« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

同じ空の下

AUGM(Apple User Group Meeting)を通して知り合ったひとはひじょうに多く、特に九州の人脈の過半はMacとAUGMが無ければ出逢うことのなかったひとたちだ。
そのなかに、SandyTrip(サンディトリップ)のおふたりがいる。

Sandytrip_01_2

AYUMIさんの澄んだボーカル、KAZUさんのメロディと演奏、何年か前に知り合い、以来、秘かにファンだったが、なんとKAZUさんは公然の秘密たる(?)セカンドネームで一昨日、昨日と開催された東京カメラ部10選 2012写真展 に出展するなど、写真も半端ない。

そんなサンディトリップの唄はワタシのiPhoneの再生回数上位定番だが、そのなかでもアルバム「春風」にオリジナルが、「Winter Love Song」にライブ版が収録されている「同じ空の下」はもっともお気に入りの1曲。

Sandytrip_02_2

実は今年の春先に、古い知人を亡くした。
彼はもう同じ空の下にはいない。同じ空の下でいても、もう逢えなくなってしまったひとや、遠くの空の下ながら親しくさせてもらっているひと、
そんなことを思ってしまう、麦秋の夜。

Macお宝鑑定団ブログより、SandyTrip in AUGM 長崎 2012 LIVE
もう1曲のお気に入り、Water (アルバム収録はBridge)

--ads--

同じ空の下 - 春風 - EP

Water - Bridge

春風 - EP - SandyTrip

Winter Love Song - EP - SandyTrip

Bridge - SandyTrip

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月29日 (土)

ホテルの有線Lanを無線兼用にする

出張先のホテルでiPhone、iPadを有線Lanに繋ぐために、モバイル型の無線LANルーターを買ったのが3年前。このエントリー、3年前のものなのに、いまも一定のアクセス数のあるエントリー。

ただ、最近は無線LANを備えたホテルも増え、わざわざ持っていかなくてもいいかなあ、って思っていたのも事実。
ところがその一方でMacBookAir以降、ノート型Macが薄さを実現するためにイーサネットポートを廃止、有線接続にはUSB-Ethernetアダプタ(最近、Thunderbolt-Ethernetアダプタも登場)が必要になったのだが、これがつい忘れるんだよね(笑)
そういうときに限って無線LANがなかったり、異様に遅かったりするのもマーフィの法則。
いざとなればiPhone 5でテザリングという技が使えるようになったのは素晴らしいけど、LTEならともかく、3Gでは正直、しんどい。

planex_01

で、カバンに入れっぱなしにしておく無線LANルーターとして、プラネックスコミュニケーションズ「ちびファイ2 MZK-UE150N」を買った。(写真奥。手前はアップル純正 USB-Ethernetアダプタ)
同種の製品は多いが、選んだ理由、を書いておく。

・無線LANルーターとUSB-Ethernet変換の兼用型であること
 (これにより2つのアクセサリーをひとつにできる)
・必要度が下がっているため、小型軽量で荷物にならないこと
 (USB給電できることも含む。ACアダプタは荷物になる)
 
例えば候補になったアイオーデーターのWN-TR2は見た目、ちびファイ2とそっくりだけど、USB-Ethernet変換機能は無い。バッファローのWMR-300も同様。
ロジテックのLAN-W300Nは、上記の両方を満たし、かつ300Mbpsの速度と、ちびファイ2の倍の無線LANを構築できるのが魅力だが、じゃあ、なんでちびファイにしたのかといえば

planex_02

・ちびファイは給電用USBケーブルを本体内蔵
・さらにそのUSBをMacBookPro等に挿すことで給電しつつUSB-Ethernet変換で有線接続

が選んだ理由。
パスワードが本体横にシールで貼られているのもいい(笑)

planex_03

実際使ってみると、速度的には150Mbpsで充分で、有線が使えるのがやっぱり大きい。
ただ、うちの環境の問題?か、繋いでから接続が確立するまで1分くらいかかる。
そこがマイナスかなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

G-RAID ev 国内出荷開始間近

G-Technology Japan 公式Facebookによれば、
G-DOCK evの日本向け1stロットが入荷しました。発売に向けて準備中です。
らしい。

いまのところ動作条件はMacのみ(OS X 10.7以降、Thunderboltポート搭載機)だけど、今年、PC周辺機器でもっとも気になるストレージなのは間違いない。

G-DOCK ev_01

G-DOCK ev : 写真は先行して4月からうちで検証していた先行量産試作機

G-DOCK ev_03

先日、返却した検証機に代わり、出荷に先立って量産型ファーストロットの1台が届いた。
箱がハンドル付きになった(ハンドル無しの箱)他はぱっと見、違いはないようだが、その辺も含め、近日、再度、量産モデルで検証。
ポロシャツとキャップはG-Technologyアンバサダーへの支給品です(^.^)

すでに個人的に公開しているベンチマークも量産機で取り直して公開します。
まあ、プロトタイプが量産型を凌駕するのはガンダムワールドだけの話なので、たぶん代わりはないと思いますが、思い込みは禁物。

G-DOCK ev_02

今日現在、Amazon、アップルストア(オンライン)、ヨドバシ・ドットコムでは載っていないので、どこが皮切りになるかなあ。

-ads-

G-Technology製品 @ amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Mac Fan 8月号とMacなブロガーの素顔

Mac Fan 2013年8月号が明日、29日発売。WWDC特集です。Mac Proの記事もあり、その扉写真はなんとMacお宝鑑定団の名前が・・・。

Macfan_2013_08_01

さて、そのMacFan8月号で、久しぶりにMac雑誌に書いています。

Macfan_2013_08_02

ひとつは、ソフトウエアレビューページで「Perfect Portrait」。
安価なアプリながらポートレート写真の加工に特化したユニークなソフトウエア。

Macfan_2013_08_03

モデル協力その1は、モノフェローズ仲間のSさん「の娘さん」。
お母さんとも仲良しで羨ましい。

Macfan_2013_08_04

モデル協力その2は、斎賀ゼミ新3年の女優2人組
このふたりが出るとmono-logueのアクセス数が増える人気者(?)

Macfan_2013_08_05

そして、巻末近くの「Macなブロガーの素顔」でこのmono-logueが紹介されています(笑)

よろしければ是非。

Perfect Portrait - onOne Software

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月27日 (木)

EOS M ファームウエア 2.0.2 ユーザーはアップデート必須

キヤノンからEOS Mファームウエア Ver.2.0.2がリリース。
EOS M ファームウエア Version 2.0.2 [Mac OS X]
内容は以前書いたように、AF高速化。

EOS M Bayblue_03

EOS M登場時、さんざん言われたトロいオートフォーカスがファームアップだけで速くなるものなのか、俄には信じがたかったけど、それでもさっそくアップデート。

アップデート自体は他のEOSのファームアップと変わらない手順。
忘れがちだけど

EOS_M firmUP_01

アップデート後、カメラの電源を切り、必ず2秒以上電池を取り外せ(意訳)
と書いてある。

で、効果の程はといえば・・・

EOS_M firmUP_02

体感できるAF速度の向上。
どうして、さいしょから(ry

まあ、言うまい。これでEOS Mのネガがひとつ消えた。素晴らしい。

EOS M、ダブルレンズキットmAmazonで5万円切まで数百円。
これはお得だと思うなあ。

--ads--

Canon デジタル一眼カメラ EOS M(ブラック) ダブルレンズキット EOSMBK-WLK

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月26日 (水)

ヤマト2199 サウンドトラック 2

ヤマト2199 第6章(ネタバレ最小限の感想)先行上映も今週金曜日まで。
オリジナルへのオマージュたっぷりに、それでいて現在の映画感に耐えるドラマ作りとクオリティは劇場で観る価値ありです。

Yamato2199_soundtruck_01

で、その最中、サウンドトラック第2集、が届く。
いやいや、はじめてヤマトのサントラ(?)買ったのは、もう35年前の話、交響組曲 宇宙戦艦ヤマト、もちろん、LPレコードね。いまはCDで買い直してiTunesに入ってる。
その流れを組む曲が新しく買えるのだから感無量だ(笑)
やはりヤマトのドラマを盛り上げるのは、あの音楽、だよね。必聴です。
にしてもサントラ、まさか3集まで続くとは思わなかったぜ。

Yamato2199_soundtruck_02

最終章は8月24日劇場公開。
その章タイトルは「そして艦は行く」
これ、ぜったいフェリーニの「そして船は行く」にかけてるよね?物語もかかるのだろうか?(かかってもおかしくないと言えばそんな気もしてきた)

このタイトルのみならず、今回のヤマト2199、様々なところで意図的なイメージ連鎖が見られる。
作中で幾たびも引用される中原中也(さすがに、ゆあーん ゆよーんとは言わない)などは、最終章で意味を持つのだろうか?

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

4K Thunderbolt ディスプレイぜひ

Macお宝鑑定団ブログ 「MacTrast:Mac Pro 2013発売時に新しいApple Thunderbolt Displayも発売の可能性あり?

