方法別のノイズ等、たぶん、わかってるひとには基本のき、なんだろうけど。
とはいえ、数字上の差が、聴覚(聴感?)の差と必ずしも一致しないのがオーディオの難しいところだと思う。

Mac_fan_07

DAC廻りは今年度の追加予定項目なのでポストイット貼っておこう。
ただ、この記事は音質、の話なので、映像編集時に気になるDACを通すことでのオーディオディレイ(レイテンシー)については触れられていないのが残念。
機器によって差があると思うんだけど、これ、店頭の試聴では確認できない(ソースがオーディオのみだから)部分なので、どこか、ちゃんと比較してくれないかな〜。

今回の写真は、EOS M 短期集中検証の一環で、すべてEOS Mで撮っています。
1枚目はトリミングとリサイズのみのカメラJPEG
他は明暗差もあったりするので、レベル補正等を行っています。
左手にiPhone、右手のみで撮影、には小さいカメラは便利。
右手に箸を持って、左手で5D3のシャッター押す猛者はいますけどね)

ちなみに20周年ということか、モニタープレゼントがとっても豪華。
応募してもいいですか?>編集長?

--ads--

|
|

« EOS M : 雰囲気を選んで撮影する | トップページ | EOS M 短期集中レビュー INDEX »

本/音楽」カテゴリの記事

コメント

ikeaのカタログアプリのパクリですな。

投稿: guts | 2013年4月30日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/57263545

この記事へのトラックバック一覧です: Mac Fan 6月号は動く:

« EOS M : 雰囲気を選んで撮影する | トップページ | EOS M 短期集中レビュー INDEX »