« CalDigitからもThunderbolt Dock | トップページ | BDR-XU02JMはMac用Blu-rayの本命か? »

2013年4月12日 (金)

オリキャンともぐもぐタイム

ワタシの勤務する大学にはオリエンテーションキャンプ(通称オリキャン)と言って、新入生が授業期間の始まる前に、泊まりがけで研修(?)を行う伝統行事がある。

Oricamp_1

ワタシの学部は近県の温泉旅館(ホテル)へ。
教員が喋る場面も多少はあるものの、このキャンプの主役はオリキャン・アドバイザーと呼ばれる上級生たち。
履修の考え方から時間割の組み方、授業や先生の裏情報(笑)と、大学生活のノウハウを徹底的に伝授するらしい(←なにしろ途中から教員は席を外す伝統?なので、どんなことが言われているのかも分からないのだ(笑))

Oricamp_2

ワタシの乗ったバスに付いたアドバイザー。
斎賀ゼミ、新4年のT、新2年のN

Oricamp_3

Oricamp_4

ひとによっては完徹に近いオリキャンの最後は、帰り道によるサファリパーク。
お楽しみ要素であるとともに、友人をつくる機会でもある。
いや、このブログはアンオフィシャルなので、教育的意味づけは語る必要はあるまい。
まあ、けっこう楽しいsafari(Macブラウザの話では無い)である。

Oricamp_5

カピバラのもぐもぐタイムらしいので待つ

Oricamp_6

カピバラのもぐもぐタイム
対抗して?

Oricamp_7

コマバラのもぐもぐタイム(笑)
期待を裏切らない新4年生である。

Oricamp_8

オリキャン・アドバイザーたちの集合写真(と、このチームの構築に尽力してきたRさん)

このチームの自律的な行動には毎年舌を巻く。(去年の写真

ダメダメな部分はもちろんところどころにあるんだけど、それでも個々がなにをすべきか、どう動くべきかを一生懸命考え、引かずに前に出る(出ようとする)姿勢は見習うべき所も多い。

今日日の若い連中は、ワタシらの若いときより、遙かに優秀だと思うよ。

--ads--

夢の扉をひらく若者たち―日藝はいかに個性に火をつけるか
浅見 文夫
遊行社
売り上げランキング: 1,402,383

|
|

« CalDigitからもThunderbolt Dock | トップページ | BDR-XU02JMはMac用Blu-rayの本命か? »

出張・旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/57154431

この記事へのトラックバック一覧です: オリキャンともぐもぐタイム:

« CalDigitからもThunderbolt Dock | トップページ | BDR-XU02JMはMac用Blu-rayの本命か? »