MacTrastの引用として「Mac Pro 2013発売に合わせて、新しいApple Thunderbolt Displayが発表されるのかもしれないと予測」としつつも、「Retinaディスプレイ仕様についても予測されていますが、もし4K仕様だとしたら、Mac Pro 2013を除き、デュアルThunderboltポートを持ったMacが無いため、ちょっと考え難い気がしています。」と否定的に結んでいる。

うーん、お宝鑑定団の読みや考察は7〜8割方当たっている歴史があるので、「ちょっと考え難い」と言われると当たりそうでイヤ(笑)

AppleDisplay

たしかにそうなんだけど、年末までにiMacがマイナーチェンジで対応したり、MacBook Pro Retinaだって・・・と希望的憶測も含め、DANBOさんの予想が外れることを強く期待。
だってディスプレイから手を引いたらデスクトップ上でユーザーの視覚的IOデバイスからアップル製品がなくなるんだよ〜
これまでアップルは、ユーザーと直接繋がる部分はすべて自社プロダクツで構成(できるように)してきた、と思っているので、今回もやってくれると期待。

いや、根拠は期待値のみなんですが。
年内のMac Proを含め、物入りだなあ・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月25日 (火)

スバル XV ハイブリッド発売

スバルからXVハイブリッド、正式発表、発売。
ベースのXV発表が2012年の9月(発売は10月)だから1年たたずにXVに新しいラインができたことになる。

Safari007

っていうか、XVって、もともとはインプレッサXVって言われてたように、インプレッサスポーツをベースにしてるのに、気がつけば独立車種。
インプレッサシャーシのハイブリッド化は難しかったのか、XVベースになって、内部的にはいろいろ専用部品があるらしいが、ルックスはXVとほぼ同じ。
あ、でも、アルミホイールはXVよりコンサバティブなデザインになった。

ガソリンタイプのXVより燃費が3割向上し(インプレッサ比較だと1割強だけど)ただけとも言えるけど、価格アップは30万。普通に乗れば(バッテリー劣化等を計算に入れなければ)耐用年数で元が取れる計算か。これはありだよなあ。
いま、XV考えていたら、ハイブリッドにするかも。

WEBの写真ではいまひとつ魅力が伝わらないが、XVもXVハイブリッドも、デザートカーキ色が素晴らしい。
XVのグラマラスなボディと相まって、とても好き。

impreza_6

そうなんだよね、ワタシ、F-14好きなのと同様、クルマもシャープなデザインより、肉感のあるグラマラスなボディが好きみたい(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月24日 (月)

キヤノンのCameraWindow

デジカメで撮った写真をMacに取り込むときには、ApertureもLightroomも使わずに、EOSに同梱されているキヤノンのCameraWindow(とImageBrowserEX)を使っている。
ApertureやLightroomを使わないのは、ライブラリー管理を特定のアプリに委ねたくないからで、撮った写真はすべて撮影日の名前のフォルダに分類している。

で、キヤノンのCameraWindowを使う訳は、このアプリ、Macに取り込む際に撮影日付別のフォルダを作って、そこに整理する機能を持っているから。

Memorycardutility003

この機能ゆえに重宝するワタシの必須アプリのひとつなのだが、いまも直らない悪癖がある。

キヤノン以外のRAWファイルを、しれっと無視するのだ。

ちょうど先日からうちに滞在しているCarl Zeiss Touit 32mm F1.8 はSONYのNEX-6に付けているが、このときの写真をふつうにCameraWindowで取り込んで、ブログ書いて、SDカードをNEX-6に戻して初期化・・・しようとして、寸前で気づく。

Memorycardutility002

JPEGしか取り込まれていない(^_^;

いや、いいんですよ、自社のカメラのRAWしか対応しないのは。

でも、せめて「◎○枚中、△△枚認識できないファイルがあります」とか「取り込めなかったファイルがあります」とか、警告してくれてもいいじゃん・・と。
(Final Cut Pro は警告しますよね)

そのうち、アップデート時に直っている(機能強化されている)といいなあ>誰となく

--ads--
ちょ・・75%オフって、これ、新型出たんだっけ?

シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO キヤノン用
シグマ (2005-05-30)
売り上げランキング: 7,461

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年6月23日 (日)

ツアイス Touit 1.8/32 で濡れた金属を撮る

昼間は晴れたのに、夕方になって雨。スーパームーンを待って望遠レンズと三脚を用意していた知人連中のがっかりした顔が思う浮かぶ。
という訳で(どういう訳?)、先日届いたCarl Zeiss Touit 32mm F1.8をNEX-6につけて玄関先へ。
雨に濡れるインプレッサを撮ってみた。(写真はすべてクリックでオリジナルにリンクします)

F18

F1.8、1/60 秒、ISO400

17499-282-292826

F18B

上記F1.8、1/60 秒、ISO400の部分きりだし

F28&4

F2.8、1/60 秒、ISO640 および F4、1/60 秒、ISO1600
(Flickrに単独のオリジナル写真、あります)

F56

F5.6、1/50 秒、ISO3200

F56_2

上記F5.6、1/50 秒、ISO3200、の部分きりだし

F8&16

F8、1/25 秒、ISO3200 および F16、1/6 秒、ISO3200
(Flickrに単独のオリジナル写真、あります)

この辺になると、微妙な手振れが情けない・・・

濡れた金属って好きなんです。いや、濡れて無くても金属のカタマリって好きなんですが。

17499-282-292826

--ads--
リンクの「フェティシズム論の系譜と展望」の紹介文、「モノが誘い、愛を語りはじめる。人とモノと身体との妖しくも豊潤な関係を問い直す。」にものすごくそそられるのだけど、けっこう高価い本でちょっと勇気が要る。うーん、どこかで試し読みできるかな・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

艦内写真

好きな写真 ー だるま通信

を読んでいろいろ考えた。とっても丁寧に考察された写真感の話なので、一読をお勧め。
うまい写真、いい写真、すきな写真、は似て非なるもので、プロだろうがアマチュアだろうが、プロなみの自負を持つアマチュアだろうが、そこに自覚的なのは大事なことだと思う。

とはいえ、写真に限らずあらゆる創作物には時代の流行り、みたいなものがあって、ここ数年はHDR系の写真が支持されてるってことだと思う。
キライじゃないけど、HDRってソースの味の濃いフランス料理みたいなもので、美味しいんだけど毎日食べたい料理じゃない(いや、毎日食べたい、ってひともOKと思いますが)、インパクトが強くて目立つけど、イタメシも和食もギリシャ料理も中華も鰻も好きなので、味わう方としてはいろいろ楽しみたい。ええ、受容者は一途である必要なんてないんですよ。

一方で表現者としては多彩な能力があだになることもあって、フレンチも中華も和もエスニックもイタリアンもオールマイティって、器用貧乏になっちゃう可能性も有って難しいところだなあ、などど。
いや、結局、自分の好きなものを好きなように精進するしかないってことで。

・好きなものを
例えばワタシ、風景は苦手です。花を撮るのも下手です。先日、温室に行って、鉄骨とかガラスとか、しか、いい写真はなかったです(笑)
・好きなように
これは語弊があるかもですが、技術的なものを蔑ろにしてという意味ではなく、教科書的な及第点や、他者(特に自分より上と思ってる人)の評価を過剰に気にするとよくないって意味で、技術的、あるいは手法的研鑽は大事だと思ってます。
・精進する
趣味なら本気で。というのはけっこういい言葉だと思ってます。遊びなら気楽にやりましょうよ。好きなように。でも、趣味、っていうなら真摯に、かなあ、と。
ただ、写真を写真道、と捉える考え方は苦手です。精神性は自分の中に。他者に強いるものではありません。

ああ、なんか、らしくないこと書いてしまいました。あるじぇ先生がいけないのです。
写真がすくないと言われたので、久しぶりにあげておきましょう。
いや、写真は撮ってるんですよ。でも、mono-logueってワタシの表現を見せる場でもなければ、それを望まれてもいない(笑)と思うので、作例に絡められないとなかなか出せないという小心者です。

以下、EOS M / EF-M 18-55mm f3.5-5.6 IS STM
すべて手持ち

機関室_10

機関室_11

機関室_12

写真多いのもなんなので、興味のある方は続きを読むから
(個別記事リンクだと全部表示されます、すみません)

続きを読む "艦内写真"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月22日 (土)

iPhone用真空管アンプとケース:革と金属

オーディオ機器は好きだけど、趣味の対象からは脱落している(だって奥が深い上に高価いんだもん)。そんなワタシが、iPhone用真空管アンプと、その専用ケースを試す機会を頂いたのが1ヶ月前
約1ヶ月、様々な形で使った印象を書いておく。

ELEKIT x abrasus_12

ELEKIT 真空管ハイブリッドポータブルヘッドホンアンプ(TU-HP01) は乾電池で駆動するポータブルヘッドホンアンプでけっしてiPhone専用ではない。
だが、SUPER CLASSICのTU-HP01用革ケースは、TU-HP01とiPhoneを一体化し、事実上iPhone専用ポータブルアンプにしてしまう。

