« ツアイス Touit 1.8/32 で濡れた金属を撮る | トップページ | スバル XV ハイブリッド発売 »

2013年6月24日 (月)

キヤノンのCameraWindow

デジカメで撮った写真をMacに取り込むときには、ApertureもLightroomも使わずに、EOSに同梱されているキヤノンのCameraWindow(とImageBrowserEX)を使っている。
ApertureやLightroomを使わないのは、ライブラリー管理を特定のアプリに委ねたくないからで、撮った写真はすべて撮影日の名前のフォルダに分類している。

で、キヤノンのCameraWindowを使う訳は、このアプリ、Macに取り込む際に撮影日付別のフォルダを作って、そこに整理する機能を持っているから。

Memorycardutility003

この機能ゆえに重宝するワタシの必須アプリのひとつなのだが、いまも直らない悪癖がある。

キヤノン以外のRAWファイルを、しれっと無視するのだ。

ちょうど先日からうちに滞在しているCarl Zeiss Touit 32mm F1.8 はSONYのNEX-6に付けているが、このときの写真をふつうにCameraWindowで取り込んで、ブログ書いて、SDカードをNEX-6に戻して初期化・・・しようとして、寸前で気づく。

Memorycardutility002

JPEGしか取り込まれていない(^_^;

いや、いいんですよ、自社のカメラのRAWしか対応しないのは。

でも、せめて「◎○枚中、△△枚認識できないファイルがあります」とか「取り込めなかったファイルがあります」とか、警告してくれてもいいじゃん・・と。
(Final Cut Pro は警告しますよね)

そのうち、アップデート時に直っている(機能強化されている)といいなあ>誰となく

--ads--
ちょ・・75%オフって、これ、新型出たんだっけ?

シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO キヤノン用
シグマ (2005-05-30)
売り上げランキング: 7,461

|
|

« ツアイス Touit 1.8/32 で濡れた金属を撮る | トップページ | スバル XV ハイブリッド発売 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

画像処理」カテゴリの記事

コメント

>で、キヤノンのCameraWindowを使う訳は、このアプリ、Macに取り込む際に撮影日付別のフォルダを作って、そこに整理する機能を持っているから。

Apertureでも同じようなことができますよ。
私は同じ理由でApertureを使っています(Lightroomは使っていないので機能の可否は知りません)。

フォルダ名は「指定フォルダ/YYYY/MM/DD/」となります。
(YYYYMMDD/ には変更できないようです)

写真を保存する先を、Apertureライブラリではなく指定のフォルダに変更し、日付ごとに保存する設定にすれば良いです。
(今、出先なので詳しい設定方法を提示できずにすみません)

私はAperture自体はMBPで動かして、写真はMac mini上の外付けHDDを共有フォルダに保存しています。
Apertureは写真のキャッシュを持っているので、Mac miniが見えなくなっても写真の観覧・編集は可能です。

投稿: たつろう | 2013年6月24日 (月) 13時17分

仰るとおりです。Aperture2の頃でしたっけ、内部ライブラリではなく外部保存が可能になったの。そのときからですよね。
当時はキヤノン以外のRAWを扱うことは稀だったので、あえて移行を考えなかったのですが、いまは再検討すべきかとも思いました
ありがとうございます〜

投稿: SAIKA KAZUHIKO | 2013年6月25日 (火) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/57653765

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンのCameraWindow:

« ツアイス Touit 1.8/32 で濡れた金属を撮る | トップページ | スバル XV ハイブリッド発売 »