« リゾナーレ八ヶ岳 に行ってきた | トップページ | 次期アクセラ デザイナーズスケッチプレゼント »

2013年9月16日 (月)

うちのロートル機材たち 2. Ultra SCSI HDD

部屋の整理中に発掘されたうちのロートル機材たち シリーズ
初期のMacを支えた外部インターフェイス規格、SCSI。前回はフルピッチのSCSIケーブルだったけど、今回はハーフピッチのHDD。

Ultra SCSI HDD_1

アイオーデータから出ていたHDDだけど、同社の生産終了製品検索は2000年以降の製品しか検索できない(それでも立派なものだと思う)ので、この製品がどんなスペックかは分からない。

Ultra SCSI HDD_2

でも、付属の(?)パーツでスタック出来る構造や、そのパーツの美しさはなかなかのもの。
たしか、当時、ヤノ電器からもスタック前提の周辺機器シリーズが出ていたと記憶している。あの頃、なにもかもが皆高価かったが、意匠とか統一感とか、にはそれぞれ今よりずっと自覚的だったように思う。

Ultra SCSI HDD_3

4.3GBのHDD。今ならUSBメモリでももっと大容量だったりする。
上の2台並んだ写真で分かるように、片方は金色のラベルで片方は銀色。容量はともに4.3GBとなっているので、これはHDDの回転速度でモデルが別れていたのかなあ。

Ultra SCSI HDD_4

ハーフピッチのUltra SCSIコネクタ。
スタック前提の短いフラットケーブル(付属なのかオプションだったのかは不明)

Ultra SCSI HDD_5

そうそう、SCSIは終端にターミネーターが必要でした。

Ultra SCSI HDD_6

そして、各機器ごとにSCSI IDを(重複しないように)振る必要もありました。

Macに関して言えば、高速なI/FはFireWireを経てThunderboltに移行。
その速度も当時とは比べものにならないし、取り回しも簡単になった。でも、当時はこういうことと格闘しながら仕事していたなあ。
おつかれさまでした。ありがとう。と声に出さずに言ってから、処分しました。

さようなら。

Ultra SCSI HDD_7

--ads--

|
|

« リゾナーレ八ヶ岳 に行ってきた | トップページ | 次期アクセラ デザイナーズスケッチプレゼント »

PC周辺機器/ネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/58203633

この記事へのトラックバック一覧です: うちのロートル機材たち 2. Ultra SCSI HDD:

« リゾナーレ八ヶ岳 に行ってきた | トップページ | 次期アクセラ デザイナーズスケッチプレゼント »