このエントリーは
・TU-HP01のヘッドホンアンプとしての印象パートと
・abrasusの革ケースの印象パート に別れる。

ELEKIT x abrasus_01

TU-HP01は前述したとおり乾電池駆動のポータブルヘッドホンアンプ。同様の製品を使ったことがないので比較はできないが、電池なしで125gと小型軽量だが、電源として単四電池を4本必要とするので、約50gプラス。
金属ボディと赤いフロントパネルのコントラストが美しい。

ELEKIT x abrasus_02

電源ボタンを兼ねたボリュームを回すとランプが点灯する。

ELEKIT x abrasus_03

SUPER CLASSICのTU-HP01用革ケースはぴったりと遊びなく装着されるボディコンシャスな革。

ELEKIT x abrasus_04

TU-HP01はiPhoneのイヤホンアウトを入力し、ヘッドホンアウトから出力するアナログ接続。エフェクターの一種ともいえる?
音質評価云々はワタシの手に余るが、プラシーボ効果が無かったとしてレビューすれば、音のエッジが丸いというか、繋がりが心地良くなる印象。
新幹線の出張時など、長時間聴いていても疲れにくい。そういう意味では解像度よりバランス指向。

オペアンプにJRC「MUSES8820」とBurr Brown「OPA2604」が同梱。比較的簡単にオペアンプを換装できる。
試してみたら、ホントに音の印象って変わるんだなあ、と実感。条件揃えるために、この1ヶ月はiPhone 5付属のイヤホンのみ使用してきたが、違うイヤホンでも試してみよう。

ELEKIT x abrasus_05

聴いているときはいいけど、収納時に困るのがケーブル。

ELEKIT x abrasus_06

でも、abrasusの革ケースにはボタン留めのフラップが付いていて、スマートにコードを束ねることができるのも特徴。

ELEKIT x abrasus_07

そしてabrasusの革ケースの背面にはiPhone用スリットがあり、iPhoneとアンプを一体化して運用できる。

ELEKIT x abrasus_08

とれるカメラバッグのサイドポケットに入れるとこんな感じ。
これもいいけど、

ELEKIT x abrasus_09

ワタシはとれるカメラバッグにリングを拡張しているので、abrasusの革ケースにあるD環を通してぶら下げると、イイ感じ。

ELEKIT x abrasus_10

テーブルがあるときは、iPhoneを立てかける形で運用できるのもこのケースの特徴で、ポータブルアンプの持ち味を活かそうとする工夫に満ちている。

ELEKIT x abrasus_11

のだけど、付属のコードが短いので、アンプをテーブルに置いたまま、iPhoneでメールチェック等は難しい。
ので長めのケーブルもカバンに入れている(この項、続く)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レ・ミゼラブル Blu-rayコレクターズBOX 5枚組

例によってAmazonから過剰サイズのダンボールに入ったブルーレイが届く。

Les_miserables_01

レ・ミゼラブル Les Miserables ブルーレイ コレクターズボックス
 映画自体の感想は正月に書きました

・本編Blu-ray ・本編DVD ・デジタルコピー(Mac、iPhone、iPad等対応)
・サウンドトラック(デラックスエディション2枚組) 
の5枚のディスクに

Les_miserables_02

・フォトブック ・フォトブックの対訳小冊子
・コレクターズカード
が入ったBOXセット。

今回、レ・ミゼラブルのDVD/BDは、2,400円のDVDから、グッズ付き23,100円まで5種類。
以前書いたエントリー参照
本編だけ楽しむならBD版でイイと思うが、映画版のサントラも欲しかったのでコレクターズボックスを。

Les_miserables_03

デジタルコピーはディスクをMac(PC)にマウントし、iTunesにコピーする。その際にBOXに封入されたコードが要る仕組み。
いろんな問題の折衷案としてはスマートでいいんじゃないかな、と思うけど、最近のMacはDVDドライブ、ついてないからねえ。ちょっと困るユーザーもいるかも。
うちのゼミ生でドライブがないからデジタルコピーを使えないひとは、連絡くれればドライブ貸します。

Les_miserables_04

2時間40分もの映画をiPhoneで見るか、といえば見ないけれど(笑)、サントラ聴いていて、そのシーンが見たくなったときなんか、イイと思う。
そういう意味では、サントラ再生中にそのシーンを呼び出してジャンプできるような機能が実装されたらデジタルコピーの意味合いも変わってくると思う。
現状はシーンのチャプターすらないもんな・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヤマト2199 第6章 と 三段空母

「どうして波動エンジンではなく、コスモリバース(オリジナルではコスモクリーナー)を直接持ってきてはくれなかったのだ?」
と、それは言わない約束では、と思ってたセリフを登場人物に喋らせるところから始まる衝撃の(?)宇宙戦艦ヤマト2199 第6章は、オリジナル通りに七色星団の戦い。

以下、ストーリー上のネタバレは極力避けて、主に七色星団の艦隊戦のみを語るものの、当然、分かってしまうので知りたくない方はそっとMac(いや、Winのひとも)、iPhoneを閉じて欲しい(笑)
いや、ただの与太話ですが。

yamato_01

七色星団の戦いと言えば三段空母。オリジナルヤマトでもガミラス巡洋艦と並んで屈指のデザインと思う。(写真はオリジナルヤマト版の第三空母)
もちろん、この七色星団の戦い自体、ミッドウエー海戦で空母4隻を一気に失った故事が下敷きになっているのは間違いなく、その旗艦、赤城が三段空母だった時代がある(ミッドウエー海戦時は近代化改修後なので1枚飛行甲板なんだけど)ことから、三段空母なんだと思うが、由来はともかく、個人的にヤマトシリーズ屈指の艦船だと思ってる。

で、三段空母、として有名なこの空母、飛行甲板は4層なんだよね(笑)
実は今回、初めて気がついて恥ずかしい。オリジナルからそうだったんですね。

Yamato2199

そのせい(?)か、オリジナルヤマトでは三段空母と呼ばれていたこの空母、2199ではガイペロン級多層式航宙母艦とされ、しかも七色星団で登場する3隻は色だけでなく、建造年式が異なるせいで細部が違うという。(最も古い第3空母であるシュデルグはアングルトデッキを持たないとか、新しいバルグレイは甲板の先が山形とか)

デザインだけでなく描写演出もよいのが今作2199の特徴で、空母艦橋のレーダーがくるくる回転している様や、被弾した第二空母ランベアがかしいだとき艦上の急降下爆撃機スヌーカが甲板を滑り落ちる描写はデジタル作画時代ならではと思う。

オリジナルでもガミラス艦載機の発艦シーンで機体が少し沈んでから浮かんでいく描写があったが、今作ではさらに徹底して?踏襲され、戦闘機、攻撃機は素直にカタパルト射出→上昇し、重そうな雷撃機、爆撃機は一度、沈んでから上昇していく。
もちろん、そんな必要が無いのは誰もが知っているが、遙かに手間と技術の要るそういう描写をするのがヤマトというアニメなのだと思う。

で三段空母は最下層の飛行甲板が艦首から艦尾まで通貫した構造にリデザインされ、いかにも弱そう。中盤で第一空母バルグレイが僅か2機のヤマト側艦載機によって沈んでいるのも宜なるかな。
まあ、ガンダム1機に12機のリック・ドムと2隻のムサイ、1隻のチベが沈められたこともあるし、そうでなくても対艦ミサイルを4発も直撃受ければ空母も沈むか、なのだが。

yamato_02

だから艦載機離艦後の空母は後方に待避するのが常道なのを、わざわざ手負いのヤマトの前に現れて艦隊戦に持ち込むのがそもそもの作戦ミスなのだけど、それはドメル自ら過ちを認めてるので仕方ない(笑)
そして、本来なら護衛の艦艇で守られるべき空母が裸で戦場にでた理由もちゃんと説明されてるのも今作の特徴。
見るまでは、空母だけの機動艦隊運用とか、ドリルミサイルの逆進で艦隊壊滅とか、そういう話はやらないだろうと思っていたが、そんなワタシの浅い発想とは逆に、オリジナルに忠実に、でも、それに対する説得力をもって、オリジナルを踏襲する演出が貫かれていた。
さすがだ。

そして基本展開はオリジナルと同じながら、「苦い」戦いになっているのが注目だと思う。
「逃がすかよ」といいながら山本が撃墜するのはドリルミサイルを発射して帰投中の爆撃機(実際は民間機を転用した輸送機)だし、乗っているのは年老いた兵隊だけだったり、森雪を拉致されて逆上(?)した古代が次々撃ち落とす雷撃機は、ほとんど魚雷発射後のカラの機体だ。つまり事実上、ヤマトを守る役に立っていない。この苦い戦闘シーンの演出は最終章の伏線になっているのだろう。

