« 大人の科学:USB特撮カメラが楽しい | トップページ | 紗々さん初個展:キリトリ線。明日から。 »

2013年9月30日 (月)

劇中におけるサウンドトラックの効果

宇宙戦艦ヤマト2199 TV版が最終回を迎えた。
ヤマト2199という作品自体については、劇場版最終章公開時に書いたので繰り返さないが、劇場公開版とTV版でいくつかの差違があるのは公式サイトに書かれたとおり

劇場時に間に合わず短縮版となった25話を除けば、差違は僅か。

・・・なんだけど、最終26話、ラストシーンの音楽が替わっていたのはけっこうショック。

劇場時は、ここにも書いたように、新曲(交響組曲からのアレンジ版)明日への希望(サウンドトラック Part.3収録)なんだけど、TV版は19話からのエンディング、Distance(歌 JUJU)に差し替わっている。
うーん、これはかなり印象が違うんだけどなあ。

劇場公開とTV版で、オープニング、エンディングが異なるのは、新しいファン層獲得のため(とビジネス的要因)と納得はしている。
(それでも、合唱曲になってしまったTV版オープニングだけはダメ。あれはヤマトのなにものをも表現していないと思う。)

でもさあ、ラストシーンは、作品のシンボリックな締め、として扱われるべきモノで、それが違うと作品の終わりも異なるものだと思うんだよね。

ちょっと考えてしまった。

--ads--

宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.3
TVサントラ JAM Project Project Yamato 2199
ランティス (2013-09-25)
売り上げランキング: 80

|
|

« 大人の科学:USB特撮カメラが楽しい | トップページ | 紗々さん初個展:キリトリ線。明日から。 »

映画・舞台・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/58293834

この記事へのトラックバック一覧です: 劇中におけるサウンドトラックの効果:

« 大人の科学:USB特撮カメラが楽しい | トップページ | 紗々さん初個展:キリトリ線。明日から。 »