« α7:Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA | トップページ | EOS M2の方向性 »

2013年12月 1日 (日)

α7:全画素超解像ズームで寄る

前回のエントリー、α7:Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZAで、このレンズはスナップ用にとてもいいけど、最短撮影距離が長いのであまり寄れない。スナップだからこそ寄りたいときがあるのに・・と書いたら、twitterでジェット・ダイスケさんから

と突っ込まれた。

α7_10

うわ、そのネタ、次のエントリー用に温存しておいたのに(笑)という訳で、後追いの形ながら、α7の全画素超解像ズーム機能を使って、簡易マクロ的(?)に使う技。

Sony_7_10

ズーム設定が光学ズームのみになっている場合、単焦点であるFE 35mm F2.8 ZAは当然ながら35ミリの単焦点レンズだが

Sony_7_11

全画素超解像ズームをオンにすると
解像感を保ったままさらに約2倍までズームアップできる(SONY)
デジタル処理含みのズームは、松下ブレンビー以来(あれは手振れ補正でしたが)どうもいい印象がないのだけど、今日日の超解像は約2倍のブローアップには耐えるらしい。

DSC00344

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA (SEL35F28Z)そのまま
f2.8 1/60 ISO 100

DSC00346

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA (SEL35F28Z)全画素超解像ズーム
f2.8 1/60 ISO 100

結果的に寄れる。トリミングしたらおんなじじゃん、といえばその通りだけど、現場でやって、そのままミイルやFBにあげるのも楽しいという訳で・・。

ただし、最初、この機能をオンにしようとしたとき

Sony_7_12

怒られた(笑)

そう、全画素超解像ズームは
※ 静止画連写時、動画撮影時、「スイングパノラマ」、RAW、RAW+JPEG時は使用できません(SONY)
なのだ。

うーん、画像処理エンジンの関係か、それともRAWは加工して記録したらRAWとは言えないからか、ちょっと残念。
と思ってて、ジェット・ダイスケさんに返事したら

あー(笑)なんと清々しい・・・。
いや、そこまで達観できないワタシはRAWで・・と思いつつ、次善の策を・・・(続く)
と書くと、続きの前に誰かがばらしそう。
はい、APS-Cモードを使ってデスね(詳細、次回)

SONY α7 レビュー バックナンバー
SONY α7 レビューはじめます
α7 と EOS 5D Mark III比較(サイズ、重さ)
α7のWiFi転送
キットレンズ:FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA

-ads-

|
|

« α7:Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA | トップページ | EOS M2の方向性 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/58678604

この記事へのトラックバック一覧です: α7:全画素超解像ズームで寄る:

« α7:Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA | トップページ | EOS M2の方向性 »