そうそう、七色星団の戦いの中で脱出?した伊東、藪はこれから絡むのかと思ったら、21話で退場してしまうのだが、そのなかでシーガルが大破、不時着する。
シーガルってヤマトには2機しか積まれておらず、1機は4話で破壊されているので、結果、3人以上を空輸できる機体はなくなったはずだけど、大丈夫なのかな・・・

以上、長文の閑話休題でした。
劇場でみて、損はないです、ええ、ぜったい。

-ads-

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EOS M のAF速度アップデートは6月27日公開

以前書いたEOS MのAF高速化ファームアップの公開日が発表されたみたい。

6月27日(木)13時 (キヤノン ニュースサイト

キヤノンのファームアップ公開、いつも午後1時に思うんだけど気のせいかな。

C1A_7368

EOS M、けっこう辛辣に評されることの多いカメラだけど、そのひとつがこのAFの遅さ。
これが改善されれば印象もずいぶん違うと思う。
(とはいえ、ほかに手を入れて欲しい部分もかなりあるんだけどさ)

んでも、いまは、ファームアップを楽しみにして待とう。
それまでは、EOS-1D Cも(ファームアップおよび不具合対策で)ドック入りしてるし、NEX-6とツアイスを集中的に使ってみようか。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月21日 (金)

Carl Zeiss Touit 32mm F1.8がやってきた

写真はレンズだよね、って言うのは正しいと思う。昔に較べて、レンズとボディの情報やりとりが増え、AF速度、精度はもちろん、収差補正までボディと連携で行うようになって単に光学レンズの性能だけでは語れない時代になってるけれど、それでもレンズで写真が変わるのは間違いない。

だけど、保有マウントすべてにレンズを奢ってるとそれは光学の問題ではなく高額の問題になってしまうので、サブシステムはキットレンズがせいぜい・・・せいぜい・・・

Touit_01

あれ?

17499-282-292806

Touit_02

Carl Zeiss / Touit Planar T* 32mm F1.8

そう、クマデジタルさんが買い、b's mono-logさんがみんぽすから借りている、あのツアイスの(35mm換算で)標準焦点距離レンズ。
奇しくも、レンズ鏡筒同様に胴体が太い3人が同じレンズを持つなんて、黒い三連星(T*(Tスター)だけに)を彷彿とさせて、だれが踏み台にされるのか揉めそうです。

んでも、Eマウントは、ワタシ、初代のNEX-5しか持ってないよ・・・と嘆いたら

Touit_03

「だから5Rを買えと言ったのだ」という罵声と共に(嘘です)、NEX-6が別の部隊から貸し出されました。持つべきものは戦友です(でも踏み台にされるのですが・・)

という訳で到着報告と、今後、いろいろ撮ってみます予告でした。

17499-282-292806

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月20日 (木)

ビデオSALON 7月号は買い☆

今日はビデオSALON 7月号の発売日。今月号はいろいろな意味で買い、です。

Videosalon_7_01

本誌と、初夏の恒例付録となった感のある映像制作機器ガイド。
そして、本誌の表紙は写真撮影したものでも、CGでもなく、RED SCARLETで撮影された5K動画から切り出されたもの。(本誌の中に解説記事あり)
まあ、現状は素直にスチルで撮った方が効率よさそうだけど(笑)時代はまたひとつ、新しい段階を迎えようとしているなあ、と感じる。

Videosalon_7_02

特集 ビデオ撮影のトラブル解説は、誰でも一度は聞くけど、よく分かってないことも多い「ブロックノイズ」「小絞りボケ」「フラッシュバンド」等々の解説と対策について、
これ、けっこう大変な原稿だったんじゃないかな・・
こういう特集をライターじゃなく編集部が実験して書くあたりがビデオSALONの特徴というか伝統に思う。

Videosalon_7_03

編集部にお世話になっているゼミ生Oもモデルとして登場。
今回の作例ビデオ、いいね。
Oは他のページにも出てて・・・

Videosalon_7_04

ウエアブルカメラ特集(これもかなり面白かった)の写真が秀逸!
あー、ウエアブルカメラファッションショー写真とか面白そうだなー(笑)

(ちょうどクマデジさんもブログアップしてた)EOS 5D Mark IIIファームアップ記念?4P特集「キヤノンEOS 5D Mark III ムービー機能の進化を診る」はワタシが書かせて貰っています。

Videosalon_7_05

ムービー派にはやはりHDMIスルーがポイント(まあ、スチル派は別の意味でスルーかも知れませんが)。
クロマキー前で踊っているのは、そろそろゼミに馴染んできた斎賀ゼミ新3年生たち。
今回はFinal Cut Pro X標準のキーヤーで抜いたけど、次回はロバスキーでやってみたいもの。(と、高野光太郎先生も言ってました > 誰となくw)

さらに時を同じくして登場したビデオ向けピクチャースタイルにも言及。
印刷だといまひとつ分かりにくいかも、と感じたので、1カットだけオリジナルデータから転載。

Videosalon_7_06

彼女も、斎賀ゼミ新3年生。
ゼミ制作の合間をぬって、検証に協力してくれました。

Videosalon_7_07

付録の映像制作機器ガイドは、総合カタログ的ではあるものの、いまの機器を網羅して、いろいろ役立つ。
ハンドヘルドはキヤノンXA25の独擅場かなあ。本誌内でもカメラマンの岡氏が褒めていたし。
実はSONY Z-5Jのリプレイスカメラに悩んでいます。

このへんはおいおい、かな。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月19日 (水)

Keynoteテーマ:Quartet for Keynote

プレゼンソフトと言えばPowerPointが代表格であることは疑うべくもない(個人的には昔、Persuasion派だったけど、あれ、アルダスからAdobeに移って、PageMakerより先にフェードアウトしたんだよね、たしか。)けど、Macを使ってるならやはりKeynote。

で、今朝、MACお宝鑑定団ブログで
Graphic Node、Mac用Keynoteテーマ集「Quartet for Keynote」を170円(通常4200円)で特価販売中
というエントリーを発見、すかさず購入・・・したのだが、4.72GBのファイルサイズに遅刻するかと思った(笑)DANBOさん、ありがとう。

最初にまとめると

Quartet for Keynoteは、プラグインではなく、独立したアプリケーションで
・モーショングラフィックス風のテーマが充実している
・ただし、モーションテーマは解像度が最大1024 x 768 pixelで、フルHDサイズのテーマはない
・モーションバックグラウンドは拡大して使用可能
・アニメーション素材はFinal Cut Pro でも使える

Quartetforkeynote_01

よくあるKeynoteテーマ集は、本家のKeynoteのテーマに追加するものが多いが、Quartet for Keynoteはそのサイズゆえか、Keynoteと連動して使う独立したアプリになっている。
モーションテーマとスチルテーマはダブルクリックでKeynoteに新規プロジェクトとして展開され、アニメーションとモーションバッググラウンドは、ドラッグ&ドロップでkeynoteに貼り付けて使用する。

Quartetforkeynote_02

モーションテーマにはイイ感じのものもあり、これは素晴らしい、と思ったのだが、サイズが1024 x 768 ピクセル。
すなわちフルHDのサイズのテーマとしては使えない(え〜
この辺がバーゲンの由縁・・?
もちろん1024 x 768 のテーマでもフルスクリーン再生は可能なのだが、フルHDのムービー貼るとき、リサイズしなきゃいけないのでイヤなんだよね・・・。

Quartetforkeynote_03

動く背景であるモーションバックグラウンドも同様に1024 x 768 ピクセルサイズ

Quartetforkeynote_04

まあ、これは拡大して使えば、多少画が眠くなるのを除けばOK

Quartetforkeynote_05

アニメーションパーツは、そのままドラッグ&ドロップしてFinal Cut Pro でも使える。

Quartetforkeynote_06

使えるのだが、こういうバタ臭いアニメーション、どう使えと・・・(笑)

このブログを書いている6月19日夜現在、Quartet for Keynoteはまだバーゲン中で、Keynote使いなら持っていて損しないので購入お薦めだが、くれぐれも価格チェックに気をつけて買われたし。
いつまた4000円オーバーに戻るかも知れないので

--ads--

Quartet for Keynote - Graphic Node

Keynote - Apple

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Googleストリートビューがキャンパスにやってきた

Google マップのストリートビューが単に町だけでなく、施設も見せる(魅せる)のはもはや驚くようなことではない。
驚くようなことではないけれど、それでも、自分の(勤務先である)大学がストリートビューで表示されると、やっぱり新鮮な驚きがある。

Googlemap

駿河台大学ストリートビュー
これ、現役生より、OB,OGにとって懐かしいかもしれないなあ。

という訳で、学生達とほぼ100%キャンパスで撮影した懐かしのメイキングを再掲載。

わたしと彼女 MakingMovie from SAIKA on Vimeo.

