« ST-E3の代わりに600EX-RT | トップページ | ナンバープレートのネジがセキュリティボルト »

2014年1月11日 (土)

α7:APS-Cモードで寄る

年末の忙しさで書けていなかったα7:全画素超解像ズームで寄るの続き。

現状、レンズラインナップの貧弱なソニー FEレンズで、もう一歩寄りたいときに有効なのが超解像ズーム。
(にしても思うんだけど、超解像ってなんか特撮ヒーローものみたいだといつも思う)
ただ、超解像ズームはRAW撮影時には使えない。

SONY_A7_4

もちろん、RAWやめました、ってジェット☆ダイスケさんや、JPEGで充分でしょう、ってクマデジタルさんの言うのもその通りなのだけど、それでもRAWを使いたいときに。

APS-Cモードが使える。

Sony_a7_8

フルサイズで有りながらEマウントカメラであるα7は、既存のEマウントAPS-Cレンズを装着してクロップ撮影が可能。

Sony_a7_7

この切換はデフォルトでオート切換になっているが、任意でオフにも、そしてフルサイズレンズでも任意にオン(クロップ)できる。

すると

SONY_A7_5

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA (SEL35F28Z)APS-C撮影 オフ
f2.8 1/3200 ISO 100

SONY_A7_6

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA (SEL35F28Z)APS-C撮影 オン
f2.8 1/2500 ISO 100

個人的には超解像ズームより使える印象なのだけど、惜しむらくはこの機能、メニューの奥深くから引っ張り出す必要があり、また、カスタマイズによるキーアサイン自由度の高いα7でもこの機能をFnボタンに割り振ることは出来ないのだった。残念。

SONY α7 レビュー バックナンバー
SONY α7 レビューはじめます
α7 と EOS 5D Mark III比較(サイズ、重さ)
α7のWiFi転送
キットレンズ:FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
α7:全画素超解像ズームで寄る

-ads-

|
|

« ST-E3の代わりに600EX-RT | トップページ | ナンバープレートのネジがセキュリティボルト »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/58927010

この記事へのトラックバック一覧です: α7:APS-Cモードで寄る:

« ST-E3の代わりに600EX-RT | トップページ | ナンバープレートのネジがセキュリティボルト »