« iPhone用真空管アンプとケース:革と金属 | トップページ | ツアイス Touit 1.8/32 で濡れた金属を撮る »

2013年6月23日 (日)

艦内写真

好きな写真 ー だるま通信

を読んでいろいろ考えた。とっても丁寧に考察された写真感の話なので、一読をお勧め。
うまい写真、いい写真、すきな写真、は似て非なるもので、プロだろうがアマチュアだろうが、プロなみの自負を持つアマチュアだろうが、そこに自覚的なのは大事なことだと思う。

とはいえ、写真に限らずあらゆる創作物には時代の流行り、みたいなものがあって、ここ数年はHDR系の写真が支持されてるってことだと思う。
キライじゃないけど、HDRってソースの味の濃いフランス料理みたいなもので、美味しいんだけど毎日食べたい料理じゃない(いや、毎日食べたい、ってひともOKと思いますが)、インパクトが強くて目立つけど、イタメシも和食もギリシャ料理も中華も鰻も好きなので、味わう方としてはいろいろ楽しみたい。ええ、受容者は一途である必要なんてないんですよ。

一方で表現者としては多彩な能力があだになることもあって、フレンチも中華も和もエスニックもイタリアンもオールマイティって、器用貧乏になっちゃう可能性も有って難しいところだなあ、などど。
いや、結局、自分の好きなものを好きなように精進するしかないってことで。

・好きなものを
例えばワタシ、風景は苦手です。花を撮るのも下手です。先日、温室に行って、鉄骨とかガラスとか、しか、いい写真はなかったです(笑)
・好きなように
これは語弊があるかもですが、技術的なものを蔑ろにしてという意味ではなく、教科書的な及第点や、他者(特に自分より上と思ってる人)の評価を過剰に気にするとよくないって意味で、技術的、あるいは手法的研鑽は大事だと思ってます。
・精進する
趣味なら本気で。というのはけっこういい言葉だと思ってます。遊びなら気楽にやりましょうよ。好きなように。でも、趣味、っていうなら真摯に、かなあ、と。
ただ、写真を写真道、と捉える考え方は苦手です。精神性は自分の中に。他者に強いるものではありません。

ああ、なんか、らしくないこと書いてしまいました。あるじぇ先生がいけないのです。
写真がすくないと言われたので、久しぶりにあげておきましょう。
いや、写真は撮ってるんですよ。でも、mono-logueってワタシの表現を見せる場でもなければ、それを望まれてもいない(笑)と思うので、作例に絡められないとなかなか出せないという小心者です。

以下、EOS M / EF-M 18-55mm f3.5-5.6 IS STM
すべて手持ち

機関室_10

機関室_11

機関室_12

写真多いのもなんなので、興味のある方は続きを読むから
(個別記事リンクだと全部表示されます、すみません)

機関室_13

機関室_14

機関室_15

機関室_16

機関室_17

機関室_18

-ads-

|
|

« iPhone用真空管アンプとケース:革と金属 | トップページ | ツアイス Touit 1.8/32 で濡れた金属を撮る »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/57648240

この記事へのトラックバック一覧です: 艦内写真:

« iPhone用真空管アンプとケース:革と金属 | トップページ | ツアイス Touit 1.8/32 で濡れた金属を撮る »