この主要なキャスト、スタッフはこの春、卒業していった。
そしてこのとき、セカンド等のスタッフだった後輩達が、いま、メインで活躍している。
大学って、そういうところで、だから難しく、だから面白い。

ちなみにうちの大学のキャンパスは、いま、首都圏で探すのは逆に難しい「大学キャンパスというイメージ」そのままの緑豊かでクラシカルな建築意匠をもつ場所。
四季折々の美しさもあるけれど、今の時期、雨が降らなければ、最高のフォトジェニックな佇まいを見せます。

--ads--

グーグルマップ Googleマップ 完全活用術 仕事の効率を上げる無料地図サービスの活用ワザ
深川岳志
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 119,197

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月18日 (火)

Photoshop CC 手振れ補正を試す

果たしてクリエイティブツールはサブスクリプションという月額課金に適するのか、Adobeの社運をかけた壮大な実験が始まった。
今日からAdobe Creative Cloud、これまでのCSに代わるCCの提供開始。

Photoshop003

すべてをサブスクリプションにしたAdobeの方針と、新しいバージョンであるCCへの評価は分けて行うべきだろうから、ここではインストールしたばかりのPhotoshop CC(Mac版)の新機能、手振れの抑制(機能名は、ぶれの軽減)を試してみる。

C1A_7913_org

EOS-1D C / EF24-70mm F4L IS f8.0 1/30秒 (画像クリックで原寸リンク)
いやはや、1/30秒でぶれてんのかい、って言われれば返す言葉もないが、一応、走るバスからだったという言い訳だけ書いておく(笑)

C1A_7913_after

上記の写真をPhotoshop CCの「ぶれの軽減」フィルターを適用したもの。
 (画像クリックで原寸リンク)
このくらいのサイズだと差が分かりにくい?

Photoshop001

100%拡大  (画像クリックで原寸リンク)

ブレの軽減、の恩恵は大きい。従来のシャープとは違って効果的。
ただし、万々歳かと言えば違って

Photoshop002

300%拡大  (画像クリックで原寸リンク)

ぶれが抑制されて解像感があがってる部分と、パラボラのエッジや細かなレーダーのエッジ等にディザが出ている。
この辺、どう追い込んでいけるか、今後、いろいろ試してみる。
ちなみにけっこうCPUパワーを要する処理だと感じた。

-ads-

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月17日 (月)

EOS M にDeff Indi 革ストラップをつける

EOS M のストラップを革のものに交換してみた。

EOS M_50

Indi Camera Neck Strap
iPhone用アルミバンパーで馴染みの深いDeff社が最近力を入れている革製品シリーズのひとつ

EOS M_42

EOS Mには専用のストラップがついてくる。普通(サイズの一眼)EOSのストラップをそのまま細身にしたようなキヤノンロゴ入りストラップは、けっこう可愛い、とも思えるけど、EOS M と似合うかと言えば違う。
キヤノンも分かってるようで、最初からネックストラップ、リストストラップをオプションで用意してる。

EOS M_43

EOS Mのストラップ金具はコイン(なければ爪でも)で簡単に脱着できる気の利いた構造。
気分や行く場所に合わせてストラップを遊んで欲しい、というキヤノンの願い(狙い)が素敵だ。
発想は素敵なのだけど、純正のネックストラップ、リストストラップがいまひとつ。
この金具構造のサードパーティ製ストラップは(2013年6月現在)でていない(と思う)。

Tcc

うーんとか、思っていたときに、Facebookの東京カメラ部が春の感謝祭(ってなに?)で、レザー&ハンドメイドなカメラケースとストラップのプレゼント企画をやっていたので応募。
忘れていたら・・・

EOS M_44

当たりました(笑)
Indi Camera Neck Strap
Deff と KIMOTOのコラボらしい(当時のプレスリリース)。

EOS M_45

このストラップも当然EOS M対応ではない。が、ストラップ先端にリングがついていたのでEOS Mの純正ストラップから金具を外し、付けてみたら大丈夫だった。

EOS M_46

変な方向に力が加わるとリングか金具が歪むかな?そこはちょっと心配だけど、まあ、いいか、

EOS M_47

そう、こういう佇まいにしたかったのよね

EOS M_48

手触り、質感、ともに良し。一直線に伸びた裁縫も気持ちいい。

EOS M_49

プレゼントの色は指定できなかったのでベージュが届いたが、EOS M BayBlueにはチョコが似合うかなあ(笑)
ベージュもアースカラー(って最近いいませんね)で統一って意味ではイイ感じ。

EOS M_41

という訳でワタシのEOS Mはいま、こんな感じです。

キヤノンも、金具だけ販売してくれないかなあ。そしたらいろんなストラップを用意して遊ぶのだけど。

Tcc2

プレゼントしてくれた東京カメラ部が、今月28日、29日の2日間、東京青山で東京カメラ部10選2012写真展を行うそうです。
お時間ある方はぜひ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月16日 (日)

Lightroom 5 インストール

忙しさにかまけて放置していたが、Adobe Creative CloudでLightroom 5がインストール可能になっていたのでiMacとMacBook Pro Retinaにインストール。

Lightroom001

アプリケーションが月額課金(サブスクリプション)というシステムに馴染むのか、だとして、オールインワン5000円、という考え方が正しいのか(ひとつ2200円という選択肢はあるものの)、クリエイティブソフトウエアの巨人の、壮大な実験が始まる。
・・・という閑話休題はともかく、さくっと数十秒でインストールできちゃう仕組みは便利。

Lightroom002

EOS-1D Cムービー(4K)から書き出し

以前書いたように、Lightroom 5はEOS-1D Cの4Kムービーを読み、静止画を描き出すことができるので、今後、使用頻度が上がりそうなアプリケーション。

最近、うちのPhotoshop CS6が不安定でよく落ちるので、削除して再インストールしたいけど、もうすぐCCだと思い、そのままにしている。
(面倒くさがりです、すみません)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

cheero ダンボー バッテリー は今夜販売再開>予約販売へ

iPhone界隈には、小さな企業の成功物語がいくつもある。もちろんそれは単にiPhoneブームに乗っかってってことではなく、経営者やスタッフの努力と熱意と発想力の賜物ではあるのをAUGM等を通して彼らと個人的にも仲良くなったワタシは知っているが。

そんなiPhone関係成功物語で最新のものが、iPhone(等の)モバイルバッテリーメーカーのcheero。
今年初めにはCheero Power Plus 2を大ヒットさせたのも記憶に新しい。

そんなcheeroの最新製品が、cheero Power Plus  DANBOARD Version

cheero_danboard_01

ダンボー x チーロのコラボレーション。
初回販売(1000個)が僅か2時間で完売したのは記憶に新しい。

今夜(2013年6月16日)夜10時から、販売再開。

初回完売から一時2万円近い高値で取り引きされていたダンボーバッテリーだが、これで正常に戻るか?

追記:2期販売分も8分で完売。メーカーによる予約販売に切り替わっています。
予約も一時停止状態ですが、転売業者には手を出さないのがいろんな意味で正しいと思います。

cheero_danboard_02

このcheero Power Plus ダンボーバージョンは、専用のパッケージに充電用ケーブルとキャリングポーチがついたもの。

cheero_danboard_03

麻のポーチが可愛い。これ、cheeroはノベルティにして出すべき。

cheero_danboard_04

cheero Power Plusという名で分かるように、このダンボーは最新のcheero Power Plus 2ではなく、旧型のcheero Power Plusの特装仕様。
いわばイーグルの時代にファントムの新仕様が出るようなもの(分かりにくい?)
LEDライトもないし、目も光らないし (残量チェックLEDの代わりに目が光ったら最高だったのに)

cheero_danboard_05

でも、意匠で一気にリバイバル可能というのを見せつけた製品でもある
(写真は背面)

cheero_danboard_06

取扱説明書だってダンボー

このチーロダンボー。こうして写真だけ撮って、そのまま再梱包し、ダンボー好きで知られるモデル(&DJ&フォトグラファー?)の紗々さんに送ったのですが、ワタシより速くブログになってます(笑) > ダンボーバッテリー(艸д゚*)ぐうかわ♡

cheero_danboard_07

販売再開は今夜22時。
販売価格は3,750円(送料込)。それ以上の価格が付いている場合は転売業者によるものなので注意。(ただ、希望小売価格は6,980円なのでぼったくり業者とはいえないのが難しいところですが)

追記:2期販売分も8分で完売。メーカーによる予約販売に切り替わっています。
予約も一時停止状態ですが、転売業者には手を出さないのがいろんな意味で正しいと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DataTale SMART 4-Bay RAID Thunderbolt

ようやく Data Watch Technologies DataTale SMART 4-Bay RAID System Thunderbolt (RS-M4T/C)の出荷が始まった。
ワタシが初めて同機をテストしたのが去年の7月だから約1年前。かなり時間がかかったのだが、当時話の出ていた他社の製品はいまだ製品化されていないところをみると、インテル、アップルの認証が相当シビアなのだと思う。

当時、AUGM鹿児島(Apple User Group Meeting 鹿児島)で同機をレビューしたご縁で初回ロットを送っていただいたので、1年ぶりに同機を試してみた。

