« 富士フィルム X-T1の外観 | トップページ | インプレッサ1年半点検 »

2014年2月28日 (金)

ジッツオがアルカスイス互換の時代

少し前まで、自分がジッツオ使うようになるなんて思っていなかったくらいジッツオは高嶺の花だったんだけど、じゃあGITZOにすれば、それがベストかといえばそうとも限らないようで(笑)、GITZO自身が自社の雲台をアルカスイス互換型にモデルチェンジ中。

GITZO_GS3760D_01

そんな訳でいまさらだけど、CP+2014で見てきたジッツオの新型雲台 新クイックリリースシステム(アルカスイス互換)を。

全部が全部ではないけれど、今後、ジッツオのプレート部分はこちらに移行していくようで、すでに量販店でも切換が始まっていたり。
ワタシが去年買ったGITZO トラベラー GK1580TQR4 も、この型に移行。

GITZO_GS3760D_02

雲台上部のプレートおよびプレート受け部分がやや大型化すると同時に、アルカスイス互換型プレートに。

GITZO_GS3760D_03

ジッツオ独自の要素としてはスライドinさせてネジで固定、ではなく、上からパチンと嵌め込んでレバーでロックする構造。
レバーは少し固い印象(CP+の展示機。実際の市販モデルはまだ触っていない)

GITZO_GS3760D_04

他の部分は、すでにクマデジタルさんが詳細なレポートをアップ済みなので、そちらを参考に(マテ)

GITZO_GS3760D_05

クイックリリースアダプターを購入して換装しようかと思ったけれど、GK1580TQR4のコンパクトさが些かスポイルされるので、現状は様子見。

5D3C6419

それにしてもアルカスイス互換製品、増えたよねえ。

去年、日本代理店のKPIからアルカスイスモノポール雲台借りて、その良さを実感したので、来年度、アルカスイスをがんばって導入予定。

--ads--

|
|

« 富士フィルム X-T1の外観 | トップページ | インプレッサ1年半点検 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/59214140

この記事へのトラックバック一覧です: ジッツオがアルカスイス互換の時代:

« 富士フィルム X-T1の外観 | トップページ | インプレッサ1年半点検 »