DataTale_01

最初に全体をまとめておくと

・DataTale RAID Thunderboltは、ケースとしての販売。(HDDセットは現状なし)
・ハードウエアRAIDケース。(RAID 0,1,10,JBOD対応)
・ブラウザ経由で設定を行うGUIを持つ
・組み込むHDDによって相当性能差ありそう(ので現実的な高性能を考えてみた)
・7200rpm4TBのDESKSTARを4発組み込んだところ、600MB/s以上の速度がでる(RAID0)

以下、順に書いていく。

DataTale_02

パッケージ。

DataTale_03

薄地の布キャリングバッグに梱包されているが、持ち運び用ではないと思う。

DataTale_04

DataTale RAID Thunderboltはトレイでベアドライブを組み込むのではなく、ハンドルユニットを使って固定する。
(初期状態)

DataTale_05

背面。ちょっと分かりにくいが(すみません)、底面と上部に吸排気のための開口部がある。

DataTale_06

上面から。これも分かりにくいが(すみません)、底部にファンが2基。
底部からファンで吸気し、上方に送り、背面上部から排気する冷却システムは、黒いMac Proと同じ考え方。まあ、こっちは四角いのですが。まだ、全開運転していないせいか、ファンの音は非常に静か。
基板は背面側に立っていて、そのまま背面のポートに繋がっているのが分かる。

続きを読む " DataTale SMART 4-Bay RAID Thunderbolt"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月15日 (土)

コマフォト 7月号でPhotoshop CC

コマーシャルフォト 2013年7月号が届く。

Comaphoto_7_01

表紙は佐々木俊氏(HMはRYUJI氏)
この表紙から想起されるように、特集は「ビューティ・フォト最前線」

Comaphoto_7_02

写真:八木規仁氏
ファッションフォトと似て非なる系譜にあるビューティフォトは(ワタシにとって)未知の世界なので興味深く読んだ。

そして大特集(?)がAdobe PhotoshopCC 進化の全貌

Comaphoto_7_03

全体の考察から、個別機能の検証まで、網羅的な特集記事。

ぶれ軽減機能の検証など、ワタシも自分なりに行っていたが、分かりやすく実例解説されている。

Comaphoto_7_04

現行CS6より拡大(アップサンプリング)時の処理が改善されたのがCCのウリのひとつだが、その操作ポイント等も紹介。
ディティール保持に効果が高いみたい。

他にも新しいCameraRAWはじめ、新機能の解説があるので、CCを迷ってるひとは読んでみて損がないと思う。

Comaphoto_7_05

そのなかに「Photoshop CC + MacBook Pro Retinaでレタッチ環境を構築した場合のメリット」という1ページがあり、MBPレティナ推し。
内容には微妙に?を感じる記述もあるが、確かにRetinaディスプレイ環境下でのフォトレタッチにはアドバンテージも大きいと思う。

Comaphoto_7_06

そして新ファームで遂にHDMIスルー出力が実装されたEOS 5D Mark IIIの検証記事。
これについては、似た内容の検証を、もう一段ローエンド方向で行った記事を来週発売のビデオSALON 7月号で書かせていただいているので、よければそちらもお読みいただきたい(^.^)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

KLYP for iPhone 5

一昨日、発売が開始されたマンフロットのiPhone用ケース、KLYP for iPhone 5がたまたま店頭にあったのでつい買った。
いや、本当はCP+2013の会場で見て以来、ずっと待ってたんですよ。

iPhone用のManfrotto KLYP for iPhone 4/4S はすでに発売されていたが、iPhone 5用は予定より大きく遅れた。

KLYP_01

中央のアップルマーク部分の切り欠きが好きじゃないけど、それ以外は質感、色味、意匠、とも満足。
iPhone 4S用は、LEDライトセットが中型小型と2種類あったけど、iPhone 5用は、中型LEDライトセットと、ケース本体のみの2パターンのみ。

LEDライト点いてこそのKLYPって気もしてたので、LEDライトセットを予定してたのだけど、店頭にはなく、ケースのみモデルも在庫2個だったので、ケースのみで購入。
LEDライトはおいおい考えよう。

脚はポケット三脚か、テーブル三脚の流用で良いだろうし。

KLYP_02

使ってみた感想は後日。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月14日 (金)

新造形の超合金魂 ヤマト2199

今日から東京おもちゃショー2013(一般公開は明日明後日)。
そこに超合金魂 宇宙戦艦ヤマト2199が展示されてるらしい。
超合金魂シリーズでは3年前に超合金魂 GX-57 宇宙戦艦ヤマトが、翌年にはアンドロメダが発売されていて、わざわざ見に行ったけど、ちょっとぼてっとした造形と仕上げに買えなかった(高価いしね)

20130614140656

今回は「アニメーションで実際に使用された3Dモデリングデータに準拠して、完全新規造形」がウリ。

たしかに写真で見る限りかなり良さそうで期待が持てる。
・・・んだけど、3万円近い価格を思うと、実物の質感や仕上げが、その高価さに見合うか、だよなあ。
一応、情報を追いかけるつもり(笑)

ちなみに、劇場第6章が明日から公開。

予告篇 長尺版(120秒)

オリジナルの頃から、誰もが一度は疑問に思い、でも、それは言わないお約束・・と暗黙のルールになっていた問いを、なんと登場人物が喋っている(笑)

「どうして波動エンジンではなく、コスモリバース(オリジナルではコスモクリーナー)を直接持ってきてはくれなかったのだ?」

そう、イスカンダルにはもう生き残りがゼロに近かったとはいえ、波動エンジンというオーバーテクノロジーを技術供与し、その心臓部である波動コアを物理的に届けることができたのに、コスモリバースを技術開示しようとしないイスカンダルは、地球を試している(もてあそんでいる)と言われても仕方ない。
その理由も今作では明らかにされるのだろうか。

さらに、第6章冒頭8分が限定公開されている。

ヤマトがバラン星で超光速航行ネットワークを破壊したため、ガミラスの基幹艦隊が孤立し、ヤマトに追いつけない設定は素晴らしい。
映画版スタートレック(TMP)の1作目で、ボイジャーの進行速度が速すぎて迎撃に間に合うのが地球軌道上で改修工事中だったエンタープライスのみ、という設定を思わせるが、冒頭8分をみると、七色星団でヤマトを迎撃するドメル艦隊の空母群は、なんと「古い空母4隻のみ」で、乗員は年寄りと子供(?)ばかりというロートル艦隊というのも泣かせる。

オリジナルではドリルミサイルの逆進という子供心にも、え〜?な形で壊滅した艦隊だけど、予告篇を見る限り今作では後のない軍人同士の戦闘シーンを期待できる・・かな。

楽しみ

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月11日 (火)

CubeからTubeへ。新しいMac Pro

今回のWWDC2013ではMac Proは出ないと、ほぼ100%確信していた。
おそらくMacに詳しいひとは皆、そう判断していたと思う。Mac Proの心臓部はXeonだし、Xeonの次世代プロセッサXeon E5系は2013年Q4がロードマップ。さらにここまで引っ張ったからにはThunderboltも現行の1規格ではなくThunderbolt2規格になることが(期待も込めて)確実視されていたわけだから、そのロードマップも今年終盤。

Mac Proが登場する可能性は皆無に近かったはず・・・だが。

Macpro

どーんと発表。
半年も先の製品を発表するって、過去のアップルにはなかったスタイルだよね(言い訳)

まるっこくてコンパクトなハイエンドマシンといえば、青くてまるいSGI O2が思い起こされるし、円筒形の筐体はG4 CubeからXeon Tubeへの進化(?)を感じさせる。
んで、黒いデスクトップって、これまでMacにあったっけ?

雨韻さんにコメントで教えて頂き、テレビ一体型?Performa 5420を思い出しました。
まさに黒い歴史(いやいや・・・w)

(少なくともワタシの)想像を超えたデザイン(ルックス)に、ワタシの想像通り、Thunderboltを外部IOの核にして拡張性は内部に持たない、デザイン(仕様)。
ただ、保温ジャーみたいと言われるなら、ジャーみたいにくるっと回転したら、コネクタアクセス簡単なのになあ(笑)

楽しみ。楽しみ。
価格がどうなるかは怖いけれど、4K Thunderboltディスプレイ(?)とセットで導入するのはほぼ確定か。

そうそう、G-Technologyのストレージ製品の意匠は、Mac Proをモチーフにしているのは自明なことだけど、これからどうするんだろう?とG-Technologyアンバサダーなワタシは思ったり(笑)

--ads--

ideaco New TUBELOR ゴミ箱 ブラック
ideaco (イデアコ)
売り上げランキング: 5,579

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

2013年6月 7日 (金)

Adobe Camera RAWの方針転換

adobe Photoshop 日本公式ブログ 「RAW現像処理、Camera Raw の話

この発表は非常に重要なもので、かつ、少なくないユーザーに大きなメリットのある発表だと思う。
簡単にいえば、今後アドビが出すAdobe Camera RAWは、Photoshop CS6での動作を保証する、というもの。
それがなに?と思うひともいるだろうが、これまでAdobe Camera RAWの新規リリースは最新のPhotoshopでしか動かなかった。

20130607230059

すなわち、新しいカメラのRAW現像を(Photoshopで)行うためには、つねにPhotoshopを最新版にする必要があったのだが(EOS 5D Mark IIIのRAWはCS6でないと現像できないとか)、そういう最新カメラの RAW現像をバージョンアップの人質にする手法を止めたということ。
この方針転換は素晴らしい。最後のCSであるCS6のメンテナンス方針の一環とは言え、ユーザーのメリットは大きく、安心してCS6を使い続けることができる(はずだ)。
いや、まあ、わたしはCCに移行すると思いますが・・・・
すべてをサブスクリプションにしていく?アドビの方針には賛成しかねるところも多々あるが、少なくともこういうアプローチはちゃんと評価したいと思う。
-ads-

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月 6日 (木)

速く〜☆新ファームと新レンズ>EOS M

いや、タイトルは言葉遊びです。すみません。

少し前からうわさにはなっていたけれど、キヤノンから正式発表

EOS M 超広角ズーム とAF高速化ファームアップ

EF-M11-22mm F4-5.6IS STM って、35mm換算18〜35mmっていうと、けっこう強いパースがつくよね。

C1A_7370

写真はEOS-1D CにEF8-15mm  F4L Fisheyeつけて15mm域で撮ったもの。

定価(希望小売価格)5万円、実売は4万円強くらい?EFに較べるとリーズナブルに思えるのがいやだ(笑)
ただし、デジカメWatchの記事によれば
レンズキャップ「E-55」(600円)、レンズフード「EW-60E」(1,500円)は別売。
え?フードはともかく(他のEF-Mレンズも別売り)レンズキャップが別売りってどういうこと?

C1A_7374

そしてワンショットAF時に限るとは言え、公称 最大2.3倍の速度向上するAFファームアップ。
最初からこうなら、MはもっさりのM、とか言われずにすんだろうに、とは言うまい。
AFはEOS Mの大きなウイークポイントのひとつなので、素直に歓迎。
6月下旬か、速くぅ〜。

そして、もう、なんというか、本当にやっと、「EOS 5D Mark III・EF 24-70L IS Uレンズキット」発売。
この組み合わせって、コンサバすぎる組み合わせではあるけれど、マクロから標準(中望遠)までオールラウンダーEOS 5D Mark IIIを面目躍如たる組み合わせだと思う。
これに、85mmF1.8をリニューアルして組み合わせれば、ポートレートセットとして無敵じゃないかなあ。
そう、85mmF1.8とか50mmF1.4とか、そろそろ手を入れてもイイと思うんだ。

C1A_7373

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年6月 5日 (水)

書斎ライト 壊滅

朝起きて出勤前に書斎のiMacをスリープから起こし、メールチェックと返信等、いくつかの仕事をするのが基本パターン。
今朝も、同様に食後の珈琲(今日は紅茶)を手に、書斎に降りて部屋の電気を点け・・・
点かない・・・

蛍光灯が切れた、と思ったけど、2灯の蛍光灯が同時に切れるってあんまり無さそう。
予備の蛍光灯は買い置き無かったのでチェック不能。
と子供部屋の照明が同じタイプの蛍光管を使っているのを思い出し、外して取り替えてみる。
点かない。
(逆に書斎の蛍光管を子供部屋に付けたら点いた)

これは書斎ライトのインバーターがやられたか・・・
買い換えるのはいいけど、今夜どうする?書斎は天井照明のみでスタンドもない。
仕事は山積み。
ここで時間切れ。通勤(通学?)

職場へ向かう地下鉄、山手線のなかで、iPhoneからシーリングライトを探す。
書斎の天井は引掛シーリングだから、適合製品なら工事や加工ナシで交換可能のはず。

LEDシーリングライトって、安いんだね。
インバーター用の蛍光灯、3回も買い換えれば買える
1時間XX分以内に注文したら今日届く・・のなかから探し、Amazonより高かったけど、今日届くヨドバシで購入。

職場に着いたら発送通知のメールが来てた
<イマココ

--ads--

Panasonic LEDシーリングライト ~6畳 HH-LC463A
パナソニック (2012-09-01)
売り上げランキング: 271

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月 4日 (火)

そろそろクランクアップ

この後、続報を入れていなかったが、ゼミ3年生の撮影も大詰め。
両チームとも全カット数の7割方を撮り終え、クランクアップも見えてきた。
並行してMacへの取り込み、オフライン編集も進行中

5d3c5555

初めての作品制作だが、両チームとも2年生の段階から上級生の作品制作に参加し、鍛えられた(?)経験を持つ学生がいるため、想像以上によくやっているのが嬉しい。
(だからといって気を抜かないように)
先週、今週と忙しく、学生の撮影風景を写真に撮っていなかったら、学生が写真を送ってくれた(さすがだ)。

Asami

なんとロケ
(ちゃんと許可申請しています)

その熱意に応えて、今回のブログに掲載(笑)

クランクアップも間近だ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月 3日 (月)

コピックはアダルト商品・・?

上の子(中2)に買う約束をしていたコピックチャオ24色セットをAmazonで検索。

Mac版Safariでとあるブログ経由でAmazonへ入って検索。

Safari004

この 警告 アダルト商品 ってなに?(笑)

もちろん、TOO コピックチャオ B24 スカイは普通のコピックです

アマゾンは時々、商品名やキーワードが当たると、一般製品をアダルト扱いすることがあるらしいのは聞いていたけど、TOO コピックチャオ B24 スカイのどこにそんな要素が・・・

すみません、面白かったのでついエントリー

--ads--

コピックチャオ 24 で検索した結果(Amazon)

| | コメント (0)
|

2013年6月 2日 (日)

Belkin Thunderbolt Express Dock レビュー

現行Macのウイークポイントは高速I/OであるThunderboltに多くの役目を負わせすぎている点があると思う。
Macでは(Mac Proを除き)レガシーとなったFireWireのフォロー、MiniDisplayポート上位互換としてセカンダリディスプレイへの出力。(ノートでは)Ethernet(USB経由でも可能だがTB経由の方が高速)。

belkin Thunderbolt express Dock_01

これらの一極集中への解として期待されたBelkin Thunderbolt Express Dockが発売日前にヨドバシから届いてしまったので、ファーストレビュー。
なお、今日、AppleStoreで購入したMacお宝鑑定団ブログでもレビューが行われているので、あわせて読みたい、でお願いします。

belkin Thunderbolt express Dock_02

本体サイズは程よくコンパクト。厚みが抑えられているせいもあって、カバンに突っ込んでMacBook Proといっしょに気軽に持ち歩くことができそうに思う。
「本 体 は 」 ね。

belkin Thunderbolt express Dock_03

大きく重い、ACアダプターが付属、かつ、ACアダプターなしでは一切の機能が使えない。

ACアダプターは12V 6.0A。重量 514g(実測値:ACコード込み)
ちなみにiPad miniは308g(WiFiモデル)EOS Kiss X7がバッテリー込みで407g、ソニーハンディカムの中堅機 HDR-CX630Vが同梱バッテリー使用時で475gだ。

belkin Thunderbolt express Dock_04

写真下がThunderbolt Express DockのACアダプター。
写真上はG-Technology G-RAIDおよびG-DOCK evのACアダプター
ガンダムとサザビーくらいサイズが違う

belkin Thunderbolt express Dock_05

しかもコンセントは3芯タイプ。あのさあ・・・。

belkin Thunderbolt express Dock_06

底面にはデススターでX-ウイングが飛び抜けたような溝が切ってあり

belkin Thunderbolt express Dock_07

Thunderboltケーブル等をフロントに出すことができる。
(Macお宝鑑定団ブログではACコードを通していた、なるほど、こうして前後逆に設置したらすべてのポートをフロントにできるのか)

belkin Thunderbolt express Dock_08

ポートはすべて背面に並ぶ。プロトタイプではThunderboltポートのひとつはフロントだったし、eSATAポートも付いていた。この辺は残念。

belkin Thunderbolt express Dock_09

Thunderboltケーブルは付属しないので別途買う必要がある。住友電工の細いタイプのケーブルはまだ発売されていない。

belkin Thunderbolt express Dock_10

では、例のUSB3.0ポートから電源供給が行われない、もしくは(USB2.0規格の)500mAしか出力しない、という問題はじめ、初日の検証結果をレポートしておく。
なお、Macお宝鑑定団ブログではMacBook Proで検証し、mono-logueではiMac 27inchで検証していることを予め記載しておく。

・Apple USB SuperDriveはやはり電圧が足りずうんともすんとも言わない。
・iPad(初代)も充電できない
・逆に半ば諦めていたポータブルHDDの類は使用できた、ただし、問題が・・・。

belkin Thunderbolt express Dock_11

G-Technology 2TB G-DRIVE USB3.0(レビュー
動作自体は問題ないが、直接iMacと繋いだ時に較べ、10%ほど速度が低下する。
仕様表にある 3 USB 3.0 ports (data transfer at 2.5Gbps max) が原因?

belkin Thunderbolt express Dock_12

G-Technology G-DOCK ev (レビュー
G-DRIVE evはUSB3.0で直接Macと繋ぐことも出来るがバスパワー型のHUBでは給電能力が足りず起動しないのでベルキンでも半ば諦めていたが、なんとRAIDを組んだ2台のG-DRIVE evをベルキンに挿しても無事RAIIDとして起動、正常アクセスできた。

ただし、速度は大幅に低下。G-DOCK ev(RAIDモード)はThunderbolt Expre Dockで使ってはいけない。

belkin Thunderbolt express Dock_13

HGST Touro Mobile MX3 (レビュー
今回、USB接続したHDDで唯一のポータブルタイプだが、無事、バスパワーで起動。
さらに、速度低下もナシ。素晴らしい。
その意味では、このくらいの速度までのデバイスならデータ転送レート2.5Gbpsは悪影響が出ない?

Thunderboltの速度も念のため計測

belkin Thunderbolt express Dock_14

G-Technology G-RAID With Thunderbolt(レビュー

これ、単体でも300MB/sを超える優秀なドライブだが、(まだ書いてなかったけど)これを2機束ねてRAIDを組むと600MB/sを超える高速ストレージになる。
Thunderbolt Express Dock経由での速度低下、認められず。

belkin Thunderbolt express Dock_15

PROMISE Technology Pegasus R6 (レビュー
手の届くなかで最もハイエンドなRAIDシステム
Thunderbolt Express Dock経由での速度低下、認められず。

belkin Thunderbolt express Dock_16

Thunderbolt Express DockのFireWireポートの電源供給が心配だったが、G-DRIVE mini GEN4は問題なくバスパワーで起動
ただ、もうFireWireに速度は期待していないのでベンチマークはとっていない

belkin Thunderbolt express Dock_17

Thunderbolt Express Dockにはオーディオ出力もついている。
iMacのオーディオアウト(ヘッドホン端子)とは排他出力だった

USBの電源供給問題はApple USB SuperDriveを除き、おもったほど問題ではなかった。
問題なのは寧ろ速度低下の方で、これでは実質的にUSB3.0のアドバンテージが生かせない。

とりあえずファーストインプレッションまで。

--ads--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

百十の王はクマ・・・?

先日、知人が入院している病院へAさんやクマデジさんらと行ってきた。
面会用の個室に並ぶカメラ・・君たち、何しに来てる、というツッコミも虚しく(笑)、病状を気遣うでもなく、カメラや写真の話(このふたつは似て非なるものなんだなあと改めて思ったり)に花が咲く。

hima_01

シグマのメリルが2台。いや、両方とも同じ人のものですけどね。

hima_02

直線基調のデザインはそれはそれで好きなんだけど、私見ではこういう意匠は質感が伴わないとダメだと思うんだよね。

hima_03

NEX-6のポップアップストロボはカバンの中で不用意に開いたら間違いなく折れ曲がるね、って話で盛り上がったり。。。

Hima_04

カメラ機材にプラス10万円出すなら、それで写真撮りに行きたい、ってすごく真っ当な発言にぐうの音も出なかったり(笑)

Hima_05

なんでメリルが2台必要かを教えられたり。

Hima_06

プレート型の体重計に乗るクマデジタル氏(許可はとってあります)

Hima_07

服およびカバン込みとはいえ、110キロを超える数字にどよめきが起きる

百十のOh!は、クマだった・・・(言っておくけど本人のセリフです)

hima_08

なのに、その後、しゃぶしゃぶを食べに行き、さらに懐かしのアマンドで珈琲を飲んだのは内緒でも何でもありません。
また、会いましょうね。
Hさん、退院したら、好きなもの奢っちゃる。

なお、写真はすべて EOS M

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヤマト2199のEDが今日から変わるらしい

オリコンスタイルのニュース記事 
元気ロケッツの美人歌手・安田レイ、『ヤマト2199』ED曲でソロデビュー

申し訳ない、音楽シーンには疎いので、元気ロケッツは知ってても安田レイさんって知らない。いや、今回のポイントはそこじゃない。地上波オンエアのヤマト2199のエンディングが今日から変わると言うこと。

デビュー曲「Best of my Love」は、『宇宙戦艦ヤマト2199』4・5月のエンディング曲を歌った中島美嘉(作詞作曲:中島みゆき)のバトンを受け、6月2日から7月28日まで放送される。

オンエアは9月いっぱいかかるはず(話数計算)なので、3曲のエンディングになるということか・・・。
うーん、タイアップとか、ビジネスとか、様々な意味から、そういうことになるのは致し方ないんだけど、連続する大河ドラマ?が何度もテーマ曲を変えるのは作品の記憶としてはとてももったいないと思うんだよね。

1時間半や2時間の映画でも、メインテーマを様々に展開して使うのは作曲の労を惜しむからではない。あの音楽が流れるだけで、作品が想起され、感情が刺激される幸せな同期をつくるためだ。
蒲田行進曲が流れると、銀ちゃんって言いたくなるよね(ならない?(笑))、真っ赤なスカーフって、オリジナルヤマトの世界観を象徴したよね?
そういう意味でもったいないなあと思う。

ちなみに、いまのエンディング曲、愛詞(あいことば)は、曲も絵も好きなんだけど、中島美嘉さんの歌が苦手です(ファンの方、ごめんなさい)。
作詞作曲の中島みゆきさんのセルフカバーに期待。

この絵の、ゆっくりマルチで動く宇宙艦隊、いいよねえ。

さらにいうと、オープニングの合唱版ヤマトもキライ。ささきいさおが・・・とか懐古的にいうつもりはないけれど(そして、劇場版のささきいさおソロバージョン聴くと、声量の衰えは隠しようがないんだけど)、ヤマトの主題歌って、合唱ではないとおもうのだ。ウイーアーザワールドじゃないんだからさ・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年6月 1日 (土)

AfterNAB 2013 ありがとうございました

「The 1st After NAB Show Tokyo 2013」が終了しました。
富士ソフトビルの5F、たしかにそんなに大きな会場ではないけれど、ぎっしりと詰まったひとひとひと・・に、業界関係者の関心の高さを痛感します。

白眉ともいえるホールプレゼン「EOS C500とAJA社製 Ki Pro Quad による新たな4Kワークフロー」は、自分のセッション準備と重なって見ること叶わなかったのが残念。
次回、高野さんと会ったときに、エッセンスだけでも聴こうと思います。

Afternab_04

ワタシもシアターで「ミニマム4K編集とそれに対応した高速ストレージの検証」をプレゼンさせていただきました。
前述のホールプレゼンと時間が半分かぶり、閑古鳥も覚悟したのですが、想像に反してほぼ満席のシアター。
来て下さった方々に感謝いたします。ありがとうございました。
本当はあの倍くらい、喋るネタはあったのですが(笑)、それはまた、いつかどこかで(某ブログタイトルではありません)。

午前中、大学で授業、その後、会場に駆けつけたのですが、そのときに下げていたカバン(thinkTANK社のURBAN DISGUISE 60)に、MacBook Pro RetinaとG-DOCK ev(RAID化したモジュール)

Afternab_05

G-DOCKの横にあるインナーポーチに、ACアダプタとFireWireケーブル。

このカバンひとつで、ミニマムな4K編集システムが持ち運びできる。そんな時代。

HGSTの方々、アスク&リーンフェイズの方々、来て下さった方々、ありがとうございました。

--ads--
あれ?アーバンデイズガイズ、いま、こんなに安いんだっけ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Mac OS 、EOS-1D CのRAWに対応するも・・・

アップルからデジタルカメラRAW互換性アップデート 4.06が提供された。

今回のトピックスはなにより
EOS-1D CのRAWに対応。ってのが大きい。

Finder002

4月にすでにAdobe Camera RawはEOS-1D C対応になっているので、実質的には不便は解消されていたが、Finderでのちゃんとサムネイル表示含めてサポートされるのはやはり大事。

よかったよかった・・・なんだけど、

002

あれ?情報を見ると、大きさが 0 x 0 になってる・・・
(JPEGは正常)

ん〜と、これ、バグ?

--ads--

Photoshop×Camera Raw レタッチワークフロー フォトグラファーが知りたかった速さと質を高める方法
茂手木 秀行
ワークスコーポレーション
売り上げランキング: 87,457

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三ツ矢サイダー、まどか☆

喋り詰め型の講義や打合せのあとは、疲れるのもさることながら喉が渇く。

Madoka_01

で、コンビニでつい、三ツ矢サイダーを買ったら・・・

Madoka_02

魔法少女まどか☆マギカ って、マジか?(これが言いたかっただけ)

いや、魔法少女まどか☆マギカって話題にはなってたけど見てないんだよね。

Madoka_03

限定製品で、他にも絵柄が合計4種類あるらしい。
その筋の方々はコンビニへ

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »